座談会とは|質問例や注意点を把握して就活を有利に進めよう

この記事のアドバイザー

  • 塩田 健斗

    大学卒業後、ポートに新卒入社。メディア広告の営業とマーケティング職としてファーストキャリア… 続きを読む

  • 吉田 実遊

    大学時代はイベントなどを運営する学生団体の代表を務めた。マインドチェンジと工夫で誰でも活躍… 続きを読む

  • 桑原 翔

    大学卒業後、アミューズメント業界で接客と店舗管理、人材教育を経験。不動産業界を経験した後、ポート入社

コラムの目次

  1. 座談会は就活を有利に進められるチャンス
  2. 座談会って?
  3. 説明会の後に開催される
  4. 就活生が自由に質問をする
  5. 複数の社員が参加する
  6. 選考に影響する可能性もある
  7. 企業が座談会を設ける目的
  8. 企業研究に役立ててもらう
  9. 就活生のことを知りたい
  10. 座談会に参加する4つのメリット
  11. ①ほかの学生の質問を聞ける
  12. ②企業の雰囲気に触れられる
  13. ③複数の社員の生の話を聞ける
  14. ④採用担当者に覚えてもらえる
  15. テーマ別の質問例
  16. 質問の流れ
  17. 業務や事業内容、業界の方向性
  18. 社風や雰囲気
  19. 求める人物・人材
  20. 社員の性格や企業への思い
  21. 気を付けたい質問・NGな質問
  22. 調べればわかる質問
  23. 説明会と同じ内容を聞く
  24. フランクすぎる内容
  25. 待遇や福利厚生
  26. マイナスなことばかり聞く
  27. やってはいけない3つのNG
  28. ①自己PRをする
  29. ②社員やほかの就活生に意見する
  30. ③自分ばかり質問する
  31. 選考の一環と捉えて万全の準備で参加しよう

座談会の質問例や注意点は動画でも解説中!!

座談会は就活を有利に進められるチャンス

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。

「座談会ってどんな目的なんだろう」
「説明会の座談会ってどんな質問をすればいいんだろう」

座談会を前に、こんな悩みを抱えている就活生がいるかもしれません。座談会は説明会よりもカジュアルな雰囲気のため質問しやすく、企業や働いている社員への理解を深められるチャンスです。積極的に参加し、質問することをおすすめします。

この記事では、企業側が座談会を設ける目的のほか、就活生にとってのメリットを説明します。質問例もテーマ別に網羅していますので、充実した座談会にできるようぜひ役立ててください。

面接前にやってみよう! 面接力診断 あなたは何点とれる? 無料 今すぐ診断する

39点以下は危険度MAX! 面接力診断 無料 今すぐ診断する

座談会って?

座談会は、就活生にとって社員とざっくばらんな交流ができる貴重な機会です。企業の採用担当者が自社の事業や採用情報を説明する説明会のような形式でなく、就活生が気軽に質問できる双方向のコミュニケーションが基本です。

説明会などで聞き逃したことなどを質問でき、有効に活かすことができれば就活を有利に進められます。それでは座談会の特徴について見ていきましょう。

説明会の後に開催される

座談会がおこわれるタイミングとして最も一般的なのは、説明会の後です。企業側から事前に開催が知らされる場合がありますが、事前告知なしで説明会後にスタートする場合もあります。

あらかじめ案内されていなくても、質問したい内容などをある程度の準備をしておくことをおすすめします。説明会の後のほかにも、インターンシップや選考の後などおこなわれることが多いようです。

就活生が自由に質問をする

座談会は、参加社員が自己紹介をした後、就活生が手を挙げて自由に質問する流れが一般的です。時間の関係もあるので、就活生一人当たり1~2問くらいが目安と考えておきましょう。

質問する時は、自分の所属と氏名を伝えた後、質問したい社員を指名した後で聞きたいことを訊ねてください。説明会よりも打ち解けた雰囲気なので、実際の業務における実感や思いなど生の話が聞けるかもしれませんよ。

聞いておきたい質問内容の例はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

関連記事

座談会質問20選! 企業理解が一気に深まる聞き方やNG例も一挙紹介

座談会で積極的に質問して企業研究を加速させよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「座談会での質問が思いつかない」「座談会に参加したいけど質問する勇気がない」「座談会で自分では質問せずに他の人の質問を聞くだけ […]

