面談には誰よりも
親身に向き合います!
刺さる強みを見つけよう

上原 正嵩 Masataka Uehara

プロフィール

大学では、カンボジアなど途上国の学力水準を向上させる学生団体を大学内で設立・運営。副代表をつとめる。そのかたわら軽音サークルに所属しライブ活動も展開。ポートに新卒入社

プロフィール

大学では、カンボジアなど途上国の学力水準を向上させる学生団体を大学内で設立・運営。副代表をつとめる。そのかたわら軽音サークルに所属しライブ活動も展開。ポートに新卒入社

希望業界を諦めた経験

大学時代は何でも挑戦することを楽しんでいました。特に注力していたのは、カンボジアの学力水準を向上させることを目的としたサークルの活動でした。副代表として、企業と協力して学校を建設し、教育カリキュラムを整えるなどに積極的に取り組みました。

 

軽音サークルにも所属し、自分でもかなりアクティブな学生生活を送っていたと思っています。しかし、就活がはじまった当初に狙っていたエンターテインメント業界で挫折。周りとの志の差を感じ、方向転換をすることになりました。

 

あらためて自己分析をした結果、「誰かの人生に価値提供をする」ことを軸に人材業界での就活を進めることにしました。その中で、自分が積極的に働ける機会が多い環境を求め、ベンチャー企業を中心に就活をしていました。

自分が満足して働ける仕事を探そう


こうした就活の挫折経験は、私自身のキャリアアドバイザーとしての強みになっていると思っています。挫折を経験した学生や、新型コロナウイルス感染症の流行下で第一志望の業界を諦めた学生に対し、自分の経験をまじえたその後の進め方のアドバイスができるからです

 

就活をしていくなかで一番大事なのは、日々満足して働ける仕事に就けるかどうかだと思っています。仕事を楽しめれば、今後の人生の多くの時間が有意義になるので、一緒に自分が満足しながら働ける企業を探していきましょう。

自分でも気が付いていない強みを探そう

面談で力を入れているのは、自分が気が付いていない強みを一緒に探すこと。そのためには徹底的な自己分析が必要です。

 

ヒアリングには誰よりも力を入れて、過去や将来の希望の話を聞いたうえで、企業にささる強みを見つけたいと思っています

就職活動をするあなたに

就活生には働くを楽しめる人になってほしいです。日本には本当に多くの企業があるので、いろいろな企業に触れて、自分が心から楽しんで働ける企業を探してみましょう!

このアドバイザーの
監修コラムを見る
アドバイザー 一覧へ