あなたにぴったりの
業界・職種を
一緒に見つけましょう

酒井 栞里 Shiori Sakai

プロフィール

大学ではアメフト部のマネージャーとして、練習やチームの運営をサポート。この経験を通して、自身のサポートにより相手が目標を達成する姿を見ることにやりがいを感じ、人材業界を目指す。ポートに新卒入社し、理系学生をメインに支援

プロフィール

大学ではアメフト部のマネージャーとして、練習やチームの運営をサポート。この経験を通して、自身のサポートにより相手が目標を達成する姿を見ることにやりがいを感じ、人材業界を目指す。ポートに新卒入社し、理系学生をメインに支援

比べるのは他人でなく過去の自分

自身の就活時、業界や職種の研究が本当に苦手でした。自分の強みに自信を持てず、目指す業界や職種も定まっていませんでした。「社会人としてどうやって活躍できるのか?」が全くイメージがついてませんでした。

 

というのも他の人と自分を比べてしまうことがあったからだと思います。途中で気づいたのは、他人と比べるのではなくて、「過去の自分と比べよう」ということです。

 

「過去の自分と比べて現在はどのくらいできるようになったのか?」

その視点の方が重要だと気づきました。全く同じ経験をしてきた人はいません。一緒に振り返り、まずは「何ができるようになったのか?」「どんなきっかけでできるようになったのか?」と考えたいと思っています。

悩みの多い就活を支えられる存在でありたい

苦労しながらもなんとか就活を乗り切れたのは、キャリアアドバイザーに支えられたからです。まずは説明会に参加することや、自己分析を親身になって手伝っていただいたことで就活に対して前向きに活動することができました

 

そうした実体験からキャリアの支援をしたいと思い人材業界を希望することになったのですが、私も人生の大きな選択肢である就活を親身に支えられる存在でありたいと考えています。

ポテンシャルを最大限アピールしましょう

私が就活で唯一大切にしていたのが、一緒に働く仲間と切磋琢磨しながら、多角的に物事をとらえること。そしてその価値を最大化できるように自分が組織に貢献できることでした。

 

現在は学生さんが持っているポテンシャルを最大化し、それをしっかりと面接で伝えられることを目指して面談したり、学生さんが持っている考えを言語化できるようお手伝いすることによって、実現できていると感じています。

 

あなたの成長が私の成長です。あなたのポテンシャルを一緒に最大限アピールする方法を考えましょう。

就職活動をするあなたに

仕事を楽しいものだと認識する人が一人でも増えてほしいと思っています。働くことは大変です。今まで感じなかったようなプレッシャーを感じますし、責任感が学生時代とは全く違います。しかし、感謝の言葉をもらった時に嬉しさや達成感も、学生時代とは比べ物になりません。それを働きながらぜひ感じてほしいです。仕事を楽しむためにも、過去の様々な経験から、「自分はどんなときにやりがいを感じ、頑張ろうと思えるのか?」を一緒に考えましょう。

このアドバイザーの
監修コラムを見る
アドバイザー 一覧へ