最終面接の結果がくる目安の期間や問い合わせのメール例文

この記事のアドバイザー

桑原 翔

大学卒業後、アミューズメント業界にて接客と店舗管理、人材教育を行いました。その後、不動産業界に入社し半年で2億円を売り上げる。人の教育や悩みの相談に乗ることでその人の人生のきっかけになりたいと思い人材業界に転身。1人で抱え込まずに気軽にまずはご相談をしてください。

コラムの目次

  1. 最終面接の結果が遅いときは不安を取り除こう
  2. 最終面接の結果はいつ通知される?
  3. 最終面接の結果の通知が遅い3つの理由
  4. 最終面接の結果連絡が遅い場合は問い合わせよう
  5. 最終面接の結果連絡は1週間以内にくるケースが多い

最終面接の結果が遅いときは不安を取り除こう

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。

「最終面接の結果が遅くて不安」
「いつ頃届くのか知りたい」
「結果が遅いってことはやっぱり落ちた?」

という就活生の声を多く聞きます。最終面接の結果は内定に直結するので、連絡が遅いと「不採用かも」と不安になってしまいますよね。しかし、不安になり過ぎてもいいことはありません。いらない不安を取り除いて、前向きに行動しましょう。そこでこの記事では、最終面接の結果が届く目安の期間や、届かない場合の対処法について紹介していきます。

最終面接の結果はいつ通知される?

「連絡遅いなぁ」と感じる期間は人それぞれ違いますよね。そこで、本当に遅いかどうかを実際の内定者のデータで確認しましょう。自分のものさしではなく実際のデータを元にすることで「まだ余裕があるな」「このくらい待って連絡が来なかったら行動しよう」と冷静に判断できるようになります。

1週間以内が多い

就職ジャーナルによると、「最終面接後の「合格通知」が来るまでに、だいたいどれくらいの期間があったのか教えてください」と内定者にアンケートを取った結果、1週間以内にくることが最も多いことがわかりました。3日未満や当日という声もありますが、これはかなり早いパターンだと言えます。

多くの企業は、この結果の通り1週間以内を目安に結果を出すと考えていいでしょう。また、ここで注目したいのが2週間未満も20.6%いることです。1週間を過ぎても不安になり過ぎず、2週間は様子を見ておくといいですね。ただ、就活における2週間はとても貴重なので、何らかのアクションをすることが大切です。

合格通知が来るまでの期間

1週間以内 42.2%
3日未満  27.2%
当日    21.2%
2週間未満 20.6%
3週間未満 7.4%
1ヵ月未満 6.6%
1ヶ月以上 5.0%
覚えていない 4.6%
(n=500、複数回答)

一次や二次で結果がきたタイミングも参考にしよう

一次や二次でも面接の結果連絡を受けてきたと思います。そこで、最終面接の結果が遅いと感じる時は、これまでの傾向も踏まえて考えてみましょう。例えば志望しているのが大企業で採用人数も多ければ、結果連絡に時間がかかっている可能性があります。大企業でなくても、人事の人数が少なければ内定者の選定や連絡がスムーズにいっていないかもしれません。

周りの就活生から「連絡きたよ」「内定もらった」と聞くと不安になってしまいますよね。しかし、受けた企業が違えば状況はもちろん結果連絡のタイミングも異なるものです。自分が受けた企業の特徴やこれまでの傾向を踏まえることで、過度に不安な気持ちを抱えないようにしましょう。

キャリアアドバイザーコメント

桑原 翔

通知が届くスピードで一喜一憂せずに全力を出したと構えておこう

結果連絡について、合格なら通知が早い、不合格なら通知が遅いという情報を目にする学生さんも多いと思いますが、あえてそのようにスピードを変えているわけではないと思います。しかし、結果的に合格、不合格によって通知スピードの速さが変わってきている企業はあると思います。

人事側の業務が忙しく通知できない場合、他の学生と総合的に比較をして判断する場合、不合格で人事の業務優先順位が下がってしまい連絡が遅くなっている場合など、様々な理由から通知が早い、遅いという状態が起きてしまっている可能性があります。

