就活のヘアスタイルは合否に関わるかも! 注意点を男女別に解説

就活はヘアスタイルは〇〇はやめておこう

この記事のアドバイザー

  • 上原 正嵩

    大学では、カンボジアなど途上国の学力水準を向上させる学生団体を大学内で設立・運営。副代表を… 続きを読む

  • 上村 京久

    幼稚園から高校まで野球を打ち込み、所属大学野球大会で優勝。4番ピッチャーとしてMVPを獲得… 続きを読む

  • 塚田 未樹

    大学では社会学・英語・韓国語を中心に学び、デジタルサイネージを扱うベンチャー企業で2年間の… 続きを読む

コラムの目次

  1. ヘアスタイルで就活生の印象は大きく変わる
  2. ヘアスタイルは重要! 人事は就活生の印象を評価している
  3. 就活では第一印象がかなり重要
  4. ヘアスタイルが第一印象に与える影響は大きい
  5. 就活生のヘアスタイルで人事が気になる3つのこと
  6. ①髪の色の明るさ
  7. ②髪の長さ
  8. ③髪の乱れ
  9. 好印象を与えよう! ヘアスタイルを決める際に重要な3つのポイント
  10. ①清潔感を保てるか
  11. ②ナチュラルな髪色か
  12. ③顔周りに髪が掛からないか
  13. 面接直前と面接時に気をつけたいヘアスタイルマナー
  14. 香料の強いスタイリング剤は使わない
  15. 寝癖や乱れは必ず直す
  16. 面接中に髪を触らない
  17. 【男性編】押さえておくべきヘアスタイルの注意点
  18. 短くカットして清潔感を出す
  19. 髪色はナチュラルな地毛
  20. スタイリング剤を使って清潔感を出そう
  21. 【男性編】おすすめヘアスタイル
  22. ショート
  23. ツーブロックベリーショート
  24. 前髪を下ろした髪型
  25. 【男性編】注意が必要なヘアスタイル
  26. 丸坊主
  27. ロン毛やパーマ
  28. オールバック
  29. 段差の激しいツーブロック
  30. 【女性編】押さえておくべきヘアスタイルの注意点
  31. 眉毛や耳が見えるようにする
  32. 髪色はナチュラルな地毛
  33. 動いても崩れにくいヘアスタイル
  34. 【女性編】おすすめヘアスタイル
  35. ポニーテール
  36. ハーフアップ
  37. ショートやボブ
  38. 【女性編】ヘアスタイルに関するNG例
  39. 派手なヘアアクセサリーは控える
  40. 派手な髪色
  41. 過度なパーマは避けよう
  42. ヘアスタイルだけでじゃない! 清潔感を保つ身だしなみ
  43. 眉毛のケアも忘れずに
  44. 肌のケアも大切
  45. 服装も整える
  46. 就活は第一印象が大事!ヘアスタイルで好印象を与えよう

ヘアスタイルで就活生の印象は大きく変わる

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。

「就活ではどのようなヘアスタイルがおすすめですか?」
「髪に関して気をつけなければならない点は?」

就活を控えた学生からこのような相談を受けることがあります。就活の面接では受け答えの内容はもちろんのこと、身だしなみも評価の対象として考えられています。特にヘアスタイルや髪のメンテナンスは相手の印象を左右する大きな要素です。

今回は就活で相手に好印象を与えるヘアスタイルについて、人事が見ている点や好印象を与えるポイントについて詳しく解説します。就活のヘアスタイルに悩んでいる人は最後まで読み、相手に好印象を与えるヘアスタイルを理解しましょう。

面接前にやってみよう! 面接力診断 あなたは何点とれる? 無料 今すぐ診断する

39点以下は危険度MAX! 面接力診断 無料 今すぐ診断する

ヘアスタイルは重要! 人事は就活生の印象を評価している

アップロードした画像


就活生

面接では受け答えの内容以外に身だしなみも重要って本当ですか?

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

本当ですよ。第一印象を大きく左右するヘアスタイルは特に重要ですね。

自己分析・企業研究・面接対策などと同様に重要な対策ともいえる身だしなみ。その中でも特にヘアスタイルは、相手に与える印象が大きい要素の一つです。第一印象が重要な理由と、そのなかでもヘアスタイルが重視される理由を具体的に見ていきましょう。

就活では第一印象がかなり重要

人は初対面の人と初めて会った際に外見で判断しようとしますが、初対面の者同士が会話をする面接の場でもそれは同様です。そのため、就活では相手に与える第一印象は非常に重要であり、第一印象でいかに良い印象を与えるかが面接の合否を分けるポイントと言っても過言ではありません。

「見た目で判断されるなんて本質的ではない」と疑問を感じるかもしれませんが、後ほど説明するメラビアンの法則でもある通り、話の内容よりも外見や話し方といった要素の方が印象に与える影響が大きいとされているため、それを上手く逆手にとって面接を有利に進めることが大切です

