最終面接で落ちる理由5つ|事前にやるべきこともご紹介

この記事のアドバイザー

塩田 健斗

大学卒業後、ポート株式会社に新卒として入社。メディア広告の営業とマーケティングを兼任。2年目からキャリアアドバイザーへジョブチェンジし、異動後1年で就活シェアハウス事業の責任者として事業運営。入社後、ご自身の選択を正解にしたいと思えるようなキャリア選択のサポートをします。

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

村井 俊介

大学時代に社会保障や少子化問題を学んでおり、働き方改革をしたいと考え、人材業界を目指す。大学卒業後、外資系の人材会社でコンサルタントとして、オフィス系からファクトリー系まで幅広い業界のお客様とお取引させえて頂いておりました。そこからポートへ転職をして、キャリアアドバイザーとして、学生さんキャリアの形成のお手伝いをさせていただいおります。一緒に明るい就活にしていきましょう!

コラムの目次

  1. 最終面接で落ちる人は多い?
  2. 最終面接で落ちる理由5つ
  3. 最終面接で落ちないためにすべきこと5つ
  4. 最終面接で落ちるのは事前対策と反省不足

最終面接で落ちる人は多い?

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活最後の関門である最終面接ですが、ここで落ちる人は少なくありません。最終面接まで残る学生はそれだけ評価してもらっているということでもあり、なぜ落ちるのか疑問に思う人もいるでしょう。

評価されているのは確かですが、それが実際に内定に繋がるかどうかは別です。内定を獲得するためにも、最終面接のどこで失敗しやすいのかを事前に知っておかなければなりません。事前準備を徹底して最終面接のスムーズな突破を目指しましょう。

最終面接で落ちる理由5つ

①志望度が低い

最終面接で落ちる理由のもっとも大きなポイントは、志望度にあります。これまでの面接でも志望度は見られていますが、最終面接では特に重要視されているのです。最終面接は就活生にとっては内定がもらえるかどうかの重要なシーンですが、これは企業にとっても同じです。

企業にとっての最終面接は、「コストをかけてでも採用すべきか」を決断するシーンであり、費用はもちろん今後の企業の成長がかかっている以上、採用側も慎重になります。志望度が低い学生を採用してしまうと、内定辞退や早期退職のリスクが上がり、費用や労力をかけた分、大きな損害を被ることになるのです。本当に就職したいと思っているか、入社への熱意は誰よりもあるかが見られており、一瞬でも意思が揺らぐのを見抜かれると落ちる可能性が高いです。

②情報収集ができていない

面接を攻略するには業界・研究が必須であり、事前に情報収集をしておかなければなりません。これができていないために最終面接で落ちることも多く、情報収集していない=志望度が低いことに繋がる場合もあります。情報収集はこれまでの面接前にもしているため、最終面接前にしなくても大丈夫と思う人も少なくありません。

しかし、最終面接では社長や役員クラスが面接官を担当することも多く、これまでとは問われる情報の内容や角度が違うことも多いです。情報収集する際は、ただ企業について調べるだけでなく、業界での立ち位置や競合他社との違いについても調べておきましょう。競合他社の情報も知った上で、志望企業でなければならない理由を伝えると、より強く意欲が伝わります。

③企業の方向性と合わない

一次面接や二次面接では、人柄やスキル面に問題がなければ多少の迷いがあっても通過させる面接官が多いです。しかし、最終面接では就活生と企業の相性が念入りに見られます。どういうことかというと、企業のビジョンや社風、価値観と合うかどうかです

例えば、地域の高齢者をターゲットにしている企業に対して「都市部の若者に愛されるサービスを提供したい」と伝えた場合「うちとはやりたいことが違うから見送ろう…」と不採用になる可能性が高くなります。仮に内定をもらえたとしても、やりたいことができる可能性はかなり低いです。企業としても内定辞退や早期退職のリスクを減らすために、方向性が合っているかどうかを最終面接で見極めています。

キャリアアドバイザーコメント

塩田 健斗

企業側は最終面接で「一緒に働きたいかどうか」を重視している

最終面接は企業とのマッチングを見られます。1次、2次面接はスキルや能力など「利益を生み出せるか」を見ますが、最終面接に近くなるにつれて「一緒に働きたいかどうか」を見るようになります。

