就活は6月スタートでも間に合う|就活状況とやるべきことをご紹介

この記事のアドバイザー

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

増子 航平

大学時代、北海道にてNPO法人の立ち上げ、子供の貧困問題・格差問題に取り組む。その後、新卒でポート株式会社へ入社しキャリアアドバイザーを務める。1年目は新人賞を獲得し、2年目でチーフに就任。仕事には人生の大半を費やすことになります。だからこそ仕事の楽しさを伝えたいです。どんな人にも活躍出来る場はあると思っています。それを見つけていきましょう!

コラムの目次

  1. 就活のスタートが遅れてしまったら
  2. 6月の就活状況を知っておこう
  3. 就活を始めていない学生が6月にすべきこと
  4. 就活を6月から始めても努力次第で間に合う

就活のスタートが遅れてしまったら

こんにちは。キャリアドバイザーの北原です。経団連に加入する企業の採用活動解禁は3月ですが、出遅れてしまう就活生も多いです。

「周りの友人は内定をもらっている」
「6月に何もしてないともう無理?」

という就活生の声も聞きます。就活のスタートが遅れた理由は学業や部活動、公務員試験 が忙しかったなど、人それぞれです。遅れを感じているのであれば、今すぐにでも行動を開始しましょう。

ここで注意したいのが、いきなりなんとなくで選んだ企業にエントリーするといった突発的な行動を避けることです。焦っていても、きちんと土台作りをすることが大切です。6月の就活状況ややるべきことを知って、遅れを取り戻しましょう。

6月の就活状況を知っておこう

6月は選考がスタートし内定も出始める

経団連に所属する大手企業では6月に入ると面接が解禁になり、エントリーを締め切って選考に入る企業が多いです。内定者も続々と出てくるため、6月になっても就活を始めていない状況はとても深刻だと言えます。さらに言えば、経団連に加入していない企業などは4月、外資系企業は12〜1月には内定が出ている状況です。6月になっても就活を始めていない学生は、この状況を理解した上で準備を進める必要があります。

スピード感が大切

6月は選考が始まるタイミングですが、引き続きエントリーを受け付けている企業もあります。スタートは遅れたものの、間に合う可能性は十分あります。ただし、他の就活生に遅れをとっている分、就活でやるべきことをスピード重視で進めなければなりません

通常、自己分析や業界・企業研究などは、インターンシップやOB訪問も交えながら数ヶ月間おこないますが、6月からだと時間がありません。しかし、時間がないことを理由にやるべきことをやらなかったり雑に済ませてしまうと、後で後悔することになります。自分でスケジュールを決めて、ひとつずつ着実に進めて行きましょう。ここからは、就活ですべきことをご紹介していきます。

就活を始めていない学生が6月にすべきこと

自己分析

就活でやるべきことのひとつに自己分析があります。これは就活を進める上での基礎になるため、どんなに時間がなくてもやっておくことが大切です。志望業界や企業の絞り込み、自己PRや志望動機の作成にあたって必要になります。

自分史やモチベーショングラフを作成すれば、効率的に自己分析を進めることが可能です。学生時代に力を入れたことや強み・弱みなどを明確化するためにも、これらを活用しましょう。また、診断系のサイトを使えば質問に答えるだけで自分の性格を把握できます。自分史や落ちベーショングラフとあわせて活用しましょう。

この記事では、自分史やモチベーショングラフの作成方法・手順を詳しく紹介しています。早速やってみましょう。

関連記事

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

https://careerpark-agent.jp/column/633

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

就活の軸を明確にする

就活を始めるのが遅くなったからといって、手当たり次第企業を受けるのはNGです。適当に企業を志望しても不採用になる可能性が高く、何より入社後にミスマッチを感じて早期退職する恐れがあります。ミスマッチを防いで志望度の高い企業に入社するためにも、就活の軸を明確にしておきましょう。

どのような時に嬉しくなるのか、何に興味関心があるのか、仕事に求めるやりがいは何かなどを明確にすることで、活躍できる企業を見つけることができます。ここでも自己分析が活きてくるので、自分史やモチベーショングラフと照らし合わせながら考えてみてくださいね。

