封筒をのりづけするときのマナーは? 知っておきたい最低限の知識

この記事のアドバイザー

  • 津田 祥矢

    津田 祥矢

    大学卒業後、新卒で銀行入行。働く中で仕事を楽しんでいない人が多くいることに疑問を感じ、キャ… 続きを読む

  • 髙原 麗海

    髙原 麗海

    大学時代はボランティア活動サークルに所属し地方創生活動に参加。大学4年生の秋に、内定先の社… 続きを読む

  • 酒井 栞里

    酒井 栞里

    大学ではアメフト部のマネージャーとして、練習やチームの運営をサポート。この経験を通して、自… 続きを読む

コラムの目次

  1. 正しい封筒マナーを押さえて応募先に良い印象を与えよう!
  2. 封筒を閉じる前にチェックしよう
  3. 必要な書類はすべて揃っているか
  4. 書類の日付は正しいか
  5. 書類の向きは正しいか
  6. 宛名は正しく書かれているか
  7. 封筒をのりづけするときのマナー
  8. スティックのりを使う
  9. 両面テープを使っても良い
  10. 液体のりは注意が必要
  11. セロハンテープは使用しない
  12. そのほか知っておきたい封筒に関するマナー
  13. のりづけ後は「封字」を書く
  14. 切手はなるべく少ない枚数にする
  15. 封筒ののりづけに関してよくある質問
  16. 「厳封」とは何ですか?
  17. 履歴書を手渡しで提出するときも封筒は必要ですか?
  18. 水で濡らすタイプののりつき封筒を使っても良いですか?
  19. 封筒ののりづけが汚いとどうなりますか?
  20. 封筒をのりづけするときはマナーを意識しよう

正しい封筒マナーを押さえて応募先に良い印象を与えよう!

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。

就活を始めたばかりの大学生から
「封筒をのりづけするときに注意することはありますか?」
「封筒はセロハンテープでとめても良いのですか?」

と質問を受けることがあります。就活生のみなさんは、封筒の閉じ方ひとつとってもわからないことが多くて不安ですよね。

エントリーシート(ES)や履歴書を送るための封筒は、のりを使ってしっかり閉じるのがマナーです。また、のりづけ以外にも社会人として知っておきたいマナーがあります。

そこでこの記事では、封筒の正しいのりづけ方法や知っておきたいマナー、よくある質問について解説します。これから企業に書類を提出する人は、ぜひ読んでくださいね。

履歴書をレターパックで送る方法について詳しく知りたい人はこちらも読んでくださいね。

関連記事

履歴書をレターパックで出す際の注意点とメリット・デメリット

履歴書の送り方1つでマイナス印象になり得る こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 就活で使用する履歴書は、その内容はもちろん、「送り方」にも注意することも大切です。たとえ履歴書の内容がしっかり書けていたとしても、 […]

記事を読む

履歴書をレターパックで出す際の注意点とメリット・デメリット

あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「My Analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

適職診断で強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか知りましょう。

こんな人に「My Analytics」はおすすめ!
・まだ志望業界が決まっていない人
・自分の志望業界との相性を確かめてみたい人
・入社後にギャップを感じたくない人

【完全無料】
キャリアパークが独自開発!
就活生におすすめの対策資料ランキング

1位:自己分析ツール
選考で使えるあなただけの強み・弱みを特定します。

2位:自己PR作成ツール
自己PRで困ったら、ツールを使って作成してみましょう。

3位:適職診断
30秒であなたの適性を診断!受けない方がいい業界・職種がわかります。

4位:面接力診断
39点以下は危険!あなたの面接偏差値を診断し、弱点とその対策を解説します。

5位:就活力診断
あなたの弱点が一目でわかる!まずは就活力診断から就活を始めましょう!

【自己分析専用!対策ツール】

あなたの長所を特定!:性格診断
たった60秒で、あなたの長所を特定します。

受けない方がいい職種がわかる!:適職診断
あなたの性格から受けない方がいい業種、職種がわかります。

封筒を閉じる前にチェックしよう

封筒を閉じる前のチェックポイント

ESや履歴書などを送るための封筒は、一度閉じたら開封しないのが基本です。もし不備に気付いて開けてしまったら、封筒が破れたり汚れたりするので新しい封筒を用意しなければなりません。

