臨機応変に対応する力を上手に自己PRする方法|例文あり

この記事のアドバイザー

  • 末吉 涼

    大学2年生の時にヒッチハイクで日本一周を達成。チャレンジする姿勢がモットー。ポート入社後は… 続きを読む

  • 塩田 健斗

    大学卒業後、ポートに新卒入社。メディア広告の営業とマーケティング職としてファーストキャリア… 続きを読む

  • 桑原 翔

    大学卒業後、アミューズメント業界で接客と店舗管理、人材教育を経験。不動産業界を経験した後、ポート入社

コラムの目次

  1. 臨機応変に対応する力は自己PRに向いてる?
  2. 臨機応変な人の特徴
  3. 状況に応じて行動できる
  4. 気持ちの切り替えが早い
  5. 物事の目的を把握している
  6. 自己PRで失敗した就活生必見!
    ツールを活用して効果的に自己PRしよう
  7. 強みを上手にアピールする3つのポイント
  8. ①どのように臨機応変なのかを提示する
  9. ②具体的なエピソードを伝える
  10. ③仕事での活かし方を伝える
  11. 自己PR例文
  12. OK例文①状況に応じて適切に判断できる
  13. OK例文②突然の出来事に柔軟に対応できる
  14. OK例文③前向きに行動できる
  15. NG文①結論から話していない
  16. NG文②具体的なエピソードがない
  17. NG文③「臨機応変な強み」の説明をしている
  18. 臨機応変さの自己PRは具体的なエピソードを交えよう

臨機応変に対応する力は自己PRに向いてる?

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から最近、こんな声を聞くことが多くあります。

「臨機応変なことって自己PRになりますか?」
「アピール内容を面接官に評価されるにはどうすればいいですか?」

結論から言うと、臨機応変さは自己PRになります。臨機応変に動ける人は、周囲の状況を把握しながら行動することができます。面接官は「この就活生と働きたいかどうか」という視点を持って選考しており、自分で考えて行動できる就活生は好印象を持たれやすいです。

臨機応変な人は、未経験の分野に自分の力で向かって行ったり、イレギュラーな対応も前向きにこなせると面接官に評価される可能性が高いです。臨機応変さを面接官に評価してもらうためには自己PRでの伝え方が重要なので、この記事では作成のポイントや例文をご紹介していきます。

臨機応変な人の特徴

では、臨機応変な人の特徴とは何なのでしょうか。明鏡国語辞典によると「その場その時に応じて適切な手段を講じること。」とあります。あらかじめ決められた方針があったとしても、その場の状況に応じて柔軟に行動や考え方を変えられる人は、臨機応変に対応できる力が高いと言えるでしょう。臨機応変な人の特徴について、もう少し詳しくみていきましょう。

状況に応じて行動できる

言葉の意味通りですが、まず状況に応じて行動を変えることができる人が当てはまります。例えば、アルバイトにおいてマニュアルに書いてないことが起きたとしても、状況をよく見極めて素早く対処できる人は臨機応変だと言えます。周囲の人に指示を出すなど、リーダー的な役割を担うことも多いです。

臨機応変な人は頭の中で考えるだけでなく、行動に移すのも早いです。他の人が困って動けずにいる中、すぐに行動し問題を解決してしまっているという状況は珍しくありません。こうした行動力とリーダー的な振る舞いで、周囲から頼られるという人が多いのではないでしょうか。

気持ちの切り替えが早い

次に、気持ちの切り替えが早いことがあげられます。例えば、合格を目指していた資格試験に落ちたとしても、次の日からは心機一転、勉強を再開することができます。いつまでも落ち込むことなく「今、自分が何をするべきか」を考えて行動に移すことができるのです

これは、心の準備ができているからだとも言えます。失敗する可能性も頭に入れておくことで、結果として失敗した時に深く落ち込まずに未来に向けた行動ができるのです。感情に振り回されずに冷静に物事を判断できるのも、特徴と言えるでしょう。

物事の目的を把握している

臨機応変に行動できる人は、物事の目的を把握していると言えます。例えば、所属する部活の部長から棚の購入を頼まれた場合に、言われたままに購入するのではなく、目的を考えます。部室の収納スペースが足りないという理由であれば整理整頓をする、いらない道具を処分するといった行動に移すことができます。

部員増員の準備であれば、他にも購入が必要な備品があるはず……と考えるのです。このように先回りして考え、行動できる能力は、仕事においても高い評価を受けるでしょう。目的を把握した上で適切な行動をとれることは、働く上で大切です。

自己PRで失敗した就活生必見!
ツールを活用して効果的に自己PRしよう

臨機応変に対応する力で自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

強みを上手にアピールする3つのポイント

臨機応変に対応する力をアピールする3つのポイント

臨機応変に動けることを面接官に評価してもらうには、より具体的にアピールする必要があります。「私の強みは臨機応変さです」と言うだけでは評価されないので、伝え方を工夫しましょう。自己PRする際は、次の3つのポイントをおさえることが大切です。

