例文10選|「努力を惜しまない」を自己PRで魅力的に伝えるコツ

この記事のアドバイザー

目次

  1. 努力を惜しまない人柄をアピールして選考を有利に進めよう
  2. 「努力を惜しまない」ってどういう意味?
  3. 努力の種類は2種類に分かれる
  4. 継続型
  5. 短期集中型
  6. 努力を惜しまない人の特徴
  7. 目標達成のため主体的に行動できる
  8. 何事も熱心に取り組む
  9. 努力を惜しまないことが習慣になっている
  10. そもそも努力を努力と思っていない
  11. 努力を惜しまない人に向いている職種例
  12. ITエンジニア
  13. 事務・管理
  14. 研究・開発
  15. 品質・生産管理
  16. 士業
  17. 努力を惜しまないことが自己PRになる理由
  18. 理由①長期的に継続できることをアピールできるから
  19. 理由②高い集中力をもって仕事に取り組めることをアピールできるから
  20. 理由③過程を伝えることで人柄が評価されやすいから
  21. 努力を惜しまないことを効果的にアピールする5つのポイント
  22. ①結論から伝える
  23. ②具体的なエピソードを伝える
  24. ③結果何を得たのかを入れる
  25. ④企業でどう活かせるのか盛り込む
  26. ⑤努力を惜しまないを別の表現で言い換える
  27. 避けておきたい「努力を惜しまない性格」のアピール方法
  28. 努力を他の人に求めてしまう
  29. 評価基準が高く他人に厳しい
  30. 集中しすぎて周りが見えなくなる
  31. 自分でなんでも解決しようとする
  32. 努力を惜しまないことを自己PRする際の注意点
  33. 注意点①結果だけを伝えない
  34. 注意点②エピソードを詰め込まない
  35. 注意点③当たり前の努力をアピールしない
  36. 注意点④あいまいな表現は避ける
  37. 注意点⑤自己PRと長所は同じ内容にしない
  38. 努力を惜しまないの言い換え表現5選
  39. 目標に向かって継続的に取り組む
  40. 何事も諦めずに最後まで力を注ぐ
  41. 負けず嫌いで向上心が高い
  42. 集中力が高い
  43. 自分で決めたことに責任を持てる
  44. 人事が納得!努力を惜しまないを最大限アピールできる自己PR例
  45. 例文①努力を惜しまないをそのままアピール
  46. 例文②最後まで諦めずやり遂げることをアピール
  47. 例文③負けず嫌いをアピール
  48. 例文④向上心をアピール
  49. 例文⑤集中力をアピール
  50. 例文⑥継続力をアピール
  51. 例文⑦学業での努力をアピール
  52. 例文⑧部活動での努力をアピール
  53. 例文⑨改善を繰り返した経験をアピール
  54. 例文⑩地道にコツコツ頑張った経験をアピール
  55. 努力を惜しまないことを就活で最大限アピールしよう!

努力を惜しまない人柄をアピールして選考を有利に進めよう

こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。学生からよく、

「努力を惜しまないことを自己PRにしても良いのでしょうか」
「努力を惜しまない強みを魅力的にアピールする方法を教えてください」

といった質問を受けます。結論からいえば、努力を惜しまないという姿勢は企業にとっては好印象に映ることから、自己PRにはうってつけのアピールポイントといえます。努力をして何かを成し遂げられる資質は、向上心や入社後に根気強く仕事に向き合う人物であると評価できるからです。

しかし、努力をすることは当然のことでもあるため、自己PRでどのようにアピールしたら効果的に伝わるのか、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

そこでここからは、努力を惜しまない人の特徴や、努力を惜しまない人に向いている職種例、努力を惜しまないことが自己PRになる理由などを例文を交えながら解説していきます。

この記事を参考に努力を惜しまない強みをアピールして選考を有利に進めていきましょう。

【完全無料】
大学4年生(25卒)におすすめ!
本選考前に必ず使ってほしい厳選ツールランキング

選考通過率を上げたいなら以下のツールを活用しよう!

1位: 「努力を惜しまないこと」の自己PRが作れる!ChatGPT 自己PR作成ツール
「努力を惜しまないこと」の自己PRが思いつかない人は、ChatGPTを活用して完成させよう!

2位:Chat GPT ガクチカ作成ツール
特別なエピソードがなくても大丈夫! Chat GPTが魅力的なガクチカを作成します

3位:志望動機作成ツール
特別な動機がなくても、ツールを使えば企業から求められる志望動機が完成します

4位:内定者ES100選
大手内定者のESが見放題!100種類の事例から受かるESの作り方がわかります

5位:WEBテスト対策問題集
SPI、玉手箱、TG-Webなどの頻出問題をこれ1つで効率的に対策できます

【スキマ時間におすすめ】
所要時間30秒! 本選考前に必ず診断しておこう

適職診断
たった30秒であなたが受けない方がいい仕事がわかります

面接力診断
39点以下は要注意!面接を受ける前にあなたの面接力を診断しましょう

「努力を惜しまない」ってどういう意味?

努力を惜しまないとは、目標や目的達成のためなら手間や労力をいとわず最後まで諦めずに努力をし続けることを意味します。受験、スポーツ、資格取得など、さまざまな目標達成に向けて精一杯頑張るときに使用する表現の1つです。

入社すれば、組織や個人の目標達成を求められる場面が多々あるため、努力を惜しまずに邁進できるスキルは、企業で活躍するうえで必要不可欠です。また、どのような仕事でも達成するまで一生懸命取り組んだり、困難があっても乗り越えようと頑張れる人材は好印象であるといえます。

キャリアアドバイザーコメント

根岸 佑莉子

キャリアアドバイザーコメント根岸 佑莉子プロフィールをみる

企業が新入社員に求めていることを考えてみましょう

企業は新入社員に対して、即戦力以上に長期的なスキルアップを求めていることが多いです。入社をして最初のうちは、どんなに優秀だと言われる人でも戸惑うことがあるのは当然のことでしょう。そこで大切になってくることが、諦めるのではなくて努力をし続けようとする姿勢です。努力を重ねればその分いつの間にか結果もついてきます。 

もちろん、どうしても「努力」と聞くとがむしゃらにがんばらなければいけないイメージを持ってしまう学生もいるとは思います。中には「自分は努力をせずに生活をしたい」という人もいるかもしれません。しかし、働く上での「努力」はそんなにハードルが高いものではなく、仕事を進める上で大切な要素であることは覚えておきましょう。

努力の種類は2種類に分かれる

努力は2種類ある

努力の種類は継続型と短期集中型の2種類に大きく分かれます。就職活動で努力を惜しまないことをアピールするためには、自分ができる努力がどちらのタイプなのかを見極める必要があります。まずはここで挙げた2つの努力の種類を確認していきましょう。

