例文9選|テクニック次第で気を引く自己PRのタイトルは作成可能!

この記事のアドバイザー

  • 上原 正嵩

    大学では、カンボジアなど途上国の学力水準を向上させる学生団体を大学内で設立・運営。副代表を… 続きを読む

  • 塚田 未樹

    大学では社会学・英語・韓国語を中心に学び、デジタルサイネージを扱うベンチャー企業で2年間の… 続きを読む

  • 加藤 大智

    大学時代は、特別支援学校・小学校でイベントの企画・運営をするボランティアに注力。教職課程を… 続きを読む

コラムの目次

  1. 自己PRのタイトル付けのテクニックを身につければネーミングセンスは関係ない
  2. 自己PRにタイトルを付ける3つのメリット
  3. 本文の内容を理解しやすい
  4. 読んでもらえる可能性が上がる
  5. 採用担当者の印象に残りやすい
  6. 前提になる! 自己PRのタイトルを付ける際の3つのルール
  7. 文字数は30字前後を目安にする
  8. タイトルと本文の内容を一致させる
  9. 企業ごとに自己PRのタイトルは変える
  10. 自己PRのタイトルを付ける際の6つのテクニック
  11. ①採用するメリットが分かるような数字を入れる
  12. ②キャッチコピーを参考にする
  13. ③ポジティブなワードを入れる
  14. ④意外性のあるワードを入れる
  15. ⑤インパクトのあるワードを加える
  16. ⑥エピソードを入れる
  17. タイトルが思いつかない場合は自己PRを作成後に考えてみよう
  18. 自己PRの中の印象的なフレーズをタイトルにする
  19. 誇張したタイトルを考えてから現実的に戻してみる
  20. 採用担当者の印象に残りやすい自己PRのタイトルOK・NG例文9選
  21. OK例文①数字を入れる
  22. OK例文②キャッチコピーを参考にする
  23. OK例文③ポジティブなワードを入れる
  24. OK例文④意外性のあるワードを入れる
  25. OK例文⑤インパクトのあるワードを加える
  26. OK例文⑥具体的なエピソードを入れる
  27. NG例文①長すぎる
  28. NG例文②誇張しすぎている
  29. NG例文③具体性がない
  30. 印象に残りやすい自己PRのタイトルを作成して選考を突破しよう

自己PRのタイトル付けのテクニックを身につければネーミングセンスは関係ない

こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。書類選考を控えた学生から

「評価されやすい自己PRのタイトルが分かりません」
「ネーミングセンスに自信がないけど、自分でも真似できるのでしょうか?」

という声が寄せられています。発想力に長けていなかったり、文章を書いたりすることが苦手でネーミングセンスに自信がない学生もいるのではないでしょうか。ただ、自己PRのタイトル付けのテクニックを身につければネーミングセンスは関係ありません。

ここでは、自己PRにタイトルを付けるべきメリットや自己PRのタイトルを付ける際のルール、自己PRのタイトルを付ける際のテクニックを例文付きで解説します。自己PRで採用担当者の気を引きたい学生はぜひ最後まで読んでみてください。

【完全無料】
キャリアパークが独自開発!
自己PRにおすすめの対策資料ランキング

1位:自己PR作成ツール
簡単な質問に答えるだけ!ネタがなくても強みが伝わり、採用したいと思わせる自己PRが完成します。

2位:適職診断
30秒で質問に答えるだけ!診断からあなたの強みとそれをアピールできる業界・職種がわかります。

3位:面接力診断
30秒で質問に答えるだけ!あなたの面接力を診断し、面接で気をつけるべきことがわかります。

4位:ガクチカまとめ
内定者が回答したガクチカが見放題!面接を通過するガクチカの答え方、考え方がわかります。

5位:志望動機作成ツール
簡単な質問に答えるだけ!第一希望でなくても熱意が伝わり、採用したいと思わせる志望動機が完成します。

【大学3年生向け】
おすすめインターン対策資料

選考対策に!:自己PR作成ツール
ネタがなくても強みが伝わり、採用したいと思わせる自己PRが完成します。

業界・企業選びに!:適職診断
たった30秒で、あなたがインターンに参加したほうがいい業界・職種がわかります!