①どのように臨機応変なのかを提示する

「私は臨機応変に対応できます」とだけ言われても、ざっくりし過ぎていてどんな強みなのかイメージできません。多くの面接官が「どんな風に臨機応変なんだろう?」と思うでしょう。アピールする場合は「どのように臨機応変なのか」「どんな時に発揮したのか」を具体的に表現しましょう

「間違いを指摘された時に素直に謝りアドバイスを受け入れた」「トラブルが発生した際にスムーズに指示を出して問題解決に貢献した」など、臨機応変を発揮した状況は人によって異なります。自分がアピールしたい臨機応変さは特に何なのかを見極めて、具体的に言語化できるようにしましょう。

言葉を言い換えるのもおすすめ

臨機応変を具体的に伝えるには、言葉を言い換えることもおすすめです。「臨機応変」以外に自分の強みをあらわす言葉がないか探してみましょう。

臨機応変の言い換え
  • 問題解決力がある
  • 判断力がある
  • 気持ちの切り替えが早い
  • 突然の出来事にも柔軟に対応できる
  • ミスを引きずらずに前向きに行動できる
  • 周囲に気を配ることができる
  • 要領がいい
  • 執着心が少ない

②具体的なエピソードを伝える

アピールしたい強みが決まったら、その強みを実際に発揮したり身につけたりした具体的なエピソードを述べます。具体的なエピソードを述べることで、発言に説得力がでます。上記で例にあげた「間違いを指摘された時に素直に謝りアドバイスを受け入れた」などのエピソードを具体的に伝えましょう

面接で話すエピソードは、チームの中で強みを発揮した内容がおすすめです。チームで活躍した経験を話すことで、企業に入社した後の振る舞いを面接官にイメージしてもらうことができます。臨機応変さはコミュニケーションにも活きてくるので、人と関わった内容をアピールするのもおすすめです。

③仕事での活かし方を伝える

自己PRする時は、臨機応変さのアピールだけで終わらないようにしましょう。「臨機応変な対応力を活かして企業でどう活躍したいのか」を伝える必要があります。自己PRは自分が企業にマッチした人材だとアピールする場なので、仕事での繋がりが欠かせません。

就活生の中には内定が目的の学生が多くいるので、入社後のビジョンも伝えることで差をつけましょう。企業の風土や経営理念、事業などと自分の強みを照らし合わせて「自分なら〇〇で活躍できる」という入社意欲を示すことが大切です。事前に企業が求める人物像をチェックしておくのもおすすめです。

自己PRをうまく伝えるための方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひあわせて確認してください。

関連記事

面接官の心を掴む自己PRの3つの伝え方|例文や注意点も解説

面接で上手に自己PRするには こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。最近、学生から自己PRに対するこんな悩みをよく聞きます。 「どのように話せばいいのか分からない」「その場で思ったことを言えばいいのでは」 自己PR […]

https://careerpark-agent.jp/column/858

面接官の心を掴む自己PRの3つの伝え方|例文や注意点も解説

自己PR作成ツール たった3分で人事に響く自己PRが完成! 今すぐ作成する

自己PR作成ツール たった3分で人事に響く自己PRが完成! 今すぐ作成する

自己PR例文

それでは、アピールポイントがわかったら、早速自己PR文を作成してみましょう。例文とNG例文を紹介するので、自己PRの流れやポイントに注目してみてくださいね。

OK例文①状況に応じて適切に判断できる

例文

私の強みは、状況に応じて適切な判断ができることです。カフェでアルバイトをしてたのですが、50人に対して2人のホールスタッフが対応する店舗だったので、常に周囲に気を配りながら迅速な行動を心がけていました。
お客様のお冷やがなくなりそうになったらすぐに届けに行き、暑そうだと感じたら冷房の温度を調整するなどしていました。お客様が求めていることは何かを常に考えた結果、店舗のオーダー記録を更新することができました。御社に入社後も、相手が求めていることを見極めて行動に移していきたいと考えています。

キャリアアドバイザーコメント

末吉 涼プロフィール

結論ファーストで具体的な内容でイメージしやすい

簡潔にまとまっている自己PRだと思いました! 結論ファーストである点とカフェバイトで成果をあげた一連の流れを伝えている点から、お客様に気を配りながら働いている姿がイメージしやすかったです。企業側に店舗で働いているイメージをより具体的に想起してもらうには、以下のを2点を変更するとなおよしです。①気配りしながら迅速な行動を心がけようとした理由を加筆する②店舗オーダー記録について数値がわかるのであれば具体的に記入する

