問題解決能力の高め方|自己PR例文とおすすめの本3選

この記事のアドバイザー

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

コラムの目次

  1. 問題解決能力とは
  2. 仕事で問題解決能力が必要とされる理由
  3. 問題解決能力を向上させる3つの方法
  4. 就活で活かせる問題解決能力の自己PR例文2選
  5. 問題解決能力の自己PRのNG例文
  6. 問題解決能力を上げるおすすめの本3選
  7. 問題解決能力を身につけて就活に役立てよう

問題解決能力とは

仕事では複数の能力が必要とされ、業界や企業、職種によって求められるものは異なります。しかし、どのような仕事でも共通して求められる能力もあり、そのひとつが「問題解決能力」です。問題解決能力とは、問題が発生した際にきちんと向き合い、解決する方法を探し、実際に解決へと導く能力です。仕事をする上で特に重要視されやすい能力であり、この有無で合否が変わるということも少なくないでしょう。

しかし、問題を解決する能力といっても、あまりにも曖昧で漠然としているため、自分に備わってるか、鍛えられるものなのかと疑問に思う人も少なくありません。問題解決能力は鍛えられえるため、能力向上の方法からアピールの仕方まで知って就活に役立てましょう。

仕事で問題解決能力が必要とされる理由

問題解決能力への理解を深めるには、そもそもなぜ仕事で必要とされるのか、その理由を知ることが大切です。仕事をする上で能力が必要な点は確かですが、問題解決能力以外にも必要な能力、スキルは数多く存在します。多くの能力がある中で、特に問題解決能力が重要視されるということは、それだけ実際に仕事で必要になることが多い証明とも言えるでしょう。仕事で問題解決能力が必要とされる理由は、大きく2つに分けられます。

仕事の成功につながる

問題解決能力が仕事で必要なのは、能力の発揮が直接的に仕事の成功に繋がるからです。問題なく仕事を進め、最初から最後まで完璧にこなせるならそれに越したことはありませんが、実際の仕事はそれほど甘くありません。どれだけ能力の高い人でも壁にぶつかることはがあります。

仕事で問題が発生するのはいわば当たり前で、重要なのはその問題にどのように対処するかです。つまり、問題を解決することで仕事を進めるごとができ、問題の発生、解決という工程を何度も繰り返すことで成功へと繋がります。問題に直面し、解決できずに仕事が失敗に終わるということも多いため、高い問題解決能力を持った人材は重宝されるでしょう。

コミュニケーション能力が向上する

問題解決能力とは、いわば物事を深く考え、推察する力です。これは問題を解決するという一点だけで発揮されるわけではなく、物事を考える、推察する姿勢がコミュニケーション能力の向上に繋がります。仕事において、相手が何を考えているかを推測し、適切な言動、行動で接して距離を縮める必要があります。

問題解決能力がある人は、その人と自分の間にある問題、価値観や考え方の違いを瞬時に見抜き、その差を埋めて行動できるといった特徴を持っています。仕事はひとりではなくチームでするものであるため、他人と協力できるコミュニケーション能力も重要な能力です。コミュニケーション能力の高さを裏付ける意味でも、間接的に問題解決能力の高さが見られています。

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

問題解決能力がある学生は「問題発見能力」と「論理的な解決策の提案」ができる

問題解決能力がある学生には2つの特徴があります。

・問題発見能力がある
・論理的な解決策を提案することが出来る

上記の特徴は最低限ある学生が多いです。例えば、高校の野球部に所属していて甲子園で優勝するために毎日素振りを3時間やるとします。しかし、自身の能力向上のために必要な課題が見えていないと、無意味に素振りを繰り返しても恐らく優勝はできません。
走力が弱いのであれば、素振りをすることよりも走り込みや盗塁の練習を繰り返すことが大切ですよね。このように「何が問題なのか?」「そのために何をするべきなのか?」を思考し、行動できる学生さんは企業様からもニーズは高いですね。

問題解決能力を向上させる3つの方法

仕事で重要な問題解決能力は、就活生なら鍛えておきたい能力のひとつですが、実態が曖昧で、どのように身につけるのか分からないという人もいるでしょう。実際に仕事を経験してみないと、仕事でのトライアンドエラーが分からず、実践的な問題解決能力を身につけるのは難しいです。しかし、基礎を鍛えることは可能で、複数の方法で能力向上を目指せます。就活攻略、および社会人になってから仕事で活躍するためにも、問題解決能力を事前に磨いておきましょう。

①視野を広げて物事を考える

問題解決能力を向上させるには、視野を広げて物事を考える訓練をすることが大切です。実際の問題を解決する際は、多方面から物事を見ることが求められる場合も多く、視野が狭いといつまでも同じところから抜け出せなくなります。特に先入観に固執するのは危険で、強い先入観を持ちすぎるために、視野が狭くなってドツボにはまることもあるでしょう。