そんなことがないように、封筒をのりづけして閉じる前には不備がないかしっかり確認しましょう。ここでは、封筒を閉じる前にチェックするべきポイントを4つ紹介します。

必要な書類はすべて揃っているか

まずは、必要な書類がすべて揃っているか確認しましょう。もし入れ忘れた書類があれば、再送することになり自分にとっても応募先にとっても負担になります。

ESや履歴書のほか、小論文や卒業見込み証明書などが必要な場合もあるので、企業からのメールやホームページをしっかり確認してくださいね。また、書類を送る場合は添え状を入れるのがマナーなので、こちらも忘れないようにしましょう

書類の日付は正しいか

ESや履歴書などの書類に正しく日付が記入されているかも確認しましょう。日付だけ後で書こうと思ってそのまま忘れていると、応募書類として正式に受理されない可能性があります。このとき、和暦・西暦、洋数字・漢数字はすべて統一するようにしてください。

なお、応募書類の日付は「自分の手元から離れる日」です。面接や説明会に持参して提出する場合はその日、郵送する場合は投函する日を記入しましょう。

履歴書の日付について詳しく知りたい人はこちらも参考にしてくださいね。

関連記事

履歴書の日付は自分の手元から離れる日|間違ったときの対処法も紹介

履歴書にはいつの日付を書くのか押さえよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 就活で、企業にエントリーするとまず提出しなければならないのが履歴書。どんな内容を書けばいいのか悩んでしまいますよね。しかし意外と、 […]

記事を読む

履歴書の日付は自分の手元から離れる日|間違ったときの対処法も紹介

書類の向きは正しいか

必要な書類をすべて揃えたら、正しい向きで封筒に入れましょう。正しい向きとは書類の表が封筒の正面になる向きのことです。たとえば、履歴書であれば顔写真が貼られている面が封筒の正面になるようにします。他にも送る書類があれば同じように向きを揃えましょう。

書類の向きだけで不採用になることはありませんが、正しい向きで揃えておけば「小さな気遣いができる礼儀正しい人」という印象を与えられます

宛名は正しく書かれているか

封筒の宛名が正しく書かれているかも確認しましょう。よくあるのが、(株)などの略字を使ったり 「〇〇株式会社」なのに「株式会社〇〇」と書いてしまったりするケース。封筒には略字を使わず正しい社名を書くのが基本なので、のりづけをする前によく確認しましょう

また、宛名には「御中」または「様」を付けますが、併用するのはマナー違反です。御中は組織の中の誰か、様は特定の個人に対して使う敬称なので正しく使い分けてくださいね。

応募書類の封筒の書き方についてはこちらも参考にしてくださいね。

関連記事

応募書類の正しい封筒の書き方を解説|イラスト付き正解例あり

正しい封筒の書き方をマスターして企業に丁寧さをアピールしよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「応募書類の封筒のサイズは? 色は?」「面接官に手渡す場合って封筒はどうするのかな」 エントリーシート(ES)や […]

記事を読む

応募書類の正しい封筒の書き方を解説|イラスト付き正解例あり

ESを送るときの封筒のマナーについてはこちらも参考にしてくださいね。

関連記事

エントリーシートの封筒での郵送方法|書き方も画像つきで解説

エントリーシートを封筒で送るには こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「ESの郵送を求められて焦ってしまった」 「早めに郵送マナーを調べておくべきだった」 と、エントリーシート(ES)や履歴書の郵送で苦労した就 […]

記事を読む

エントリーシートの封筒での郵送方法|書き方も画像つきで解説

あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「My Analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

適職診断で強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか知りましょう。

封筒をのりづけするときのマナー

封筒ののりづけに適しているものとは

応募書類に不備がないことを確認しすべて封筒に入れたら次はのりづけです。「封ができれば何でもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、ここでもいくつか注意したいマナーがあります。では、封筒をのりづけするときはどんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

スティックのりを使う

封筒をのりづけするときは、スティックのりを使うのがおすすめです。スティックのりは粘着力が強く、さっと塗るだけでよれることなくきれいに封筒を閉じられます。塗るときは、剥がれてしまうことがないように、真ん中や端だけでなく封筒の蓋部分全体に満遍なく塗り広げましょう。

ただし、スティックのりの中には「貼って剥がせるタイプ」など粘着力の弱いものも存在します。こういったのりは応募書類の封筒には不向きなので、しっかり貼れるものを選んでくださいね。

両面テープを使っても良い

スティックのり以外にも、両面テープを使うのもおすすめです。両面テープならしっかりと貼りつききれいに仕上がります。はじめから封筒に両面テープがついているタイプであればそれを使っても問題ありません。

両面テープを使う際は、封の外側ではなく内側につけるのがポイントです。というのも、外側に貼ると剥がれてしまう可能性があるからです。見栄えよく仕上げるためにも内側をしっかりとめるように心がけましょう