継続型

努力の種類の一つとして、毎日コツコツと長期間取り組むことができるタイプの継続型が挙げられます。地道に着実に努力をすることが苦でない人であり、一般的に努力と聞くと継続型をイメージする人が多いと思います。

長期間コツコツとやり続けることは、並大抵のことではありません。そのため、継続型の努力を惜しまないタイプは、忍耐強さ、目標を達成するまでやり遂げる強い意思、真面目などの好印象を採用担当者は持ちます。

また、目の前の仕事を着実にこなし、組織や個人の目標を達成するまで諦めないスタンスで働いているポジティブなイメージが持てることから、一緒に働きたい人材として採用担当者から高評価であることは間違いありません

短期集中型

努力の種類には、短い期間で集中して成果を出す短期集中型があります。決めた目標や期限に対して、よそ見をせず一直線に努力をするタイプです。コツコツ努力をする継続型の努力とは対象的であるといえます。

短期集中型はとにかくストイックであり、寝る間も惜しんで目的に向かって走り続けます。そのため、採用担当者は、短期集中型の努力を惜しまないタイプから、集中力、責任感の強さ、我慢強さを兼ね備えた人材であると好印象を持ちます。

特に、営業が中心の企業は、長期間成果が上がるまでコツコツ仕事をするタイプよりも、短期で成果を出せるタイプを求めている場合が多く、短期集中型の努力を惜しまない強みは高いアピールポイントになります

AIを活用して自己PRを自動作成してみませんか?

自己PR作成ツールはもう試しましたでしょうか? 簡単な質問に答えていくだけでAIが自動で魅力的な自己PRを作成します

作った自己PRは選考で活用できるものになっているので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう

 実際にAIが作成した自己PR例文 
 (リーダーシップが強みの場合) 
私はリーダーシップを発揮できる人材です。 学生時代にサークル長として運営に携わった際に、リーダーシップを養うことができました。 サークル長を務めていたフットサルサークルでは、練習場所や時間が取れないことや、連携が取りきれていないことが問題でした。そこで、大学側に掛け合い週に二回の練習場所を確保し、時間を決め活動するようにメンバーに声かけを行いました。 さらに、週末明けに今週の活動の詳細をメンバーにメールで配信することで連携強化に努めた結果、サークル加入率を前年度の3倍まで伸ばすことができました。 問題にしっかりと焦点を当て、迅速に対応していき、周りを良い意味で巻き込んでいくリーダーシップを御社でも活かしてきたいと考えております。

努力を惜しまない人の特徴

一口に努力を惜しまないといっても、さまざまな特徴があります。ここからは、努力を惜しまない人の特徴である下記の4つを解説します。

  • 目標達成のため主体的に行動できる
  • 何事も熱心に取り組む
  • 努力を惜しまないことが習慣になっている
  • そもそも努力を努力と思っていない

企業に自分の強みである努力を惜しまないことを魅力的にアピールするためには、どのような特徴を持っているのか客観的に把握しておくことが大切です。

目標達成のため主体的に行動できる

努力を惜しまない人の特徴は、目標達成のため主体的に行動できることです。たとえば、他人に説得されたり、強制されたりしてから目標達成に向けて行動した経験は、努力を惜しまない人とはいえないです。ポイントは、主体的であるかどうかです。

努力を惜しまない人は、目標を達成するためにはどうしたら良いのかを自分で考えて実行できる人であり、どのような場面でも怠けたり、放棄したりしない人を指します。

目標を達成するために努力をすることが当たり前と考えており、主体的に行動し、どんなことでも最後まで諦めずにやり通すことができる点が魅力の一つであるといえます

何事も熱心に取り組む

努力を惜しまない人は、何事も熱心に取り組むという特徴を持っています。自分で決めた目標や目的を達成するために一生懸命頑張るため、中途半端な行動はしません。責任感が強く真面目であり、やると決めたからには突き詰めて取り組むタイプであるといえます。

努力を惜しまない人は、何か達成したい目標や目的ができたら、徹底的に新しい知識を増やしたり、必要な技術を習得したりと自分磨きを楽しむことができます。また、何事も自分の力でやり遂げたいという気持ちが大きいため、1つひとつを着実に進めていきます。

そのため、集中しすぎる傾向があり、協調性がないと敬遠されてしまうことがあります。企業で働くうえでは、目標達成と周りの人間関係構築をバランス良くおこなう必要があるでしょう

努力を惜しまないことが習慣になっている

努力を惜しまない人の特徴は、努力を惜しまないことが習慣になっている点が挙げられます。努力を惜しまない人はどんなことも努力をすることが当然だと考えており、毎日コツコツ地道に取り組むことに苦痛も苦労も感じることがありません。

また、努力を惜しまず熱心に一生懸命取り組んでいる人の中には、案外自分が努力をしているという自覚がない場合もあります。どんなことも高い集中力でコツコツ真面目に取り組むことが当たり前であり、生活の一部として習慣化されているだけだからです。

自然に努力ができるタイプであり、学業や仕事など、どんなことでも成果を出しやすいといえます

そもそも努力を努力と思っていない

努力を惜しまない人の特徴に、そもそも努力を努力と思っていない場合があります。努力を惜しまない人は努力の基準値は高く、意識しないで目標や目的達成のために考え行動しています。

周りの人から「努力を惜しまないタイプだね」といわれても、努力を努力だと思っていないため、当たり前のことだと感じる場合が多いです。努力をすることが習慣化されており、自分がおこなっている取り組みが努力だと思っていないことがあるということです。

努力を努力と思っておらず、何事もストイックに取り組めるタイプは、周りが努力をしていないことに対してストレスが溜まることがあります

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

ただし、自分と他人は違うと切り離して考えるようにすると心が楽になることを覚えておいてください。

キャリアアドバイザーコメント

上原 正嵩

キャリアアドバイザーコメント上原 正嵩プロフィールをみる

負けず嫌いな側面を持つ人も多いです

この他にも、努力を惜しまない人は自分の苦手とすることをきちんと理解している人もいるのではないでしょうか。できないことを認めて克服しようと努力をすることで、自分自身の成長にも繋がります。働き始めると、時にはアドバイスを受けたり自分の弱みを痛感する瞬間もあるかもしれません。そのときに何とかしようと頑張れる人は、きっと周囲にも評価をしてもらえるはずです。

ただし、努力を惜しまない人はプロセスに対してもこだわりが強すぎる場合もあるので注意をしてください。「そのやり方よりもこっちのほうがいいのではないか」というアドバイスを受けたときに素直に耳を傾け、様々な手法で柔軟に努力ができるように心がけられるといいでしょう。

努力を惜しまない人に向いている職種例

アップロードした画像


就活生

努力の種類や努力を惜しまない人の特徴が理解できて、自己分析が進みそうです。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

それは良かったです。就活において自己分析は必要不可欠ですからね。

アップロードした画像


就活生

はい! ところで、努力を惜しまない人に向いている仕事はあるのでしょうか?

