一次面接対策|入退室のマナーやよくある質問の例文をご紹介

この記事のアドバイザー

伴 美寿々

大学卒業後、宝飾店にてジュエリーアドバイザーを経験。最年少で副店長になり、店舗のマネジメントと人材育成を経験。業界トップの塾の社長・役員秘書を経てポートへ入社。「わからない」を自分ひとりで抱えこまず、一緒に新しい世界へ飛び込む準備をしていきましょう。

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

塩田 健斗

大学卒業後、ポート株式会社に新卒として入社。メディア広告の営業とマーケティングを兼任。2年目からキャリアアドバイザーへジョブチェンジし、異動後1年で就活シェアハウス事業の責任者として事業運営。入社後、ご自身の選択を正解にしたいと思えるようなキャリア選択のサポートをします。

戸田 開

大学卒業後、大手民間教育企業に入社し歴代新卒最速で拠点長に。その後、外資系生命保険会社での営業では単月5000万の売上を出すなど別の土俵でも活躍を見せる。人と向き合う仕事を経験し続けてきた中で、「就職」という人生の一大選択に自身の経験を役立てたいという想いからポート株式会社に入社を決意し今に至る。学生の皆さんに真剣に向き合って、キャリアプランを一緒に考えていきたいと思っています。まずはお気軽にご相談ください!

コラムの目次

  1. 一次面接を突破するには
  2. 一次面接の特徴
  3. 一次面接に落ちる就活生の特徴
  4. 一次面接で重視される項目3つ
  5. 一次面接でよくある質問
  6. 一次面接では好印象を与えてポテンシャルを感じさせよう

一次面接を突破するには

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。書類選考に通り、いざ面接に臨んでも

「一次面接で落ちてしまう」
「面接官からいい反応がもらえない」

と困っている就活生が多く見受けられます。一次面接を受けるにあたり、質問に上手く答えようとばかりしていませんか?しかし、大切なのはこれだけではありません。面接官が一次面接で何を見ているのか、どのような就活生に好印象を持つのか。これらを知ることから対策を始めましょう。この記事では、一次面接の特徴や身につけておきたいマナー、よくある質問の答え方などについて詳しくご紹介していきます。

一次面接の特徴

面接官は若手から中堅社員が担当する

一次面接で面接官を担当するのは、若手から中堅の社員であるケースが多いです。人事部に限らず、様々な部署で活躍している現場社員が担当するため、面接に慣れているわけではありません。「企業に貢献できるか?」や「強みやスキルを活かせるか?」などの企業目線に立った内容よりも、「一緒に働きたいか?」「後輩として教育したいか?」などの一社員としての個人的な印象を軸に評価されると言えます。

そのため、一次面接の段階では、意欲や熱意などの内面的なことよりも、就活生本人の雰囲気が重視されます。最終面接に近づくに連れて就活生の人間性や志望意欲を確かめる質問が多くされますが、一次面接は基本的な質問のみで終わることが多いです。質問が少ない分、見た目や振る舞いといった部分が見られています。一次面接で重視されている項目については、後ほど詳しくご紹介していきます。

水準に満たない就活生を落とす

一次面接では、一定の水準に満たない就活生は落とされてしまいます。一次面接では「基本的なことができているかどうか」が見られるため、基本ができていない就活生はそれ以上できないと判断されてしまうのです。企業によって最低ラインは様々ですが、「社会人として働いていけるのか?」という部分が満たせないと通過する可能性は低くなります。

つまり、一次面接は「この就活生は企業に適しているから合格」ではなく「この就活生は問題ないから合格」という評価基準で進められるのです。そのため、一次面接の段階では「基本をきちんと押さえる」ことが通過するために重要な対策になります。面接対策をするとなると、どうしても「どう効果的にアピールするか」に力を入れがちですが、それは二次面接以降で対策しましょう。

