給料が良い仕事ランキング|自分に合った仕事の見つけ方をご紹介

この記事のアドバイザー

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

コラムの目次

  1. 良い仕事につきたいと考える就活生は多い
  2. 就活生が働きたいと考える組織の特徴
  3. 就活生が考える良い仕事とは
  4. 給料が良い仕事ランキング
  5. 自分に合った仕事の見つけ方
  6. 業界研究を徹底して自分にとってのいい仕事を見つけよう

良い仕事につきたいと考える就活生は多い

同じ仕事をするなら、少しでも良い仕事につきたいと考える人は多いでしょう。生活の大半を過ごす仕事の時間がいかに充実するかで、人生の満足度が違ってくることも少なくありません。もちろん、人によっては仕事ではなく、プライベートの充実を重視したいと考える人もいるでしょうが、これを獲得するには、仕事の条件がある程度整っている必要があります。

生活の大部分を占める仕事があまりにも悪いものだと、どうしてもプライベートにも影響して、結局充実度、満足度が下がりやすいことは理解しておきましょう。しかし、良い仕事といっても、一概に何がいい、悪いと決まっているわけではありません。明確な決まりがないからこそ、自分にとっての「良い仕事」とは何かを考えて就活に取り組むことが大切です。

就活生が働きたいと考える組織の特徴

仕事は個人でするものではなく、集団ですることがほとんどです。特に企業に就職する場合は、組織との関係性が非常に重要になります。良い仕事を考えるには、いい組織の特徴を考えなければなりません。これも一概に決まっているわけではありませんが、「風通しがいい」「人間関係がいい」「お互いに助け合える風土がある」などが条件として該当しやすいでしょう。

いい組織とは個人に頼りすぎず、上手に集団として機能し、負担を分散できる環境が整っているとも言えます。個人単位での負担が少なく、集団で力を合わせ成果を発揮できる組織ほど、良い企業と言えるでしょう。反対に個人の負担が大きく、集団での機能も上手く発揮されていない場合は就職を考える必要があります。

キャリアアドバイザーコメント

北原 瑞起

自分の私生活と仕事の充実度について見直してみよう

仕事と私生活のバランスが取れる企業を探す場合、ご自身のライフ(私生活の充実度)、ワーク(仕事の充実度)の2点をしっかり見直す必要があります。プライベートに費やしたい時間や、趣味などがあれば月々どのくらいのお金が必要なのかを考えてみてください。
その上で、求人票の給与と労働時間を照らし合わせましょう。労働時間については、シーズンによって忙しさも変わってくる仕事もあるので、繁忙期の時期も確かめるといいですね。ライフワークというと単純に休日休暇数や給与に注目しがちですが、その会社独自の制度などが自分の趣味に通じる場合もあるので、そこのチェックもしましょう。
書籍購入制度など本好きの人にとっては大事な趣味の充実につながると思います。また、ライフだけでなくワークの充実とは何かも考える必要があります。ライフワークというとみなさん私生活のことだけを考えがちですが、バランスという意味で仕事の充実度が高くなるにはどうすればいいのかも忘れずに考えましょう。

キャリアアドバイザーコメント

北原 瑞起

自分の私生活と仕事の充実度について見直してみよう

仕事と私生活のバランスが取れる企業を探す場合、ご自身のライフ(私生活の充実度)、ワーク(仕事の充実度)の2点をしっかり見直す必要があります。プライベートに費やしたい時間や、趣味などがあれば月々どのくらいのお金が必要なのかを考えてみてください。
その上で、求人票の給与と労働時間を照らし合わせましょう。労働時間については、シーズンによって忙しさも変わってくる仕事もあるので、繁忙期の時期も確かめるといいですね。ライフワークというと単純に休日休暇数や給与に注目しがちですが、その会社独自の制度などが自分の趣味に通じる場合もあるので、そこのチェックもしましょう。
書籍購入制度など本好きの人にとっては大事な趣味の充実につながると思います。また、ライフだけでなくワークの充実とは何かも考える必要があります。ライフワークというとみなさん私生活のことだけを考えがちですが、バランスという意味で仕事の充実度が高くなるにはどうすればいいのかも忘れずに考えましょう。

