面接の結果が遅いのはなぜ|連絡と合否の関係や問い合わせ例文

この記事のアドバイザー

桑原 翔

大学卒業後、アミューズメント業界にて接客と店舗管理、人材教育を行いました。その後、不動産業界に入社し半年で2億円を売り上げる。人の教育や悩みの相談に乗ることでその人の人生のきっかけになりたいと思い人材業界に転身。1人で抱え込まずに気軽にまずはご相談をしてください。

戸田 開

大学卒業後、大手民間教育企業に入社し歴代新卒最速で拠点長に。その後、外資系生命保険会社での営業では単月5000万の売上を出すなど別の土俵でも活躍を見せる。人と向き合う仕事を経験し続けてきた中で、「就職」という人生の一大選択に自身の経験を役立てたいという想いからポート株式会社に入社を決意し今に至る。学生の皆さんに真剣に向き合って、キャリアプランを一緒に考えていきたいと思っています。まずはお気軽にご相談ください!

コラムの目次

  1. 面接結果の連絡が遅いと不安になる
  2. 面接結果の連絡が遅い理由3つ
  3. 面接結果の連絡が遅い=不合格?
  4. 面接結果の連絡が遅くても気にし過ぎないようにしよう

面接結果の連絡が遅いと不安になる

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。面接を受けた後は、結果の連絡がいつ来るのか気になりますよね。

「面接の結果がまだ来なくて不安…」
「結果が遅いということは不採用?」

という就活生の声も多く聞きます。

合格でも不合格でも、できるだけ早く結果を知りたいと思うのが心情で、なかなか連絡がこないと不安になることも多いでしょう。人によっては連絡待ちの期間ずっと結果が気になって、他のことが手に付かないということも少なくありません。

面接結果の連絡が遅いことには理由があり、これには複数の背景が隠されています。連絡が遅い理由を知っておくと、結果待ちの期間も心に余裕を持ちやすいです。また、必要以上に心を乱されないためにも、結果待の間にすべきことを知っておくのも大切です。面接結果の連絡が遅くても過剰に悩まされないために、心構えを持っておきましょう。

面接結果の連絡が遅い理由3つ

そもそも、なぜ面接を受けてすぐに連絡がこないのか疑問に思う人が多いでしょう。なぜ連絡が遅い場合があるのか、これは企業ごとに抱えている事情が違うと考えられます。ここでは、面接の結果が遅くなる理由についてご紹介していきます。

①応募者が多く選考に時間がかかっている

面接を受ける人数は企業によって異なり、数十人の場合もありますし、数百人の場合もあります。人数が多いほど選考に時間がかかり、合否判定において迷いも生じやすくなります。また、就活期間中、採用担当者は選考以外でも説明会の開催、インターンの運営、面接官など採用活動をしていることがあり、複数の仕事を並行しておこなっていると時間が取れないことも多いです。

応募者がそれほど多くなくても、企業の採用担当者の人数が少ない場合も同様に手が回らず連絡が遅くなるケースがあります。採用以外の業務を掛け持ちしている担当者ももちろんいるはずです。結果が遅い理由を「落ちたから」と考えるのは早く、このような事情があることも理解しておきましょう。

キャリアアドバイザーコメント

人事の数が結果連絡までの時間に影響する

例えば、1人で面接から合否結果をおこなっている企業は、手が回らずすべてにおいてスピード感が劣ります。複数名の人事がおこなっている企業であれば、前者よりスピーディに皆さんにご連絡が行きます。1週間以内に結果が届くでしょう。採用スケジュールなど何も伝達がない場合は、皆さんから質問をしていくと就活のスケジュールも目処が立てやすいですね!

②人事や上層部のスケジュールが合わない

面接の合否は面接官の一存だけで決められるわけではなく、人事社員やさらに上の役職者との合議が必要な場合が多いです。面接官や人事社員内では評価が決まっていても、最終決定者が判断していないと合否の連絡はできません。場合によっては会議や出張が続いて、数日経たないと最終決定をしてもらえないということもあるでしょう。

人事社員や上層部のスケジュールが合わないと、就活生に結果の連絡ができないという状態になります。採用活動には多くの人が関わっており、関係する人数が多いほど意思決定に時間がかかりやすいです。企業によって採用フローは違いますが、合否決定に際して上層部の承諾が必要なことは確かと言えます。

③サイレントお祈りの可能性もある

面接結果の連絡が遅い場合、サイレントお祈りをされている可能性もあります。サイレントお祈りとは、不合格者に不採用通知を出さないことです。この場合は合格者のみに次の選考の連絡がされます。 2017年度新卒採用に関する企業調査によると、不合格者への連絡について22.4%の企業が「しないことがある」と回答しています。

応募者が多いと全員に連絡するだけでも時間がかかるため、やむを得ずサイレントお祈りをする企業も多いと考えられます。他にも内定辞退に備えてキープするために、あえて連絡をしない企業もあります。どれも企業都合のため、就活生が嫌悪感を示すのも無理はありません。

キャリアアドバイザーコメント

戸田 開

企業に連絡するか他社の選考に力を入れよう

就活生から「2週間前に選考を受けた(webテストを受けた)が結果がまだ来ていない」といった相談を受けることは度々あります。アドバイスとしては大きく2つあって、1つ目は結果が気になるのであれば企業に連絡を入れてみるというものです。

2つ目は、他者に目を向けることです。結果が気になるという心情はとてもよく理解できます。しかし、そこだけに意識を向けすぎて他社の選考の進捗を止めることが一番よくないので、ある程度割り切って他社の選考に力を入れましょう。

面接結果の連絡が遅い=不合格?