視野を広げて物事を考えるには、まずは違いを受け入れることから始めましょう。自分の中の常識に固執せず、世界を広く見て許容することが大切です。たとえ意見の違う人、価値観が違う人がいても否定せずに受け入れ、その人がなぜそう考えるのかを推察することで思考力を鍛えられるでしょう。

②PDCAを回す

実際に問題を解決するには、PDCAを回すことを意識しましょう。PDCAとはPLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(評価)、ACT(改善)の略です。ひとつの物事、問題に対してこのサイクルを回すことを意識して考えていると、自然に問題との正しい向き合い方の姿勢が見えてくるでしょう。PDCAを回すには実際の問題に直面する必要があるため、身近なところで何か困ったこと、課題と言えそうなことはないかを探します。

例えばアルバイトをしているなら、「集客率を固定して高めるには」といったことを題材に、PDCAのサイクルを考えて見てもいいでしょう。PDCAサイクルはあくまで問題解決に取り組む方法論のため、これらを実行してすぐに問題が解決できるわけではありません。結局はトライアンドエラーの繰り返しになるため、サイクルの考え方を身につけることが大切でしょう。

③論理的思考を身につける

問題解決能力を根底から支えるのは論理的思考力であり、これを鍛えることも大切です。論理的思考力とは物事を論理的に考える力であり、仕事に当てはめるなら問題解決力とほぼ同義と言えるでしょう。これを鍛えるには、普段から物事を考える癖をつけることが大切です。

例えばニュースを見た際にも、内容を単なる事実として受け入れず、なぜそうなるのか、そうなった原因はどこになるのかと分解して考えてみましょう。物事を細部まで分解し、根幹となる部分まで深入りして考えることで思考力は高まります。単に考えるだけではなく、事実と紐づけしながらあくまで論理的な判断で結論に行き着くことが大切です。物事を感情論で片付けず冷静に考え続けることが、論理的思考力を高める一番の近道でしょう。

★★★CAからのコメント★★★

現状把握やゴール設定などをおこない論理的思考を身につけよう

論理的思考を身につけるためのポイントは3点です。

①現状把握
起きている事象に対し、何が課題、原因になっているのか。問題を明確に捉える事からスタートです。

②ゴール(どのような状況であれば解決したと言えるのか、理想の状態)を設定

③現状と理想のギャップを埋めるために解決策を考え、実践と検証をする。

皆さんも学生生活の中で、テストの点数が伸びない。サークルの参加率が低い。アルバイト先の仲間がすぐに辞めてしまう。など色々なことがあると思います。「まぁ、いいか」→「なぜそうなったのか」と考える意識を持つだけで思考力は伸びますよ。【笠原】

就活で活かせる問題解決能力の自己PR例文2選

問題解決能力が身についたなら、自己PRでのアピールの題材にするのがおすすめです。問題解決能力は、業界・企業に関係なく評価されやすいため、題材としては非常に適しているでしょう。自己PRは題材選びはもちろん、それをどのように伝えるかも重要です。題材がよくても、アピールの方法を間違えると場合によってはマイナス評価にもなりかねません。例文を参考にしながら、問題解決能力をどのように伝えるのか、イメージを膨らませましょう。

例文①

例文

私は小さな課題でも無視せず向き合い、きちんと解決できる問題解決能力があります。ゼミでは地方の活性化について研究しており、実地調査を行うこともありました。基本的には文献での研究でしたが、どうしても分からない部分があり、実地調査で地元の人の意見を伺いました。
聞き取り調査だけで全てが解決できるわけではなく、また文献に戻り、実地調査と繰り返したこともあります。分からない部分を分解し、一つ一つ正解を見つけることで全体を解決し、研究発表では優秀賞をもらうことができました。貴社では問題解決能力を活かして仕事に取り組み、小さな課題も見逃さず改善に努めることで、質の高い仕事をして活躍したいと考えています。

例文①では小さな課題でも無視せず向き合い、解決できると、問題解決能力の条件を細かく定義づけています。どのような能力なのかを詳細に語ることで、より明確なアピールができているでしょう。単に能力を提示するだけではなく、それを過去にどのように発揮したかを述べることで説得力が高められています。加えて、仕事での活かし方にも言及されており、採用メリットの高さもアピールできているでしょう。

例文②

例文

私はPDCAサイクルを回し、トライアンドエラーを繰り返しながら課題をクリアできる問題解決能力があります。大学時代は居酒屋でアルバイトをしていました。アルバイト先はフードの注文が多く、大量の注文をいかに効率的にさばけるかが重要でした。私は業務効率化の方法を考え、最初はとにかく手を速く動かす、次に同時並行で料理を作ると、次々にやり方を変えました。
反省しながら繰り返すことで、最終的に個人のスキルと連携が重要という結論に行き着き、切磋琢磨して連携しながら取り組むことで上手くさばくことができました。貴社でもPDCAサイクルを意識し、確実な問題の解決を目指して活躍したいと考えています。