ポテンシャルが見られている

新卒の就活生はポテンシャル採用になります。つまり、就活生の今後の成長に期待を持って採用されるのです。中途採用の場合はこれまで身につけたスキルや経験が評価されますが、新卒の就活生はもちろんそれらを持ち合わせていません。そのため「スキルや経験は持っていないけれど、教育したら成長しそうだ」という期待感を持ってもらうことが大切です。

一次面接の面接官である若手から中堅社員が「一緒に働いていく仲間として迎え入れていいのか?」に自信を持ってGOが出せない場合は、二次面接で待つ上司に受け渡せませんよね。新卒の就活生は全員可能性を秘めていると言えるため、それを評価してもらうためにも新卒らしいフレッシュさを前面に押し出していきましょう。

一次面接に落ちる就活生の特徴

質問に上手く答えられない

一次面接に落ちる就活生は、面接官の質問に上手く答えられないという特徴があります。事前に対策しておらず本番で言葉が詰まってしまうことはもちろん、質問の意図を理解しておらず、的外れな回答をすることもこれに当てはあります。面接は「ただ質問に答えればいい」というものではなく、面接官と会話のキャッチボールをする場でもあるのです。

会話のキャッチボールができないと、意思疎通ができない、またはコミュニケーション能力がないと判断される可能性があります。さらに、話が長すぎたり面接官の話をさえぎったりすると、マイナスの印象を与えてしまいます。面接で質問に回答する際は、結論を話した後に理由などを付け加えましょう。面接官が何を知りたいのかを把握し、簡潔にわかりやすく話すことが大切です。

企業研究や自己分析をしていない

企業を志望しているのに、企業の事業内容や仕事内容を調べていないと「本当に弊社を志望しているのか?」と疑われてしまいます。すべてを把握することは難しいですが、企業の公式サイトや採用サイトなどをチェックすることはできます。企業についてよく調べた上で志望している就活生の方が本気度が伝わってきて、企業側としても「一緒に働きたい」と思うきっかけになりますよね。

自己分析は就活の軸を作る上で重要な工程です。自己分析をしていないと、自己PRや志望動機などの様々な項目がかみ合わず、面接官が違和感を覚えます。企業研究や自己分析をしていないだけで、これらをおこなってきた面接官に不誠実な印象を与えるでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

伴 美寿々

企業の理念と自身の考えがマッチしていることが大切

企業の理念とご自身の考えがマッチしていない場合、やりたいことがその企業では実現しないと判断された場合にお見送りになる場合があります。「自分がやりたいことに対してどんな手段で目標に近づいていくべきなのか」「その手段が受験する企業で叶うのかどうか」この2点がキーワードになってきます。

そのために自己分析をしっかりとする必要があり、自己分析をしたうえで企業分析が必要になります。よく学生さんから「入社してないからビジョンや目標が作れない」と相談されることがありますが、どんな方向からでもいいので「受験する企業へ行くメリット」をしっかりと考えましょう!

一次面接で重視される項目3つ

身だしなみ

第一印象が重視される一次面接において、身だしなみはとても重要です。清潔感を意識して身だしなみを整えましょう。以下で男女別の身だしなみのポイントをご紹介していきます。

髪型

【男性】

  • 黒髪。前髪、耳横、襟足をすっきりさせる
  • ワックスを使用する量や香りに注意
  • 寝癖に気をつける

【女性】

  • 明るい色を避け地毛に近い髪色にする
  • 髪が長い人は髪が顔にかからないようにひとつに束ねる
  • 額を出すと明るい印象になる

服装

【男性】

  • シャツは白無地が基本
  • 襟や袖の汚れに注意する
  • 派手な色や柄のネクタイを避ける
  • ズボンは折り目をしっかりつける

【女性】

  • スカート丈は膝にかかる程度の長さがよい
  • ブラウスのボタンは全部留めるか第一ボタンのみ開ける
  • 素足NG。肌の色に合ったストッキングを着用する

【男性】

  • 剃り残しのないようヒゲを綺麗に剃る

【女性】

  • すっぴんNG
  • ナチュラルメイクを心掛ける

靴・靴下

【男性】

  • 紐なしのカジュアルな印象になるため紐靴を選ぶ
  • 黒の革靴

【女性】

  • ヒールの高さが3〜5cmのパンプス

小物

  • 時計の文字盤はデジタルではなくアナログを選ぶ
  • ベルトはシンプルなデザインがよい
  • アクセサリーは基本的につけない
  • 付け爪やネイルアートはNG
  • 香りがきつい香水は使用しない