記事を読む

座談会質問20選! 企業理解が一気に深まる聞き方やNG例も一挙紹介

複数の社員が参加する

説明会の多くは人事・採用担当者が説明しますが、座談会ではさまざまな部署の社員が参加します。会社の顔にふさわしい模範社員の参加が多いようです。興味のある部署の人がいれば、人事・採用担当者よりも具体的な仕事内容について教えてもらえるのも大きなポイントです。また、たいていは複数の社員が出席するので、企業の雰囲気を知るには良い機会となります。

それほど多くはありませんが、複数企業の社員がひとつのテーブルを囲むタイプの座談会もあります。このようなタイプの座談会は業界限定などのイベントで開催されることがあり、企業ごとの特徴を比較したり、業界動向について理解を深めるのに最適です。

選考に影響する可能性もある

基本的に選考に直接影響する可能性は小さいですが、「熱心に聞いている」「鋭い質問をする」と社員の印象に残っていれば採用担当者がチェックする可能性もゼロではありません。名前を控えるまでしなくても、面接などで「あの時しっかりしていた学生だ」と思い出してくれる可能性があります。

一方、失礼な質問をした学生が覚えられることも。いずれにしても選考への影響の有無に関係なく、「選考を受けているつもり」で参加するのがいいでしょう。

評価されやすい質問や、しない方がいい質問の例はこちらの記事でも消化しています。
例を参考に事前に質問を考えておきましょう。

関連記事

高評価間違いなし! 社長面接のおすすめ逆質問5選とNG質問

社長面接は逆質問で高評価を得よう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「社長が面接官の時にも逆質問をするべきですか?」 「社長に対する逆質問はどのような内容がいいですか?」 という質問を多く受けます。 […]

記事を読む

高評価間違いなし! 社長面接のおすすめ逆質問5選とNG質問

本番前に、面接偏差値を診断しておこう
39点以下は危険度MAX!

面接では注意すべきポイントが多くあります。
自分の弱点を把握し適切に対策しておかなければ、面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値を診断できる「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ツールでサクッと診断して、今の実力を確かめましょう。

企業が座談会を設ける目的

説明会でも質問を受け付けているのに、その後に座談会を設ける企業の意図はなんだろう。そんなことを思う就活生がいるかもしれません。より適切な質問や対応をするために、企業側が座談会を設ける目的を整理しましょう。

企業研究に役立ててもらう

就活生にとって座談会は、現場社員の生の話を聞ける貴重な機会です。Webサイトや書籍などで手に入らない生の声は、企業研究をより深くできる助けになります。就活生が企業研究をしっかりおこなえることは企業側にもメリットとなります。

自社のことをしっかり知ってもらった方が志望度の高い学生が集まりますし、逆に「なんとなく受ける学生」は減ります。企業が自社のことをしっかり理解して選考を受けにきてほしいのは当然ですよね。また、座談会では「仕事の大変だったこと・きつかったこと」といったマイナスな点も就活生は知ることができます。そうすることで入社後のミスマッチを防ぎ、早期退職を防げる効果も期待されます。

就活生のことを知りたい

売り手市場の就活市場にとって、企業側も優秀な人材の確保を目指してます。座談会で就活生の心配事や疑問点を知ることで、「就活生に自社がどのように見られているのか」を把握できます。企業側が就活生のことを知ることで、就活生に寄り添った採用情報の発信が可能になるのです。

また、座談会で特別熱心な人や志望度の高い人がいれば、メモをしたり顔を覚えておき、選考で優遇することもあります。

座談会に参加する4つのメリット

座談会に参加する4つのメリット

就活生にとっても説明会では得られない座談会ならではのメリットがあります。「座談会に行くのは面倒」と思っている就活生もメリットを理解し、すすんで参加しましょう。

①ほかの学生の質問を聞ける

座談会では複数の学生が参加し、それぞれの疑問点を社員にぶつけるため、自分が思いつかなかった質問を聞けるメリットがあります。また、ほかの就活生が企業のどんな点に興味を持っているのかも知ることができます。生の声を聞ける点ではOB・OG訪問と同じですが、こうした点は座談会ならではのメリットです。

②企業の雰囲気に触れられる

就活生にとっては、企業の事業内容も選ぶ理由になりますが、社風も重要な要素のひとつです。事業に魅力を感じていても、周囲の社員との関係や、事業の進め方、評価の仕方が自分に合わなければ働く魅力が半減していまいます。

Webサイトや説明会で社風を紹介している企業も多いですが、実際に社員とコミュニケーションをとることで、より実態に即した雰囲気を掴むことができます。ひとつの企業で社員の雰囲気が似通っていることも多々あり、そうした点からも社風を知ることができるでしょう。

