学生時代に頑張ったことの書き方|作成ポイントや例文をご紹介

この記事のアドバイザー

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

コラムの目次

  1. 学生時代に頑張ったことがないと悩む就活生は多い
  2. 企業が学生時代頑張ったことを聞く意図
  3. 学生時代頑張ったことを見つける方法
  4. 学生時代頑張ったことの作成ポイント
  5. 学生時代頑張ったことの例文
  6. 学生時代頑張ったことのNG例文
  7. 学生時代頑張ったことを具体的に書いてアピールしよう

学生時代に頑張ったことがないと悩む就活生は多い

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。学生時代に頑張ったことは、就活のESや履歴書、面接などでよく質問される内容です。しかし、学生時代に頑張ったことがないと悩む就活生は多いです。

学生時代に頑張ったことは何かと質問されても、「特別な経験は何もしていない」と不安に感じる就活生が多いのではないでしょうか。しかし、特別な経験でなくとも、努力したことであればアピールできます。ここでは、学生時代に頑張ったことを見つける方法や、実際の作成方法についてご紹介していきます。

企業が学生時代頑張ったことを聞く意図

企業は、なぜ学生時代に頑張ったことを質問するのでしょうか。就活で企業の質問に答える際は、質問の意図について考えることが大切です。質問の意図について考えることで、的外れな回答をすることを防ぐことができます。企業が知りたいポイントを押さえるためにも、質問の意図について把握しておきましょう。

就活生の人柄を知りたい

企業が学生時代頑張ったことを聞く意図としては、就活生の人柄を知りたいというのがあります。頑張ることの基準や力の入れ具合は、人それぞれです。そのため、就活生が頑張った状況やその内容を知ることで、人柄を知ろうとしています。学生時代の過ごし方を知ることも、人柄を知る上で大切なことです。

採用担当者は、部活動やアルバイトでの華やかな実績について知りたいわけではありません。どのように目の前の出来事に向き合い、努力してきたのかを知りたいのです。課題が生じたときの考え方や対応を知ることで、性格や行動パターンを把握しようとしています。

物事を最後までやり遂げる力を知りたい

学生時代頑張ったことの質問では、物事を最後までやり遂げる力があるかどうかも見られています。物事を最後までやり遂げる力というのは、企業に入社した後も社会人として求められる素質です。企業は、すぐに諦めたり投げ出したりする人に対して「仕事もすぐに辞めるのでは」と不安な気持ちを抱きます

個人で解決できない内容であれば企業を頼るしかありませんが、自分で解決できる内容であれば、課題を見つけて改善に向けた努力をする必要があります。企業側はこのような入社後に考えられる事態を想定して、就活生がどのように考え行動するのかを知りたいのです。

学生時代頑張ったことを見つける方法

就活生

学生時代頑張ったこと…。ないです(きっぱり)

キャリア
アドバイザー

過去の振り返りが足りていないかもしれませんね。視点を変えてみると、意外と見つかるものですよ。

学生時代頑張ったことがなかなか見つけられないという人は多いのではないでしょうか。就活が始まると、自己PRや志望動機を作成するために過去を振り返ることが多くなります。これらのヒントを得るためにも、学生時代頑張ったことを見つけることは大切です。就活を始める上で欠かせない作業といえるため、学生時代頑張ったことを見つける方法について押さえておきましょう。

充実していた時期を思い返す

学生時代頑張ったことがないという人は、充実していた時期を思い返してみましょう。短期間だったとしても、充実した時間を過ごせていたことには理由があるはずです。楽しい出来事があった、責任のある役割を任されたなど、充実していた理由は人それぞれ違うでしょう。

充実していたことがないという人は、忙しかった時期だとどうでしょうか。忙しい時期は大変な思いをしてがむしゃらに取り組んでいますが、振り返ってみると「充実していたな」と感じることも多いです。忙しかったとき、自分の力を存分に発揮していたのではないでしょうか。学生時代を振り返り、ヒントとなる出来事をピックアップしていきましょう

学生時代の出来事を振り返るには、自分史やモチベーショングラフの作成がオススメです。こちらの記事では、自分史やモチベーショングラフの作成方法を詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

https://careerpark-agent.jp/column/633

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

評価を気にせず考えてみる

学生時代頑張ったことを考える際に、「華やかな実績がなければならない」「特別な経験でなければならない」と考える就活生は多いのではないでしょうか。このような内容でなければ評価されないと思い込んでしまうと、自分では頑張った経験でも物足りなく感じてしまうものです。