【自己PR対策特化型】
おすすめ就活対策資料

志望企業の選考対策に!:自己PR作成ツール
ネタがなくても強みが伝わり、採用したいと思わせる自己PRが完成します。

アピールできる強みを発見!:適職診断
診断からあなたの強みとそれをアピールできる業界・職種がわかります。

自己PRにタイトルを付ける3つのメリット

自己PRにタイトルを付ける3つのメリット

自己PRにタイトルを付ける学生は少数派で、人と違うことをすることに抵抗がある学生もいますよね。ただ、タイトルを付けることは目立つだけでないメリットがあるのです。そこでここでは自己PRにタイトルを付けるべきメリットを解説します。

自己PRにタイトルを付けるか迷っている学生はこちらを読んで検討してみてください。

本文の内容を理解しやすい

自己PRは長文で書かれているため、数多くの履歴書を読んでいる採用担当者でも内容を一瞬で理解するのは難しいですね。ただ、タイトルが付いていると「これは○○の話か」とすぐにイメージしてもらえる可能性が上がります

内容を意識しながら読んでもらうことで理解しやすくなるでしょう。読み手に配慮した自己PRは伝える能力の高さを評価されやすいため、タイトルを付けてみてはどうでしょうか。

読んでもらえる可能性が上がる

自己PRにタイトルをつける発想がない学生が多く、タイトルをつけるだけでも少数派になり、他の学生と差別化できますね。

特に大企業になると数千件のエントリーシート(ES)をチェックする必要があり、流れ作業になりやすいです。ただ、タイトルが付いていると「どんな内容だろう?」と興味につながり、じっくり読んでもらえるかもしれません

採用担当者の印象に残りやすい

タイトルをつけること自体が少数派であり、「面接で話を聞いてみたい」と選考突破につながりやすいですね。

また、面接後に選考突破者を決める際にも「自己PRにタイトルをつけていた子ね」「話が分かりやすかった」など覚えていてもらえる可能性が高いでしょう

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

就活は同じ形式の面接で同じ服装でおこなわれるため、個性を出すのが難しいです。悪目立ちするのは良くありませんが、こういった工夫は良い印象として残りやすくなりますね。

自己PRで悩んだら、ツールを使うのが一番オススメ

『自己PRがうまくできない…』と悩む学生は多くいます。しかし、自己PR作成ツールさえ使えば、そんな悩みは一瞬で解決します

無料の「自己PR作成ツール」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、面接官にウケが良い自己PRが完成します。

ぜひ活用して、自己PRを完成させてください!

 実際にツールで作成した自己PR例文 
 (リーダーシップが強みの場合) 
私はリーダーシップを発揮できる人材です。学生時代にサークル長として運営に携わった際に、リーダーシップを養うことができました。
サークル長を務めていたフットサルサークルでは、練習場所や時間が取れないことや、連携が取りきれていないことが問題でした。そこで、大学側に掛け合い週に二回の練習場所を確保し、時間を決め活動するようにメンバーに声かけを行いました。
さらに、週末明けに今週の活動の詳細をメンバーにメールで配信することで連携強化に努めた結果、サークル加入率を前年度の3倍まで伸ばすことができました。
問題にしっかりと焦点を当て、迅速に対応していき、周りを良い意味で巻き込んでいくリーダーシップを御社でも活かしてきたいと考えております。

前提になる! 自己PRのタイトルを付ける際の3つのルール

自己PRのタイトルを付ける際の3つのルール

「自己PRのタイトルで個性を出そう」と自由な発想をアピールしようとしている学生もいますよね。ただ、タイトルを付ける目的には自己PRの内容を分かりやすくすることも含まれています。そのため、ここで解説する自己PRのタイトルを付ける際の3つのルールを最低限守りましょう。