時間が限られた面接ではどんなことでもアピール材料にして自分を売り込むことが求められるため、見た目を良くして相手に与える印象を良くしていきましょう。

メラビアンの法則

メラビアンの法則

人が相手とコミュニケーションをとる際、どのような情報に基づいて印象が決定されるのかを検証した結果「資格情報:55% 聴覚情報:38% 言語情報:7%」という割合で情報が伝達されることがわかりました。これがメラビアンの法則です。

面接では良い内容の話を一生懸命伝えるだけでは良い評価につながらず、視覚情報や聴覚情報をバランスよく織り交ぜながら話すことが求められます。このことからも、55%の割合を占める視覚情報の中でも、特に見た目がいかに重要なポイントであると理解できるのではないでしょうか。

ヘアスタイルが第一印象に与える影響は大きい

就活において第一印象の重要性は理解できたと思いますが、面接の場でヘアスタイルが第一印象に与える影響は大きいです。

面接に携わったことのある人事によると、約9割近くの人事が「就活生と接する際にヘアスタイルは気になる」と回答しています。(リクナビによる「就活時はどんな髪型にする?人事が気になる点、スタイリングのポイントを解説」を参照)

ただし「ヘアスタイルに自信がない」と落ち込む必要はまったくありません。気をつけなければならない点を押さえれば誰でも好印象を与えるヘアスタイルを実現できますよ

本番前に、面接偏差値を診断しておこう
39点以下は危険度MAX!

面接では〇〇以外にも、注意すべきポイントが多くあります。自分の弱点を把握し適切に対策しておかなければ、面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ツールでサクッと診断して、選考を突破しましょう。

キャリアアドバイザーコメント

上村 京久プロフィール

一次面接は特に重要! あなたらしさを伝えよう

実際に入室して挨拶を交わすまでのほんの数分で印象が決まることもよくあるものです。だからこそ、顔を動かすたびに髪が目にかかったりその髪を直したりするのは非常に気になります。特に一次面接など初対面の環境では、そういったちょっとした違和感が印象として残りやすいので注意しましょう。

一方、さっぱりとしたヘアスタイルは顔色や表情が引き立つので、本来のあなたらしさが伝わりやすくなります。たとえ緊張していたとしても、髪で表情を隠そうとするのではなく堂々と緊張していましょう。「この学生はまっすぐで一生懸命だな」と、逆に好印象に映る場合もありますよ。

企業が新卒の社員に主に求めるのは、現時点でのスキルよりそういった「素直さ」「まっすぐさ」です。そういった姿勢が伝わることで「この学生は今後どのように成長するだろうか」と面接官の期待感が高まるのです。

就活生のヘアスタイルで人事が気になる3つのこと

ヘアスタイルで気を付ける3つのポイント
アップロードした画像


就活生

就活中のヘアスタイルではどんな点に気をつけた方がいいのでしょうか?

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

一般的に人事は髪の「色」「長さ」「乱れ」の3点を気にしていますので、重点的に注意するといいですよ。

相手に与える印象に大きな影響があるヘアスタイルですが、人事はどのような点を気にしているのでしょうか。リクナビが実施した調査によると、「ヘアスタイルの気になるところ」は「髪の色」「髪の長さ」「髪の乱れ」の3点が上位という結果になりました。(「就活時はどんな髪型にする?人事が気になる点、スタイリングのポイントを解説」

①髪の色の明るさ

人事が就活生のヘアスタイルでもっとも気になることの1つに髪の色の明るさがあります。普段の学生生活では髪の色を気にする場面が少ないかもしれませんが、就活時期は特に意識したいところです。

男女共通して言えることですが、リクルートスーツを着ているのに髪の色が明るいと、不自然で違和感が出てしまうでしょう。ヘアスタイルや髪の色が自由な業界が存在する一方で、多くの企業ではビジネスマナーとして髪の色はナチュラルな色にするのが無難と言えます。

就活中は髪を染めていたり、明るすぎたりするとマイナスな印象を抱かれる可能性があるので注意するようにしましょう。

②髪の長さ

髪の長さも気になるポイントの1つです。特に髪の長さは「清潔感」という観点で相手に与える印象が大きく変わる要素でもあり、とくに気をつけたいポイントと言えるでしょう。

髪の長さと言ってもいろいろありますが、たとえば男性の場合「髪が長すぎる」「目元や耳元に髪がかかっている」といった点は気になる点のようです。また、女性の場合は髪の毛が長いこと自体は問題ないものの「前髪が眉毛や目にかかっている」など細かな点に注意しなければなりません。

こうした髪の長さが気になる就活生は第一印象として「清潔感がある」という印象を与えづらくなるので気をつけるようにしましょう

③髪の乱れ

髪の乱れも気になることの1つです。髪の長さと同様に、髪の乱れも「清潔感」という観点で相手に与える印象を大きく変えてしまう要素と言えます

髪の短い男性の場合は「寝癖」や「髪がはねている」といった点は注意が必要です。また、女性の場合でも長い髪をヘアゴムやアクセサリーで束ねていないとボサボサな印象を与えてしまうことになります。

こうしたことは全て清潔感があるとは判断されにくいので注意をしましょう。

好印象を与えよう! ヘアスタイルを決める際に重要な3つのポイント

アップロードした画像


就活生

好印象を与えるためにはヘアスタイルが重要だということはわかりましたが、具体的に何を気をつければ良いのでしょうか?

