短所の例文5つ|好印象を与える答え方やNG例文もご紹介

この記事のアドバイザー

遠藤 美桜

大学時代は中途の人材紹介会社でのキャリアアドバイザーをインターンで経験し「ファーストキャリアを後悔なく学生に歩んでほしい」という想いから、大学卒業後、ポート株式会社に新卒で入社。誰だってこれからのことに悩むと思います。一緒に頑張る方向を模索していきましょう。

吉田 実遊

大学時代での学生団体の経験から、どんな人でもマインドと少しの工夫で必ず活躍の場を見つけ、充実した人生にしていけるということを体感。人生の中で占有率が高い「仕事」という側面から、より多くの人の幸せを追求するサポートをしたいという想いを持ち、新卒でポート株式会社に入社。後に、キャリアアドバイザーとしてのキャリアをスタートさせた。就活も仕事も人生を豊かにする選択です。学生さんのワクワクするような将来を少しでもサポートしていきます!まずはどんなことでもお話しましょう。

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

コラムの目次

  1. 短所は答えない方がいい?
  2. 面接官が短所を質問する意図
  3. 短所の例一覧
  4. 就活で答える短所の例文5つ
  5. NGな短所の例文3つ
  6. 短所は長所の裏返し!改善策を伝えることで前向きな姿勢をアピールしよう

短所は答えない方がいい?

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から

「短所ってない方がいいですよね?」
「短所があると評価が悪くなりませんか?」

という声を多く聞きます。短所=自分の劣っている部分なので、こう考えるのも無理ありません。就活は企業に自分を売り込む場なのに、なぜ面接官は短所を知ろうとするのでしょうか?もちろん、短所の有無や内容を知るためでもありますが、それだけではありません。

短所について悩んでいる就活生は、種類を知るだけでなく面接官の意図まで汲み取ることでオリジナリティのある短所や答え方が見えてくるでしょう。決して「ありません」と答えないように回答のポイントなども把握しておいてください。

面接官が短所を質問する意図

では、早速面接官が短所を質問する意図について紹介していきます。具体的には、次の3つの意図があります。

面接官が短所を質問する意図
  1. 自己分析できているか確認するため
  2. 改善や短所をしているか確認するため
  3. 求める人物像にマッチしているか確認するため

例えば「優柔不断」という短所を持っていたとしても「優柔不断がいいか悪いか」だけで評価されるのではなく、「自社の社員としてふさわしい人材かどうか」という視点で見られているのです。面接官の質問には意図を理解した上で答える必要があるので、上記の3つを踏まえて短所について考えていきましょう。

①自己分析できているか確認するため

面接官が短所を質問する1つ目の意図は、就活生が自己分析できているかを確かめるためです。自己分析は就活において自分の強みや弱みを把握し、自分に合う職種や企業選びに役立てるものです。就活の指針とも言える大事な役割を担うため、自己分析ができているかどうかは企業の目から見ても重要になります。

特に自己分析をして短所を明らかにする際、自分の課題が何なのかを深く考える必要があります。仕事において自分の課題を見逃して真剣に向き合わない人は、成長することができません。面接官は短所の質問をすることで、自分と向き合い深く自己分析できているかどうかを見ているのです。

②改善や対処をしているか確認するため

2つ目は短所をそのままにせず、改善や対処しているかを知るためです。そもそも短所は誰にでもあるものです。「短所があるかどうか」ではなく、短所にどう向き合っているかが大切と言えます。短所があっても自分を受け入れる姿勢というのも、もちろん大切です。しかし、多くの面接官は入社後の成長が期待できる就活生を求めています。

ですから、「このままでいいや」という姿勢は向上心のなさを訴えかける逆アピールになるのです。短所を認識し対策している、または対策した結果乗り越えたことを伝えましょう。自身の問題点を受け止め改善する姿勢は、面接官に「業務においても発揮されるだろう」期待を持たれる可能性が高いです。

キャリアアドバイザーコメント

吉田 実遊

短所に向き合う姿勢を示そう

短所は捉え方によってはそれほど生活に支障がないと感じるものもあるかと思いますが、しっかり自分の弱みを理解し、向き合う姿勢を示すことが重要です。入社後の仕事への取り組み方にも通ずるものですし、ポジティブなアピールに変換しやすいポイントではあるのでしっかり抑えましょう!