文字数は30字前後を目安にする

タイトルの文字数は一目で内容が伝わる長さである30字前後がおすすめですね。それより短いと情報が足りず内容をイメージしにくく、長いとぱっと見で理解しにくいデメリットがあります

アピールとなると、ついつい情報を詰め込みたくなりますよね。ただ、情報過多なタイトルは何を伝えたいかが分かりにくい内容になるため、適切な文字数で自己PRの要点だけを伝えましょう。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

普段何気なくチェックしているネット記事のタイトルも30字前後です。読者の興味を惹くために適切な文字数であると言われているため、理にかなっているでしょう。

タイトルと本文の内容を一致させる

前提として自己PRのタイトルは本文の内容を簡潔に表したものですね。本文の内容と一致しない自己PRのタイトルは理解の妨げになってしまうかもしれません。強い印象を残そうとして、内容に関係ないタイトルをつけて採用担当者を混乱させないようにしましょう

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

本文とタイトルが矛盾していたり、誇張した表現を使っていたりするとマイナスな印象になりやすいため、避けるべきですね。

企業ごとに自己PRのタイトルは変える

企業ごとに求める人物像や強みは異なります。それに沿ったタイトルにすることでより印象を残しやすくなるでしょう。

同じ内容の自己PRでも正確性が求められる業務が多い企業なら「文化祭を成功に導いた先を見すえたスケジュール管理能力」、主体性が求められる実力主義の企業なら「文化祭実行委員長として組織のペストパーフォーマンスを引き出した取り組み」と変えてみましょう

自己PRのタイトルを付ける際の6つのテクニック

自己PRのタイトルを付ける際の6つのテクニック

タイトルを付ける際にネーミングセンスは必要ありません。ここで解説する6つのテクニックを活用すれば、分かりやすく、印象に残るタイトルが作成できるでしょう。ここでは自己PRのタイトルを付ける際のテクニックを解説します。

①採用するメリットが分かるような数字を入れる

数字が入っていると情報が整理されて脳が認識しやすくなったり、具体性の高さから説得力が増したりします。結果的に採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

加えて、採用するメリットが分かるような数字を入れてみてください。数字から情報が客観的になり、レベル感が伝わりやすいです。

たとえば、「店舗1くらいを獲得するためにおこなった接客の3つの工夫点」など達成した成果などを数値化して入れるのをおすすめします。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

本文にも数字を使いましょう。業務でもプレゼンや商談など人に伝える能力は重宝されます。数字を入れることで伝わりやすくなり、プレゼンスキルがあると判断してもらいやすくなるでしょう。

②キャッチコピーを参考にする

広告で見たキャッチコピーを口ずさんでしまった経験がある学生もいるのではないでしょうか。強く印象に残るキャッチコピーは採用担当者の気を引くにはもってこいのテクニックでしょう。

CMやポスター、看板、デジタルサイネージなど印象に残る広告は多いです。何気なく見ている広告もマーケティングを用いて、ユーザーの印象に残り、行動を促すように工夫されています。

日常生活から情報を集める癖をつけるだけで知識量が増えて、タイトルを作成する際に役立つため、気になるキャッチコピーがあればメモしておきましょう

キャッチコピーの作成方法について詳しく知りたい学生はこちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事

合格率が上がる自己PR〜キャッチフレーズ編〜作成手順や例文20選

キャッチフレーズを使って自己PRをしよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「面接で自分のキャッチフレーズを聞かれたんですけど、うまく答えられませんでした……」 「どうすれば自己PRでキャッチフレー […]

記事を読む

合格率が上がる自己PR〜キャッチフレーズ編〜作成手順や例文20選

③ポジティブなワードを入れる

新卒採用の目的は将来的に会社の業績に貢献できる人材を発掘することです。そこで以下のような就業意欲が感じられるポジティブなワードが目に留まりやすくなるかもしれません。