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

ヘアスタイルで好印象を与えるためには4つのポイントを理解する必要があります。

就活では第一印象で好印象を与えることが大切ということは理解できたと思いますが、ヘアスタイルで好印象をどのように与えるのかを解説していきます。

それでは詳しく見ていきましょう。

①清潔感を保てるか

ヘアスタイルで好印象を与えるためには何よりもまず、清潔感を出すことが一番大事と言えます。就活用に髪の色や長さなどを整えたとしても、清潔感がなければ印象は悪くなってしまいます。メンテナンスのしやすい清潔感を保てるヘアスタイルを選び、常に保てるようにしましょう。

ヘアスタイルで清潔感を与えるためには以下のポイントに注意をしましょう。

清潔感に影響しやすいポイント
  • ボサボサにならないか
  • 寝癖がつきにくいか
  • 髪の毛が傷んでいない
  • 顔周りに髪がかかっていないか

上記に1つでも当てはまる人は清潔感を感じてもらいにくい可能性があるため、ヘアスタイルや髪の状態を見直す必要があります

キャリアアドバイザーコメント

塚田 未樹プロフィール

あなたの清潔感が会社の印象を決める

入社後は、その会社の社員として活動します。社外の人と会う機会もあるでしょう。その際はどんな新人であろうとも、社外の方にとっては目の前に立つあなたがその会社の顔となります。つまり、あなたの印象一つで会社全体の印象が決まってしまうということです。もし清潔感のない、だらしない印象を与えてしまったらどうでしょう。相手に「この会社は仕事もだらしないのかもしれない」と思われてしまうかもしれません。

そのようなことにならないためにも、面接のうちから清潔感を初めとした基本的な身だしなみを整えることは欠かせません。面接官も「あなたを会社の顔として送り出せるか」という事を意識しながらチェックしていることは押さえておきましょう。

②ナチュラルな髪色か

好印象を与えるヘアスタイルの基本は、自然な髪色です。一般的に社会人のビジネスマナーは黒髪が基本のため、就活でもナチュラルな黒髪が最適です。

染めることがだめなわけではありませんが、明るすぎるとビジネスマナーを疑われますし、何よりもスーツを着ていて染めていると違和感があります。そのため、就活では地毛に近い黒髪にすることがおすすめです。

ただし、もともと地毛が明るめの方は無理に真っ黒に染める必要はなく、ナチュラルな髪色で就活に臨みましょう。気になるようであれば少し暗めに染めるのでもかまわないので、迷った場合は美容室で相談してみるのも良いですね。

③顔周りに髪が掛からないか

顔周りに髪が掛からないヘアスタイルを選ぶことも、高印象を与えるためのポイントの1つです。髪の毛が目や眉毛に掛かってしまっていると表情が見えにくくなっていまうため、顔周りはスッキリさせて髪が掛からないようにしましょう。

髪の毛が目に掛かっているとアイコンタクトが取りづらく、相手に感情を伝えにくくなります。また、眉毛に髪が掛かってしまっていると表情の豊かさを伝えづらくなるため、注意が必要です。

顔周りに髪が掛かってしまっていると暗い印象を与える傾向が強いため、好印象を与えるためには顔周りをスッキリしたヘアスタイルを心掛けましょう。

本番前に、面接偏差値を診断しておこう
39点以下は危険度MAX!

面接では注意すべきポイントが多くあります。自分の弱点を把握し適切に対策しておかなければ、面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ツールでサクッと診断して、選考を突破しましょう。

面接直前と面接時に気をつけたいヘアスタイルマナー

アップロードした画像


就活生

好印象を与えるヘアスタイルのポイントは理解できましたが、その他にも気をつけるべきことはありますか?