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

なるほど。では解説していきましょう。

努力を惜しまない人は目標や目的の達成のために、コツコツと作業ができる、集中力が高い、根気強い、最後までやり遂げるなどのスキルを持っています。では、スキルを活かせるのはどのような職種なのか5つ解説していきます。

ITエンジニア

努力を惜しまない人に向いている職種例の一つは、ITエンジニアです。ITエンジニアとは、情報技術とエンジニアリング(工学)の専門的な知識とスキルを持つ人を指し、主にコンピューターを動かすためのシステム構築をおこなう仕事です。

システムエンジニア、プログラマー、サーバーエンジニアなど多岐に渡る職種があり、それぞれに専門分野があります。たとえば、システムエンジニアは、月や年単位でプロジェクトを担当します。

また、細かく設定された納期に対して、スケジューリングしながら目標を達成するために計画的に仕事を進めるスキルが求められます。努力を惜しまない人は、意志が強く目標遂行能力が高いため、ITエンジニアとして顧客や同僚から信頼される人材になれるでしょう

事務・管理

努力を惜しまない人に向いている職種例は、事務・管理のバックオフィス系の仕事です。職場環境の管理や維持、経費処理、採用活動、人材育成などの仕事をそれぞれの部署が担い、すべての企業に共通して必要とされる仕事です。

たとえば、一般事務は、PCスキルを活かして資料作成、各種データ入力、来客対応など幅広い業務をおこないます。基本的にはデスクワークであり、決められた納期を守りながらルールに従いコツコツと正確な作業ができる人が重宝されます。

努力を惜しまない人は、何事も真面目に着実に進めるスキルが高いため、事務・管理の仕事を通して縁の下の力持ちとして、能力を発揮できるといえます

事務の仕事内容に関してはこちらを参考にしてみてください。

関連記事

事務の仕事内容とは? 選び方や向いている人の特徴を解説

事務職とは誰かの仕事をサポートする仕事 こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「事務の仕事に就きたいです」「事務の仕事って具体的には何をするのでしょうか」 という声を聞くことがあります。事務職は、オフィ […]

記事を読む

事務の仕事内容とは? 選び方や向いている人の特徴を解説

研究・開発

努力を惜しまない人に向いている職種例として、研究・開発が挙げられます。研究・開発職とは、世の中にない新しい製品を生み出したり、既存の製品を改良をしたりする仕事です。

研究職は、将来的な製品化を目指して、新しい技術や理論を見つける仕事、開発職は、研究結果を元に知識や技術を製品に落とし込む仕事に分かれます。

研究・開発の仕事は、一朝一夕で結果が出るものではないため、探究心や集中力を持って最後まで諦めない気持ちを持っている人でなければ務まりません。また、失敗や挫折を何度経験しても目標や目的のために頑張れる精神的なタフさも求められます。

努力を惜しまない人のように、結果を出すまでコツコツと地道にやり遂げる強い意志を持っていれば堅実な研究・開発ができる人材になれるといえます

研究職についてはこちらを参考にしてみてください。

関連記事

研究職に向いている人は? 仕事内容から志望動機の書き方まで網羅

研究職は募集も少なく倍率も高いので、仕事内容や現状、今からできることをチェックして備えていきましょう。 この記事では研究職の仕事内容、向いている人、志望動機のポイントなどをキャリアアドバイザーが解説します。 志望動機例文も参考にしてくださいね!

記事を読む

研究職に向いている人は? 仕事内容から志望動機の書き方まで網羅

品質・生産管理

品質・生産管理の仕事は、努力を惜しまない人に向いている職種例の一つです。品質・生産管理の仕事とは、一般的に企業や工場などの現場で、製品の生産に関する進捗管理、品質チェック、人員の配置、原材料の管理と受注などをおこなう仕事です。

品質管理は、製品の品質を確認する仕事、生産管理は、製品の原価や出荷などを総合的に管理する仕事であり、生産管理の中に品質管理の仕事があるとイメージすると分かりやすいです。

品質・生産管理の仕事に求められるのは、ものづくりに興味がある人、勉強熱心な人です。製品作りに対して好奇心を持って積極的に学べる意欲がないと、覚えるべき知識やスキルがたくさんある品質・生産管理の仕事で成果を出すことは難しいといえます。

努力を惜しまない人は、何事も熱心に一生懸命取り組むことができるため、仕事に必要な知識や技術を自ら主体的に吸収し活躍していけるでしょう

品質管理の志望動機のコツはこちらを参考にしてみてください。

関連記事

品質管理の志望動機で説得力を与えるコツ|例文付きで紹介

品質管理の志望動機で説得力を与えるために、まずは仕事内容の理解から始めましょう。今回は、品質管理の志望動機の構成方法や志望動機例文5選をキャリアアドバイザーが紹介します。仕事の重要性を理解して、具体的な志望動機を作成しましょう。

記事を読む

品質管理の志望動機で説得力を与えるコツ|例文付きで紹介

士業

努力を惜しまない人に向いている職種例に、士業の仕事があります。士業とは、弁護士、司法書士、行政書士、税理士などの専門的な資格が必要な職業を指します。

たとえば、弁護士は、当事者同士では解決が難しいトラブルについて、法律の専門家として適切なアドバイスをおこないます。社会生活のあらゆる分野で活躍する弁護士になるためには、難易度の高い司法試験に合格しなければならず、強い想いや覚悟が必要です。もちろん他の士業も同様です。

また、最新の知識をアップデートし続ける、丁寧かつ正確な仕事を遂行するなどが求められる仕事です。努力を惜しまない人であれば、計画的に粘り強く仕事をおこない、日々の業務を真面目にコツコツと続けながら知識と経験を増やし、社会に貢献できる人材になれるといえます

努力を惜しまないことが自己PRになる理由

努力を惜しまないことを自己PRすることは、採用担当者に良い印象を持ってもらえるのかと疑問に感じている人は多いと思います。誰からみても当たり前の努力であれば、もちろん採用担当者が魅力を感じることはありません。

しかし、努力を惜しまないことが自己PRになる理由をしっかりと理解し、上手にアピールしていけば採用担当者に好印象を持ってもらえるようになります。

では、努力を惜しまないことが自己PRになる理由を3つ解説していきます。

理由①長期的に継続できることをアピールできるから

努力を惜しまないことが自己PRになる理由は、長期的に継続できることをアピールできるからです。どの仕事であっても一朝一夕に手に入る成果は少なく、長期的に目の前の作業を丁寧にコツコツ続け、実績や信頼を積み重ねることで目標達成できます。

努力を惜しまない人は、目の前の作業をコツコツ継続して続けることが、長い目で見たときに一番の近道であることを最初から理解しているといえます。

企業にとって、長期的に継続できるスキルを持っている人材はとても魅力的です。そのため、今までの人生経験を振り返って、長い間頑張ったからこそ手に入れられた成果を洗い出すことが大切です

継続力をアピールするコツはこちらで詳しく解説しています。

関連記事

継続力を自己PRでアピールには2つの落とし穴に注意! 例文付き

継続力をアピールする際は、具体例と仕事での再現性を意識すると高評価が得られます。 この記事では企業が求める継続力やアピール時のポイント、例文などをキャリアアドバイザーが解説します。 解説動画も参考に、自分の強みを効果的にアピールしましょう!