就業意欲が感じられるポジティブなワードの例
  • 成長
  • 変化
  • 強み
  • 試行錯誤
  • チャンス

大きな成果はなくても、学生生活で感じた成長がありますよね。「接客アルバイトを経験して大きく変化した仕事への姿勢」などポジティブなワードで表現しましょう

④意外性のあるワードを入れる

意外性を出すにはどうすれば良いか分からない学生もいるかもしれません。相反する言葉をタイトルに加えることで意外性を出せるのです

たとえば、「数学が苦手だった学生の偏差値を20上げた3つの学習方法」などは「苦手」と「偏差値が20上がる=得意になった」という相反する内容が入っていますね。

相反する言葉を入れるとエピソードを想像しやすく、採用担当者に「続きが気になるな」「どんな方法で教えたんだろう」と思ってもらいやすいでしょう。

⑤インパクトのあるワードを加える

単調な印象がするタイトルでは採用担当者の興味は引けません。そこでインパクトのあるワードを加えてみてください。

たとえば、「劇的に変わった! 文化祭の集客人数を前年比2倍にしたコツ」などは見た目の印象が強く、他の学生に埋もれる心配がないでしょう

ただ、誇張した内容にするのはやめてください。ほとんど上がっていない成果に対して、「劇的な変化」「他店を圧倒」などはタイトル詐欺のような印象になりやすいですね。

選考は信用できる同僚を見つける目的もあります。選考で誇張したり、嘘を言ったりする学生は入社後の業務でも同じようなことをして、企業に損失をもたらすかもしれません。採用を避けられてしまう可能性もあるため、誇張表現でない程度のインパクトのあるワードを選択しましょう。

⑥エピソードを入れる

自分だけのエピソードを入れると、タイトルから独自性を感じてもらいやすいです。エピソードは本文にも入る内容なため、何が書いてあるかが一目瞭然になるでしょう。「具体的には何をしたのだろうか?」といった興味を持って本文に誘導できますね

一方、独自性のない内容は本文を読む前から「また積極性の話か」など読み手の興味を削いでしまうかもしれません。そのため、エピソード入れてを独自性のあるタイトルに仕上げましょう。

キャリアアドバイザーコメント

上原 正嵩プロフィール

世の中には参考にできる情報が多いですが扱いには注意しましょう

⑤の注意事項でも記載しましたが、タイトルでは何かを断定しすぎたり、比較をして相手を陥れたり、実際に本文を読んだときに「タイトルが誇張しすぎているな」と思わせたりする内容にならないように注意しましょう。

近年では、SNS動画のサムネイルやブログなど、インパクトのあるタイトルを付けるときに参考になる情報がたくさんあります。しかし、これらのコンテンツは視聴数に応じた対価としてお金が発生するなどビジネスのうえで成り立っていることが多いため、多少なりとも「盛った」タイトルが付けられているケースもあります。どのようなタイトルの付け方があるのか参照する程度なら問題ないですが、そのまま真似をするリスクは把握しておきましょう。

「アピールするネタがない・・・」そんな人へおすすめの自己PR作成方法

自己PRのネタがないと悩む学生は多くいます。しかし、特別なネタがなくても受かる自己PRを作ることは可能です。

無料の「自己PR作成ツール」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、ネタがなくてもあなたの強みが完璧に伝わる自己PRが完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

タイトルが思いつかない場合は自己PRを作成後に考えてみよう

アップロードした画像


就活生

テクニックを使ってもなかなか良いタイトルが思いつきません…。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

最初から完璧なタイトルを作ろうとして発想が凝り固まっているかもしれませんね。他の方法も試してみましょう。

タイトルが思いつかない場合は自己PRを作成後に考えてみるのをおすすめします。印象的なフレーズをタイトルにするだけでも、意外としっくりくるかもしれません。いきなり、100点のタイトルを付けようとするのではなく、徐々に高得点に近づけていくくらいの姿勢の方が良いでしょう。