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

あります。特に、面接の場で気をつけておきたいヘアスタイルマナーを紹介しますね。

どんなにヘアスタイルが良くても当日のセットがうまくいってなければ、いい印象を持たれるのは難しいですよね。ここでは面接時に特に気を付けたいヘアスタイルのマナーを解説しますので、当日に必ずチェックしてくださいね。

香料の強いスタイリング剤は使わない

ヘアスタイルを整えるためにスタイリング剤を使う人も多くいると思いますが「香料の強いスタイリング剤は使わない」という点も気をつけたい点の1つです。スタイリング剤の中には香料が強いものがありますが、香料の強いものは就活中は避けた方が良いでしょう。

匂いの好みは人それぞれ分かれるため、自分が良い匂いと思って使っていたとしても相手にとっては不快な匂いかもしれません

使いすぎや肩回りの清潔感にも注意

面接当日は、スタイリング剤の使いすぎにも注意してほしいところです。髪をがっちりかためて乱れないようにしたいという気持ちはわかりますが、ベタつきの元になるなど清潔感を損なってしまうこともあるかもしれません。

特に、ヘアスプレー・ワックス・ジェルといったスタイリング剤を使用する場合は、肩回りに白い粉がついていることがあるので注意をしましょう。面接に臨む前は必ずトイレなどに行って一度肩回りをチェックすることを心掛けたいですね。

寝癖や乱れは必ず直す

面接時に気をつけたいヘアスタイルマナーの3つ目は「寝癖や乱れは必ず直す」ということです。「寝癖や乱れを直すことなんて当たり前では?」と思った人もいるかもしれませんが、普段からヘアスタイルを整える習慣がない人は少しの寝癖であればそのままにしてしまう人がいます。

家を出た際には整っていても、移動中に乱されてしまうこともあるので、面接の直前にチェックしておきたいですね。万が一の場合に備えて就活カバンの中に市販の「寝癖直しウォーター」を常備しておくのも良いでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

塚田 未樹プロフィール

ヘアスタイルは天候や季節によっても注意が必要

普段はしっかりヘアスタイルを整えている人でも、季節や天候によっては崩れてしまうこともよくありますよね。特に雨の日や風の強い日、汗をかきやすい夏場などは注意が必要です。気づかないうちにハネやうねり、べたつきなどが出てしまうことがあります。

そのような天候の日は、少し早めに面接会場に到着するよう心掛けると良いでしょう。時間に余裕を持って到着しておけば、事前にヘアスタイルをチェックでき、身だしなみを整えて面接に臨むことができますよ。

また、外見に自信が持てないと声や表情も暗くなりがちです。ヘアスタイルの乱れに気を取られて面接に悪い影響を出さないためにも、余裕を持った行動をしましょう。

面接中に髪を触らない

面接時に気をつけたいヘアスタイルマナーの1つ目は「面接中に髪を触らない」ということ。面接に慣れていない人は緊張を落ち着かせるために、気を紛らせようとついどこかを触りがちになります。普段から緊張をすると癖で髪を触ってしまう人は多いのではないでしょうか。

そのような髪を触る癖は面接の場は出ないように注意が必要です。面接は就活生と面接官とのコミュニケーションを図る場所ですので、そのような場で髪を頻繁に触ってしまうとお互いに集中しにくくなってしまいます

無意識に触ってしまう人もいると思いますが、その癖を理解して意識的に触らないようにしたいところです。手のやり場に困っている人は、話す際は大袈裟にならない程度に身振り手振りを交えて話すことがおすすめですよ。

面接で身振り手振りを交えて話すことで好印象を与えるコツを知りたい人はこちらも参考にしてみてくださいね。

関連記事

身振り手振りを面接で上手に使うには?好印象を与えるコツを伝授

身振り手振りを使って意思疎通を図ろう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「身振り手振りをしながら話すくせがあるのですが、大丈夫でしょうか?」 「面接では身振り手振りを使って話すべきですか?」 という […]

記事を読む

身振り手振りを面接で上手に使うには?好印象を与えるコツを伝授

キャリアアドバイザーコメント

上原 正嵩プロフィール

身振り手振りを交えて髪を触るしぐさを回避しよう

髪を触るしぐさは、面接中では本当によく目立ちます。こういったしぐさは自分では無自覚のことが多いので、模擬面接などの機会があれば、相手役の人に気になったしぐさがなかったか聞いてみると良いですよ。また、模擬面接などを録画してあとで見返してみると、自分の話し方を客観的に見ることができるのでおすすめです。

とはいえ、緊張する空間の中で何かを触っていたくなる気持ちもわかります。また「髪を触ってはいけない」ということに意識が入りすぎると、手を膝の上に固定してしまう形になりがちですよね。そういうときこそ、思い切って手振りを加えてみましょう。手を動かすと不思議と緊張感が解け、表情も明るくなり、会話が弾みます。明らかに空気感が変わるので、面接中に髪を触りがちになる人は一度試してみるといいかもしれませんね。

【男性編】押さえておくべきヘアスタイルの注意点

【男性編】押さえておくべきヘアスタイルの注意点

それではここからは実際に押さえておくべきヘアスタイルの注意点を紹介していきますね。まずは男性が注意すべき点をお伝えします。

男性がヘアスタイルで注意したいのは、髪の長さと髪の色です。この2つを注意することによって、清潔感を出すことができるので印象はだいぶ良くなりますよ。

短くカットして清潔感を出す

まず男性が一番押さえておきたいポイントは、髪を短くカットして清潔感を出すことです。「清潔感を出すにはどうすればいいのですか」という相談をよくもらいますが、相手に清潔感がある印象を与えるには「おでこや耳周りを出したヘアスタイル」が最適です。