「うちの会社に入ることで学生が目指したいことを実現できるか」を確認しながら、モチベーション高く業務に取り組んでくれるかをみていきます。そのため「将来成し遂げたいこと」や「将来なりたい姿」を明確に伝える必要があります。まずはこの2つを明確にしておくことで評価の土俵に立つことが出来るので、必ず準備をして臨みましょう。

④逆質問を活かして切れていない

面接には逆質問がつきものですが、最終面接でも問われることが多いです。逆質問は自分を売り込むための重要なポイントであり、このチャンスを活かし切れていない場合も落ちる可能性が高いです。逆質問は「御社に興味関心がありますよ」「志望意欲が強いですよ」というアピールができる場でもあるため、「特にありません」はもったいないです。

特に最終面接の場合は、役員クラス以上の役職の高い人に質問できる貴重なチャンスであり、この機会を逃さない手はありません。社長や役員に対しては、5年後・10年後のビジョンについてや事業の将来性など、長期的な内容の逆質問がおすすめです。自分でビジョンを描いた上で逆質問することで、それが叶えられるかどうか、どのような努力が必要なのかが見えてきますし、質問自体が意欲のアピールにもなります。

キャリアアドバイザーコメント

村井 俊介

最終面接の逆質問では意欲をアピールしよう

最終面接の逆質問は意欲のアピールなどが好ましいです。一例をあげますと「私は御社に早く貢献したく現在○○を学んでおりますが、他に入社前までに勉強することはございますか?」などになります。採用には多くのコストがかかるため、採用側としては長く働いてもらい、活躍して欲しいと思っています。

学生自身がその会社で働くイメージがついているのか、活躍できるかどうかなどを採用側は見ています。そのため、「質問はありません」や「ホームページに記載されているもの」や「福利厚生」などの質問は避けましょう。逆質問でもアピールしていくことが大切ですよ。

⑤入社確認程度と思っている

「最終面接は入社意思の確認程度」と考えていたために落ちてしまう就活生は多いです。このように考えていると、リラックスし過ぎて緊張感が薄れてしまいます。しかし、最終面接は入社意思の確認程度ではなく、入社できるかできないかを分ける選考なので、最後まで気を抜かずに挑みましょう。

細かいミスは仕方ないにしても、基本部分では失敗することのないよう注意しなければなりません。特に企業名、社長の名前を間違える(忘れる)、他の企業の事業と間違えるなどに注意しましょう。最終面接の合格率は5割程度とも言われ、企業が合わないと判断した場合はすぐさま不採用になる可能性が高いです。「ここまできたら入社できるだろう」と安心せず、念入りに対策しておく必要があります。

最終面接で落ちないためにすべきこと5つ

①一次面接や二次面接の内容を振り返る

最終面接前に、一次面接や二次面接の内容を振り返っておきましょう。質問内容やそれに対する回答などを振り返ることで、最終面接でも一貫性のある回答を心がけることができます。また、一次面接や二次面接において、面接官から企業について聞いたり逆質問をして情報を得たりしていると思います。

最終面接前にそれらを振り返り、自分が考える企業の姿とギャップがないか確認しましょう。企業との考えに差があると面接官が違和感を覚え、不採用になる可能性があります。そして、面接官の話を聞く中で志望意欲が高まった内容があれば、志望動機に盛り込みましょう。自分しか伝えられないオリジナリティのある志望動機になります。

②志望動機や自己PRを見直す

就活生

志望動機や自己PRは一次や二次でも聞かれてきたので、内容はバッチリ覚えています。

キャリア
アドバイザー

一次や二次を終えてさらに志望意欲が高まったり、企業について理解が深まったりしていると思うんだけど、どうかな?

就活生

もちろん、より強く内定が欲しいと思いますし、面接官の方から貴重なお話も聞いています。

キャリア
アドバイザー

それなら、志望動機や自己PRにもそういった内容を盛り込むのがおすすめです。面接を通して共感したことなどを入れてバージョンアップしましょう!