ただ、どちらにしても考えておいて頂きたいのは、通知が届くスピードで選考結果が変わるということはないということです。当日の面接の結果次第がすべてになりますので、早い遅いで一喜一憂することなく自分は全力を尽くしたと構えていましょう。

最終面接の結果の通知が遅い3つの理由

企業によって結果の通知スピードが異なり、1週間を過ぎることもあります。わざと連絡を遅らせているわけではなく、やむを得ない事情によって通知が遅れてしまっていることもあります。通知が遅くなる理由は、大きく3つです。なぜ遅くなってしまうのか、理由を知って結果待ちのもやもやとも上手に向き合いましょう。

①全員の選考が終わってから結果を出す

最終面接に残った就活生全員の選考が終わり次第、評価を総合的に判断する企業の場合は連絡が遅くなる傾向にあります。この場合、採用する就活生全員の選考はもちろん、社長や役員の意向を汲み取るための調整時間が必要になるのです。採用人数が多い場合は、最終面接に数日かかることもあります。

また、社長や役員など採用に関わる人数が多いと、スケジュール調整が難しくなります。最終面接から内定者の決定までのフローが多ければ多いほど、時間がかかるのです。採用人数に対して人事の数が足りていればいいですが、人員が不足していることも珍しくありません。連絡が遅いのは企業内部の事情であることも覚えておきましょう。

②合否で悩み連絡を保留している

最終面接の結果の通知が遅い場合、合否で悩んでいる可能性もあります。内定が確定し、すぐにでも欲しい人材なら、企業は素早く連絡して囲い込みをおこないます。結果の通知が遅いと就活生が他社への内定を決めてしまう可能性があるため、取り逃しを防ぐために素早く行動するのです。また、反対に極端に評価が悪く、不合格が確定している場合も、速やかに連絡する傾向にあります。

協議を重ねても評価が覆らないと判断した時点で、即時不合格の連絡をすることも多いです。連絡が遅い場合、他の就活生と評価が均衡して合否で悩んでいることが考えられます。企業が合否の答えを出すまで通知は保留となるため、連絡が遅い=合格できるかどうか微妙なボーダーライン上にいる可能性があると言えます。

③サイレントお祈りをされている

最終面接の結果は必ず通知されるとは限らず、企業によっては連絡なしでサイレントお祈りとすることもあります。サイレントお祈りとは、不採用になった場合に結果を通知しないことです。企業がサイレントお祈りをする理由としては「結果連絡の手間を省く」「就活生からの問い合わせを避ける」などがあります

また、サイレントお祈りには、合否を保留にする狙いがあることも覚えておきましょう。つまり、内定辞退者が出た場合の補欠要員にされていることもあるのです。内定辞退者が出た時に備えて、あえて連絡しないようにする企業もあります。では、最終面接の結果連絡が遅い場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

最終面接の結果連絡が遅い場合は問い合わせよう

最終面接の結果が遅いと大きなストレスにもなりかねません。就活にも影響してきます。2週間待っても連絡が来ない場合、もしくは面接時に言われていた期日までに連絡が来ない場合は問い合わせましょう。2週間以上待っているなら無理を言っているわけでもないので、問い合わせがマイナスになることはないでしょう。

もしかしたら、企業の連絡ミスで結果が来ていないという可能性可能性も0ではありません。本当は内定だったのに、連絡ミスで逃してしまうのは非常にもったいないです。最終面接の結果連絡が遅すぎるなら、合否をはっきりさせてから次のステップに進みましょう。

メールを送る場合、以下の2つで内容が変わってきます。

①面接時に結果連絡の期日を確認していない場合
②面接時に結果連絡の期日を確認している場合

それぞれの問い合わせメールの例文をみていきましょう。

メール例文①結果連絡の期日を確認していない場合

件名:面接の結果につきまして/○○大学経済学部 港 太郎

○○株式会社 人事部
採用担当○○様

いつも大変お世話になっております。
○○大学経済学部の港 太郎です。

先日は面接の機会を賜り、誠にありがとうございました。
○月○日に最終面接に伺ったのですが、合否結果につきまして
いつ頃ご連絡をいただけるか教えていただくことは可能でしょうか?

