就職活動のゴールを間違えないこと

私は、学生に毎回「就職活動のゴールは何ですか」という質問をするようにしているのですが、学生からは「第一志望の企業に内定をもらうことです」という回答を貰うことが多いです。この回答は、”間違った”就職活動をおこなっている人の典型的な回答です。

ビジネスにおいて、ゴール(目標)の設定は非常に重要です。学生時代から様々な活動において自らゴールを設定し、そのゴールを到達してきた学生は、就職活動においても正しいゴールに到達します。

では、就職活動におけるゴールは何なのか。それは、「入社した企業で活躍すること」だと私は考えています。活躍できなければ、会社や社会への貢献もできません。そして、みなさんが描くようなキャリアプラン・給与・ポジションも実現することができないのです。

内定という短期的なゴールを追うのではなく、自身の活躍という中長期的なゴールを追うことで、 “正しい”就職活動を実現できるようにしていきましょう。

就職活動の正しいゴールへ到達するための方法を一緒に考えます

ゴールへ到達するためには、「自分を知ること」「企業を知ること」の2つが必要です。いわゆる、自己分析と企業分析ですね。

みなさんは自分や企業を知るために、先輩に相談したりOB/OG訪問をすることがあると思います。しかし、先輩やOBは自身の経験談は教えてくれますが、その方法論は教えてくれないことが多いです。さらに、自己分析と企業分析のどちらも共通の答えはありません。人/会社それぞれ答え違うからこそ、特徴があり、選ぶものが変わります。

私達は就職活動に関するプロのアドバイザーです。過去たくさんの学生・企業の相談に乗ってきた経験と実績をもとに、みなさんが正しいゴールへ到達できるように、皆さんと一緒に考えます。