就活は黒染めがベター! 黒染め以外で就活を切り抜けるコツも解説

サムネイル

この記事のアドバイザー

  • 清水 沙也香

    清水 沙也香

    大学卒業後大手アパレルメーカーに勤務、副店長として店舗マネジメント人材育成をおこなうほか、… 続きを読む

  • 上原 正嵩

    上原 正嵩

    大学では、カンボジアなど途上国の学力水準を向上させる学生団体を大学内で設立・運営。副代表を… 続きを読む

  • 辻 華菜子

    辻 華菜子

    大学時代は、東日本大震災をきっかけに発足したボランティアサークルに所属。毎年、東北の小学校… 続きを読む

コラムの目次

  1. 黒染め以外でも就活での評価を下げない方法がある
  2. あくまで就活では黒染めをして臨むのがベター
  3. 就活で黒染めする際の3つの注意点
  4. 選考の1週間前までに黒染めをする
  5. 髪を染める際は美容室に行く
  6. 地毛が明るい場合は無理に黒染めをする必要はない
  7. 黒染め以外の方法で就活を切り抜ける際の3つのポイント
  8. 限りなく黒に近い地毛風な暗髪カラーを取り入れる
  9. 証明写真限定なら黒染めスプレーも検討する
  10. 髪色の許容範囲が広い業界を受けてみる
  11. 黒染めよりも自然? 美容室で暗髪カラーをオーダーする際の3つのポイント
  12. ①肌や目の色に合わせた自然な暗いトーンがおすすめ
  13. ②髪を暗くする期間を伝える
  14. ③一時的に黒髪にしたい場合はへアマニキュアでオーダーする
  15. 黒染め以外の就活の身だしなみに関するQ&A
  16. 就活でおすすめの髪型は?
  17. 就活後や内定式はどんな髪色がベター?
  18. 面接の身だしなみで気をつけるべきポイントは?
  19. 黒染めをして就活の選考で好印象につなげよう

黒染め以外でも就活での評価を下げない方法がある

こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。就活を控えた学生から

「黒染めは必ずしないといけないのでしょうか」
「黒染めをする時期を迷っています」

という声が寄せられています。昔から就活=黒染めのイメージがあり、黒染めしていない学生の評価が下がってしまう業界や企業も多いですね。

ただ、黒染め以外でも就活での評価を下げない方法は存在します。黒染めにはデメリットもあるため、状況によっては黒染め以外の方法を選ぶのがベターかもしれません。

ここでは、就活で黒染めをすべき理由や黒染めをする際の注意点、黒染め以外の方法で就活を切り抜ける際のポイントを解説します。就活の際に黒染めをするか迷っている学生はぜひ参考にしてみてください。

【完全無料】
面接対策におすすめの就活資料ランキング

1位:面接力診断
39点以下はアウト!あなたの面接偏差値を診断し、今するべき対策がわかります。

2位:面接回答例60選
面接でよく聞かれる質問と答え方を60通りプレゼント!面接対策が簡単にできます。

3位:自己PR作成ツール
特別なエピソードがなくても強みが伝わり、採用したいと思わせる自己PRが完成します。

4位:志望動機作成ツール
熱意がなくても大丈夫!たった3分で面接突破率がグンと上がる志望動機が作れます。

5位:自己分析ツール
あなたの強み・弱み・適性がわかる!質問に答えるだけで自己分析できます。

あくまで就活では黒染めをして臨むのがベター

就活の際に黒染めをするか迷っている学生もいるのではないでしょうか。実際、黒染めをして臨んだ方が良い場合が多いですね。

中途採用は経験やスキルが重視されますが、実務経験がない新卒生の場合は人柄やポテンシャルを中心に判断します。

それぞれの評価基準
  • ポテンシャル:学歴・取得資格・学生時代の経験・就業意欲など。
  • 人柄:表情・身だしなみ・選考での所作・話の内容など。

初対面の採用担当者に評価される書類選考や面接では、髪色も評価に大きく影響するかもしれません。最近は髪色に対して寛容な傾向がありますが、就活の場では黒髪に近い髪色にするのがマナーになっています。そのため、黒染めをして臨むのがベターですね。

アップロードした画像

キャリアアドバイザー

派手な髪色の学生に対して「就活よりおしゃれを優先している=入社後もプライベート重視で業務に集中できなさそう」といった判断を下す採用担当者も一定数いるでしょう。

就活で黒染めする際の3つの注意点

就活で黒染めする際の3つの注意点

就活で黒染めをする際のタイミングやセルフカラーと美容室のどちらで染めるべきかなど悩んでいる学生もいますよね。就活の黒染めに関しては最適解が存在するため、ここで解説する3つの注意点を守って染めましょう。