おでこを出すことで表情が豊かに見えますし、耳周りはすっきりさせてもみあげを耳たぶより短くすることで輪郭がハッキリとして清潔感がアップします。さらに、襟足はワイシャツに掛からない程度に短くしてもらうことで、全体的にスッキリとしたヘアスタイルに仕上がるので意識してカットしてもらいましょう。

髪色はナチュラルな地毛

髪の色も就活中のヘアスタイルでは注意が必要です。基本的に社会人のビジネスマナーとしては派手な髪色は相応しくないため、就活中に染めるのはNGと言えます。

就活中にわざわざ明るく染める人はいないと思いますが、学生生活で明るく染めていた人は元のナチュラルな髪色に戻すようにしましょう。「暗めに染めたから大丈夫」と思っている人も、室外と室内では光の当たり具合によっては自分の想像以上に明るい色に見えることもあるので注意が必要です。

就活中は相手にマイナスの印象を与えないためにも、髪色はナチュラルな地毛で臨むことをおすすめします。

スタイリング剤を使って清潔感を出そう

就活中はヘアスタイルで清潔感をアピールすることが大切なため、男子就活生はスタイリング剤を使って清潔感を出すようにしましょう。

スタイリング剤を使ってセットされたヘアスタイルは髪に空気感が出るため、清潔感を出すためには積極的にスタイリング剤を使うことをおすすめします。ただし、大量のスタイリング剤を使ってしまうと清潔感が出なくなるため印象を悪くする可能性があるので、使用量はほどほどに控えましょう。

ワックス・ジェル・ムースはヘアスタイルに合わせて使い分ける

「スタイリング剤は何を使えばいいの」と疑問を持つ人もいるでしょうが、ワックス・ジェル・ムースといったスタイリング剤はヘアスタイルに合わせて使い分けるのがおすすめですよ。

男性のヘアスタイルに共通するのは立体感を出した方が清潔感が出るということですので、髪質が柔らかい人はハードタイプ、硬い人はソフトタイプのスタイリング剤を使うとセットしやすくなるでしょう

その上で、どのスタイリング剤を使うかは以下を参考にしてみると良いでしょう。

  • ワックス:ツヤを抑えて固めたいスタイル
  • ジェル:ツヤを出して固めたいスタイル
  • ムース:濡れ感を出してあまり固めないスタイル

【男性編】おすすめヘアスタイル

それでは具体的におすすめヘアスタイルを紹介していきますね。ヘアスタイルで重要になるのが何度もお伝えしている通り、「清潔感」です。どうすれば清潔感を与えるヘアスタイルになるのか具体的な例を見て理解するようにしましょう。

ショート

まずどんな場面でも通用するのがショートのヘアスタイルです。ショートヘアは若々しさや爽やかな印象を相手に与えるため、就活生には相性抜群のヘアスタイルと言えます。

ただ、ショートといってもさまざまなヘアスタイルがあるので、「前髪は眉毛より上」と「耳を出す」という点は外さないようにして、顔の形や雰囲気に合ったヘアスタイルを美容師と相談してみると良いでしょう

ツーブロックベリーショート

ツーブロックベリーショートもおすすめなヘアスタイルの1つです。この髪型は活発で外向的な印象を相手に与えるため、内気なイメージを持たれがちな人は思いきって挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

前髪は上げておでこを広く出すことで爽やかさがあり、サイドは刈り上げているため非常にすっきり見えるので幅広い社会人に好まれるヘアスタイルと言えます。スタイリング剤を使ってしっかりと整えていくのがおすすめですよ。

ただし、過度な刈り上げは威圧感を与えかねませんので注意するようにしましょう

前髪を下ろした髪型

ここまでは前髪を上げたヘアスタイル紹介してきましたが、前髪を下ろした髪型でもセット次第では爽やかな与えられますよ。しかし前髪を下ろすと目や眉毛にかかってしまうので、見え方によっては暗い印象を与えかねません

そのため、前髪を下ろす場合は程よく透いてもらい、斜めに流して目や眉毛をしっかりと出すようにしましょう。その際に前髪にはワックスを使用して、動きをだすのがおすすめですよ。

「完全におでこを出すのは恥ずかしい」と考えている人は、清潔感を与えることに気を配りつつ前髪を下ろしたヘアスタイルにセットするとよいでしょう。

【男性編】注意が必要なヘアスタイル

就活におすすめのヘアスタイルがある一方で、就活では気を付けた方が良いヘアスタイルもあります。好印象を与えようと髪型を整えたつもりでも、かえって印象を悪くする可能性もあるため注意が必要です。