③求める人物像にマッチしているか確認するため

3つ目は企業とマッチしているかどうかを確かめるためです。企業は採用活動において「求める人物像」を設け、どのような学生を採用したいのかを定めます。求める人物像に合致する学生ほど、企業とのマッチ度が高いです。面接官にとって短所の質問は「求める人物像なのか?」を探る上で重要な材料になるのです。

就活生が持つ短所が求める人物像とかけ離れていたり、業務にマイナスの影響を及ぼす可能性があると判断されると不合格の可能性が高くなります。例えば自主性や積極性を求める企業に「受け身で指示待ちの姿勢が短所です」と答えた場合、適性がないと判断されやすいです。自分の短所が企業にとっては致命的というケースもあるので「そもそも適性があるのか」「入社後に活躍するイメージが湧くか」を振り返ってみるといいでしょう。

短所の例一覧

短所は長所の裏返しです。例えば、物事を慎重に判断する人の短所は心配性なところです。長所を短所に言葉を言い換えているだけですが、性格が一貫されていて違和感がありませんよね。もし慎重な人に楽観的なところが短所だと言われたら、どちらが本当かわからなくなります。一貫性を持たせる意味でも、長所から短所に言い換える方法はおすすめです。

短所と長所の一覧

就活で答える短所の例文5つ

ここからは、短所の答え方について例文で紹介していきます。短所は次の流れで答えるのがおすすめです。

短所を答える流れ
  1. 結論
  2. 具体例
  3. 改善策

この順番で答えれば、簡潔にわかりやすく面接官に伝えることができます。「短所は〇〇です」と一言で終わらせず、面接官の意図を汲んで丁寧に答えることを心がけましょう。

例文①一人で抱え込む

例文①1人で抱え込む

私の短所は、何でも自分一人で抱え込んでしまうところです。任されたからには自分で全てやらなければという思いが強く、ケーキ店のアルバイトでも誰にも相談せずに仕事を一人で抱え込んでしまっていました。
しかし、クリスマスシーズンの繁忙期に、レジや包装、予約注文の電話などを一人で担当したことが原因でお客様をお待たせし、注意されたことがありました。この経験から一人で多くのことを引き受けていては効率が悪いと気づき、報告や相談をこまめにするようにしました。今では仕事を分担して助け合うことを大切にしています。

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

短所だけでなく改善策も書いてあるところがGOOD

この例文は「短所」+「改善策」の内容になっているのがいいですね。「短所」は自分自身が欠点だと認識していること、直さなければいけないと思っている点ですよね。つまり、「短所」の話をする際は「どうすればその短所を改善できるのか?」を考えないといけません。

この例文には、短所を改善するための実際の取り組みが書いてあります。この例文のように実際に取り組んでいることがあれば非常に良いと思いますし、取り組んでいなかったとしても自身の短所を改善できるアクションをしっかりと考え、相手に伝えられると印象は非常によくなると思います。

例文②心配性

例文②心配性

私の短所は心配性なところです。居酒屋のアルバイトでリーダーをしていた際にノルマに関して過度に心配しすぎて、バイト生に「そんなに頼りないですか?」と言われたことがありました。
そのときは根拠もなく心配していたので、数字などで明らかに不安な時だけ心配な旨を伝えるようにしました。その結果、バイト生との信頼関係も深まるようになりました。現在は心配なことが起きたら紙に書き出し、どうすればいいか自分で整理するようにしています。

キャリアアドバイザーコメント

吉田 実遊

心配性なことを細分化して考えられている

しっかり細分化して考えることができている点が良いですね。論理的に考えられている印象を受けました。心配性が周りに「いい影響をもたらすとき」と「そうでないとき」の区別ができています。心配性=マイナスなことと一辺倒に捉えずに対処できている点が素晴らしいです。

例文③自分の意見を控える

例文③自分の意見を控える

短所は他人を優先するあまり、自分の意見を控える時があることです。部活動でミーティングに参加する際、発言数が少なく注意されることがありました。自分の意見を積極的に言えるようになるために、まずは質問することから始めました。
最初は簡単な質問しかできませんでしたが、次第に他のメンバーに気づきを与える質問ができるようになっていきました。今も改善中ですが、常に当事者意識を持ってミーティングに参加するようにしています。

キャリアアドバイザーコメント

吉田 実遊

段階的に施策を実行している点がGOOD

具体的な事例に対して、飛躍した施策ではなく段階を踏んでできそうなことから実行している点がGOODですね!最後の締めの一文に「質問をする」だけではなく「自分発信の発言をする」という文脈があるとさらに良いアクションになると思います。