就活生が考える良い仕事とは

良い仕事につくには、それがどのような特徴を持つものかを考えなければなりません。いい、悪いといった指標は主観的なもので、感じ方は個人差が大きいでしょう。そのため、一般的に言われている良い仕事よりも、自分がいいと感じる仕事を選ぶことが大切です。良い仕事がよく分からず困っているなら、他の人の意見を参考にし、何を良い仕事の条件と考える人が多いのかを知るのもおすすめです。就活生が考える良い仕事の特徴を参考に、自分にとっての良い仕事の在り方も考えてみましょう。

安定感がある

就活は就職して終わりではなく、その後の長い社会人生活の始まりでもあります。そのため、仕事に安定性を求める人は多く、安定している仕事=良い仕事とイメージする人は多いでしょう。安定性は仕事を決める上で重要視されやすいポイントで、業績が安定している、給料が安定している、雇用が安定しているといった複数の点が見られています。

安定性が高いということは、それだけ企業の経営が優良ということで、職場環境自体も整っていることが多いです。また、業績悪化によってボーナスや給料のカットといった不安も少ないため、プライベートが安定しやすいのも魅力でしょう。ひとくちに安定性といっても複数の指標がありますが、大きな変化のない仕事は、良い仕事と考えられることが多いです。

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

会社の将来性を把握するにはIR情報のチェックがおすすめ

会社の将来性を把握するには、IR情報を見ておくといいですね。投資家様向けに作られているので、企業HPよりも詳しい内容が載っています。売上高が高いことは大前提として大事な点ですが、純利益も確認してくださいね。純利益とは、売上高からコスト、税金を引いた利益を示します。
売上高がよくてもコストがどれくらいかかったかで、純利益は変わります。また、IR情報では売上推移より主要事業を読み取ることもできますし、今後の事業展開についても記載されています。企業HPのみの下調べより、より深く知ることができますよ。

残業が少ない

生活のために仕事は必要と割り切っていても、残業はしたくないと考える人が多いでしょう。残業が多いとどうしてもプライベートに割ける時間が減り、私生活での充実度が下がりやすいです。そのため、プライベートを重視する人は、残業が少ない仕事を良い仕事と捉える傾向にあります。残業が少ないということは、業務量が一定している証拠でもあり、安定性に繋がる部分もあるでしょう。

また、業務量自体は多い場合でも、企業の性質として残業を制限、あるいは禁止する場合もあります。近年は特に残業時間の多さに注目が集まり、是正されている企業も多いため、同業界内でも企業によって残業の程度は大きく違うでしょう。仕事そのものはもちろん、組織の在り方によっても左右されやすいポイントと言えます。

給料が高い

社会人になって仕事をしなければならない理由の根幹にあるのは、お金を稼ぎ生活するためです。そのため、給料を重要視する人も多く、給料が高いことを指して良い仕事と認識している人もいるでしょう。給料が高いことは確かに大切ですが、より多くのお金がもらえるということは、それだけハードな可能性も高いため注意しなければなりません。

ハードな仕事をして残業も含めて目一杯働き、高い給料を得る仕事も数多く存在します。もちろん、仕事はお金を得て生活するための手段と割り切れるなら、多少のハードさがあっても問題はないでしょう。給料の充実を求めるなら、仕事は仕事と割り切って考えることが大切であり、多少の大変さには目をつぶらなければなりません。

給料が良い仕事ランキング

では実際給料がいい仕事とは、どのような職種がなのでしょうか。求人・転職サイトdoda(デューダ)では職種別の平均年収ランキングが発表されました。

【職種別の平均年収ランキングTOP10】

  1. 弁護士                829万円
  1. 投資銀行業務             825万円
  1. 運用(ファンドマネジャー/ディーラー)803万円
  1. MR                 709万円
  1. 業務改革コンサルタント(BPR)    681万円
  1. アナリスト              680万円
  1. 戦略/経営コンサルタント       666万円
  1. プロジェクトマネジャー        659万円
  1. 内部監査               658万円
  2. 会計専門職/会計士          649万円

ここからはTOP5までの事業内容を簡単にご紹介していきます。自分に合った仕事はないか見ていきましょう。

①弁護士

弁護士は資格が必要な専門職で、簡単になれるものではありません。国家資格の中でも最難関クラスの司法試験に合格しなければならず、その後弁護士事務所への就職、あるいは自身で事務所の立ち上げといったハードルもあります。しかし、仕事につくまでのハードルが高い分給料も高く、20代のうちから年収1,000万円以上を目指すことも十分可能です。