最終面接でも志望動機や自己PRなどの基本的なことを問われることが多いため、これらは必ず見直しておきましょう。もちろん、見直すといっても内容を大幅に変えるのはNGです。これまでにアピールした内容をベースにして、細部をさらにこだわることが大切です。

同じ内容でも、言葉を少し変えるだけでニュアンスが変わり、与える印象も違ってきます。これまでに伝えてきた志望動機や自己PRは本当にベストといえるのか、もっと印象的に自分を売り込むように伝えられないかを考えましょう。細かい部分までこだわって伝えることでやる気も伝わり、印象もよくなります。細部の作り込みが大切なので、アピール内容をしっかり見直してベストな形を模索しておきましょう。

③企業や社長について情報収集する

最終面接前は情報収集も大切です。特に企業や社長、あるいは会長や創設者といった役職が高い人の情報は集めておきましょう。社長や会長が本を出している場合は、一度目を通しておくと選考に役立てやすいです。企業について調べる場合は、創設年や規模といった基本的な情報から今後の事業展開まで、幅広く押さえることが大切です。

これらはすべてホームページに記載されているため、一通り目を通しておきましょう。また、企業説明会の資料やパンフレットがあれば、それらも見直すことが大切です。他にもニュースやネットでの情報も参考にし、多角的に情報収集をしておきましょう

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

業界や企業に関連するニュースにも目を通しておこう

企業について情報収集をする際は、トレンドを掴んでおくとより興味関心をアピールできます。毎朝新聞を読むこと以外にも、電車での移動中にニュースサイトやアプリを見るなどして新鮮な情報をキャッチしておきましょう。

NewsPicks
スマートニュース
ダイヤモンドオンライン  を参考にしてください。

④面接の基本を最初から見直す

最終面接まで進んでいると選考にもある程度慣れていることが多く、事前準備なしでもそれなりの振る舞いはできるでしょう。しかし、最終面接前に基本からしっかり見直し、初心に戻って対策することが大切です。場数を踏んで慣れてくると、面接の基本は身に付きますが、場合によっては間違ったことが身についているケースもあります。

これまで当たり前だと思っていたことが間違っている可能性もあるため、細かい失敗をしないためにも、基本をもう一度確認しておきましょう。慣れてきた時ほど失敗が多くなるため、慢心せず謙虚な気持ちで最終面接に臨んでください。

⑤必ず第一志望と伝える

最終面接ではとにかく志望度が見られているため、志望度や選考状況を聞かれた場合は必ず「第一志望です」と答えることが大切です。第一志望ではなく正直に他社に本命があると答えて受かるケースもありますが、これは稀な例です。基本的には、どの企業も第一志望のつもりで取り組むことを意識しましょう。

志望度を問われた際には答え方も大切で、自信を持ってはっきり答えることや、即答することを意識しなければなりません。口では第一志望と言っていても、声が小さいと自信がないよう見えて信ぴょう性が低くなります。伝え方からも志望度は伝わるため、何を言うかだけではなく、どのように伝えるかも意識しましょう。

キャリアアドバイザーコメント

第一志望と言ったからといって辞退できないわけではない

「第一志望です」と言った場合でも内定辞退は可能です。まず、入社できるチャンスを得ることが先決ですよね。内定を頂けてようやく入社資格を得た状態ですので、目の前のチャンスをつかめる時間にしてください。企業側からしたら、志望度の低い学生を合格させようとは思いません。

「志望度は低いが能力が高い学生」と「志望度は高いが育成に時間がかかりそうな学生」が並んだ場合、志望度の高い学生を採用したいと言う企業が多いです。入社後いくらでも皆さんの能力を伸ばすことはできるので、この会社で頑張りたいか否かのマインドは重要ですよ。

最終面接で落ちるのは事前対策と反省不足

最終面接で落ちる理由は複数ありますが、基本的には事前対策とこれまでの反省ができていないことが原因でしょう。企業によって違いはあるものの、基本的には最終面接でもしっかり評価されて合否が決定します。顔合わせ程度と思って準備をしていないと、落ちる可能性が高くなるため注意が必要です。

これまでの面接と最終面接では、見られているポイントが違うため、やってきたことを見直し、反省して最終面接に合った形に変えていかなければなりません。最終面接では志望度が重視されるため、いかに印象よく熱意を持って伝えられるかを考えて事前準備に取り組みましょう。

関連コラム