かばん

  • 黒色
  • A4の書類がそのまま入るもの
  • 床に置いたときに自立するもの
  • リュックはNG

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

話し手が聞き手に与える影響は視覚情報が最も大きい

心理学には「メラビアンの法則」という理論があります。これは話し手が聞き手に与える影響は「視覚情報」が55%を占めるというものです。見た目は髪形や服装、身振り、手振りを交えた身だしなみや印象によるところが大きいです。服装がちゃんとしていないといくら前向きで素晴らしい発言があっても人の心は動きません。身だしなみを整え、ハキハキと明るい対応を心掛けましょう。

声や表情

声や表情も第一印象に大きく影響します。声が小さいと元気がない印象を与え、「大丈夫かな?」と心配されてしまいます。挨拶はもちろん、面接中の受け答えも明るくハキハキした声を心がけましょう。口角を上げてにこやかな表情をすることも大切です。笑顔は元気のよさだけではなく、親しみやすさや協調性があることも伝えます。

面接中は大げさに笑顔を作るのではなく、少し口角を上げて微笑むくらいで大丈夫です。面接官が真剣に話しているときに歯を見せて笑っていると、不快な思いをさせてしまいます。面接官が真剣な話をしているときは真剣な表情で聞く、楽しい雰囲気で話しているときはにこやかに聞くなど、メリハリをつけることが大切です。

基本的なマナー

一次面接では、基本的なマナーについても見られています。入室、面接中、退室の際のマナーを確認しましょう。

入室のマナー

まずは3回ドアをノックし、「どうぞ」と声がかかってからドアを開けます。「失礼します」と言って中に入り、きちんとドアに向き直って締めましょう。ドアを閉めた後に面接官の方を向き、「よろしくお願いいたします」と言いお辞儀をします。

椅子の横にきて自己紹介を促されたら、「〇〇大学〇〇学部の〇〇と申します。本日はよろしくお願いいたします」と言って深くお辞儀します。面接官に「どうぞ」と言われたら「失礼いたします」と言い、浅めのお辞儀します。椅子に浅く腰掛け、背筋を伸ばしましょう。バッグは椅子の横に立てて置いてください。

面接中のマナー

面接中は、椅子に深く腰掛けずに背筋を伸ばして座ります。両手膝の上に軽く乗せておきます。男性は軽く握りこぶしを作り、女性は両手を重ねると印象がいいです。面接官と話すときは、うつむかずに面接官の目を見ましょう。

面接官が複数いる場合は、話している面接官に視線を向けるようにしてください。早口にならないよう、ゆっくりハキハキした声で話します。面接官が話しているときは、うなづいたり「はい」などと相づちを入れながら聞くと好印象を与えます。面接中のNGな行動は以下のとおりです。

面接中のNG行為

  • 手遊び・貧乏ゆすり
  • 顔や髪の毛を触る
  • 大げさな身振り手振り

退室のマナー

面接終了の合図があったら、椅子に座ったまま「ありがとうございました」と言います。そして、椅子の横に立ち、明るい声で「本日はありがとうございました。失礼いたします。」とお礼を言い深くお辞儀をしましょう。

ドアまできたら面接官の方に向き直り、もう一度「失礼いたします」と言って丁寧にお辞儀をしましょう。お辞儀をした後、面接官と目が合うように視線を逸らさないようにしましょう。ドアはゆっくりと静かに閉めてください。