丸坊主

就活において丸坊主はあまりおすすめできません。「短髪で顔周りがスッキリと見えるため良いのでは?」と思うかもしれませんね。

たしかに、丸坊主はスッキリは見えるものの、見え方によっては「幼さ」を感じてさせたり、威圧感を与えたりする可能性があるため、ビジネスシーンではあまり好印象と捉えられていないのが現実です。そのため同様に就活でも丸坊主は避けた方が無難と言えるでしょう。

ロン毛やパーマ

いわゆるロン毛やパーマといったヘアスタイルも就活には向きません。「ロン毛やパーマの方がおしゃれ」と考えている人もいるかもしれませんが、就活におしゃれは必要とされていません。むしろ「清潔感」が一番求められています。

そのため、ロン毛やパーマといったヘアスタイルは一般的に「だらしがない」「清潔感がない」といった印象を与える可能性が高いため、就活中は避けた方が良いでしょう

ロン毛やパーマがOKな業界・企業もありますが、就活生の立場ではそぐわないとされる可能性もあるので、口コミやOB・OG訪問などで業界や社内の雰囲気を理解する必要があります。

オールバック

オールバックも就活には不向きなヘアスタイルと言えます。「清潔感を出すのであればおでこを出せばいいのでなかったの?」という声が聞こえてきそうですが、オールバックには注意が必要です。

なぜなら、オールバックは相手に「強すぎる印象」や「威圧感」を与える可能性があります。新卒の場合、多くの企業は清潔感と謙虚さを兼ね備えた学生を求めています。オールバックだと相応しくないイメージを与えてしまう可能性が高いので避けた方がよいでしょう。

段差の激しいツーブロック

流行りのツーブロックも就活には注意が必要なヘアスタイルです。「耳周りがスッキリしているので問題ないのでは?」とよく言われますが、ツーブロックの中でも特に段差の激しいツーブロックはあまり良い印象を与えません

段差の激しいツーブロックは相手にカジュアルな印象を与えてしまう可能性が高いため、スーツを着て面接をおこなうフォーマルな場にはあまり相応しくありません。できる限り避けた方が良いでしょう。

ツーブロックにしたい人は頭部に向かうにつれて徐々に長くなるような自然なツーブロックに留めるのがおすすめです。

【女性編】押さえておくべきヘアスタイルの注意点

【女性編】押さえておくべきヘアスタイルの注意点

男性と違って女性の場合は長さはロングでもショートでもどちらでもかまいませんが、ヘアスタイルで注意したいのは、「眉毛や耳を見せる」「髪の色」「セット方法」です。この3つを注意することによって、清潔感を出すことができるので印象はだいぶ良くなりますよ。

眉毛や耳が見えるようにする

就活のヘアスタイルで注意したい1点目は、眉毛や耳が見えるようにすることです。まず、眉毛に前髪がかかってしまうと、相手に暗い印象を与えてしまいます。そのため、良い印象を与えるためには眉毛が見えるように前髪を横に流したり、センター分けにするのがおすすめです。

眉毛が見えた状態で話す方が表情が豊かに見えて、爽やかな印象を与えることができることでしょう。また、耳を出すことで顔の輪郭がよく見えるので、こちらも表情が豊かさや爽やかをアピールするには良い方法ですね。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

「顔の大きさが気になるので耳を出すのは嫌」と思っていたとしても、顔の表情や綺麗に輪郭を見せることの方が面接では重要なポイントのため、そこをしっかりと理解するようにしましょう。

髪色はナチュラルな地毛

就活のヘアスタイルでは髪色も注意したいポイントの1つです。就活中に明るい髪色に染めるのは基本的には良くありません。そのため、ナチュラルな地毛の状態にしておくことが一番良い方法と言えます。

ただ、地毛の色がブラウン系の人もいるのは事実ですので、人によって髪色の基準は異なってくることでしょう。一般的には黒髪かナチュラルブラウン程度であれば許容範囲ですが、志望業界が公務員や金融など硬派な業界は黒髪の方が好まれる傾向があるので注意しておきましょう

どうしても気になる人は自然な黒系の色に染めることをおすすめします。

動いても崩れにくいヘアスタイル

就活中にヘアスタイルで気をつけなければならない3点目は、動いても崩れにくいヘアスタイルにしておくことです。面接ではお辞儀をしたり、身振り手振りを交えて話す場面がよくありますが、その都度ヘアスタイルが崩れてしまっては集中力を欠くことにつながりますよね。

さらに、動くたびに髪を手で直す仕草を何度も見せてしまうと見苦しい印象を与える可能性が高いので崩れにくいヘアスタイルにセットするようにしましょう。崩れにくいヘアスタイルにするためにはヘアゴムなどのアクセサリーを上手く活用するのが良いですよ。

