就活で仕事に対する姿勢を伝えるには|企業が重視する理由も解説

この記事のアドバイザー

遠藤 美桜

大学時代は中途の人材紹介会社でのキャリアアドバイザーをインターンで経験し「ファーストキャリアを後悔なく学生に歩んでほしい」という想いから、大学卒業後、ポート株式会社に新卒で入社。誰だってこれからのことに悩むと思います。一緒に頑張る方向を模索していきましょう。

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

持田 伊織

大学時代、「目の前のお客様に励ましを送る」ことを指針としていたゴスペル部で日々活動をしていました。卒業後も目の前の人の潜在的な可能性を広げていきたいとの思いからポート株式会社に新卒として入社。就職活動は、ご自身にとって明るい将来を描くための第一歩です!一緒に考えて納得するファーストキャリアを見つけていきましょう!

コラムの目次

  1. 仕事に対する姿勢はアピール材料
  2. 企業が質問する意図
  3. 仕事に対する姿勢の回答に必要な2つの準備
  4. 効果的にアピールするための3つの要素
  5. 仕事に対する姿勢を聞かれた時の回答例
  6. 仕事に対する姿勢をアピールする時の2つの注意点
  7. 仕事に対する姿勢を魅力的に伝える準備をしよう

仕事に対する姿勢はアピール材料

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。

就活生の中には「面接で仕事に対する姿勢を質問されてうまく答えられなかった」という人がいるかもしれません。面接中にこうした直接的な質問がなくても、就活生の仕事に対する姿勢は企業にとって重要な指標のひとつです。

「実際に仕事をしたことがないのに、どうやってアピールすればいいの?」と思うかもしれませんが、学生時代の経験を題材にしてうまく伝えることはできます。仕事に対する姿勢をうまくアピールすれば「うちでやりがいを持って活躍してくれる」「真剣に取り組んで結果を残してくれる」などと好評価をもらえるかもしれません。

この記事では、企業にとって「どうして仕事に対する姿勢が重要なのか」を説明し、例文も交えながら仕事に対する姿勢の答え方について解説します。

企業が質問する意図

アップロードした画像

港くん

この前の面接で「どのような姿勢で仕事に取り組みますか?」と聞かれました

アップロードした画像

キャリアアドバイザー

どのように答えたんですか?

アップロードした画像

港くん

想定していない質問で……。一生懸命頑張ります! とだけ言いました

アップロードした画像

キャリアアドバイザー

仕事をしたことがない就活生にとって、説得力を持たせるのが難しい質問のひとつですよね。企業の意図やよりよい回答を考えていきましょう!

仕事に対する姿勢は「真面目であること」「真摯に取り組んでいる」「新しいことを学ぶ姿勢」「モチベーションが高い」などさまざまな取り組み方が考えられますが、そもそも企業にとってどうして重要なのでしょうか。企業は、仕事に対する姿勢からどのようなことを知ろうとしているのでしょう。

やりがいを持って働けるか知るため

仕事に対する姿勢が前向きだと、やりがいや楽しさを見出して働くことができます。「言われたことだけやる」「嫌々ながら仕事をしている」といった人と大きく差が出るのは当然ですよね。

また、企業にとっては早期離職への対応も課題となっており、厚生労働省の新規学卒就職者の離職状況によると、新卒の約3人に1人が3年以内に離職しています。仕事に対する姿勢がポジティブかネガティブかは、長く働いてもらう上で重要な要素です。このような理由があって、企業は就活生の仕事に対する姿勢を知りたいと思っているのです。

成果を出せる人材か知るため

「成果を出せる人材かどうか」を知るためでもあります。仕事に前向きに取り組む人は、新しいことややるべきことも真摯に学び、成長の伸びしろがあります。こうした姿勢で仕事に取り組めば成果を出しやすく、優秀な人材になる可能性があると考えてもらえます。

企業とのマッチ度を知るため

働く姿勢には、仕事の志望度のほか、社風や企業の雰囲気がマッチするかどうかも関係します。仕事と自分のマッチ度で「仕事に対する姿勢が変わってくる」というものです。具体事例を交えながら企業にマッチした説明ができると、志望度が高いと判断される効果もあります。