人気の弁護士になるとさらに高い給料を獲得でき、独立すると年収の幅には天井がなくなるでしょう。ただし、弁護士になってからも大変で、常に成果が求められる勝負の世界に身を置くことになります。ひとつひとつの裁判で勝訴を勝ち取らないと実績が積めず、弁護士としての評価にも傷がついて、クライアントが減るという悪循環にも陥るため注意が必要です。

②投資銀行業務

金融業界、とりわけ銀行業界は給料が高く、安定性も高いイメージでしょう。銀行系全般は例年人気が高いですが、給料の高さで見るなら特に投資銀行業務がおすすめです。投資銀行業務とは、簡単に言えば法人に対して部門の売却や他社とのM&A、買収を提案、仲介する仕事です。

投資銀行は外資系が多いですが、国内でも証券会社が一部この機能を持っている場合があります。どこで働くにしても相手が法人であるのは確かで、仕事の規模の大きさや、一度の取引で動くお金の大きさが特徴でしょう。金融に関する高い知識が必要なことはもちろん、膨大なデータを読み解き、分析する能力も求められます。仕事の難易度が高く、かつバイタリティも必要なハードな仕事であるため、その分給料は高水準で定められています。

③運用(ファンドマネジャー/ディーラー)

金融系の仕事では、運用(ファンドマネジャー/ディーラー)も給料が高いことで知られています。運用の仕事は株式の売買や仲介で、投資銀行業務とやや似ている点もありますが、対象となる相手が異なります。投資銀行業務では基本的に企業を相手にしますが、運用の仕事では投資家が対象です。投資家に対して株式の情報を提供し、投資や株式の売却を促すのが運用の仕事と考えましょう。

ファンドマネージャーとディーラーそれぞれで細かな違いはありますが、大きな違いは扱う金額の規模の大きさです。ざっくり言うと、ディーラーは少額、ファンドマネージャーは高額になります。それぞれ多忙を極め、市場の変動を見抜く観察眼、センスが必要な仕事でハードですが、企業によってはさらにアナリスト的な仕事を求められることもあります。

④MR

MRは簡単に言えば医薬品の販売をする営業職です。営業職はハードさやインセンティブ報酬を採用する企業の多さから給料が高くなりやすいですが、MRはその中でも特に高水準でしょう。営業職の中でも給料水準が高い理由は、仕事の難易度の高さにあります。自社製品を売り込んで販売するという基本的な仕事の構図は他の営業職と変わりませんが、MRの場合は扱う商材が医薬品と特殊です。

販売先はドラッグストアや処方箋薬局、病院であり、いずれも医療の分野に携わるプロを相手にしなければなりません。そのため、営業職でありながら医療の知識が必要となり、仕事をしながら勉強することも多いでしょう。常に知識を蓄え続ける必要があり、活躍し続けるためのハードルが高いことから、給料も高めに設定されています。

キャリアアドバイザーコメント

北原 瑞起

MRに向いているのは勉強熱心でコミュニケーション能力に自信がある人

MRは勉強熱心な人が活躍できる業界だと思います。薬について何か規制等変わることがあればいち早く勉強しなければいけないですし、新しい薬の導入などがあればお医者様に説明できるくらい勉強をしなければいけません。相手になるお医者様は知識も豊富で年齢層も上の方が多くなるので、そういったところを意識して会話をするコミュニケーション能力が必須です。

また、転勤がある会社が多かったり、車の運転が必須になることがあるので、抵抗のない方のほうがいいです。担当エリアは細かく分かれているので、地域コミュニケーションも大事になります。近くのおいしいお店などのそんな世間話が好きな方だと楽しめるはずですよ!