【女性編】おすすめヘアスタイル

それでは実際に女性向けのおすすめヘアスタイルを紹介していきますね。人によって髪の長さや全体のバランスなどは異なると思うので、自分に合ったヘアスタイルが何なのか考えてみましょう。

どのヘアスタイルでも共通して言えるのは清潔感を意識してヘアスタイルを整えていくことが大切という点です。

ポニーテール

髪の毛が長い人にまずおすすめなのがポニーテールです。ポニーテールは活発で爽やかな印象を相手に与えることができるので、そういった強みをアピールしたい人にはピッタリのヘアスタイルと言えます。

髪を結ぶときに高い位置で結んでしまうと子供っぽい印象を与えてしまうため、結ぶ位置は耳の高さを目安にすると良いでしょう。髪を結ぶ際には髪色にマッチしたヘアゴムを使って結ぶんで、髪をしっかりとまとめましょう

髪を結んだ際に広がりが気になる人は、コテを使ってストレートに整えた上で結ぶのがおすすめですよ。

前髪でも好印象を与えよう(斜め掛け・センター分け・オールバック)

髪の毛が長い人は前髪のセット方法も印象を大きく左右する重要なポイントです。前髪でも好印象を与えるためには次の3種類から選ぶと良いでしょう

  1. 斜め掛け:
    前髪を斜めに流すことで、眉毛が見えるため豊かな表情を伝えられると同時に、清潔感を出すことができます。
  2. センター分け:
    前髪をセンターで分けることによって落ち着いた印象を与えます。髪の量が少なかったりボリュームが出なかったりする人におすすめです。
  3. オールバック:
    前髪を後ろにかき分けておでこを出すヘアスタイルですがキリっとした印象を与えることができます。前髪が長い場合などに適したヘアスタイルと言えます。

ハーフアップ

髪の毛が長い人はポニーテール以外にハーフアップもおすすめです。ハーフアップは女性らしい優しい印象を相手に与えることができるので、そのような性格をアピールしたい人には相性の良いヘアスタイルと言えます。

ハーフアップは耳の少し上の高さで髪を結びますが、その際に耳が髪で隠れないように注意が必要です。崩れないように耳の後ろでヘアピンで留めておくと良いですよ。

ショートやボブ

髪の毛が短い人はショートやボブといったヘアスタイルがおすすめです。ショートやボブの場合は活発で爽やかな印象を相手に与えるため、そういった強みをアピールすると良いでしょう。

ただ、ショートやボブといったヘアスタイルは短いからといってセットしないでいると、反ってだらしがない印象を与えてしまうので注意が必要です。両耳を出して顔周りをすっきりさせることや、ヘアピンやスタイリング剤で固定するなどして崩れないように工夫しましょう。

ショートヘアについては以下の記事でさらに詳しく紹介しているので、参考にしてくださいね。

関連記事

ショートヘアで就活は大丈夫? 企業受けする髪型や注意点など解説

就活で目立ちやすいショートヘアは注意が必要 こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「髪が長い人は結べばいいけど、ショートヘアの場合はどうしたらいいんだろう……」「髪を切りたいんですが、就活でショートヘアはありです […]

記事を読む

ショートヘアで就活は大丈夫?  企業受けする髪型や注意点など解説

【女性編】ヘアスタイルに関するNG例

女性にもヘアスタイル関連で就活で避けた方が良いことはあります。就活中のヘアスタイルに関するNG例を把握することで、悪い印象を与えないようにしたいですね。

女性のヘアスタイルに関するNG例とその理由について紹介するので、ポイントを理解してNGは避けるようにしましょうね。

派手なヘアアクセサリーは控える

就活中は派手なヘアアクセサリーは控えるようにしましょう。「型崩れしないヘアスタイルが重要なのでは」とよく言われますが、崩れないヘアスタイルは重要ですが、派手なヘアアクセサリーを使用する必要はありません。

派手な色や柄の入ったヘアピンやヘアゴムはカジュアル過ぎて、リクルートスーツを来ている状態では目立ちすぎて相応しくないため、使用しないようにしましょう。

ヘアピンやヘアゴムなどのヘアアクセサリーはスーツや髪色にマッチする黒やこげ茶といった色が無難です。崩れにくいヘアスタイルを作るためにはヘアアクセサリーは必須ですが、おしゃれ目的で使用しているのではないことは理解しておきましょう。

派手な髪色

いくら男性に比べると女性の地毛は明るい方が多いとは言え、派手な髪色はNGです。一目見ただけでも「染めているな」とわかる派手な髪色に染めていると、印象としては良くありません。

また、地毛が明るいからといって真っ黒に染めてしまうのもかえって目立ってしまうため不自然に感じられることでしょう。相手からマイナスの印象を与えないためにも地毛に近いナチュラルな髪色にして清潔感を出すようにするのがおすすめですよ。