例文④細かいミスが多くなりがち

例文④細かいミスが多くなりがち

私の短所は細かいミスが多くなりがちなところです。この短所を克服するために、行動の前に一拍起き、しっかり考えることを意識しました。動く前に深呼吸するというルーティンを入れることで、ミスを減らし、より確実な行動、選択ができるようになりました。

キャリアアドバイザーコメント

遠藤 美桜

冷静に物事を見ることを伝えると説得力が増す

この文面であれば、①結論③改善策はありますが、②の具体例がないため、例を入れるとより相手に対して伝えたいことを伝えられるかと思います。また「動く前に深呼吸」というアクションから「冷静に物事を見ること」に繋げると、より説得力のある文章になるのではないかと思いました。

例文⑤楽観的

例文⑤楽観的

私の短所は楽観的なところです。「やればできる」という考えのもと、よく調べもせずに行動してしまうことが多く、失敗した際のリカバリーに時間を要することがあります。短所を改善するために、今では物事を始める前にきちんとしたプロセスを踏むようにしています。すると以前より効率よく物事が進むようになり、失敗も減るようになってきました。

キャリアアドバイザーコメント

遠藤 美桜

具体的なプロセスについても伝えよう

しっかりと①結論②具体例③改善ができているため、流れとしてはとてもいい文章です。あえてお伝えするのであれば「今では物事を始める前にきちんとしたプロセスを踏む」の「プロセス」がなにか?(例えば、目標から逆算した計画を立ててひとつひとつこなすなど)を付け加えるともっといい文章になると思います

NGな短所の例文3つ

面接で短所を答える場合、何でもいいというわけではないので注意しましょう。短所の答え方ひとつで面接官からの評価を落としたり、マイナスな印象を与えたりする可能性があります。

NG例文①短所をいくつも答える

例文

私の短所は完璧主義なところ、せっかちなところ、視野が狭いところです。

面接で短所を質問された場合、答えるのは1つで問題ありません。短所は通常のアピールと違って、面接官にネガティブなイメージを少なからず与えます。自己分析を深くしている人ほど多くの短所を見つけているかもしれませんが、面接では1つに絞って答えましょう。1つの短所に関する具体的なエピソードや改善策を伝えた方が、面接官の印象にも残りやすいです。

NG例文②非常識な内容

例文

私の短所は遅刻癖があるところです

NGな短所としては非常識な内容もあげられます。社会人として働く上でルールを守ることは大切です。遅刻癖などのマナーを欠いた行動を取り上げると、面接官から「一緒に働きたくない」と思われてしまうでしょう。面接で答えている姿を見て、反省せず開き直っていると感じられる可能性も高いです。

キャリアアドバイザーコメント

遠藤 美桜

「当たり前のことが当たり前にできる」のは当然のこと

マナー違反や社会人としてふさわしくない行動は、かなりマイナスなイメージを与えてしまうと思います。「当たり前のことが当たり前にできる」というのは、面接官にとっては当然のことと思われています。その上で+αとして「この学生にはどのような強みがあるのか?」を面接官は見てくるので、もしもマナー違反や社会人として働く上で支障になる短所があれば早急に直しましょう。

NG例文③内面以外の身体的な特徴

例文

私の短所は足が遅いことです

足が遅いかどうかは仕事には関係ないので、評価の対象になりません。面接官は「自分を客観視できているかどうか」「企業にふさわしい人材かどうか」などを知りたくて短所を質問しているので、そもそも意図が理解できていないと思われる可能性も高いです。あまりにも質問の意図から外れた回答をすると、「会話が噛み合わないな」などネガティブな印象を持たれてしまうので気をつけましょう。

短所は長所の裏返し!改善策を伝えることで前向きな姿勢をアピールしよう

「面接で短所を答えたら評価されないのでは?」と考える就活生は多いですが、短所は誰にもであるものです。面接官もそれを理解した上で質問しています。短所の良し悪しを評価するというよりは、客観的に自分の短所を把握しているのか、改善に向けて取り組んでいるのかを知りたいということがほとんどです。

ですので「短所はありません」はNGです。短所がない人はいないので「自己分析ができていない」「自分を偽っている」とマイナスの印象を持たれてしまいます。自分の短所を正しく認識し、改善に向けた努力をしていると伝えることで、誠実さが伝わるのです。短所は長所の裏返しなので、自己PRの内容を逆にして考えてみましょう。

関連コラム