⑤業務改革コンサルタント(BPR)

コンサルタント業界は給料が高いことでも知られており、業界全体で見ても高水準です。その中でも特に注目されているのが、業務改革コンサルタントです。これはBPR(Business Process Re-engineering)と略され、働き方改革が叫ばれる現代において、特に注目を集めている仕事でしょう。

従来コンサルタントは、顧客が抱える問題を解決するための策を提案し、実際に実行するのが仕事です。BPRもその点は同じですが、現状抱える問題点を修正し、改善を目指すのではなく、そもそも抜本的な見直しによって改革を目指す点で異なっています。つまり、仕事への取り組み方や企業の構図そのものを見直す仕事で、企業を一からやり変えると言っても過言ではありません。企業を根底から変えるには、粘り強い姿勢で業務に向かう必要があり、タフさが求められる仕事と言えるでしょう。

自分に合った仕事の見つけ方

就活の最終目標は単に就職先を見つけることではなく、自分に合った仕事に就くことです。仮に就職先が決まったとしても、そこが自分に合わないとすぐに辞めてしまい、結果的に失敗するケースも少なくないでしょう。また、一般的に言われている良い仕事に就いたとしても、必ずしも就活が成功したとは言えません。人によって何を持って良い仕事とするのか、指標は大きく異なるため、自分に合う仕事こそ本当の意味で良い仕事と言えることは覚えておきましょう。

自己分析

自分に合う仕事を見つけるには、そもそも自分が仕事に対して何を求めているのか、どのような価値観を持っているのかを知らなければなりません。それらを見極めるためには自己分析が必須であり、自分を正しく理解することが就活の出発点といえるでしょう。自己分析は簡単に言えば、過去の経験を棚卸し、印象的な出来事から自分がどのような人間かを分析して考えることです。

どのような価値観を持っていて仕事に何を求めているかが自分に合った仕事を見つける大前提になるでしょう。何がしたいか、何を仕事の条件に選びたいかが分かっていないと、選択肢の絞り込みができず、合わない仕事に就いてしまう可能性が高まるため注意が必要です。

★★★CAからのコメント★★★

自己分析と就職理解の両方ができてこそ就活に活かせる長所になる

自己分析と職種理解ができたことで、ようやく就活に活かせる長所に繋がります。例として、過去に担当した学生の題材をご紹介します。

・作ることが好き

∟アルバイト先で新メニューを考える機会をもらい、試行錯誤しながらイメージを型にする楽しさを経験。作ることへの興味が湧いた。

・集中力、継続力

∟ピアノを13年継続し、1つのことを極めてきた。社会でも専門的なスキルを身に付け極めたい。

・計画性

∟テスト勉強では月間、週間、日別、でやる事を細かく自己管理しながら取り組んだ。

・勤勉さ

∟アルバイト先で指導してもらった事は常にメモをとり学ぶ姿勢を大事にしている。

求められる要素を理解した上でご自身の強みと掛けあわせてみて下さい。自己分析が出来ていたとしても、職種理解が乏しいとちぐはぐなアピールに繋がるため注意しましょう。【笠原】

業界・企業研究

業界・企業研究をして、仕事自体への理解を正しく深めることも大切です。いかに自己分析を徹底して自分が求める仕事の条件を把握していたとしても、それを満たす業界・企業が分からないと、選択肢の絞り込みができません。自分が求めるもの、それを満たす仕事の両方が分かってこそ、本当に自分に合った仕事は見つけられます。

また、自分に合う仕事を見つけたとしても、企業によって労働環境や条件が異なるため、この違いもしっかり見抜かなければなりません。例えばMRが自分に合う仕事だと判断したとして、A社に就職するかB社に就職するかで条件が変わることも多いです。自分に合った仕事を見つけたなら、業界や企業との相性も把握して、より詳細に絞り込むことが大切です。

業界研究を徹底して自分にとってのいい仕事を見つけよう

良い仕事とは、一概に定義が決まっているわけではなく、何を条件にするかは個人の自由です。職場環境のよさを条件にするもよし、給料の高さを条件にするもよしで、自分にとっての良い仕事、合う仕事とは何かを考えることが大切です。仮に給料の高さを条件にするなら、一般的には大変でつらい仕事と言われていても、条件面の問題さえクリアしていると、良い仕事と胸を張って言えるでしょう。

反対にどれだけ一般的に良い仕事と言われていても、自分が求めているものとあまりに違っていると、息苦しさ、働きづらさを感じてしまうことも少なくありません。自分にとっての良い仕事を見つけるためにも、業界・企業研究、さらには自己分析まで徹底し、本当に合う仕事への就職を目指しましょう。

関連コラム