社風についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事

社風を科学しよう! 自分に合った企業が見つかる分析方法を徹底解説

社風との相性は企業選びの大事な要素 こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「社風って何のことを言うんですか?」「社風が良いってどんな会社のことですか?」 企業選びを本格化させている就活生から、このような質問を受け […]

記事を読む

社風を科学しよう!  自分に合った企業が見つかる分析方法を徹底解説

③複数の社員の生の話を聞ける

複数の社員の話を聞けるので、異なる角度から企業について知ることができます。たとえば、自分の希望する職種の社員がいれば、業務内容や現場のやりがいや大変なことを聞き、より深い業務理解につなげられます。まだ若い社員であれば、就活の話を聞くこともできますし、新卒時代の苦労話も教えてもらえます。

④採用担当者に覚えてもらえる

鋭い質問や熱心な質問をする人は採用担当者に覚えてもらえる可能性もあり、選考を有利に進められるかもしれません。優秀な人の名前をメモする採用担当者もいますし、名前を控えていなくても印象が強く顔や名前を覚えている時もあります。

本番前に、面接偏差値を診断しておこう
39点以下は危険度MAX!

面接では注意すべきポイントが多くあります。
自分の弱点を把握し適切に対策しておかなければ、面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値を診断できる「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ツールでサクッと診断して、今の実力を確かめましょう。

テーマ別の質問例


それでは、肝心の質問はどのようなものがあるでしょう。カテゴリー別に紹介しているので、企業や自分の疑問に合わせてアレンジして聞いてみてください。

質問の流れ

質問をする際は学校名と名前を伝えましょう。説明会などで説明してくれた社員の場合は、「さきほどは貴重な話を聞かせていただき、ありがとうございました」と伝えるといいでしょう。

質問方法は、「入社を決めた理由は何ですか?」といったいきなり質問に入るのではなく、「御社の〇〇という点や〇〇という点に魅力を感じているのですが、〇〇と言っていた〇〇さんが入社を決めた理由は何ですか?」といった感想や質問の意図を付け加えましょう。 意図が伝わらない質問だと求めている回答を得られないこともあるので、気を付けてください。

最後に忘れがちなのは、回答をもらったことに対するお礼です。回答に対する感想を付け加えると、より印象がよくなります。

上記の流れはあくまで基本的な流れになります。お礼を言うタイミングなどはその場の雰囲気もありますので、柔軟に対応するようにしましょう。

業務や事業内容、業界の方向性

企業を選ぶうえで、もっとも重要な要素が自分の業務内容です。いいこと、悪いことも含めて業務や事業をしっかり理解することは、選考を有利に進められるだけでなく、モチベーションアップにもつながります。

質問例
  • 〇部(〇さん)の具体的な業務内容を教えてください。
  • 日々の業務を進めるうえで、特に気を付けていることはありますか?
  • 仕事で特につらいことや大変なことは何ですか?
  • 仕事の日々のやりがいを教えてください。
  • 仕事の1日(一週間)の流れを教えてください。
  • 実際の業務で感じる御社の強みと弱みを教えてください。
  • 御社の業界内での立ち位置を教えてください。
  • 業界の現状の課題と展望を教えてください。

社風や雰囲気

社風や雰囲気が自分と合っているかは、長く働く上で重要です。企業情報サイトや説明会でも紹介されていることが多いですが、座談会ではよりリアルな声を聞くことができます。

一方で、業務や事業内容よりも、社風や雰囲気のことばかり気にしていると「この就活生は企業の本質的な部分よりも、働きやすさに重点をおいているんだな。うちの企業で働くモチベーションは高くなさそうだなぁ」と思われかねないので注意が必要です。

質問例
  • 社風や雰囲気をどのように感じていますか?
  • 風通りの良い職場と聞きましたが、具体的にどのようなところに風通しの良さを感じますか?
  • 社員間の交流はどのようなものがありますか?
  • 上司や先輩社員との関係性はどのようなものですか?
  • 男性が多い職場と聞きましたが、女性でも活躍できる職場ですか?