一次面接でよくある質問

一次面接でよくある質問は以下のとおりです。

  • 自己紹介
  • 自己PR
  • 志望動機
  • 学生時代に力を入れたこと
  • 長所、短所
  • 得意、苦手な科目
  • 5年後の目標
  • 最近気になるニュース
  • 企業のHPを見た感想
  • 他社の選考状況
  • 逆質問

企業によって質問内容は様々ですが、一次面接はこのような質問が用意されていることが多いです。

自己紹介

自己紹介は面接の冒頭でおこなうので、第一印象に影響を与える質問と言えます。自己紹介で印象付けることができれば、面接をスムーズに進めやすくなり、面接終了後も面接官の記憶に残りやすくなりますよ。自己紹介には、以下の内容を盛り込みます。「自分を特徴づける情報」では、学業やアルバイト、サークルなど、自分が力を入れていた経験やその成果を伝えます。長くなり過ぎないよう、1分程度の自己紹介文を考えておきましょう。

自己紹介の内容

  • 大学名、学部、学科名
  • 氏名
  • 自分を特徴づける情報
  • 企業に魅力を感じていること
  • 面接への意気込み

例文

○○大学人間科学部心理学科から参りました、○○と申します。ゼミでは家族心理学について研究しており、大学内でアンケート調査をするなどして資料収集に努めています。学業以外では小学校1年生からテニスを始め、現在もサークルに所属し試合にも積極的に出場しています。
毎日練習を積み上げたことで、継続力と忍耐力を身につけました。私は人と人の出会いが人生に喜びや幸せを運ぶと感じており、御社の〇〇という理念に魅力を感じ志望いたしました。本日はよろしくお願いいたします。

キャリアアドバイザーコメント

塩田 健斗

興味があること・強み・価値観について伝えられている

この例文のいい点は、ゼミやサークル活動の内容を通じて「経験」や「自信の特徴」を具体的に表すことができている点です。何に興味があるのか、どういった強みを持っているのか、どんな価値観があるのかを端的に伝えられているため、非常にいい自己紹介だと言えます。

改善すべきといった点は特に見られませんが、志望理由まで自己紹介に盛り込みすぎると「いやらしい就活生」に見えてしまう可能性があります。欲張って情報を入れすぎると何を伝えたいのかわからなくなるリスクもある為、まずはご自身のことを紹介する内容のみにとどめるのもありかと思いますよ。

自己PR

「自分の強みを企業でどう活かすか」を軸にして自己PRを伝えましょう。自己PRは企業へ自分自身を売り込むチャンスなので、伝え方に工夫することが大切です。面接官に好印象を与える自己PRの伝え方は以下のとおりです。「強みを発揮した具体的な経験を伝える」の項目では、困難や課題を乗り越えたエピソードを伝えましょう。どのような困難や課題があったのか、それをどのようにして乗り越えたのかを伝えることで、強みに説得力を持たせることができます。

自己PRの伝え方

  1. 結論から伝える
  2. 強みを発揮した具体的な経験を伝える
  3. 企業での活かし方を伝える

例文

私は、周囲を巻き込んでリーダーシップを取ることができます。大学時代、居酒屋のホールでアルバイトをしていました。毎週金曜日は満席になる忙しさで、キッチンのメンバーはとにかく効率を重視するという方針でした。しかし、ホールのメンバーからは「接客業として丁寧さが大切だ」という声もありました。
両者で意見が分かれた時、私はホールのメンバー含めバックヤードでの作業をとことん効率化し、お客様に割ける時間を少しでも多くしようと提案しました。この結果、仕事のスムーズさを保ちつつ、常連のお客様10名程からの喜びの声も聞け、スタッフ同士の不満もなくなりました。御社でもこの強みを活かし、チームで生じた課題を解決に導くべく努力していきたいです。