自己PRの中の印象的なフレーズをタイトルにする

印象的に残るようなキラーフレーズは引きが強いタイトルになりやすいですね。ただ、自分で読んでも、キラーフレーズが分からない学生もいるかもしれません。その際は友人や家族など他の人に自己PRを読んでもらい、印象に残ったフレーズを聞いてみてください

第三者が興味を持ちやすいフレーズが分かるため、いくつかの候補を出したうえでタイトルにしてみましょう。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

採用担当者も第三者なため、主観的な視点だけで付けるよりも印象に残る可能性が高いでしょう。

誇張したタイトルを考えてから現実的に戻してみる

「アルバイト先の居酒屋に劇的な変化を起こした3つの取り組み」といった誇張したタイトルを考え、発想にストッパーをかけないようにしてみましょう。

「劇的な変化を起こした」は言い過ぎだと感じるなら「業績を好転させた」などに言い換えてみると、小さくまとまり過ぎず、ちょうど良いタイトルになりやすいですね

キャリアアドバイザーコメント

加藤 大智プロフィール

いきなりすべての内容を考えるのではなくて分解して進めていこう

タイトルが思い浮かばない場合には、要素を分解して考えてみましょう。たとえば、先ほど挙げた例の場合、「アルバイト先の話」「複数の取り組みをした話」「その結果、〇〇という変化が起きた話」というように3つの流れを意識することができます。ここまでできれば、あとはどの順番で、どのような修飾語をつければいいのかを考えるだけです。

複数人にアイディアを聞く場合も同様です。印象に残ったフレーズを「出来事のきっかけ」「プロセス」「結果」のそれぞれどこに当てはまるのか分類します。そのうえで、最もしっくりくる単語を組み合わせればいいので深く悩まずともアイディアが浮かぶかもしれません。

いくつもの案から選ぶときには、手書きの付箋などを使ってアナログに作業をしたほうが効率がいい場合もあるので、工夫をしてみてください。

採用担当者の印象に残りやすい自己PRのタイトルOK・NG例文9選

ここでは採用担当者の印象に残りやすい自己PRのタイトルOK・NG例文を9つ用意しました。自分が使えそうなテクニックの例文があれば、参考にしてみてください。

OK例文①数字を入れる

例文

個人経営の喫茶店の売上を前年比の30%アップさせた施策

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

数字を入れることで実績のレベル感が分かる例文です。売上を伸ばす工夫なら店舗経営や営業などでも再現性が感じられるため、採用するメリットを提示できていますね。どんな施策をおこなったのかという続きが気になり、自己PRに目を通そうとする気持ちが増すでしょう。

OK例文②キャッチコピーを参考にする

例文

インターン先で「人間辞書」と呼ばれた豊富な知識を支える情報収集力

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

自分に「人間辞書」とキャッチコピーを付けており、印象に残りやすいタイトルですね。「歩く+名詞」「人間+名詞」は自分を的確に表すために使えるテクニックなので覚えておきましょう。

OK例文③ポジティブなワードを入れる

例文

リーダーとして成長するために身につけた人間関係を円滑にする協調性

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

「成長」というフレーズからポジティブで熱意を感じるタイトルですね。熱意がある学生は志望度が高く、ポテンシャル採用の新卒就活では評価されやすい傾向があります。大きな成果は必要ないため、学生時代の成長や変化などをポジティブに表現しましょう。

OK例文④意外性のあるワードを入れる

例文

2部リーグの常連だった野球部を1部に昇格させた組織の立て直し方

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

ネガティブな印象がある「2部」とポジティブな印象がある「昇格」「立て直し」が相反する内容になっています。「意識改革からおこなったんだろうか」「何かドラマがある気がするな」と採用担当者の想像を掻き立てるタイトルですね。