面接前に急に染め直すようなことにならないよう、余裕のある内から前もってナチュラルな髪色にするように準備しておきましょう。

過度なパーマは避けよう

過度なパーマをあてるのも避けた方が良いです。パーマは染めることと同様にナチュラルな印象とは反対の印象を与える可能性が高いためおすすめできません。

また、「パーマじゃなくてコテで巻くのはいいの?」といった質問をよく受けますが、リクルートスーツに巻き髪自体があまり良い印象を与えない可能性が高いため、コテを使って巻くのもおすすめできませんね

ヘアスタイルだけでじゃない! 清潔感を保つ身だしなみ

ここまで好印象を与えるヘアスタイルについて解説してきましたが、清潔感を与えるのは何もヘアスタイルだけではありません。清潔感を保つためにはヘアスタイル以外の身だしなみも保つ必要があります。

具体的には眉毛・肌・服装などの細かな身だしなみも面接官はチェックしているという意識を常に持っておきましょう。

眉毛のケアも忘れずに

女性の場合は日頃から眉毛を手入れしている人は多いでしょうが、男性も眉毛のケアは必要と言えます。眉毛は手入れせずに放置していると清潔感を与えない可能性があります

そのため、男女問わず眉毛のケアを怠らずに就活に臨みましょう。ただし、不自然に眉毛を細くしたり薄くしたりすると良い印象を与えないので注意してくださいね。

肌のケアも大切

特に男性の場合には意外かもしれませんが、肌の綺麗さも相手に与える印象は大きく変わります。普段から意識していない人は洗顔・化粧水・乳液などを全く使わない人もいるのではないでしょうか。

ただ、就活では肌が綺麗な人ほど好印象を与えられるのでお肌のケアはとても重要と言えます。普段から洗顔をすることでニキビを抑え、化粧水や乳液は肌の乾燥や張りの無さを解消することにつながりますので、ぜひ使ってみましょう。男性はひげのそり残しがないかもチェックしたいですね。

服装も整える

服装も相手に与える印象を大きく左右する身だしなみの一つです。「就活では皆リクルートスーツなので変わらないのでは」と思うかもしれませんが、ネクタイの締め方やベルトの締め方でも印象は大きく変わります。

たとえばネクタイが首元までしっかりと閉まっておらず緩んでいると「ダラしない」印象を与えますし、ベルトが緩そうだったり、明らかにベルトの長さが余っていたりするとマイナスな印象を与えてしまいます

また、靴に関しても最初は綺麗でも毎日履いているうちに汚れが目立ってしまうものです。面接官から「足元にも気を配れない人」という印象を与えかねませんので注意が必要です。

キャリアアドバイザーコメント

上村 京久プロフィール

スーツのサイズ感も身だしなみには重要

就活の身だしなみで欠かせないものの一つにスーツがあります。せっかくなのでスーツについての注意点もここで押さえておきましょう。スーツでもっとも大切なのはサイズ感です。肩幅や着丈がしっかりとフィットしたスーツは姿勢を良く見せてくれて、スマートな印象を与えてくれます。

とはいえ自分で採寸やフィッティングをするのは難しいものですよね。そんなときにはスーツ専門店で相談してみましょう。就活のためにスーツを探していると伝えれば、適したものをおすすめしてくれますよ。志望の業界などについても伝えてみてもいいかもしれませんね。今は色味やシルエットなど、スーツのラインナップも豊富なので、さまざまなアドバイスもくれるでしょう。

また、男性であればネクタイ選びの際にも専門店で相談してみると心強いですね。しっかりとフィットしたスーツを用意して、自信を持って就活をスタートさせましょう。

就活で押さえておきたいマナーは下記の記事に網羅しているので、チェックしてみてくださいね。

関連記事

「就活マナーくだらない」は危険|状況別の実践方法をすべて解説

就活マナーを身に付けて面接官自身をもって面接に臨もう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「就活マナーって守らないとダメ?」                       「どんな就活マナーがあるのかわからない」 […]

記事を読む

「就活マナーくだらない」は危険|状況別の実践方法をすべて解説

就活は第一印象が大事!ヘアスタイルで好印象を与えよう

初対面でおこなう面接では第一印象が相手に与える印象として非常に重要になってきます。そして第一印象を決める大きな要素としてヘアスタイルがあるため、就活ではヘアスタイルでいかに好印象を与えられるかが大事なポイントとなります。

今回は清潔感を感じてもらうために、ヘアスタイルで好印象を与えるためのポイントや注意点、そして男女別のおすすめに至るまで完全解説をおこないました。就活中のヘアスタイルについて悩んでいる人はぜひ参考にしてヘアスタイルで好印象を与えましょう。

【39点以下は危険度MAX!】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう!

面接力診断 今すぐ診断する(無料)

面接力診断 今すぐ診断する(無料)

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

記事の監修責任者

北原 瑞起きたはら みずき

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。プロフィール詳細

記事についてのお問い合わせはこちら

就活で悩んでいるあなたに

関連コラム