記事を読む

継続力を自己PRでアピールには2つの落とし穴に注意! 例文付き

理由②高い集中力をもって仕事に取り組めることをアピールできるから

努力を惜しまないことが自己PRになる理由として、高い集中力をもって仕事に取り組めることをアピールできる点が挙げられます。仕事は、組織や個人のそれぞれに決められた目標や期限に向かって進める必要があります。

ときには、短納期で業務をおこなわなければならないこともあり、努力を惜しまない人の特徴である集中力、目標遂行へのストイックさ、意志の強さなどのスキルは、大いに役に立ちます。また、高いコミット力が期待できるため、企業からも重宝される人材であるといえます。

特に、営業が中心の企業、締め切りや納期を確実に守る必要がある仕事などでアピールしていけば、採用担当者に好印象です

集中力をアピールするコツはこちらで詳しく解説しています。

関連記事

長所が「集中力」は要注意? 効果的に伝えるコツと例文7選を紹介

「集中力があること」は伝え方次第で強い興味を惹きつけられる こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。自分の長所について考えている学生から 「集中力があることを長所にしても良いのですか」「長所が集中力である学生はどんな […]

記事を読む

長所が「集中力」は要注意? 効果的に伝えるコツと例文7選を紹介

理由③過程を伝えることで人柄が評価されやすいから

努力を惜しまないことが自己PRになる理由は、過程を伝えることで人柄が評価されやすいからです。近年、選考時に学歴よりも人柄を重視する企業が増えており、目標を自分で定め達成するための努力ができる人物は、企業が求める人柄に共通している点が多く好印象であるといえます

採用担当者は、他の社員に溶け込めるか、意欲を持って働けるかなどを早期退職につながらないためにも厳しく確認しています。

努力を惜しまない人は、目標を定め自発的に取り組む向上心があったり、苦難や挫折を乗り越えられるタフさがあったりと企業が求める人柄にマッチしてる部分が多いです。そのため、上記をアピールできれば採用担当者の高評価につながるといえます。

自己PRが書けない人におすすめ!
まずはChatGPT自己PR作成ツールを試してみよう

自己PR作成ツール 自己PR作成ツール

「自己PRがを考えるのに時間がかかる......」というお悩みはありませんか?

そんな人に活用してほしいのが、「Chat GPT 自己PR作成ツール」です。簡単な質問に答えるだけで、Chat GPT選考で活用できる自己PRの土台を自動で作成します

自己PRが思いつかない人や、忙しくて自己PRを考える時間がない人は、まずはツールを使って自己PRの土台を作ってみることをおすすめします!

努力を惜しまないことを効果的にアピールする5つのポイント

努力を惜しまないことをアピールポイントにしている学生は多く、採用担当者に自分の魅力を最大限伝えなければ埋もれてしまう可能性が高いです。

そのため、下記の5つのポイントを理解して、他の学生よりもより上手にアピールしていく必要があります。

  1. 結論から伝える
  2. 具体的なエピソードを伝える
  3. 結果何を得たのかを入れる
  4. 企業でどう活かせるのか盛り込む
  5. 努力を惜しまないを別の表現で言い換える

ここからは、努力を惜しまないことを効果的にアピールする5つのポイントをそれぞれ解説します。自分の自己PRを作成するときに意識するようにしていきましょう。

①結論から伝える

努力を惜しまないことを効果的にアピールするためには、結論から伝えることが大切です。冒頭で結論を伝えることで全体を通して何を話しているのか分かりやすく、採用担当者に理解してもらいやすいからです。また、初めに結論から伝えると、その後の具体的なエピソードにもつなげやすくなります。

たとえば、具体的なエピソードから話をしてしまうと、自己PRで何を伝えたいのかが曖昧なままになってしまい採用担当者にアピールしたいポイントが伝わらず「結局何が言いたいのか分からなかった」ということになりかねません。

そのため、まずは「努力を惜しまない」という自分が1番アピールしたい強みを最初に伝え、採用担当者の心をつかむことが大切です

②具体的なエピソードを伝える

努力を惜しまないことを効果的にアピールするには、具体的なエピソードを伝えることも大切です。根拠となる具体的なエピソードがなければ、自己PRが信頼できる内容であるのか採用担当者は判断することができないからです。

たとえば、「大学時代は努力を惜しまずに学業に専念しました」とだけアピールされても、何をどう努力したのかがわかりませんよね。採用担当者は、努力の結果よりもプロセスを知りたいと考えています。

そのため、目標を達成する過程でおこなった取り組み、困難への対処法、なぜ努力ができたのかなどを、数字やデータを入れてより正確に表現すると信頼度の高い自己PRを作成することができます

③結果何を得たのかを入れる

努力を惜しまないことを効果的にアピールするためには、結果何を得たのかを入れることが挙げられます。努力は目に見えないため、頑張った結果として手に入れたことを明確にして、採用担当者に伝える必要があります。

たとえば、TOEICの点数が500点だったのを900点まで伸ばしたという結果でも良いですし、勉強をする過程で得たスケジュール管理能力や修正力を身に付けた結果などでも良いです。

採用担当者は、素晴らしい結果でなくても問題ないと考えています。重要なのは、努力を通して成長したからこそ得られたものは何かということです。

大きな結果を出せていないから自己PRにできないとは考えずに、頑張った後に成長を遂げたことを自信を持って伝えられるエピソードがあれば、十分自己PRにできることを覚えておいてください

④企業でどう活かせるのか盛り込む

努力を惜しまないことを効果的にアピールするポイントは、企業でどう活かせるのか盛り込むことです。採用担当者は選考を通して、目の前の学生が自社で活躍できる人材なのかを確認しています。

そのため、努力を惜しまないことを自己PRしても企業で活かせることが伝わらなければ、良い評価にはつながらないということです。自分の努力を惜しまない強みが、志望する企業のどの仕事でどのように発揮できるのかを具体的に伝えることができれば採用担当者に好印象を持ってもらえます。

