モチベーション
高く働ける企業
選びをしましょう

塩田 健斗 Kento Shiota

プロフィール

大学卒業後、ポートに新卒入社。メディア広告の営業とマーケティング職としてファーストキャリアをスタート。2年目からキャリアアドバイザーへジョブチェンジし、就活シェアハウス事業の運営責任者も兼任

プロフィール

大学卒業後、ポートに新卒入社。メディア広告の営業とマーケティング職としてファーストキャリアをスタート。2年目からキャリアアドバイザーへジョブチェンジし、就活シェアハウス事業の運営責任者も兼任

「やりたいけどできない」をなくす企業の選び方

私自身、大学生時代まではチャレンジができない学生でした。そうした自覚がありつつ就活では自分を変えたいと思い、ひとつの企業選びの軸を掲げました。

 

「やりたいけどできないをなくせる企業を選ぶ」

 

お金がない、時間がない、距離が遠いなど物理的な障壁によって不完全燃焼に終わる人を一人でも減らしたいと思い、人材業界とIT業界を中心に選考を受けていました。

 

自分自身がなぜそれを実現したいのか、どう実現していくイメージが有るのかを徹底的に考え抜きました。現在の会社に新卒で入社を決め、今も楽しく働いています。

就活は人を変えるきっかけになる

面談時に学生にメッセージとして伝えていることは、自分のミッションをしっかり持ってほしいということ。

 

やりたいことが明確に決まっている人はかなり少数派だと思いますが、そういったミッションを持っている方には「仕事が辛いときでも、ミッションのためにもう一度奮起しよう」と思えるぐらいの企業を本気で目指してほしいと思っています。

 

私の体験も含めて、就活という経験がみなさん自身を変えるきっかけになると思います。一歩踏み出したいけどリスクなどを考えてしまい足がすくんでしまう方はぜひお話しましょう。

どうしても行きたい企業を探しましょう

担当した学生の中に大手人材会社の内定を獲得した学生がいました。実は、その学生は一度最終面接で不合格になりました。不合格後、その企業に落ちた理由を分析し、修正したうえで再チャレンジできないか企業側に打診。2度目の最終面接を受けることができ、見事内定を獲得しました。

 

学生さんを自信を持って推薦できたことや、学生さん自身の企業に対する想いが勝ち取った内定だと思っています。

 

「どうしてもこの企業に行きたい」

そう思える企業選びや就活の軸を一緒に探しましょう。情熱ある学生さんと1人でも多く接したいです。微力ながら協力できればと思っています。

就職活動をするあなたに

「決めたことを正解にしたい」と思えるキャリア選択をしてほしいと思っています。どの業界、職種でもしんどいことはあります。その中でも仕事をモチベーション高く続けるためには「頑張る理由」が必要です。
就活の中で「何のために仕事していきたいか」を見出し、その目的を果たせる環境を選ぶことができればみなさんも仕事を頑張る理由が見えてきます。どんな目的でも良いのでぜひ考えてみてください。

このアドバイザーの
監修コラムを見る
アドバイザー 一覧へ