選考の1週間前までに黒染めをする

意識を高く持とうとして早い時期から黒染めを検討している学生もいるかもしれません。ただ、2〜3週間前など早い時期に黒染めしてしまうと、選考前に色落ちしたり、伸びてきた髪の根本部分の黒さが目立ってしまうことがあります。色落ちしてしまった髪色はカジュアルな印象が強くなってしまうため、就活の場ではあまり適さないでしょう。

一方でギリギリまでカラーを楽しんで、選考の2〜3日前に染めようとしても色が入らない場合があり、不自然な印象につながる可能性があります。

お金や時間を投資して黒染めをするなら、最悪の事態は避けたいですよね。髪の毛に色がなじむ期間を十分に取るために、選考の1週間前までに黒染めをしましょう。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

カラーに失敗しても染め直す期間が取れるため、リスクヘッジになりますね。

髪を染める際は美容室に行く

黒染めは市販のカラーリング剤で安く済ませられますが、セルフカラーはムラになりやすかったり、綺麗に染められなかったりして、だらしない印象になるリスクがありますね。

第一印象が悪いと短い面接で評価を好転させることは難しいでしょう。事実、心理学者のアルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」によると、人の行動が他人に影響を及ぼす割合は言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%でした。

つまり、身だしなみは選考で大きく影響してしまうため、失敗する可能性があるセルフカラーより美容室で染めるのがおすすめですね

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

明らかに黒染めした髪色は「急場を凌ぐために猫を被っているのでは?」と勘繰られてしまうため、美容師と相談して自然な色味を調整してみてはどうでしょうか。

スプレーは不自然な印象を与えやすい

「黒染めスプレーなら洗えばすぐに落とせるし、普段は染めたままでもいいのでは?」と考える学生もいますよね。ただ、黒染めスプレーは周りの学生より不自然な色になりやすいです。

明らかに間に合わせで黒染めしている印象になったり、雨に濡れた際に色が落ちたりするリスクがあるため、スプレーはおすすめできません

地毛が明るい場合は無理に黒染めをする必要はない

生まれつき地毛が明るいことで学校の頭髪検査に引っかかった経験がある学生もいるのではないでしょうか。就活でも誤解されてしまうことを懸念しているかもしれませんが、地毛が明るい場合は無理に黒染めをする必要はありません。

髪色について採用担当者から質問された場合は地毛であることを申告してください。毎年、そういった学生は一定数いるため、理解してくれる可能性は高いですね。

ただ、黒以外の髪色を認めない企業もあります。第一志望の企業に厳しい規定があり、万全を期して選考に臨みたい場合は自然な髪色に染めておきましょう。

キャリアアドバイザーコメント

上原 正嵩

上原 正嵩プロフィール

黒染めする際は不自然にならないかを意識する

おしゃれのために普段は髪色を変えている学生も、就活のために髪色を黒に変える場合は眉毛の色と髪色のバランスも考慮しましょう。髪の色と眉毛の色があまりにも違い過ぎると違和感がありますし、採用担当者に髪を染めていることが分かってしまいます。肌の色、目の色、眉の色、髪色が不自然にならないようにすることが大事です。

黒染めをする際は、できる限り採用試験に臨む際の化粧をして、スーツの上着を持参し、就活のための黒染めであることを告げて、施術をしてもらいましょう。一口に黒色といっても、スーツ同様に色調は微妙に異なりますし、好みの色と似合う色は必ずしも一致するとは限りません。基本的には地毛に近い色がいいですが、美容室には色見本もあるので、プロである美容師の目を通して、あなたに合う自然な色にしましょう。美容室ではカットも同時にしてもらえるので、髪色と髪型が整ったら、その足で履歴書用の写真を撮りに行くのも一つの手ですよ。

 今はコロナの影響でWeb説明会や面接が主流になっているので、一時的にスプレーで対処することも可能ですが、内定まで対面での面接を用意している企業もあります。黒染めが必要な人は、余裕をもって準備しましょう。

39点以下はアウト!面接を受ける前に面接力を測定しよう!