魅力的な自己PRを提示するためにも、志望する企業が必要としている努力は何かを把握し、仕事への再現性があることをアピールしていきましょう

⑤努力を惜しまないを別の表現で言い換える

努力を惜しまないを別の表現に言い換えることで、効果的にアピールすることができます。単に「私は努力を惜しまない強みがあります」と伝えても良いですが、他の言葉に言い換えるだけでさらに熱意や意欲が伝わりやすくなります。

たとえば、「私は成果を上げる努力を惜しまない強みを持っています」という内容を「私は成果を上げるために、苦難に直面しても途中で投げ出さす最後までやり遂げる強い意志を持っています」と別の表現にすると、具体的でさらに魅力的な内容になります。

上記の他にも、目標に向かって継続的に取り組む責任感がある、負けず嫌いで向上心が高い、自分で決めたことに責任を持って挑戦し続けるなどの言い換えができます。少しだけ工夫をして表現すると、努力を惜しまない強みをより魅力的に伝えることができます

キャリアアドバイザーコメント

吉川 智也

キャリアアドバイザーコメント吉川 智也プロフィールをみる

具体的に表現できるとミスマッチを減らすこともできます

言い換えを行う際には、できるだけ具体的な表現を心がけてください。たとえば、学生時代に全国大会に出場するようなチームスポーツを行っていた人がイメージする「努力」と、1人で黙々と勉強をして名門校に合格をした人がイメージする「努力」では、似ているけれども少しだけ捉え方に違いがあるかもしれません。
 
企業からすると、その学生がイメージする「努力」が、果たして自分の会社が必要とする「努力」と同じニュアンスであるのかどうかを知りたいと思っています。より具体的に表現をしてもらえると、「そのやり方であればうちの会社に合いそうだ」というように評価ができるためミスマッチも減っていきます。具体的に説明できるようにアピールする内容を練っていきましょう。

避けておきたい「努力を惜しまない性格」のアピール方法

アップロードした画像


就活生

努力を惜しまないことが、自己PRになる理由と効果的なアピール方法が理解できました! 上手に自分の強みを伝えることができそうです。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

それは良かったです。ただ、努力を惜しまない性格がマイナスな印象につながる場合もあるため、ポイントを押さえておく必要がありますよ。

アップロードした画像


就活生

そうなのですか? ぜひ教えてください。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

分かりました。では、解説していきますね。

努力を惜しまないことは、プラスなイメージが強いです。しかし、マイナスな印象を持たれてしまうこともあるため、どんなアピール方法は避けるべきなのか、そのポイントを押さえておきましょう。

努力を他の人に求めてしまう

努力を惜しまないことがマイナスな印象になってしまうケースとしては、努力を他の人に求めてしまうといった方向性でアピールしてしまうことです。社会に出て働き始めたときに、同僚や上司など周りの人に対して、努力を強要するのではないかと採用担当者は不安に感じてしまいます。

努力をするのは自分の掲げた目標を達成するためであって、他の人に同様の努力を求めるものでは決してありません。自分の当たり前の感覚を、他人も持っているとは限らないということを念頭に置いておき、柔軟に考えられるようにしていきましょう

評価基準が高く他人に厳しい

努力を惜しまないことがマイナスな印象につながるケースには、評価基準が高く他人に厳しいといった印象になってしまった、ということも挙げられます。

会社で仕事をする中で、周囲の人との適切な関わり方は重要であり、評価基準が高く他人に厳しすぎると敬遠されてしまう恐れがあります。

採用担当者は、努力ができても協調性の無い人に内定を出すことはありません。もし、評価基準が高く他人に厳しい面を持っている人は、他人との関わり方で意識している点を盛り込んでアピールする必要があります

集中しすぎて周りが見えなくなる

伝え方によっては、努力を惜しまない性格は、集中しすぎて周りが見えなくなるというマイナスな印象を持たれてしまう場合があります。仕事は周りの人とコミュニケーションを取りながら進める必要があるため、人間関係を疎かにしないバランスの良い人なのかを採用担当は確認しています。

努力をして目標を達成できることは素晴らしいスキルですが、周囲の人と適切な関係性を築くスキルも仕事をするうえで、必要であると覚えておいてください

自分でなんでも解決しようとする

努力を惜しまない性格は、自分でなんでも解決しようとするというマイナスな印象になることもあります。企業の目線に立って考えてみると、自分で解決しようとしてミスを大きくする人材よりも、最初から素直に相談して仕事を進めていける人材の方が安心して仕事を任せられると理解ができると思います。

自分で解決することは重要なマインドですが、自分のやり方が一番正しいと思い込み周囲とのコミュニケーションを取らない人材は、協調性に欠けると判断され、採用担当者から良い評価をもらうことは難しいということです

キャリアアドバイザーコメント

根岸 佑莉子

キャリアアドバイザーコメント根岸 佑莉子プロフィールをみる

マイナスな印象を認識してそこからどう行動するかが大切です

「長所と短所は紙一重」という言葉を聞いたことがある学生もいるのではないでしょうか。努力を惜しまない性格も、どんなに良いことを伝えても時と場合によってはマイナスに働いてしまう可能性もあります。たとえば1人で黙々と努力をすることが得意な人も、仕事をする以上は誰かと協力をしなければいけない場面が発生するでしょう。1人で努力をしているときにはパフォーマンスを発揮できていても、それ以外の場面ではなかなか長所をうまく発揮できないこともあるかもしれません。 

そのときに、「この会社では自分の長所を発揮できない」と短絡的になるのではなく、ある場面では一筋縄ではいかないので捉え方を変えていこう、といった具合に柔軟に行動をする姿勢が求められます。そのためには自分が持つ強みのマイナス面を、自分で認識しておく必要があるということです。最初は考えることが難しいかもしれませんが、経験を積みながら学んでいきましょう。

努力を惜しまないことを自己PRする際の注意点

努力を惜しまないことを自己PRする際の注意点
  • 結果だけを伝えない
  • エピソードを詰め込まない
  • 当たり前の努力をアピールしない
  • あいまいな表現は避ける
  • 自己PRと長所は同じ内容にしない

努力を惜しまないことは、仕事をするうえで役に立つスキルであり、採用担当者が魅力を感じる強みの一つに挙げられます。ただ、アピール次第では努力の内容が正しく伝わらず、選考をパスできない可能性があります。

ここからは、努力を惜しまないことを自己PRするうえでの注意点を6つ解説していきます。内容をしっかりと理解し、採用担当者に刺さる自己PRを考えていきましょう。

注意点①結果だけを伝えない

自己PRで努力を惜しまないことを伝える際の注意点として、結果だけを伝えないというものが挙げられます。採用担当者は、努力した結果だけを見ているのではなく、努力をしたプロセスも評価のポイントとして見ているため、結果だけを伝えても、自分の魅力をアピールすることは難しいということです。