キャリアアドバイザーコメント

塩田 健斗

リーダーシップのタイプを示すために言い換え表現を使おう

この例文のいい点は、「具体的なエピソードで面接官が想起しやすい点」と「定量的に成果を伝えられている点」の2つです。具体的に居酒屋のアルバイトのエピソードを説明することで、面接官の頭の中で「アルバイトの組織の中で学生がどんな立ち位置にいるのか」をイメージしやすくなります。

また、ご自身の成果を「仕事の効率を維持したこと」と「満足度をあげたこと」など定量的に表現できている点は素晴らしいです。改善すべき点としては、リーダーシップを一言で”言い換え”が出来るとよくなるかと思います。リーダーシップのタイプも人によって違っているため、あなたの考えているリーダーシップのイメージを共有することが重要です。

志望動機

面接官は志望動機から、就活生の熱意や企業との展望が一致しているかどうかを見ています。そのため、企業についてよく知らない場合や、自分自身の成長が目的になっている場合は不採用になる可能性が高いです。志望動機を伝え、面接官に「採用したい」と評価してもらうには、以下のポイントをおさえる必要があります。「志望企業でなければならない理由を伝える」の部分では、自分の価値観と企業の理念が合致している内容について伝えましょう。

志望動機の伝え方

  1. 結論から話す
  2. 志望企業でなければならない理由を伝える
  3. 入社後の展望を伝える

例文

多様化する新郎新婦の願望を叶え、1人でも多くの方に幸せになっていただきたいと思い、御社を志望いたしました。私は学生時代に結婚披露宴の給仕のアルバイトをしていたのですが、新郎新婦の過去・現在・未来を繋げる結婚披露宴に感動し、お客様の願いを叶えるウェディングプランナーになりたいと思いました。
御社では、お客様を結婚式当日まで専属のプランナーが担当するため、より密接に新郎新婦のご希望を叶えるお手伝いができると感じました。また、ゲストに対するホスピタリティにも魅力を感じており、ゲストに対する真心は新郎新婦への満足度に繋がると強く感じております。御社に入社しましたら、私の強みである親しみやすいコミュニケーションでお客様の悩みや願望を引き出し、プランの実現に向けて精一杯頑張りたいです。

キャリアアドバイザーコメント

戸田 開

顧客に寄りすぎず企業に貢献したいという意欲もバランスよく伝えよう

全体を通してブライダル業界への志望度の高さがよく伝わり、本気度の伺える内容でとてもいいと思います。改善するとよくなる点について、1つ挙げるなら目線が顧客に寄りすぎているということでしょうか。これは普段私たちが面談をしている学生さんにおいても、ブライダルに限らずBtoCを志望する学生さんの志望理由に多く感じられます。

例えば企業側がビジネス的な要素を踏まえてAという商品・サービスを推したいとき、顧客がBという別のモノを希望するような場面があったしたら、あなたはどうしますか?顧客に寄り添うことは決して間違っていないですが、その結果会社の方針に逆行することがあっては事業としてはNGです。そのような懸念を抱かれないよう、志望動機も顧客の満足するサービスの提供と企業の事業成長に貢献したいという両軸をバランスよく伝えるほうがいいと思います。

学生時代に力を入れたこと

学生時代に力を入れたことについて答える際、「すごい内容でないといけない」「秀でた成績を残してないといけない」と考える就活生が多いと思われますが、そのようなことはありません。面接官が知りたいのは、就活生の経験そのものよりも、「どのように取り組んだのか」「自分なりに工夫した点はあるのか」といった過程の部分です。

例えば「県で1位の成績を収めました」とだけ伝えても、そのことから何をアピールしたいのかわかりません。どのような質問でも、就活のアピールに繋げる必要があります。この質問の場合は、物事に取り組む姿勢や考え方を示して、入社後の自分を想像してもらうことが大切です。