やみくもに面接を受ける前にご自身の面接力を知っておくことが大切です。

そこで無料の「面接力診断」を活用しましょう。面接力診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで現時点でのあなたの面接力がわかります

今すぐ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

黒染め以外の方法で就活を切り抜ける際の3つのポイント

黒染め以外の方法で就活を切り抜ける際の3つのポイント

就活の際は黒染めをするのが一番ですが、どうしても黒染めを避けたい学生もいますよね。状況によってはここで解説する黒染め以外の方法で就活を切り向けられるかもしれないため、参考にしてみてください。

限りなく黒に近い地毛風な暗髪カラーを取り入れる

一度黒染めをしてしまうと、次に髪を明るく染める際に暗い色素が抜けにくく、明るい色が入りにくい可能性があります。そこで今後明るい髪色に染めたい学生はリスクのある黒染めより、限りなく黒に近い地毛風な暗髪カラーを取り入れてみてはどうでしょうか。

グレー系やブルー系、ブラウン系の自然な暗いトーンなら就活でも好感度が下がりにくいですね

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

どんなトーンが良いかはプロと相談して決めましょう。「就活で注意されないレベルの暗髪カラーにしたい」という旨を美容室で伝えてみるのをおすすめします。

証明写真限定なら黒染めスプレーも検討する

ベンチャー企業の選考は就活解禁前にある場合も多く、黒染めするかを迷ってしまうかもしれません。そこで証明写真限定なら黒染めスプレーも検討しましょう。

面接や企業説明会など対面での選考では不自然な印象が付きやすい黒染めスプレーでも、証明写真の場合は、さほど違和感を与えません

黒染めスプレーを選ぶ際には以下のポイントに注意してみてください。

黒染めスプレーを選ぶ際のポイント
  • 自然な仕上がりのものを選ぶ:バリバリにならない違和感の少ない仕上がりが理想。
  • 耐湿性のあるものを選ぶ:汗をかいたり雨が降ったりすると服に色が移る場合がある。
  • トリートメント成分が配合されているものを選ぶ:髪の毛や地肌にやさしい成分が入っていないと、髪へのダメージが大きい。

髪色の許容範囲が広い業界を受けてみる

個性やセンスを大事するIT業界やアパレル、美容業界ではレベル8程度のミディアムブラウンまでなら許容範囲である企業が多いですね。ただ、社風やブランドのイメージによっては派手な髪色を禁じている場合もあるため、企業研究により把握しておきましょう

一方、以下のような髪色の厳しい業界を受ける際は地毛やレベル6以下の黒髪がおすすめです。

髪色に厳しい業界の例
  • 金融
  • 医療
  • 福祉
  • 公務員

上記の業界は患者や顧客に接する機会が多く、信用されるような雰囲気が求められるため、髪色に厳しい傾向がありますね。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

そのほかの業界ではレベル7程度の髪色であるダークブラウンなら問題ないでしょう。

インターンやアルバイトで社内の雰囲気をチェックする

インターンやアルバイトで社員と一緒に働くことでネットに記載されていない社内の雰囲気を感じ取れるかもしれません。

できることなら希望している部署で働ける長期インターンやアルバイトをおすすめします。同じ企業でも部署によって労働環境や社員に求める能力が異なり、雰囲気も違う場合もあるのです

たとえば、広告会社でも顧客と商談をおこなう営業職は黒髪が必須ですが、内勤であるクリエティブ職は髪色が自由である場合が多いでしょう。

企業の実態を知れるチャンスでもあるため、長期インターンやアルバイトに参加してみてはどうでしょうか。

長期インターンの探し方や選び方について詳しく知りたい学生はこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事

なんとなく参加はNG! 長期インターンで就活を成功させる方法

インターンの種類とそれぞれの特徴

記事を読む

なんとなく参加はNG!  長期インターンで就活を成功させる方法

キャリアアドバイザーコメント

辻 華菜子

辻 華菜子プロフィール

TPOに応じてふさわしい身なりと行動ができることが社会人としての基本的なマナー

業種や職種によっては、髪色をさほど重要視していない企業もあるようなので、必ずしも黒色に染め直す必要がない場合もあります。ただ、どうしても茶髪は「チャラチャラしている」「不真面目」などというマイナスイメージが付きまといます。また、志望するどの企業が髪色に厳しいか否かを調べて、その企業に合わせて髪色を変えるのも手間がかかるので、黒髪にするのが無難です。

そもそも就職試験の場というのはどういう場であるのかを自覚することが大事です。自分の好みのおしゃれをする場ではなく「公的な場」「ビジネスの場」であるということです。採用担当者は身だしなみから、自社の取引先や顧客からのイメージが良い人物か、自社の評判を落とさない人物かを、早い段階で選別しています。加えて、学生気分から社会人としての自覚が芽生えているかどうかも見られているということも念頭に置いておきましょう。TPOに応じてふさわしい身なりと行動ができることが、社会人としての基本的なマナーです。それを踏まえたうえで髪色もどうするか、自分自身で納得した選択をしましょう。