液体のりは注意が必要

封筒をのりづけする際は液体のりを使うことも可能です。液体のりなら手頃な価格で購入できますし、しっかりと貼り付けることができます。

ただし、ベトベトして使いづらく、使用する量によってはしわになったりのりがはみ出したりするのが難点。そのため、使い慣れていない人や細かい作業が苦手な人は避けた方が良いでしょう。もし液体のりを使うのであれば、使用量に十分注意してくださいね。

セロハンテープは使用しない

「封をするならセロハンテープでも良いのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし、履歴書のような大切な書類を送る場合は、セロハンテープは避けた方が無難です。

というのも、セロパンテープは剥がれやすいため途中で開封したり再封したりできてしまうからです。採用担当者によってはマナー違反と考える人もいます。剥がれてしまうリスクやマイナスな印象を与えるリスクを避けるために、セロハンテープは使わないようにしましょう

キャリアアドバイザーコメント

髙原 麗海

髙原 麗海プロフィール

のりづけの上からテープを貼るのはNG

学生から質問で「のりづけをしていればセロハンテープを貼ってもいいのか」と聞かれることがありますが、たとえのりづけをしていても、セロハンテープの使用は避ける方がベターです。

セロハンテープでの封を避けるべき理由に、剥がれやすさや開封・再封のしやすさがありますが、それ以上にビジネスマナーとしてふさわしくありません。見た目も悪くなってしまいますし、常識がないと捉えられてしまう可能性もあります。
たとえ履歴書など書類のクオリティが高くても、セロハンテープの使用で評価が下がってしまっては非常にもったいないですよね。
そのため、事前にのりづけをしていたとしても、セロハンテープは使用しないように注意しましょう。

そのほか知っておきたい封筒に関するマナー

就活で応募書類を送る際は、封筒に宛名を書きのりづけをすれば終わりというわけではありません。実はそのほかにも守るべきビジネスマナーがあります。

ここでは、のりづけ以外に知っておきたい封筒に関するマナーについて説明します。

知っておきたい封筒のマナー
  • のりづけ後は「封字」を書く
  • 切手はなるべく少ない枚数にする

のりづけ後は「封字」を書く

封筒をのりづけした後は、閉じ口に「封字」を書きましょう。封字とは、封をした箇所に印をつけて「確かに封をしました」と証明するためのものです。

封字には「〆」「締」「緘」「封」などの種類がありますが、就活では「〆」を使うのが一般的。のりづけした封の中央に黒いペンで「〆」と書けば、「封をした」「開封されていない」ということを相手に伝えることができます。

封字は絶対に書かなければいけないというわけではありません。しかしビジネスマナーの基本であるため、書いておくとより丁寧な印象を与えられるでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

酒井 栞里

酒井 栞里プロフィール

もし封字を書き忘れてしまっても不合格にはならない

学生の中には、そもそも封字を知らず、記入せずに郵送してしまった人もいるのではないでしょうか。

もちろん封字を書くことができればベストですが、書き忘れたからといってそれだけで不合格にはならないので安心しましょう。就活では、封字以上に履歴書やESの中身そのものが重視されます。履歴書やESのクオリティが高く、人事担当者に「会ってみたい」と思ってもらえれば、封字がなくても問題ありません。

また、封字の記入はビジネスマナーと言えますが、重要視されるほどのものではありません。きちんとのりづけがされていれば人事担当者も気にとめないため、心配には及びませんよ。

しかし、封字のような小さなマナーひとつひとつが守られていれば、非常に丁寧で誠実な印象を受けます。封字の記入忘れがマイナスになることはなくてもプラスになる可能性はあるため、次回からしっかりと記入するようにしましょう。

切手はなるべく少ない枚数にする

送る書類の量にもよりますが、定形外郵便を送る際は一般的に120〜140円分の切手が必要になります。このとき、切手はなるべく少ない枚数になるように準備しましょう。というのも、切手の枚数が多いと「余った切手を組み合わせたんだな」という印象を与える可能性があるからです。また、枚数が多いとうっかり金額を間違えてしまうリスクも高くなります。

切手の枚数に制限があるわけではなく、多いからといって不採用になることはなく、手持ちの切手があればそれを組み合わせても問題ありません。しかし、ミスなく丁寧な印象を与えるためにはなるべく少ない枚数で送るのがおすすめです。心配な人は郵便局の窓口から送ると最適な切手を貼ってもらえますよ。

封筒ののりづけに関してよくある質問

ここまで、封筒ののりづけ方法やマナーについて詳しく解説してきました。しかし、ビジネスマナーに慣れていない就活生にとってはまだまだ分からないこともあるでしょう。

そこで最後に、封筒ののりづけに関してよくある質問にお答えします。

「厳封」とは何ですか?