このような場合は、自分の経験がどのように評価されるのかを考え過ぎないようにしましょう。就活で企業から評価される内容であることを一番に考えると、「自分は評価に値するような経験をしていない」というネガティブな感情が生じる可能性が高いです。まずは、学生時代頑張ったことのピックアップを優先させましょう。その上で、アピールする内容を絞っていくことが大切です。

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

自分なりの取り組んだ視点や学びを大切にしよう

学生時代頑張ったこととして、サークルや部活、アルバイトの規模や実績の大きさは関係ありません。自分なりに頑張って取り組んだ視点や学びを伝えましょう。就活において大切なのは、企業の仕事にマッチした「考え方」や「経験」をもった人です。
つまり、仕事のモチベーションに繋がり、「その仕事をなぜやりたいのか?」が明確な人を企業は望んでいます。他の学生さんと比較しても目立つ存在になるには、ぜひ「どんな体験・考え方から、なぜその仕事を希望しているのか」が一目で分かる印象深いアピールを心がけましょう。

頑張ったことがない場合は今から作ろう

学生時代頑張ったことが本当にないという人は、今から作ってしまいましょう。新たにサークルやアルバイトを始めたり、インターンに参加したりするのがオススメです。この時気をつけたいのが1人でできることではなく、チームでできることにするという点です。

チームの中に入ることによって、周囲との協力はもちろん、自分の役割を決めて行動するようになります。チームだからこその問題も生じるかもしれませんが、そこを乗り越えるのが醍醐味とも言えるでしょう。困難なことを乗り越えることで「頑張った」と胸を張れるのです。

学生時代頑張ったことの作成ポイント

ポイントを押さえて作成することで、より魅力的に学生時代頑張ったことをアピールできます。ESや履歴書の項目に学生時代頑張ったことがある場合、企業の採用担当者は多くの文章に目を通すことになります。そのような場合に、具体性がなく内容が掴めないものはきちんと読まれない可能性が高いです。採用担当者にきちんと読んでもらうためにも、作成のポイントを押さえて書き進めていきましょう。

①どのような状況で頑張ったのかを伝える

部活動や学業において、どのような状況で頑張ったのかを伝えることが大切です。学生時代頑張ったことを伝える際は、「どのような課題や困難なことがあったのか」を盛り込むようにしましょう。ただ「〇〇を頑張った」だけでは、頑張ったときの状況が伝わりません。

なぜ頑張ろうと思ったのか、どのような困難があったのか、諦めずに頑張れた理由は何だったのかなどの要素を盛り込むことで、頑張ったときの背景が浮かびやすくなります。その時々の感情や自分の考え、行動を伝えましょう。状況について説明することができれば、その後の行動や学びについて理解してもらいやすくなります。

②課題を乗り越えるために起こした行動を伝える

状況を説明したあとは、課題を乗り越えるためにどのような行動をとったのかを伝えましょう。課題に対してどのような改善策を打ち立て、そして実際にどう行動したのかを説明します。当事者意識を持って向き合うことができたかどうかは、採用において評価される点です

企業は、就活生が当事者意識を持って課題を解決する力があるかどうかを知りたいと考えています。仕事でも困難に直面する機会は多くあります。そして、仕事でのそうした機会は学生時代よりも責任が重いものです。課題解決に向けた考え方や行動を知ることで、企業は仕事に取り組む姿勢を把握しようとしています。

③行動の結果と学んだことを伝える

頑張った経験からどのようなことを学んだのか、どのような結果が得られたのかも伝えましょう。課題を乗り越えるための行動で過程を伝えたあとは、その結果も伝える必要があります。頑張ったけれど、理想の結果が出なかったという人もいるでしょう。しかし、そこで得た学びはあったはずです。

学生時代頑張ったことの質問は、実績よりも過程が重視されるため、いい結果でなくても落ち込む必要はありません。学生時代に何を考え、行動し、学んだのかという点をよく考えて作成しましょう。もちろん、理想通りの結果が出たという人はアピールに活用することが大切です。