求める人物・人材

エントリーシート(ES)や面接でも直接的に役立つのが、この質問です。得られた回答を活かし、「座談会でこのようなスキルが必要を教えてもらったので、勉強しています」などと面接でアピールすると評価は上がるでしょう。

質問例
  • 後輩(部下)として入社するならどのような人材がほしいですか?
  • どのようなタイプやスキルを持った人が多くいますか?
  • 活躍している社員にはどのような特徴がありますか?
  • 学生時代の経験(スキル)で実際に活かせたものはありますか?
  • 〇〇社(〇部署)で働くためにどのような勉強をしましたか?
  • 入社後に必要となるスキルはありますか?

社員の性格や企業への思い

社員のことを知ることで、社風・雰囲気が分かり、どのような人材が必要とされているのかも理解できます。社員にとっても、企業情報よりも答えやすい質問です。より深い答えが得られるかもしれません。

質問例
  • これまでの失敗とそれを乗り越えた経験を教えてください。
  • 学生時代の経験を聞かせてください。
  • 入社を決めた理由は何ですか?
  • 入社前に御社でやりたかったことはありますか?それを実現できましたか?
  • 業界・企業を選ぶ際に重視していたこは何ですか?
  • 就活中、業界の中でも特に御社を選んだ理由を聞かせてください。
  • 入社前と入社後でイメージが変わったことはありますか?
  • 仕事を通じて実現したいことや夢はありますか?
  • 休日の過ごし方を教えてください。

キャリアアドバイザーコメント

吉田 実遊プロフィール

オープンクエスチョンを心掛けよう

座談会は選考とは違い、リラックスした雰囲気でお話ができるので少し踏み入った話も聞けることが魅力です。具体的なイメージを持つ材料にもなるので、担当してくださっている社員さんにしか聞けないような内容を聞くのがベターでしょう。

一方で、膨らみがない質問をすると少し会話が広がりにくいので、オープンクエスチョンを心がけ、回答してくださったことに対してさらに深く質問していけると良いです。あくまで座談会は対話することが大事ですので、一問一答になりすぎないようにし、伺ったことを面接のアピールにも使っていきましょう!

本番前に、面接偏差値を診断しておこう
39点以下は危険度MAX!

自分の弱点を把握し適切に対策しておかなければ、面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値を診断できる「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ツールでサクッと診断して、今の実力を確かめましょう。

気を付けたい質問・NGな質問

座談会は社員がある程度の質問は快く答えてくれる一方、NGな質問もあります。また、聞いても問題ないけれど、聞き方を気を付けた方がいい質問もあります。

調べればわかる質問

企業のホームページや採用情報で調べればすぐにわかる質問は避けましょう。そのためには、公開されている情報をしっかりチェックする必要があります。よくあるのが、数字や事業内容です。売上高や業界シェア、男女比率などはインターネットで調べればすぐに分かる可能性が高いので、あらかじめ調べてから質問をしましょう。

事前にチェックしておきたい情報
  • 企業・採用ページ
  • IR

説明会と同じ内容を聞く

説明会ですでに聞いた質問や紹介された内容も、もちろんNGです。説明会をしっかり聞いていなかったことを自分からアピールすることになってしまい、マイナスの評価を与える可能性があります。説明会の内容をさらに聞きたい場合は、「説明会の話でもう少し聞きたいのですが、」といった前置きを付け加えましょう。

フランクすぎる内容

説明会よりも打ち解けた雰囲気に加え、中にはリラックスさせようとして雑談などをはさんでくれる社員もいます。だからといってあまりにフランクすぎる質問には気を付けましょう。家族やプライベートに立ち入った質問をする場合は特に気を付けましょう。

真剣な空気のなかであえてフランクな質問をするなど、自分から場をつくりにいくこともおすすめしません。

待遇や福利厚生

必ずしもNGではありませんが、聞き方やタイミングに気を付けたいのが待遇や福利厚生の質問です。座談会第一弾の質問で「福利厚生について教えてください」と聞かれれば、「一番重要視しているが福利厚生なのか」と判断されてしまします。

こうした質問は、直接的な聞き方にならないように注意が必要です。ぶしつけな言い方にならないようにクッション言葉などを使いながら質問しましょう。

NGな聞き方

①残業は多いと聞きましたが、本当ですか
②業界は縮小していますが、大丈夫でしょうか

OKな聞き方

① ワークワイフバランスを大切にしたいと考えているですが、残業時間(育休・産休の取得状況)など働きやすさはどのような感じでしょうか
② 厳しい業界の環境のなか、御社の打開策や展望を教えて下さい

こちらの記事では、面接で使えるクッション言葉を紹介しています。面接での基本的な言葉遣いについて網羅しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