就活の軸一覧

  • 語学力を活かして日本と世界を繋ぐ仕事をしたい
  • 当事者意識を持って働きたい
  • 若手でも事業の責任者を担いたい
  • ものづくりを通して環境に貢献したい
  • 人々のライフスタイルを充実させたい
  • 子供からお年寄りを楽しませる仕組みを作りたい
  • 日本の魅力を世界に発信したい
  • 成長フェーズの企業で働きたい

企業を見つける

①企業説明会に参加する

企業説明会に行くことで、募集を締め切っていない企業の採用を受けられる可能性が高まります。6月になっても説明会を開催している=募集人数に達していないということなので、企業側も人材を欲している状態です。企業単独の説明会だけでなく合同イベントを開催していることもあるため、ナビサイトなどの情報をチェックしましょう。

説明会に参加する企業を選ぶ際は、あまり絞り過ぎずに視野を広く持つことが大切です。業界・企業研究をしていない場合は、色々な業界や企業を知る必要があります。自分で定めた就活の軸を元に、企業が軸に沿っているかどうかを確認しながら説明会に参加しましょう。

キャリアアドバイザーコメント

増子 航平

就活イベントに参加する際は業界や職種をある程度決めておこう

就活に出遅れたと感じているのであれば、業界、職種はある程度絞って参加した方がいいです。一番おすすめしない参加の仕方は、「雰囲気がよくて…」「人がよさそうで…」「なんとなく…」などの気持ちで参加することです。

ご自身の中で定義があれば別ですが、たくさんの企業が参加しているイベントの中で選定の軸がふわっとしていると、どの企業も素敵に見えるため何の判断基準にもならず、さらに就活が延びます。業界、職種はある程度決めたうえで参加をした方が有意義な時間になると思いますよ!

②ナビサイトを確認する

6月になってもエントリーを受け付けている企業を見つけるには、マイナビやリクナビなどのナビサイトを確認しましょう。興味のある企業をクリックしたら、エントリー、説明会予約のどちらか選択可能です。中には、説明会に参加することで筆記試験と一次選考まで進める選考直結型の企業もあります。

また、マイナビには企業の採用活動状況別に検索できる機能もあります。「積極的に受付中」「最近1ヶ月以内に活動開始」「受付締切間近」などで絞ることで、企業の活動状況を把握することが可能です。業種・エリア・職種・従業員規模などと組み合わせて活用しましょう。

③就活エージェントサービスを利用する

就活エージェントは、就活生の企業選びから面接対策までをサポートします。この記事でご紹介した自己分析や就活の軸についてのアドバイスはもちろん、面接の練習も可能です。キャリアパークエージェントには、年間1,000名以上と面談をしている専任のアドバイザーが所属しているため、内定までを力強くサポートします。「周囲に相談できる人がいない」「内定がもらえるか不安」などの悩みを抱えている人は、ぜひ利用してみてくださいね。

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

アドバイザーに自分の考えを話してアドバイスをもらおう

エージェントの活用法は「自己分析」と「企業紹介」の2つです。多くの学生さんが自己分析の本を買ったり、適性検査をしたりしているでしょう。しかし、誰かに自分の考えを話して分析している学生さんは少ないです。

そこで、初対面であるアドバイザーに話をすることで自分の考えをアウトプットすることが出来、フィードバックやアドバイスをもらうこともできますよね。自己分析は1人ではなかなか完結しづらいので、その点では面談を通じて自己分析が出来る点が大きなメリットです。

また、その分析結果を元に自分では気づけなかった適性を活かせる企業や、ナビサイトなどではなかなか絞り切れない自分に合った企業を探し出してくれる点が最大のメリットだと思います。

企業研究をする

志望する企業が決まったら、その企業について詳しく調べます。企業のことをよく知らなければ、志望動機や自己PRを作成することができません。企業の何に魅力を感じるのか、何がしたいのか、どのように貢献できるのかを考えて自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