学生時代頑張ったことの例文

学生時代に頑張ったことをアピールする際に大切なのはエピソードです。どのエピソードを選ぶのかによって、アピールできる内容も違ってきます。ここでは、アルバイトと部活動の例文をそれぞれ紹介していきます。これら以外のことを頑張ったという人も、文章の流れなどを参考にしてください。

①アルバイト

例文

私が学生時代頑張ったことは、バラエティショップでのアルバイトです。最新のトレンド商品が毎週入荷されるバラエティショップでのアルバイトは、新たな発見の日々でした。私が特に力を入れていたのは、商品の魅せ方です。
女性のお客様を中心に来店いただいていたため、どうすれば購買意欲を刺激できる方法を考え実施しました。具体的には、TwitterやInstagramで美容情報を発信するアカウントをフォローし、「SNSで話題の商品」というコーナーを設けました。この結果、女子中高生を中心に人気を集め、売上向上に貢献しました

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

具体的な数字を用いると説得力が高まる

まず良い点としては、頑張った取り組みが分かりやすい点です。商品の魅せ方を意識して、購買意欲を高める施策としてTwitterやInstagramでの着眼点や行動が分かりやすいです。
その一方で少し気になった点は、どれくらい売上向上に繋がったかを「数字で証明していない」ことです。TwitterやInstagramを使ったのであれば、どれくらいのユーザーがそれによってWebサイトに来場し、フォローや購買行動に繋がったのかを客観的な数字から証明できると説得力が高まると思います。

②部活動

例文

私が学生時代頑張ったことは、バレーボール部での部活動です。私は小学校3年生の頃からバレーボールを続けているため、スポーツマンシップには自信があります。しかし、自信を持つまでには多くの壁がありました。以前は、試合に負けた際、相手校の選手に対してマイナスの気持ちを抱き自分に自信をなくすことが多くありました。
しかし、大学に入学後、これでは自分の成長に繋がらないと感じ、スポーツマンシップについて書籍やネットで学び直しました。その結果、今までの態度はスポーツを楽しむ気持ちや、相手への敬意を大切にするスポーツマンシップに欠けていたと気付くことができ、現在は、これまで以上にバレーボールを心から楽しんでいます。

キャリアアドバイザーコメント

目的を達成するための努力や取り組みなどについても触れよう

この例文のいい点は、スポーツマンシップを通じて人間性の向上に繋がったと分かる点です。仕事においても謙虚さは必要不可欠なので、周りの意見を積極的に吸収できる「マインド」はアピール出来ます。その一方で「マインド=心持ち」は結果にコミットメント出来る証明とはなり得ません。仕事において結果を出すことは厳しいことでも何でもなく、社会人としては当たり前の責任でもあります。

つまり、やりきれる力強さや目的を達成するために継続した努力などの過程がイメージ出来ないのです。スポーツを継続してきたことはそれらの泥臭い感情を通して自分をいかに高め、目標を見据えて練習を重ねたのか、仕事に置き換えた際の「のびしろ」が感じられる点にあるかと思います。長期的に頑張ったことだからこそ、目的に向けて継続した努力や取り組んだ苦労などがあると、困難を乗り越えられる芯の強い人物である印象を与えられるでしょう。

学生時代頑張ったことのNG例文

例文

私は、飲食店でのアルバイトを頑張りました。特に、接客マナーを身につけることに力を入れました。接客マナーはとても大切なので、常に意識しました。店長やお客様にも接客マナーを褒められることが多くあり、自信に繋がりました。

この例文では学生時代頑張ったこととしてアルバイトを取り上げていますが、接客マナーを身につけたという内容に具体性がありません。誰にでも書ける内容と捉えられ、採用担当者の印象に残りづらいといえるでしょう。学生時代頑張ったことは自己PRにもなるため、どのように頑張ったのかという過程を詳しく伝えることが大切です。

学生時代頑張ったことを具体的に書いてアピールしよう

学生時代頑張ったことは、就活において企業が重視する項目だといえます。学生時代頑張った出来事の説明や結果を重視するのではなく、自分がどのように考え頑張ったのかを具体的に伝えることが大切です。どのような状況で、どのような困難があり、それをどう乗り越えたのかを伝えましょう。

学生時代頑張ったことが見つからないという人は、充実していた時期を思い返してみることがおすすめです。忙しかった時期や何かに打ち込んでいた時期は、何かに集中して頑張っていたといえます。頑張っていたことを思い返した後は、具体的に内容を掘り下げていきましょう。

関連コラム