面接での正しい言葉遣いとは|印象を下げる言葉遣いもチェックしよう

言葉遣いには人柄があらわれる こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「面接を受けていると、自分の言葉遣いが合っているか不安になります」 「OB訪問先で言葉遣いを注意されました…」 という声を聞くことがあ […]

記事を読む

面接での正しい言葉遣いとは|印象を下げる言葉遣いもチェックしよう

マイナスなことばかり聞く

就活生に企業のことを知ってもらうという座談会の目的に沿えば、ネガティブな質問もOKといえます。しかし、やりがいなどといった部分を聞かずに、マイナスな質問ばかりでは、その就活生の熱意は感じられませんよね。

用意している質問のうち、ネガティブな内容の質問は1つが目安と考えましょう。順番としては2番目や最後がおすすめです。

キャリアアドバイザーコメント

桑原 翔

可能性を感じさせるポジティブな質問がおすすめ

経験も知識もある中途採用をすることのほうが一見すると企業にメリットがあるように感じますが、企業がなぜ新卒採用をするのかということを考えてみると、基本的にはポテンシャル採用となります。

いずれは中途や今の既存社員よりも成長してくれるだろうという期待をこめて採用をしています。もちろん福利厚生なども大事ではありますがそれよりもどのように会社や社会に貢献したいか、どんな成長をしたいかそのためには何をしておくべきかというポジティブな質問をするほうがいいでしょう。

やってはいけない3つのNG

企業が座談会を開く目的のひとつは、企業のことを知ってもらうため、ギャップをなくすためです。そうした理由から、マイナスな内容も含めて基本的にはOKです。一方で、質問の内容以外でも座談会の振る舞いとして注意したいことがいくつかあります。

①自己PRをする

座談会で自分を熱心に売り込もうとするあまり、自己PRをしてしまうのはNGです。あくまで座談会は就活生が社員に疑問をぶつける場です。質問の前置きに長々と自己PRをしたりすることは避けましょう。

直接的には自己PRではありませんが、ほかの就活生にとって関係のない質問もやめましょう。「自分の強みは〇〇なので、この強みは御社で評価されますか?」といった具合です。

②社員やほかの就活生に意見する

社員やほかの就活生の回答に対して、意見したり否定したりする人がまれにいますが、これは評価を下げるポイントになりかねません。社員の回答が気になって深堀りするのは問題ありませんが、あまりにしつこく聞けば、印象が熱意から嫌味や否定に変わってしまいます。バランスを考えましょう。

③自分ばかり質問する

座談会の時間や人数は限られているので、自分ばかりが質問するのは避けた方がいいです。どうしても聞きたい場合は、自分の他に質問者がいないタイミングを狙いましょう。もしくは、座談会が終わった後に採用担当者に聞くことがおすすめします。

キャリアアドバイザーコメント

塩田 健斗プロフィール

目的意識をもって臨もう

座談会に臨むにあたって2つのことを意識しましょう。

①目的を決める なんとなく座談会に参加して、なんとなくお話が聞けて「よかったなー」だけになってしまうと、次の選考に繋がらなかったり、参加した意味がなくなってしまうので「今日は●●をはっきりさせよう!」「▼▼の為にこれを確認しよう!」という目的を立てて参加しましょう。

②事前に調べられることは十分に調べていく。座談会は人事ではなく社員の方や様々な部署の方と交流を持てる機会にもなります。そのため、説明会資料やHPを見ればわかる内容を聞くよりも、それを踏まえた上で聞いてみたいことや、社員の方しかわからないようなことを質問しましょう。

具体的には、実際の1年目の時の過ごし方や社員同士のオフの過ごし方、社員の方が就活をしていた時の就活の軸などは座談会のような場でしか聞けないことだと思うのでぜひ、質問してみましょう!

選考の一環と捉えて万全の準備で参加しよう

座談会は選考に直接結びつく可能性はそれほど高くありません。一方、座談会でしか分からない部分や生の部分を聞けるので、選考に役立つ情報を手に入れることができます。リラックスしすぎずに、できる限りの企業研究をし質問内容のリストをあらかじめつくっておくなど、選考に臨む気持ちで万全の準備をして参加しましょう。

【39点以下は危険度MAX!】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう!

面接力診断 今すぐ診断する(無料)

面接力診断 今すぐ診断する(無料)

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

記事の監修責任者

北原 瑞起きたはら みずき

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。プロフィール詳細

記事についてのお問い合わせはこちら

就活で悩んでいるあなたに

関連コラム