黒染めよりも自然? 美容室で暗髪カラーをオーダーする際の3つのポイント

美容室で暗髪カラーをオーダーする際の3つのポイント

暗髪カラーは黒染めより自然に見える場合もありますね。ただ、髪を黒くする期間や自然なトーンをオーダーできないと就活で悪目立ちしてしまう髪色になり、もう一度染め直す手間がかかるかもしれません。ここでは、美容室で暗髪カラーをオーダーする際のポイントを3つ解説します。黒染めをせずに就活をしたい学生はぜひ参考にしてみてください。

①肌や目の色に合わせた自然な暗いトーンがおすすめ

アップロードした画像


学生

黒系の色でオーダーすれば、良いのでしょうか?

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

黒系でオーダーすると不自然な印象になり、悪目立ちしてしまいやすいですね。

就活に合わせて黒染めをすると、かえって不自然で重たい印象になりやすいでしょう。肌や目の色に合わせた自然な暗いトーンに染めると重さを軽減できるだけでなく、清潔感も出るため、就活で高評価につながる可能性がありますね

②髪を暗くする期間を伝える

髪を染める際は薬剤を今後の色落ちを考慮して調合するため、色をキープする期間が短ければ、薬剤は少なめ+色落ちが早くなりますね。色の早い薬剤の方が髪へのダメージを抑えることができるでしょう。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

「就活がひと段落する6月まで」など具体的な期間を指定して必要最低限の薬剤で染めてもらうのをおすすめします。

キャリアアドバイザーコメント

清水 沙也香

清水 沙也香プロフィール

業界によっては内定後も就活時の髪色をキープしておく

金融業界や公務員を志望する場合は、黒髪以外はNGです。黒染めしていることが分かってもマイナス評価につながることもあります。福祉や医療系も黒髪が望ましい業界です。一般企業も基本は黒髪ですが、ダークブラウンまでなら許容範囲でしょう。ただし、大手企業などは黒髪にしておくのがいいでしょう。これらの企業は、服務規ほどに髪色が示されている場合があるので、内定が得られたからと就活前の茶髪に戻すのは早計ですよ。

アパレルや美容業界、広告業界、ベンチャー企業など、髪色に厳格ではない企業もあります。ただし、顧客層やブランドイメージによっては茶髪NGの会社もありますよ。ホームページには、茶髪でラフな服装の社長や社員が登場しているベンチャー企業もありますが、実績を重ね、世間からの信頼が定着したからこそ通用するのであって、彼らも就活時はその場にふさわしい身なりで臨んでいたはずです。おしゃれと身だしなみは別物です。自分好みの髪色にするのは入社後の服務規定を確認してからにし、それまでは就活時の髪色をキープしておくのがいいでしょう。

各社とも社員を通じて顧客が抱く企業イメージを重視して定めた服務規定があることを覚えておきましょう。また、面接前日に黒染めをすることで、違和感を感じる企業もあるので、黒染めは計画的にすすめていきましょう。

39点以下は危険!
あなたの面接偏差値を診断しよう

面接に対して不安を抱いている人は多いです。「他の就活生より準備不足じゃないかな」と気になりませんか。

そんな時は、あなたの面接偏差値を診断できる「面接力診断」がおすすめです。面接力診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで自分の弱みとその対策を解説付きで把握できます

今すぐ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

③一時的に黒髪にしたい場合はへアマニキュアでオーダーする

就活の期間だけ黒染めやトーンダウンをして、すぐに髪を明るくしようと考えている学生もいるのではないでしょうか。ただ、黒髪から髪を明るくするには複数回のブリーチが必要になり、髪へのダメージが大きいですね。

そこで一時的にしたい場合はへアマニキュアでオーダーしてみてください。ヘアマニキュアとは髪の表面にカラーをコーティングする手法です。

毛髪の内部まで薬剤を染み込ませるヘアカラーと違い、髪が痛みにくいだけでなく、表面をコーティングすることより紫外線対策にもなりますね。色落ちしやすいため、その後のカラーにも影響が出ないでしょう。

黒染め以外の就活の身だしなみに関するQ&A

ここでは黒染め以外の就活の身だしなみに関するQ&Aについてまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてください。

就活でおすすめの髪型は?