たとえば、大学の部活動でチームが優勝したことを伝える場合、優勝するためにどのようなことを努力を惜しまずやり遂げたのかを明確にしてください。

努力した結果に対するプロセスを、より具体的にしたエピソードは、採用担当者に興味を持ってもらえるため、効果的に伝わるように工夫をしていきましょう

注意点②エピソードを詰め込まない

努力を惜しまないことを自己PRする際には、エピソードを詰め込まないことが注意する点です。努力を惜しまないことをアピールしたいがために、2つも3つもエピソードを詰め込んでしまうことはやめましょう。

エピソードがたくさんあるとせっかくの努力の1つ1つが、とても薄い内容として伝わってしまいます。努力をしたこと自体は伝わるかもしれませんが、印象には残りにくいといえます。

自己PRする際には、もっともアピールしたい1つのエピソードに、より多くの時間を割き、深掘りして伝えるようにすることがおすすめです

注意点③当たり前の努力をアピールしない

努力を惜しまないことを自己PRする際の注意点として、当たり前の努力をアピールしないことです。一般的に当たり前だと思われている努力は、アピールしたとしても採用担当者の目には止まらず、反対に、当然の努力を自己PRする人であるとネガティブな印象を持たれる可能性があります。

たとえば、「大学の単位を取るために努力を惜しまず勉学に励みました」と伝えても、当たり前のことだと認識されてしまうということです。

自分ならではの経験談やエピソードを盛り込み、努力を惜しまずに取り組んだ結果できるようになったこと、高い目標を成し遂げられたことなどをアピールすることで、採用担当者に魅力を伝えることができますよ

注意点④あいまいな表現は避ける

努力を惜しまないことを自己PRする際には、曖昧な表現にならないように注意しましょう。努力を惜しまないという言葉は、人によって受け取り方が変わってくるため、曖昧な表現だと本来の意図とは違った受け止められ方をしてしまう恐れがあります。

たとえば、「合唱団で、歌の練習を努力を惜しまずにやってきました」という表現と、「合唱団で3年間、毎日基礎的な発声練習を含め、歌の練習を努力を惜しまずやってきました」という表現では、相手への伝わり方がまったく異なります。

曖昧になりがちな表現を伝えるときには、数値や数量などを含めることで具体性が出てきます。努力を惜しまないことを効果的に表現するために、曖昧な表現にならないように気を付けていきましょう。

注意点⑤自己PRと長所は同じ内容にしない

努力を惜しまないことを自己PRする際の注意点として、自己PRと長所を同じ内容にしないことが挙げられます。

自己PRと長所は、それぞれ意味が異なります。自己PRは自分の強みをアピールすること、長所は人柄の部分をアピールすることを指します。同じ内容でそれぞれを伝えてしまうと、意図を理解できていない人であるという評価につながってしまいます。

自己PRでは、直接仕事に活かせる強みをアピールする必要があるため、努力を惜しまないことで企業にどのような貢献ができるのか、自分を採用することでどのようなメリットがあるのかをアピールしていきましょう

自己PRで悩んだら、Chat GPTを活用しよう

自己PRは就活において必要です!しかし、書こうしてもネタが思いつかなかったり、学業やアルバイトで忙しく手つかずの学生も多いのではないでしょうか?

そんな就活生に活用していただきたいのが最新の「Chat GPT自己PR作成ツール」です!作成ツールではChat GPTが自己PRを自動生成してくれるため、ネタがなく悩んでいたり、忙しい就活生にはぴったりです!

まずはあなたも作成ツールを活用して、自分の強みが存分に伝わる自己PRを完成させましょう!

 実際にChat GPTが作成した自己PR例文 
 (リーダーシップが強みの場合) 
私はリーダーシップを発揮できる人材です。 学生時代にサークル長として運営に携わった際に、リーダーシップを養うことができました。 サークル長を務めていたフットサルサークルでは、練習場所や時間が取れないことや、連携が取りきれていないことが問題でした。そこで、大学側に掛け合い週に二回の練習場所を確保し、時間を決め活動するようにメンバーに声かけを行いました。 さらに、週末明けに今週の活動の詳細をメンバーにメールで配信することで連携強化に努めた結果、サークル加入率を前年度の3倍まで伸ばすことができました。 問題にしっかりと焦点を当て、迅速に対応していき、周りを良い意味で巻き込んでいくリーダーシップを御社でも活かしてきたいと考えております。

努力を惜しまないの言い換え表現5選

アップロードした画像


就活生

努力を惜しまないことを自己PRにする学生は多いでしょうか。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

そうですね。努力をアピールする学生は多く、差別化しないと埋もれてしまう可能性は高いです。だた、自己PRそのものを変える必要はなく、他の表現で言い換えると良いですよ。

アップロードした画像


就活生

そうなんですか? 詳しく教えてください。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

分かりました。では、努力を惜しまないの言い換えについて解説していきましょう。

自己PRで努力を惜しまないことをアピールする学生は、とても多いです。そのため、「私の強みは努力を惜しまないことです」という文章を見ても、採用担当者の心には響きにくいといえます。

ここからは、努力を惜しまないの言い換え表現5選を解説していきます。中身は変えずに、努力を惜しまないことを他の言葉に言い換えて、オリジナリティを出していきましょう。

努力家の言い換え表現についてはこちらを参考にしてみてください。

関連記事

努力家を自己PRするには|具体的な言い換え表現や例文も紹介

努力家という強みは、具体的な経験をもとに仕事に繋がるアピールをすると高評価を得られますよ! この記事では、面接官が求める努力家像、アピールのポイント、例文などをキャリアアドバイザーが解説します。 ポイントを押さえて魅力的な自己PRにしましょう。

記事を読む

努力家を自己PRするには|具体的な言い換え表現や例文も紹介

目標に向かって継続的に取り組む

努力を惜しまないの言い換え表現の一つに、「目標に向かって継続的に取り組む」が挙げ
られます。目標達成するために継続して努力ができる人に対して、採用担当者は、困難なことを工夫して乗り越えられる、長く働いてくれるといった良い印象を持ちます。

継続的に物事に取り組めることは、仕事をするうえで重要なスキルの一つであるといえます。一人前になるためには、目の前の業務をコツコツおこなっていく以外方法はなく、近道はありません。

地道に知識や経験を積んで、成長していける人材を採用するメリットは大きいため、少しニュアンスを変えると効果的に自分の魅力をアピールすることができます

何事も諦めずに最後まで力を注ぐ

努力を惜しまないの言い換えとして、「何事も諦めずに最後まで力を注ぐ」と表現することができます。努力を惜しまないことの魅力の一つは、決めたことに対して諦めずにやり遂げることであり、仕事をするうえでとても役に立つスキルです。