学生時代に力を入れたことの伝え方

  1. 何の経験に力を入れたのかを伝える
  2. 工夫して取り組んだことを伝える
  3. 具体的に何に力を入れたのかを伝える

例文

学生時代はアルバイトに力を入れていました。カフェのキッチンで1年生の頃からアルバイトを続けており、ドリンクメニューはレシピを見ずに完璧に作れるようになりました。アルバイト先には30種類以上のドリンクメニューがあり、最初はなかなか覚えられませんでした。
そこで、早く覚えようとレシピをメモしたノートを常に持ち歩き、空き時間に見るようにしました。そして、オーダー時に積極的に作らせてもらうことで、お客様を長時間待たせることなくドリンクを提供できるようになりました。このように、私が力を入れたことはドリンクメニューのレシピを覚えて提供したことです。

キャリアアドバイザーコメント

戸田 開

頑張ったことを伝える言葉を前向きな姿勢が伝わる表現に変えよう

レシピを覚えるためにノートを常に持ち歩き空き時間で確認したという、仕事を覚えるために努力をしたこと、オーダー時に積極的にドリンクを作らせてもらったことは、積極性が伝わって非常にいいと思います。

改善するとよくなる点を挙げるなら、学生時代に頑張ったことを「ドリンクメニューのレシピを覚えて提供したこと」ではなく、「早く完璧に仕事を覚え、一戦力として活躍するために何ができるかを考え続けてこと」のように少し抽象度は高いですが前向きな姿勢が伝わる表現に変えたほうが印象がよくなると思ます。

伝え方の問題ですが、今回のようなアルバイトの仕事を覚えることや学校の勉強を頑張るといったことについてはある程度「あたりまえ」という前提があるので、その分普通に話すと他者との差別化がはかりづらいです。

逆質問

逆質問とは、面接の終盤で面接官から「最後に質問はありませんか?」と聞かれた際に就活生側が質問する機会のことです。一次面接の逆質問では、企業の社風や雰囲気、業務の理解を深める質問をしましょう。一次面接は現場で働く若手から中堅社員が担当することが多いため、年齢の離れた社員に質問するよりも自分が働く姿をイメージしやすくなります。

一次面接でしておきたい逆質問は以下のとおりです。

  • 御社で活躍されている方の共通点は何ですか?
  • 御社で働く上でやりがいに感じていることは何ですか?
  • これまでで最も大変だった仕事は何ですか?
  • 他社にはない御社の強みは何だと考えられますか?
  • 〇〇さんの1日のスケジュールを教えていただきたいです。
  • 〇〇職を希望しているのですが、〇〇に適した人材像について教えていただきたいです。
  • 学生のうちに勉強しておくことや経験しておいた方がいいことがあれば教えていただきたいです

★★★CAからのコメント★★★

企業について事前に調べた内容をもとに逆質問しよう

逆質問は、自己アピールの時間と同じだと思ってください。企業について事前に調べて質問を用意して来てくれたのか、どこでも使っている質問なのかは聞いてみるとよく分かります。

例えばですが、

・NG例:活躍している人ってどんな方ですか?

→事前調べがない印象になります。

・OK例:HPを拝見し、御社では〇〇な人材が活躍出来そうだと感じました。実際活躍されている人はどんな方ですか?

→事前に調べ、ご自身の見解がはいっています。

企業を知らずして質問はでません。企業のHPは最低3回熟読しましょう。【笠原】

一次面接では好印象を与えてポテンシャルを感じさせよう

一次面接は若手から中堅社員が面接官を担当することが多く、「一緒に働きたいか?」「後輩として教育したいか?」といった視点で評価されます。そのため、アピール内容よりも第一印象が重視されやすいです。清潔感のある身だしなみや話し方、基本的なマナーなどを完ぺきにし、好印象を与える必要があります。

また、新卒の就活はポテンシャル採用なので、期待感を持ってもらうことも大切です。企業研究や自己分析などの就活の基本を忠実におこない、やる気や志望意欲を示しましょう。

関連コラム