男女に共通した髪型のポイントは清潔感があり、表情が見えることですね。まとまりのない髪は不潔な印象や疲労感を感じさせる可能性があったり、目や表情が見えないと暗い印象につながったりします

男女別の就活でおすすめの髪型
  • 男性:耳と額が見えるようなショートやツーブロックベリーショートがおすすめ。
  • 女性:髪が長い場合はヘアゴムでまとめるポニーテールやハーフアップ、短い場合はボブやショートがおすすめ。

ビジネスシーンの枠を超えないような清潔感のある髪型を目指しましょう。

就活の髪型について詳しく知りたい学生はこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事

履歴書写真の髪型はどうする? おすすめの髪型をイラスト付きで解説

第一印象を左右する履歴書の写真では髪型が重要 こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 就活を始めるにあたり、 「履歴書写真のヘアスタイルはどんなところに気を付けるべき?」「履歴書写真に最適な髪型ってなんだろう」 と […]

記事を読む

履歴書写真の髪型はどうする? おすすめの髪型をイラスト付きで解説

就活後や内定式はどんな髪色がベター?

社会人になる前に派手な髪色を楽しみたい学生もいますよね。ただ、就活後には内定式や懇親会などさまざまなイベントが催されている場合が多いです。明るい髪色でも内定取り消しになる可能性はほぼありませんが、社会人として節度のある髪色を意識しましょう

面接の身だしなみで気をつけるべきポイントは?

髪型や髪色が問題なくても、他の身だしなみで減点ポイントがあると採用から遠のいてしまうかもしれません。そこで身だしなみでは以下のようなポイントを守りましょう。

男性の身だしなみ
  • スーツ:無地かつ黒・紺・ダークグレーなどのダークカラーなど。
  • ワイシャツ:白色で無地がベター。
  • ネクタイ:チェック・ドット・ストライプなどの一般的な柄かつ紺・青・グレーなど落ち着いた色など。
  • 靴:ストレートチップ・プレーントゥ・Uチップの革靴など。
女性の身だしなみ
  • スーツ:黒色がベター。パンツスーツでもスカートでも良い。スカートの場合は座った際に膝が5cm以上見えない丈にする。
  • ブラウス:白色無地がおすすめ。第一ボタンは外すorすべて留める。
  • 靴:合皮か本革の黒色のパンプス。3〜5cmのヒールは印象が良い。
  • メイク:健康的に見えるナチュラルメイクがベター。化粧が濃すぎると、不潔感につながりやすい。

就活の身だしなみについて詳しく知りたい学生はこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事

就活の身だしなみは超重要!好印象の与え方を男女別に解説

就活の身だしなみは超重要! こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活をするうえで身だしなみは大切だとよく耳にすると思います。ですが「なぜ身だしなみが大切なのか?」「具体的には何に気を付ければ良いのか?」など多くの […]

記事を読む

就活の身だしなみは超重要!好印象の与え方を男女別に解説

また、「私服でお越しください」と言われた場合は、オフィスカジュアルで選考に参加しましょう。就活のオフィスカジュアルについてのポイントを知りたい学生はこちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事

面接向きオフィスカジュアルを解説|イラスト付き正解コーディネート例あり

オフィスカジュアルの面接で好印象を残そう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「面接でオフィスカジュアルを指定されたけれど、何を着ていけばいいか分からない」 「オフィスカジュアルでスニーカーはありですか?」 と […]

記事を読む

面接向きオフィスカジュアルを解説|イラスト付き正解コーディネート例あり

黒染めをして就活の選考で好印象につなげよう

黒染めをしなくて良い業界があったり、暗髪カラーをしたりするなど黒染め以外の方法で就活を切り抜けられるでしょう。ただ、黒染めした方がどんな業界の企業でも受けられるメリットがありますね。そのため、黒染めをして就活の選考で好印象につなげましょう。

39点以下は危険!
あなたの面接偏差値を診断してみよう

今すぐ診断する(無料) 今すぐ診断する(無料)

面接に対して不安を抱いている人は多いです。「他の就活生より準備不足じゃないかな」と気になりませんか。

そんな時は、あなたの面接偏差値を診断できる「面接力診断」がおすすめです。面接力診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで自分の弱みとその対策を解説付きで把握できます

今すぐ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

記事の編集責任者

北原 瑞起きたはら みずき

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。プロフィール詳細

全国民営職業紹介事業協会 職業紹介責任者(001-190515132-01458)

記事についてのお問い合わせはこちら

就活で悩んでいるあなたに

関連コラム