仕事に対する姿勢の回答に必要な2つの準備

それでは、企業に評価される「仕事に対する姿勢」はどのようなものでしょうか。自己分析と企業研究を意識して進めていくことが求められるので、詳しく紹介します。

企業が求める人材を知る

仕事に対する姿勢が前向きであるということは第一条件ですが、企業がその中でどのような人材を求めているのかを知ることが非常に重要です。たとえば、発想力や変化を求める企業でコツコツと真面目に取り組むことをアピールしても、評価ポイントになりにくいかもしれません。

まずは、どのような仕事に対する姿勢が求められているのか、ネットや書籍での情報収集に加えて、説明会に参加するなどして実際の雰囲気を確かめてみましょう

自己分析で経験を掘り起こす

「仕事に対する姿勢」を聞かれても、働いたことがないからわかるはずがないと思われるかもしれません。しかし、自己分析を進めることで、さまざまな経験から自分の仕事に対する姿勢をひもとくことができます。

アルバイトやサークル、ゼミ、大学の講義など、主体的に何かに取り込んだことは誰でもあるはずです。そうした経験を棚卸しし、分析しましょう。注意したいのは、それらの経験が仕事でも当てはまるのかという再現性の高さです。モチベーションやきっかけをうまく分析し、仕事においても同じ姿勢で取り組めるのかをうまく説得する必要があります

こちらの記事では、自己分析のやり方を詳しく紹介しています。自分史やモチベーショングラフを使って効率よく自己分析を進めましょう。

関連記事

自己分析の質を上げる4つの方法|オススメの本・サイトも紹介

https://careerpark-agent.jp/column/633

自己分析の質を上げる4つの方法|オススメの本・サイトも紹介

キャリアアドバイザーコメント

遠藤 美桜

学生が自社で活躍するかどうかを見ている

企業が学生さんに対して「仕事に対する姿勢」を質問する場合、①企業の文化に対して学生の価値観があっているかどうか②学生の強みが企業で活かせるのかどうかという2点を見ています。前者は、例えばベンチャー志向の企業であるのにも関わらず、学生さんが「ゆっくり着実に学び成長したい」というような回答をすると「うちの企業の文化わかってないのかな?」と思ってしまいます。

後者は前者よりも大事です。企業は学生の仕事に対する姿勢を聞いて「どの仕事になら活躍できるのかな?」とイメージします。ですので、例えば営業職の募集であれば「前向きに取り組む姿勢」「どんなときでも諦めない姿勢」などの姿勢が、企業に活躍できるイメージを持ってもらえるのではないでしょうか。自分の強みや、自分の価値観をアウトプットしてみるのがおすすめです。

いつでもどこでもWEB面談実施中 お時間は学生様に合わせて調整します 積極採用企業をご紹介

効果的にアピールするための3つの要素

効果的にアピールするための3つの要素

仕事に対する姿勢は前向きなものであり、企業の求めるものと合致していれば問題ありませんが、効果的にアピールするために覚えておきたい要素があります。

責任感の強さ

まずは責任感の強さです。例えば趣味を題材にする場合、自分が楽しいと思ってるだけでは「仕事でも同じ姿勢で取り組んでもらえる」と考えてもらうのは難しいでしょう。仕事では大なり小なり責任が伴います。楽しさややりがいはとても重要ですが、責任感を持っているかという点は欠かせない要素でしょう

モチベーションの高さ

仕事に対するモチベーションの高さも大切な要素のひとつです。なぜなら、前向きに取り組める重要な要素だからです。「〇〇な点に魅力を感じている。だから前向きに仕事に取り組みます」というアピールには説得力がありますよね。

チームでやり遂げた実績

大抵の仕事は、チームで進めていくことが多いです。時には社外と連携した取り組みもあるでしょう。自分一人で完結するような仕事もありますが、ほとんど例外と言えるでしょう。独りよがりにならず、周囲とコミュニケーションをとりながらやり遂げたことがあれば、仕事に対する姿勢として高く評価されます。

仕事に対する姿勢を聞かれた時の回答例

仕事に対する姿勢を聞かれた時の回答の流れ

仕事に対する姿勢を聞かれた時は、結論→具体例→仕事への再現性のPRが基本的な流れです。基本的な流れを参考にしつつ、詳細な回答例文を見てみましょう。また、直接的でないにせよ、志望動機や自己PRにも「仕事に対する姿勢」を自然な流れであれば盛り込むのも有効です。