ご多忙のところにこのような連絡を差し上げて誠に恐縮ですが、
お手すきの際にご連絡いただけますと幸いです。

お忙しいところ、大変恐縮ではございますが、
何卒よろしくお願い致します。
―――――――――――――――
港 太郎(みなと・たろう)
○○大学○○学部○○学科○年
携帯電話:080-☓☓☓☓-☓☓☓☓
メール:minato@☓☓☓☓☓☓.ab.jp
―――――――――――――――

問い合わせメールを送る場合、合否の結果を直接尋ねるのはNGです。合否の結果連絡がいつ頃になるのかを尋ねましょう。また、面接結果の連絡がどのくらいにくるのかを面接時に聞いていない場合は、就活生側にも確認不足な点があったことになるので、謝罪の文章も盛り込みます。最後の挨拶と署名も忘れずに書いておきましょう。

メール例文②結果連絡の期日を確認している場合

件名:面接の結果につきまして/○○大学経済学部 港 太郎

○○株式会社 人事部
採用担当○○様

いつも大変お世話になっております。
○○大学経済学部の港 太郎です。

先日は面接の機会を賜り、誠にありがとうございました。
○月○日の最終面接にて、○日までに
結果をご連絡いただけると伺ったのですが
現時点でお返事をちょうだいしておりません。

合否の結果につきまして、いつ頃ご連絡をいただけるか
教えていただくことは可能でしょうか?

ご多忙のところ大変恐縮ですが、お手隙の際にご連絡いただけると幸いです。
―――――――――――――――
港 太郎(みなと・たろう)
○○大学○○学部○○学科○年
携帯電話:080-☓☓☓☓-☓☓☓☓
メール:minato@☓☓☓☓☓☓.ab.jp
―――――――――――――――

面接で合否結果の連絡について質問していた場合は、まだ返事をもらっていないことを伝えます。そして、①の例文と同じくいつ頃連絡がもらえるのかを尋ねましょう。面接で連絡がくる期日について予め聞いているので、連絡をしていない企業側に問題がありますが、責めるような内容にならないように注意してください。

キャリアアドバイザーコメント

桑原 翔

終わった面接のことで悩まずに次に向けてPDCAを回そう

次の面接やES提出までの締め切りの時間に余裕があるのであれば、1日くらい就活について考えるのを辞めてゆっくりリラックスしましょう。面接は非常に疲れます。メリハリをつけて進めなければ身体を壊してしまいます。終わった面接については、ネガティブに考えることはやめましょう。

面接について振り返ることはもちろん必要ですが、連絡が来ないからといって他のことに手を付けられないようでは本末転倒です。ネガティブなことは考えずに面接の振り返りをして、「次はこういった言い回しをしてみよう」と考えたり「このような質問にはどう答えるのがよりよかったのか」などを分かる人に聞いたりしてPDCAを回していきましょう。次の企業の面接に向けて企業理解や面接練習をすることも大切です。

最終面接の結果連絡は1週間以内にくるケースが多い

最終面接の結果が遅くて不安な時は、1週間を目安にして連絡を待ちましょう。ただ1週間ちょうどに連絡がくるかどうかは企業の状況によっても変わってくるので、2週間は余裕を見ておくといいです。2週間経っても連絡が来ない場合は、メールで問い合わせましょう。

また、面接時に企業が提示した日を過ぎても連絡が来ないようだったら同じく問い合わせても問題ありません。不安な気持ちのまま待っていても精神的に辛いですし、就活にも支障が出ます。内定を保留されたりサイレントお祈りされている可能性も0ではないので、早めに合否を確かめて次の面接の準備をしましょう。

関連コラム