OK例文⑤インパクトのあるワードを加える

例文

史上初! 文化祭でオンラインライブを実現させたコミュニケーション能力

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

「史上初」という出だしにより、インパクトがある内容に仕上がっていますね。どんな場面で、どんな強みを発揮したのかが明確化されており、本文の内容が頭に入ってきやすいでしょう。

OK例文⑥具体的なエピソードを入れる

例文

ボランティア先で出会った引っ込み思案な児童の心を開かせた質問力

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

詳細なエピソードが記載されており、より他の学生と差別化が図れる独自性のあるタイトルになっていますね。具体性から説得力も感じられるため、採用担当者も読み進める気力が増すでしょう。

NG例文①長すぎる

例文

アルバイト社員の接客の質を向上させるためにおこなったマニュアル作成が功を奏して店舗アンケートの接客評価が最高ランクに

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

タイトルが長すぎると、内容を理解しにくくなってしまいますね。また、施策から成果まですべて説明してしまうと本文を読む必要性が感じられないかもしれません。あくまでタイトルは本文の興味を唆るような役割に留めておきましょう。

NG例文②誇張しすぎている

例文

1人の高校生の人生を劇的に変えた家庭教師としての教育方法

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

大学受験の合格に導くために偏差値をアップさせたことは素晴らしい実績ですが、「人生を変えた」は誇張しすぎですね。「人に教えることが上手いこと」が伝わるように、具体的に上がった偏差値を記載した方が良いアピールになるかもしれません。

NG例文③具体性がない

例文

さまざまな場面で常にとても活かされた持ち味の積極性

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

「さまざま」「とても」といった言葉は具体性に欠けるため、説得力が出ません。「本当に強みなのか?」と疑われてしまう可能性もありますね。また、場面が特定されていないと、タイトルを提示しても本文の内容が理解しにくいでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

塚田 未樹プロフィール

パッと見たときにある程度の内容をイメージできるかどうかが大切です

上記の例文で挙げたとおり、タイトルをつけるときには本文の概要が想像できるかどうかを意識してみましょう。学生のみなさんは、タイトルと目次を読んで概要はこんなものだろうか、と想像をしながら本を読み進めた経験はあるでしょうか。反対に、それらの情報がなくて「何について書かれているのか」がわからないまま本文を読むと、最初のうちはその把握をするだけで精一杯になるはずです。

人に読んでもらう文章を書くとき、相手は同様のことを思っています。面接官は短期間で大量のESを目にして、それぞれの学生を面接に呼ぶかどうか判断しています。そのため、ダラダラと読んでも結局何かわからない文章よりも、「こういうことだろうか」と想像しながら読み進められる文章のほうが頭に入ることが多いです。タイトルを見たときに、「何について書いてあるのか」や「結末はどのようになりそうか」などがある程度想像できるかどうか、今一度確認してみましょう。

印象に残りやすい自己PRのタイトルを作成して選考を突破しよう

テクニックを活用すれば、採用担当者の印象に残りつつ、本文の興味を引く自己PRのタイトルを作成できますね。発想力を必要とするネーミングセンスはほとんど必要ありません。印象に残りやすい自己PRのタイトルを作成して選考を突破しましょう。

ネタがなくても3分あれば受かる自己PRを作れます

自己PR作成ツール シートを埋めるだけで落ちない自己PRが完成 今すぐ作成する 自己PR作成ツール シートを埋めるだけで落ちない自己PRが完成 今すぐ作成する

自己PRのネタがないと悩む学生は多くいます。しかし、特別なネタがなくても受かる自己PRを作ることは可能です。

無料の「自己PR作成ツール」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、ネタがなくてもあなたの強みをアピールできる自己PRが完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

記事の編集責任者

北原 瑞起きたはら みずき

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。プロフィール詳細

記事についてのお問い合わせはこちら

就活で悩んでいるあなたに

関連コラム