企業研究をするにはOB訪問やインターンシップなどが効果的ですが、時間がないので公式HPや本を活用しましょう。企業の情報を集めて「なぜその企業でなければダメなのか」「企業ならではの強みは何なのか」などを深めていってください。企業研究で確認しておきたい内容は以下のとおりです。

企業研究の確認内容

  • 社長、創業者の氏名
  • 創立年月日
  • 経営理念
  • 事業内容
  • 市場規模
  • 製品、サービスの特徴
  • 製品、サービスの対象者
  • 製品、サービスの提供方法
  • 今後力を入れていく領域
  • 売上
  • 社風
  • 求める人材像
  • 職場環境
  • 福利厚生

ESを作成する

志望企業が決まってエントリーをしたら、エントリーシートを作成する必要があります。ESには自己PRや志望動機などを記入しますが、基本的に結論から書きます。結論→理由という流れで書くことでインパクトを残せるだけでなく、採用担当者が内容を理解しやすくなります

ESが完成した後は、誤字脱字がないかチェックしましょう。読みにくくないか、結論から始まる論理的な文章になっているかなどを確認して、企業に提出しても大丈夫な状態にしてください。また、企業名を変えれば使い回せる内容のESはすぐに見抜かれてしまうため、きちんと企業ごとに内容を変えて作成しましょう。

面接対策をする

ESが通過したら面接があるので、質問を想定して対策する必要があります。面接でよくある質問は以下のとおりです。ESや履歴書の内容と照らし合わせながら、事前に回答を考えておきましょう。

よくある質問

  • 志望動機
  • 自己PR
  • 学生時代頑張ったこと
  • 長所、短所
  • 趣味、特技
  • 5年後、10年後にどうなっていたいか
  • 大変だった、辛かった経験
  • 他社の選考状況

面接では質問に対する回答内容の他に、声の大きさや話し方なども見られています。面接官に聞こえる大きな声ではっきり話すことが大切です。面接中や入退室のマナーについては、この記事で詳しくご紹介しています。イラスト付きなので、面接未経験の就活生でもイメージしやすいです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

一次面接対策|入退室のマナーやよくある質問の例文をご紹介

一次面接を突破するには こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。書類選考に通り、いざ面接に臨んでも 「一次面接で落ちてしまう」 「面接官からいい反応がもらえない」 と困っている就活生が多く見受けられます。一次面接を受 […]

https://careerpark-agent.jp/column/882

一次面接対策|入退室のマナーやよくある質問の例文をご紹介

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

面接では服装や座り方などにも注意しよう

面接では、椅子に座った時に軽く手は握るようにしましょう。だらっと手を開いた状態では少しルーズな印象を与えてしまいます。女性の場合は手を重ねて、膝の上に置くといいです。背中から上に吊られている感じで背筋を伸ばし、背もたれからは少し間を空けるように座りましょう。

心理学には「メラビアンの法則」という理論があります。これは話し手が聞き手に与える影響は「視覚情報」が55%を占めるというものです。見た目は髪形や服装、身振り、手振りを交えた身だしなみや印象によるところが大きいです。服装がちゃんとしていないといくら前向きで素晴らしい発言があっても人の心は動きません。身だしなみを整え、ハキハキと明るい対応を心掛けましょう。

就活を6月から始めても努力次第で間に合う

6月になっても就活を始めていない場合、「どうしよう」と焦ったり諦めの気持ちになる就活生は多いと思います。しかし、6月はまだ選考期間中であり、エントリーを受け付けている企業も多いです。そのため、落ち着いて就活の準備に取り掛かることで十分間に合う可能性が高いです。

エントリーシートの作成や面接の対策をするためには、自己分析や就活の軸の明確化などの作業が欠かせません。これらをやらないまま企業を志望しても、思うように内定が得られなかったり、内定が出ても入社後にミスマッチを感じてしまいます。焦る気持ちから基本的な工程を飛ばしてしまいがちですが、着実にステップを踏んでいくことで納得のいく就活になります。

関連コラム