企業ごとに違った事情を抱えているため、実際にどれくらいのスピードで通知されるかは異なります。しかし、合格者を優先し、不合格者は後回しにするのが一般的と考えられるため、連絡が遅いと「不合格になったのではないか」と心配する人は多いでしょう。連絡が遅いと不合格が確定と言えるのか、実態を知っておきましょう。

遅くても合格の場合もある

結論から言えば、連絡が遅いからといって不合格とは限らず、合格の可能性もあります。忙しかったり、なかなか最終決定が下せない状態にあったりすると、合否に関係なく連絡スピードは遅くなります。一般的に、1次、2次、最終と進むにつれて、上層部の合意が必要になるため、連絡が遅くなることが多いです。そのため、連絡が遅いからといって、すぐに諦める必要はありません。

反対に連絡が早くても、不合格というケースはあります。満場一致で不合格が決定し、覆しようがない場合は、即時連絡が来る場合があることは覚えておきましょう。面接の結果が早いから合格、遅いから不合格とは一概に言い切れないので、振り回されすぎないようにしたいですね。

2週間以内を目安にしよう

連絡スピードは企業によって違うため、早い・遅いと判断するのは難しいですが、基本的には2週間以内が目安になります。多くの企業では1週間程度で連絡が来ることが多く、遅い場合でも2週間以上経過することはほとんどないでしょう。2週間以上経って連絡がないなら、サイレントお祈りの可能性もあります。

複数回選考を受けていて、前回よりも若干連絡スピードが遅い場合は、単に迷っているだけということもあります。2週間というと月の半分なので長く感じてしまいますよね。数か月しかない就活の2週間は貴重とも言えるため、待つ間も次の選考の準備など今できることをやりましょう。

キャリアアドバイザーコメント

桑原 翔

面接の結果を待つ間はリラックスして過ごそう

次の面接やES提出までの締め切りの時間に余裕があるのであれば、1日くらい就活について考えるのを辞めてゆっくりリラックスしましょう。面接は非常に疲れます。メリハリをつけて進めなければ身体を壊してしまいます。

終わった面接については、ネガティブに考えることはやめましょう。面接について振り返ることはもちろん必要ですが、連絡が来ないからといって他のことに手を付けられないようでは本末転倒です。

ネガティブなことは考えずに面接の振り返りをして、「次はこういった言い回しをしてみよう」と考えたり「このような質問にはどう答えるのがよりよかったのか」などを分かる人に聞いたりしてPDCAを回していきましょう。次の企業の面接に向けて企業理解や面接練習をすることも大切です。

2週間待っても連絡がこない場合は問い合わせてOK

面接から2週間過ぎても連絡がこない場合は、企業に問い合わせてOKです。あまりに早く連絡すると企業でも答えが出ておらず、催促する形になってマイナスの印象を与える可能性もあります。問い合わせはメールで簡単にできるため、まずは最低限の期間待つことが大切です。

例文

面接結果の連絡が遅い場合の問い合わせメール

件名:○月○日の面接の結果につきまして/○○大学○○学部○○

○○株式会社
事部 ○○様

お世話になっております。○○大学経済部の○○と申します。先日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。面接官の皆様の温かいお言葉のおかげで、リラックスして取り組むことが出来ました。
本日は面接の結果の件でご連絡致しました。
大変申し訳ありませんが、面接当日に結果の通知期間をお聞きするのを失念しておりましたので、いつ頃の連絡になるか教えて頂けると幸いです。
お忙しいところ大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。
署名

問い合わせる際は、まずは面接のお礼や感想を簡単に伝えておきましょう。いきなり本題に入らずお礼や感想を伝えると、より好印象を与えやすくなります。問い合わせる際は「通知期間を聞き忘れていたと伝える」「いつ頃通知されるかを聞く」の2点が重要です。あくまで結果連絡がいつ頃になるのかを尋ねる連絡なので、直接結果を尋ねないように注意しましょう。

面接結果の連絡が遅くても気にし過ぎないようにしよう

面接終了後、結果の連絡をすぐにでも欲しいと思う人が多いでしょうが、実際はなかなかそうもいきません。企業としても素早く連絡できたほうが採用活動もスムーズに進みますし、できるだけ早く通知したいと考えています。しかし、忙し過ぎて手が回らない、最終決定を下せる人がいないなどの理由で、スムーズに連絡ができないことも多いです。

結果が遅いのは多少仕方ないとも言えるため、待っている間に何をするかが重要になります。結果待ちの期間も就活は動いているため、できることをやりながら待ちましょう。時間を上手に使い、効率的に動ける人ほど就活を成功させやすいです。思い悩み過ぎずに別の企業の選考の準備をして過ごしましょう。

関連コラム