入社後の輝きを
ゴールと位置付け
頑張りましょう

吉川 智也 Tomoya Yoshikawa

プロフィール

大学卒業後、2010年にマイナビに入社。300社以上の採用支援をしてきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000人以上に講演。現在はキャリアアドバイザーグループの責任者として年間約1,000人の学生の相談に乗る

プロフィール

大学卒業後、2010年にマイナビに入社。300社以上の採用支援をしてきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000人以上に講演。現在はキャリアアドバイザーグループの責任者として年間約1,000人の学生の相談に乗る

豊富な経験からアドバイスします

北海道の大学を卒業後、2010年にマイナビに新卒入社し、一貫して学生の就活支援に取り組んできました。

 

IT・小売・外食など、幅広い企業を中心に300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート(ES)・履歴書などの就活講座のほか、年間延べ3,000人以上に上ぼる講演を実施してきました。

 

現在はキャリアアドバイザーグループの責任者をしながら年間約1,000人の学生の相談に乗り、多くの就活生を内定に導いてきました。これまでの10年間、一貫して学生の相談に乗りアドバイスしてきた経験に基づき、納得の行く就活を支援します。

成長とはまず現在地を知ること

多くの学生は「成長したい」と思っていますよね。どれくらい成長したいかは人それぞれあると思いますが、成長したくないと思っている人はほとんどいないでしょう。

しかし、よく考えてみてください。

 

皆さんが漠然と使っている「成長」とは何でしょうか

 

それは、今の状態を「A」としたとき、何らかのアクションを通して「B」に変わることです。しかし、99%の学生が「A」が何か分かっていません。就活生のなかで自分はどのあたりの位置にいるのか、何をもって成長とするのかはっきり分かっている人は少ないはずです。

自分の現在地を知り受け入れることから

どうすれば「A」を知ることができるのか。

それは、たくさんの就活生と語り合い、社会人の先輩にたくさん質問し、多くの企業セミナーに参加し、質問すること。それら一つひとつに本気で取り組めば自分の現在地が分かります

 

上記のような地道な行動やチャレンジを怠らないからこそ、成長への道筋が見えるはずですし、皆さんにはそんな就活にしてほしいと思っています。

 

内定はゴールではありません。あくまでスタートに過ぎず、入社後に輝けることをゴールとして一緒に頑張りましょう。

就職活動をするあなたに

やりたいことができる企業を探す、なりたい大人になれる企業を探す、これはもちろん大事です。ただ、自分に適性がある仕事の企業をみていますでしょうか? そこも必ずみるようにしてください。適性があるので活躍できる可能性は高い、つまり企業が欲しい人物像なのです。視野を広げることを忘れずに就活をしていきましょう!

このアドバイザーの
監修コラムを見る