仕事を始めると、学生のときには経験しないような壁にぶつかることが多々あります。たとえば、営業成績が伸びない、何度やっても成果が出ない、人間関係のトラブルが解決しないなどの問題は日常的に起こります。そのため、粘り強く頑張って自分で道を切り開いていける人材は、貴重な存在であるといえます。

辛く厳しいことでも乗り越えていけることを採用担当者にアピールすれば、ポテンシャルの高さを評価されることにつながります

負けず嫌いで向上心が高い

努力を惜しまないの言い換えで、「負けず嫌いで向上心が高い」と表現しても良いでしょう。ライバルと競い合うことで成果を出せる人材は、特にノルマがある仕事や数字を追いかける仕事で力を発揮することができます。

また、技術力が必要な業界や専門知識が求められる仕事では、負けず嫌いで向上心が高いことで自分から学ぶ積極性を存分に活かして成長していけます。

ただし、負けず嫌いをアピールするときは、伝え方次第で気が強い、意固地、張り合ってくるなどの短所に捉えられてしまう場合があるため注意が必要です

たとえば、「負けず嫌いで向上心が高い」「負けず嫌いなので意欲を持って取り組める」などの言葉と組み合わせると、採用担当者に他人に勝つためにだけ努力をする人だとネガティブな印象をもたれることはありませんよ。

負けず嫌いをアピールするコツはこちらで解説しています。

関連記事

【例文10選】負けず嫌いの自己PRで企業をうならせるには?

負けず嫌いを自己PRでアピールする場合は、ただ自分の性格を伝えるだけではNGです。 この記事では、面接官が見るポイント、企業が求める負けず嫌いの特徴、表現のコツなどをキャリアアドバイザーが解説します。 自己PR例文や解説動画も参考に魅力的なアピールをしましょう!

記事を読む

【例文10選】負けず嫌いの自己PRで企業をうならせるには?

集中力が高い

努力を惜しまないの言い換え表現に「集中力が高い」が挙げられます。採用担当者は、集中力というキーワードで、仕事が早い、納品物の完成度が高い、マルチタスクができるといった良い印象を持ちます。

どのような状況下でも結果にフォーカスして成果を上げられる人材は、ビジネスに必要不可欠です。集中力の高い人は仕事へのコミット力があり、飽きずに一気に終わらせたり、正確に作業ができたりと安心して仕事を任せられる存在であるからです。

特に、ミスが許されない業務、コツコツと継続した作業がメインの職場、プロジェクトが短納期などの環境で重宝されるスキルであるといえます

自分で決めたことに責任を持てる

努力を惜しまないの言い換え表現の一つに、「自分で決めたことに責任を持てる」があります。仕事は大なり小なり成果を出す必要があり、自分を成長させていかなければなりません。

そのため、自分でやると決めたことに責任を持って取り組む姿勢がある人に対して、どのような仕事でも一生懸命真面目におこなうポテンシャルを採用担当者は感じるといえます。

仕事はやりがいがある一方で困難やトラブルが付き物であり、途中で投げ出したくなったり逃げ出したくなったりしますが、自分を信じて最後までやり切ることができる人は、どのような仕事であっても大きな強みとなって活躍していけるでしょう

責任感をアピールするコツはこちらで解説しています。

関連記事

エピソード別例文8選! 自己PRで責任感を上手にアピールするには

責任感の自己PRは、責任感の具体的内容、根拠、企業に与えるメリットを伝えることで高評価を獲得できます。 この記事では、自己PRで責任感をアピールする際のポイント、PR例文などをキャリアアドバイザーが解説します。 解説動画もあるのでぜひ参考にしてください!

記事を読む

エピソード別例文8選! 自己PRで責任感を上手にアピールするには

人事が納得!努力を惜しまないを最大限アピールできる自己PR例

他の学生よりも良い自己PRで就活を有利に進めていきたいと考えている人は多いと思います。努力を惜しまないことを最大限アピールするためには、下記の5つを意識して考えていきましょう!

  1. 結論ファースト
  2. 具体的なエピソード盛り込む
  3. 結果として得たことを伝える
  4. 企業でどう活かせるのか
  5. 努力を惜しまないを別の表現で言い換える

ここから、努力を惜しまないことを言い換えも含めて10個の自己PR例を解説します。オリジナルの自己PR作成に役立ててください。

例文①努力を惜しまないをそのままアピール

例文

私の強みは努力を惜しまないことです。高校入学時からアパレルショップの販売員としてアルバイトをしています。意識していることは、ただ漫然と働くことではなく、どうしたら売り上げを伸ばせるかをということです。

顧客が親しみやすい笑顔の作り方、程よい距離感のコミュニケーションの取り方、購買意欲の上げ方などを勉強しては現場でアプトプットして改善してを繰り返してきました。結果として、ある月に全国で1番の売り上げを立てることができました。

このように私は目的意識を持って働きながら自分で考え実行し結果を出すことができます。御社でも努力を惜しまずに仕事に取り組み、貢献していきたいと考えています。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

努力の内容や結果が具体的なエピソードとして書かれていてとても分かりやすい自己PRになっていますね。

例文②最後まで諦めずやり遂げることをアピール

例文

私は、最後まで諦めずにやり遂げるという強みを持っています。大学時代は、国際文化に関するゼミに所属しており、半分が外国人という環境で研究をおこなっていました。あるときゼミの教授から同級生の日本語でのレポート作成のフォローを頼まれ、手伝いをすることになりました。

文章に違和感がないように使い方を教えたり、質問に答えたりなど自分のレポート作成にプラスしておこなう必要があったため、時間の捻出に苦労しました。ただ、やると決めたのは自分だと何度も奮い立たせ、遊ぶ時間や睡眠時間を減らし同級生と自分のレポートを完成させました。

結果、教授や同級生から感謝され、ゼミ全体の質や自分のスキルの向上につながりました。この経験を活かしてどのような仕事でも意欲的に取り組み成果を出していきたいと考えています。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

大変なことでも、決めたのは自分だと鼓舞しながら邁進できる人物であることが伝わる良い自己PRになっています。

例文③負けず嫌いをアピール

例文

私の強みは、自分の苦手を克服して成長していきたいという負けず嫌いな性格だと考えています。中学生のときから今までずっと野球を続けており、未経験スタートの中学時代は、経験者に負けないように何倍も練習に励みました。レギュラーになってからも、自主的に練習をおこなっていたことが、メンバーに良い影響をもたらし、チーム全体のスキルアップにつながった経験もあります。

高校生になると、中学とは比べ物にならないくらい上手な人が増え、挫折を味わいましたが、負けたくないという気持ちで時間を作っては1人で夜遅くまで練習したり、上手な人からアドバイスをもらって実践したりなど。どうしたら上達するかを考えて行動し続けました。

