悔いがない
意思決定の
一助となります

遠藤 美桜 Mio Endo

プロフィール

大学時代は、転職領域を扱う人材紹介会社のスタートアップ企業で長期インターンを経験。公務員やフリーターの支援を実施した。大学卒業後、「ファーストキャリアを後悔なく学生に歩んでほしい」という思いから、ポートに新卒で入社

プロフィール

大学時代は、転職領域を扱う人材紹介会社のスタートアップ企業で長期インターンを経験。公務員やフリーターの支援を実施した。大学卒業後、「ファーストキャリアを後悔なく学生に歩んでほしい」という思いから、ポートに新卒で入社

方向転換した自身の就活

最初は「芸能人が好き」という理由から、エンターテインメント業界のマネージャー職を目指して就活をしていました。しかし、その職業の厳しさへの覚悟が足りないと自覚し断念。なぜマネージャーをやりたいのか? を深掘りした結果「自分自身が顔の見える相手に対して注力をしてその人を活躍させたい」という軸になり、人材業界を志すようになりました。

 

大学時代は、転職領域を扱う人材紹介会社のスタートアップで長期インターンを経験していましたが、「新卒」というキャリアが一番キャリア選択で悩んでしまう層であると考え、人材業界の中でも新卒紹介に特化した企業に絞りました。

 

実際に自分自身が就活に苦労した経験があるため、同じように悩んでいる学生さんに対しては共感もしながらアドバイスをしています。

目立った経験がなくても内定は獲得できる

「就活生の悩みはなにか?」をキャリアアドバイザーという観点であったり、社会人という立場から、就活生の方が分からないリアルを話せるように意識しています。

 

自身の就活は「特に目立った経験をしていない」という状況から最終的には3社の内定を獲得しました。特別な経験がなくても、自身の性格や強みをしっかり伝えることで、誰でも内定を獲得することができます。どうやって強みを見つけ、伝えればいいのか。そんなアドバイスもしたいと思っています。

自分だけで決める最初の意思決定

 

就活中、あるいは社会人になってからも大切にしてほしいことが2つあります。

 

「自分の気持ちに嘘をつかない」
「自分のものさしで見ること」

 

この2つです。就活は学生のみなさんにとって初めての「自分自身の意思決定」です。

 

今までは高校、大学と他人の影響で決めてきたことから初めて自分自身で選ぶものになります。選んだ後に悔いがないように、自分が活躍できるフィールドを一緒に探しましょう。

就職活動をするあなたに

キャリア選択に「正解」はありません。
個人的には就職せず留学してもいいと思ってますし、自分が精一杯やりたいことがあるのであればそれに突き進む選択肢も正解だと思います。ただ、キャリアは選んだだけでは「正解」にはなりません。自分自身の選んだキャリアを「正解」にできるように努力することで「正解」となります。どのようなキャリアを選択するにしてもぜひ自分の選んだ道を正解にできるように、努力してほしいと思っています。

このアドバイザーの
監修コラムを見る