例文②では、PDCAサイクルを回し、課題を解決できるとアピールしています。実際に問題解決のプロセスを提示することで、より分かりやすく伝わりやすくなっているでしょう。また、そのサイクルを回した経験を述べることで、アピールの説得力も高められています。仕事での活躍の方法にも結び付けられており、採用メリットも上手く提示できています。

問題解決能力の自己PRのNG例文

NG例文

私は問題解決能力があります。どのような問題も解決し、現状をよくしてさらに高みを目指すことが出来ます。問題解決能力はアルバイトで培ったもので、目の前の仕事に一生懸命取り組むことで、少しずつ磨くことが出来ました。
アルバイト先では課題を解決することで売上アップにも貢献し、店長から感謝の言葉を頂いたこともあります。貴社でも問題解決能力を発揮して、仕事における様々なトラブルを解決し、よりよい状態を目指して活躍したいと思います。

問題解決能力があると提示されているものの、それがどのような種類の能力なのか明確に提示されていません。単に「問題解決能力」というだけでは、範囲があまりにも広すぎるため、もう少し能力を限定して補足説明することが大切です。また、能力を発揮した、あるいは身につけた経験も曖昧で、本当に身についているのか疑わしくもあります。仕事での活かし方も漠然としており、明確さが足りない点が大きなNGポイントと言えるでしょう。

問題解決能力を上げるおすすめの本3選

問題解決能力は日常生活の中から思考を工夫することで高められます。しかし、それだけではなかなか能力の向上が実感できず、本当に高められているのか不安に思う人もいるでしょう。より明確に能力向上を実感したい、そもそも基礎から問題解決能力を見つけたいなら本を利用するのもおすすめです。おすすめの本を参考にしながら、能力のさらなる向上を目指しましょう。

①問題解決 ― あらゆる課題を突破する ビジネスパーソン必須の仕事術

問題解決 ― あらゆる課題を突破する ビジネスパーソン必須の仕事術は、仕事の現場で使える能力の向上に役立ちます。仕事をスムーズに進め、問題を解決するための思考の方法、実践の方法が紹介されています。単に知識として問題解決の方法を知るだけではなく、実際の解決力を高めたい人におすすめでしょう。

この本では章ごとに問題解決のステップを紹介しており、それぞれの章は「ストーリー」「解説」「まとめ」の構成になっており、分かりやすいのも特徴です。全7章で、問題を見つけるところから解決策を考え、実行する、さらにはその後解決策を定着させるところまで細かく解説しています。

②図解鬼速PDCA

図解鬼速PDCAは、PDCAサイクルを身につけるのに役立ちます。PDCAとは何か、どのように考えるかといった基本はもちろん、タイトル通りこれを「鬼速」で回すのが本書の狙いです。素早くPDCAサイクルを回すことは、時間が重要視されるビジネスの世界では非常に重要なことであり、より実践的な思考方法とも言えるでしょう。

PDCAサイクルを素早く回すための思考方法だけではなく、実際に利用できるシートがついているのも特徴です。自身の問題に当てはめながら考えることができ、実際的な問題の解決にも役立つでしょう。基本的なPDCAのサイクルが身についている人でも、それをさらに磨きサイクルのスピードを速められるため、より高い問題解決能力を身につけたい人におすすめです。

③問題解決プロフェッショナル

問題解決プロフェッショナル-思考と技術は、問題解決のための理論や技術を細かく解説しているのが特徴です。思考の技術や方法について紹介しており、実際の仕事の場で問題解決を実践するために必要な技術や理論が身につけられるでしょう。思考方法は「ゼロぺベース思考」や「仮説思考」が紹介されており、さらに思考のプロセスとして「ロジックツリー」も解説されています。

単に思考の技術や方法論が紹介されているだけではなく、実際の企業の事例が紹介されているのも大きな特徴でしょう。実際のビジネスでの事例に照らし合わせて考えられるため、実践的な能力を身につけたい人におすすめです。

問題解決能力を身につけて就活に役立てよう

就活ではいかに仕事で活躍できるかが見られており、それを見抜く指標のひとつが問題解決能力です。問題解決能力が備わっている=活躍できる、コミュニケーション能力が高い、思考力が高いと判断され、選考でも高評価を獲得しやすいでしょう。就活を少しでも有利に進めて就職後の仕事でもスムーズに活躍するには、学生のうちにいかに問題解決能力を高められるかが重要です。

問題解決能力は思考力に関係するスキルであるため、普段から考えること、特に論理的に考えることを意識し、思考の引き出しを増やすことが大切です。鍛え方はいくらでもあるため、問題解決能力をしっかり高めて高評価の獲得を目指しましょう。

関連コラム