「厳封(げんぷう)」とは、厳重に封をすることで、第三者に見られてはいけない重要度の高い書類を扱う際に用います。就活では成績証明書や卒業見込み証明書などを「厳封で提出してください」と企業から求められた場合にのみ行います。

厳封は自分で閉じたり開けたりすることができません。たとえば成績証明書なら、それを発行する大学が厳封をします。厳封された状態の書類を大学から受け取ったら、封を開けずにそのまま企業に提出してください。また、厳封された封筒に切手を貼って郵送することはできないので、別の封筒に入れて郵送しましょう。

キャリアアドバイザーコメント

津田 祥矢

津田 祥矢プロフィール

企業からの指示にしたがって厳封をしよう

厳封は、自分で判断しておこなうものではありません。もしも企業からの指示がないにもかかわらず、大切な書類だからと自分で厳封してしまうのはマナー違反です。厳封は、書類の提出先から厳封をするよう指示があった場合にのみ、おこなうものです。

企業から厳封の指示がない場合は、特に何もせず通常の封で問題ありません。もしも、大事な書類の提出のために普段より丁寧に郵送したい場合は、クリアファイルに書類を入れて封をすれば十分です。
また、厳封は一度開けてしまった場合は無効になります。企業に郵送する前に封筒を開封して中身を確認したくなるかもしれませんが、絶対に開封しないよう注意してくださいね。

履歴書を手渡しで提出するときも封筒は必要ですか?

面接時などに履歴書を手渡しで提出することもあるでしょう。このとき、書類は封筒に入れて提出するのがマナーですが、のりづけする必要はありません。のりづけしてしまうと採用担当者がすぐに確認できないので、開いたままの状態で提出してください

また、封筒の宛名や添え状も必要ありません。「履歴書在中」の文字や自分の氏名・住所だけ記入しておきましょう。

水で濡らすタイプののりつき封筒を使っても良いですか?

水で濡らすと封ができるタイプののりつき封筒もありますよね。もちろんこのタイプの封筒を使ってもかまいません。その場合は、指で水をつけると多くつけすぎたり他の場所に水がついたりして大変なので、スポンジを使うのがおすすめです。のりづけした後はしっかりと乾かしてきちんとく貼りついているか確認しましょう

ただし、水で濡らすタイプののりは水分量を間違えると封筒にしわができたり剥がれたりする可能性があります。使い慣れていない人はスティックのりや両面テープを使った方が無難でしょう。

封筒ののりづけが汚いとどうなりますか?

封筒ののりづけが汚いと、採用担当者に「いい加減な人」「雑な人」と思われる可能性があります。たとえば、封筒がしわになっていたりのりがはみ出てべたついていたりすると、「おや?」と思いますよね。それだけで不採用になることはありませんが、相手も人間なのでこうした細かい気遣いで受ける印象も変わってくるでしょう。

また、見た目のきれいさだけでなく、剥がれたり破れたりしていると書類の信ぴょう性にも影響します。大切な書類を守るためにも、封筒ののりづけはマナーを守って丁寧に行いましょう。

封筒をのりづけするときはマナーを意識しよう

応募書類を入れる封筒は、スティックのりや両面テープを使ってしっかり封をしましょう。セロパンテープは使いやすいというメリットがありますが、剥がれやすいので重要な書類を送る場合には向いていません。きれいにのりづけすることによって、途中で剥がれてしまうリスクを回避し採用担当者にも丁寧な印象を与えることができます。

封筒は履歴書のようにじっくり見られるものではありませんが、正しいマナーを知っておくと社会人になってからも役立ちます。この記事を参考に正しくのりづけをして、採用担当者に良い印象を与えましょう。

あなたが受けないほうがいい業界をチェックしよう

36の質問であなたを徹底解剖 12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を特定 適職を診断する(無料) 36の質問であなたを徹底解剖 12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を特定 適職を診断する(無料)

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そこで、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する業界と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの業界を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな業界に適性があるのか診断してみましょう。

記事の編集責任者

北原 瑞起きたはら みずき

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。プロフィール詳細

全国民営職業紹介事業協会 職業紹介責任者(001-190515132-01458)

記事についてのお問い合わせはこちら

就活で悩んでいるあなたに

関連コラム