OK例文②突然の出来事に柔軟に対応できる

例文

私の強みは、突然の出来事に柔軟に対応できるところです。個人経営の焼鳥屋でアルバイトをしていたのですが、近隣に居酒屋チェーンが新規出店した出来事がありました。売り上げ減少が見込まれたので、常連のお客さんに引き続き通ってもらうための施策をしました。
具体的にはポイントカードを作成し、10ポイントでビール1杯無料の特典をつけました。この結果、居酒屋チェーンが新規出店した翌月も売り上げを落とすことなくキープできました。御社でもこの強みを活かして、目の前の問題に対して真摯に取り組んでいきたいと考えています。

キャリアアドバイザーコメント

塩田 健斗プロフィール

積極性や自主性が評価できる

この例文のいい点は、自身で考えて行動が伴っている点です。アルバイトとして与えられている業務以上の働きが出来ているので「積極性」や「自主性」は評価できる点だと思います。ただ、改善すべき点としては「本当にこの施策でよかったのか?」という点です。

ニーズがなければこの施策が当たりだったのか? それともより効果的な施策があったのか? が判断がつかないですよね。一文追加するとしたら「常連さんのニーズが●●だったのでこれを満たす施策を考えました」という文章があるとより納得感が生まれると思います。

OK例文③前向きに行動できる

例文

私の強みは、ネガティブな感情を引きずらずに前向きに行動することができます。私は学生時代、ホームセンターのアルバイトをしていました。指導係として後輩に仕事を教えていたのですが、後輩と言っても上の年代の方ばかりでした。
ある時、指導していた30代の方が仕事でミスをしてしまったのですが「〇〇さんの教え方が悪いからだ」と言われてしまったことがあります。しかし、その方もミスをして気分が荒れていたのだと考え、ミスを防ぐための話し合いました。この結果、相手の方が発言を謝罪してくださり、業務に対する意識も改善してくれました。

キャリアアドバイザーコメント

桑原 翔

職場に与えられた影響について伝えよう

前向きに行動した結果がしっかりと書かれていることはいい点ですね。しかし、まず強みは端的にひとつにしましょう。ネガティブな感情を引きずらないことが強みなのか、前向きに行動することが強みなのか。それによって内容を作っていったほうが聞き手側がわかりやすいです。

また、業務に対する意識が変わった結果、職場にどのような影響があったのでしょうか。行動をして同僚を変えたのは素晴らしいことですが、その結果全体にどのような影響があったかも伝えるといいですね。行動でチームや会社を変えられる存在だということがアピールできるかと思います。

NG文①結論から話していない

NG例文

私はテニス部で副部長として部全体をまとめています。都大会に出る選手を決める予選会があったのですが、全員分の名簿が完成していないことに気づき、慌てて印刷しました。このように、私は突然のトラブルにも対応できる強みがあります。

この例文では、結論から話していない点が気になります。どのような内容を話すのか掴めないので、面接官が話を聞いている途中で疲れる可能性が高いです。また、エピソードの内容自体も薄いので、他のエピソードを選び直した方がいいでしょう。

NG文②具体的なエピソードがない

NG例文

私の強みは臨機応変なところです。アルバイトではいつも臨機応変に対処するよう心がけており、お客様からも接客をほめられることが多かったです。御社に入社後も臨機応変に行動します。

この例文には具体的なエピソードがありません。「お客様からほめられた」という情報があるので、どのような状況でほめられたのか、何に対してほめられたのかなどを掘り下げていくといいでしょう。

NG文③「臨機応変な強み」の説明をしている

例文

私の強みは臨機応変さです。臨機応変に行動できないと指示待ちになり、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。臨機応変さは働く上でも重要であり、社会人にとって必須のスキルと考えているので、御社に入社後も磨いていきます。

この例文では臨機応変な強みについて説明していて、個人的なエピソードが何も伝えられていません。面接官は自己PRを聞くことで就活生の人柄を知ろうとしているので、この回答では不十分だと評価されます。「どんな風に臨機応変なの?」「具体的には?」と聞かれなくて済む回答を用意しておきましょう。

臨機応変さの自己PRは具体的なエピソードを交えよう

臨機応変を自己PRにする場合は、具体的なエピソードを交えながら強みをアピールしましょう。経験に基づく内容ということが面接官に伝わることで初めて評価されます。また、印象にも残りやすいです。「臨機応変です」と言うだけでは十分に伝わらないので、言葉を言い換えるなど工夫しましょう。

自己PRは、自分が企業にマッチする人材だとアピールする場です。企業でどう強みを活かすか、活躍するかという内容も忘れずに伝えましょう。内定が目的になっている就活生は多いので、この部分を伝えることで差別化にもつながります。企業に貢献したいという意欲をアピールしてくださいね。

自己PRが書けない時に!自己PRジェネレーターを活用してみよう

自己PRジェネレーター たった3分で人事に響く自己PRが完成! 今すぐ作成する

自己PRジェネレーター たった3分で人事に響く自己PRが完成! 今すぐ作成する

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

記事の監修責任者

北原 瑞起きたはら みずき

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。プロフィール詳細

記事についてのお問い合わせはこちら

関連コラム