例文:真面目に取り組む

例文

私は仕事に対して、コツコツと真面目に取り組みたいと思います。大学の野球部では、部員がやりたがらなかったボール磨きなどの備品の整理を部活終了後に率先してやりました。すると、周囲も見習うようになり、1カ月後には全員が整理を行うようになりました。
引退する時、後輩や同期の部員からは「整理整頓を習慣にしたことで、練習の効率や意欲が上がった」との声をもらいました。御社に入社後、多くの人が嫌がるような仕事も真面目に取り組み、周囲に良い影響を与えることができると考えています。

キャリアアドバイザーコメント

持田 伊織

組織の意識向上がアピールポイント

自分から積極的に動いていく姿勢が感じられる点はとてもいいですね。さらに、積極的な行動から組織全体の意識や文化も向上していることは非常にアピールポイントになると思います。しかし、入社後の部分は改善が必要です。入社したいと考えている会社に「多くの人が嫌がるような仕事」と伝えるのは失礼にあたります。「嫌がる仕事」は主観で決められることが多いため、良かれと思って話したことがかえって主観で仕事を選ぶ人だと思われてしまうこともあるかもしれません。 代わりの言葉として「どんな仕事に対しても積極的に行動して、周囲に良い影響を与えることができる」と伝えると活躍イメージが沸きやすいと思います。

例文:人の役に立つ

例文

私は仕事に対する姿勢として、人の役に立つことを念頭に置きたいと思います。大学生の時はボランティアサークルの代表として活動していましたが、常にどのように社会に貢献し、人に喜んでもらえるのかを考えていました。
その理由はサークルに入った当初、相手は喜ぶだろうと思ってやったことが、実は相手のためになっていなかったという経験があったからです。そうした反省点を活かし、相手の意見や考えに耳を傾けながら行動するようにしています。御社に入社したら、本当に人の役に立つことは何かを真摯に考えながら仕事に取り組みたいと思います。

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

独りよがりではない行動をしたのは高評価

「人の役に立つ」という点で、自分が考える「人の役に立つ」ことだけではなく「人が求めていること」を考えた行動をするという点はとても大切な考えです。そこに気づけていることは非常に良い点ですし、評価される点だと思います。

気になった点としては最後のまとめの言葉ですね。「本当に人の役に立つことは何かを真摯に考えながら仕事に取り組みたいと思います」”考えながら”では、結果的に相手の事を考えた”自分の考え”で行動するようにも映ってしまうので「相手の求めていることを把握する」「相手のニーズを聞き出した上で」などの方が自身の経験とも重なるのではないかな? と思います。

仕事に対する姿勢をアピールする時の2つの注意点

仕事に対する姿勢を具体的にアピールする時や質問に答える時、企業から評価されづらい注意点があります。2つの注意点をクリアし、好評価な回答を目指しましょう。

主体性がない

周囲に流されたり、自分の意思に関係なく取り組んだ経験を紹介するのはやめましょう。たとえそれで成果を得られたとしても、「言われたことをやっただけ」と判断される可能性があるからです。自分で考えて行動したことを紹介するようにしましょう。

具体事例がない

どの自己PRや志望動機にも言えることですが、具体事例がないというのはNG項目のひとつです。「仕事に取り組む姿勢は、人に役に立つことです」と言うだけでは、説得力がありません。主張したいことに沿った具体事例を自己分析から見つけましょう。

仕事に対する姿勢を魅力的に伝える準備をしよう

仕事に対する姿勢は、企業にとって非常に重要な要素です。一方で、実際に働いていない就活生にとっては「うまく伝えるのが難しい」という印象を持ちがちな質問です。自己分析と企業研究をしっかりおこない、自分の魅力が伝わるアピール方法を考えましょう。

記事の監修責任者

北原 瑞起 (きたはら みずき)

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。詳細

キャリアパーク就職エージェントはES・自己分析・面接対策などエージェントがあなたの就活を完全サポート。WEB面談も受付中!いつでもどこからでも相談できます。

積極採用企業をご紹介

関連コラム