結果としてキャプテンに任命され、練習メニューを変更しチームのみんなと切磋琢磨しながら実力と団結力を高め、強豪校に勝つことができました。御社でも、できないことは克服すれば良いという負けず嫌いの情熱を持って仕事に邁進していきたいと思います。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

他人を打ち負かすために努力をするのではなく、自分に勝つために頑張れるタイプの負けず嫌いであることが伝わる良い自己PRです。このスタンスであれば、社会で活躍していけるイメージを採用担当者に持ってもらえますよ。

例文④向上心をアピール

例文

私は、何事も妥協せずに全力で取り組む向上心があります。大学2年生のときから1年間、IT企業の長期インターンに参加し、Web広告の運用に携わり売り上げを伸ばした経験があります。

最初は、専門用語を覚えたり、多数の運用方法や仕組みを理解したりすることが難しく慣れるまでに時間がかかりました。しかし、持ち前の向上心で分からないことはどんどん調べ、吸収していきました。

広告を運用して、売り上げが伸びるパターンと伸びないパターンを分析しながら試行錯誤し、正解を探し続けた結果、月次で120%の売り上げを達成することができました。

入社した後も、現状をより良いものにしていけるように常に努力して、成果を出していきたいと思います。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

努力の内容と実際の結果を数字で具体的にアピールできているため、一生懸命頑張れる人柄を十分感じられる自己PRになっています。

例文⑤集中力をアピール

例文

私の長所は、高い集中力を発揮して結果を出せることです。大学2年生のときに日本以外の国で生活して自分を成長させたいと考え、アメリカへ1年間の留学を決意しました。中学生から勉強してきた受験英語では、生活をするうえでのコミュニケーションに苦労すると思い、最低限のやり取りができる英語力を身に付けてから留学すべきだと考えました。

そこで、留学までの半年間、どんな日でも毎日欠かさずに3時間英語の勉強をすると決めて計画を立て実行しました。日本でしっかり英語を学んでいった結果、アメリカでもすぐに友人を作ることができたり、学校の授業に遅れずについていけたりしました。

帰国後は、英検1級とTOEIC900点を難なく取得することができたのも、集中して英語にフォーカスし続けたからだと思います。御社でも、高い集中力で目の前の仕事に全力投球して貢献していきたいです。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

集中力の高さを、期間と時間で具体的に数値化しているため、目標に向けて一途に行動できることがイメージできる良い自己PRになっています。

例文⑥継続力をアピール

例文

私の強みは、コツコツと自分のスキルや知識を積み上げる継続力があることです。幼い頃から読書が好きで、さまざまな種類の本を読んできました。本屋や図書館に通い自分の知らないジャンルを見つけては読むを繰り返し、年間250冊以上の本を中学生のときから読み続けています。

また、読んだ後は、本で学んだ知識、内容、テーマなどを文字にまとめログを残しています。結果として、語彙力、読解力、幅広い知恵を身に付けることができたと思っています。

コツコツと学び続けられる継続力で、御社の仕事に根気強く取り組み、力を存分に発揮していきたいと考えています。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

何年読書を続けているのか、長年の読書の中で培った力は何かをアピールすることで、継続力の高さを具体的に説明できています。入社後にコツコツ地道に努力してくれることが期待できる自己PRです。

例文⑦学業での努力をアピール

例文

私は、目標に向かって努力し続けられる強みを持っています。大学全体で上位数%しか選ばれない特待生になる目標を達成するために、毎日欠かさず学業に励み続けてきました。

具体的には、365日予習と復習をおこなうために、学業以外の活動と合わせて時間を捻出できるように中長期で細かくスケジューリングをし行動しました。また、移動や隙間時間は学習の時間に当てて、少しも無駄がないように日々を過ごしました。

結果として、特待生に選ばれることができ、継続して努力し続けると報われることを身を持って体験できました。大学時代に培ったスキルを活かし、御社でも高い目標の達成のためにひたむきに頑張っていきたいと考えています。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

目標を叶えるために毎日予習と復習ができることは、並大抵のことではありません。努力を通して得た結果も学びが大きく、社会人として役に立てるスキルであり、とても魅力を感じる自己PRです。

例文⑧部活動での努力をアピール

例文

私は、何事も諦めずに最後まで力を注ぐことができる強みがあります。中学校から吹奏楽部に所属し、クラリネット奏者として技術を磨いてきました。腕には少々の自信があり、大学でもメインメンバーに選ばれると思っていました。

しかし、大学は全国から高い技術を持った人が集まっており、私の力では遠く及ばないことを入部直後に理解しました。そこで、基礎体力の向上、毎日3時間以上の練習、上手な人を真似ることの3つに徹底的に取り組みました。1年のときは残念ながらメインメンバーには選ばれませんでしたが、諦めずに努力を続けた結果、2年のときには選ばれ、定期コンサートで多くの観客を前に演奏することができました。

困難や壁にぶつかり挫けそうなこともありますが、私は逃げ出しません。今後は、培ってきた諦めずに継続して取り組み続けて成果につなげるスキルを活かして、御社で活躍していきたいと考えています。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

自分よりもレベルの高い人たちを前にして、諦めるのでなく前を向いて努力をし続けられる力が伝わる自己PRになっていますね!

例文⑨改善を繰り返した経験をアピール

例文

私の強みは、問題や課題を改善しながら、現状をより良くするために努力ができるという強みを持っていることです。大学時代は個人経営の居酒屋のオープニングスタッフとしてアルバイトしていました。開店当初はほとんど人がこない状態が続いていたため、店長に宣伝企画に挑戦したいことを伝えて、快諾してもらいました。

集客方法やマーケティングについて、本を読んだり大学の教授に聞いたりしながら学び、SNSでの宣伝やチラシ配布などを積極的におこないました。また、細かく効果測定をし、数字につながる動きとつながらない動きを分析し、店長や他のスタッフと相談しながら進めました。

結果として、顧客を少しずつ増やすことに成功し、今では金土日の3日間は満員御礼が多くなりました。

御社でも、課題や問題点を解決する方法を考えて努力し続けて、成果を導き出せる社員を目指していきたいと思います。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

仕事は、問題やトラブルがつきものであり現状を改善していく力は必ず必要になります。この自己PRからは、現状を変えていきたいという強い意思が伝わってくる良い内容になっています。

例文⑩地道にコツコツ頑張った経験をアピール

例文

私は、地道にコツコツ頑張って成果を出せる強みがあります。私は中学時代から地元の英会話クラスに参加していたため、英語はできるという強い自負がありました。そのため、大学1年のときに初めてのTOEICのテストを前にしても問題ないと勘違いをして勉強をしなかった結果、スコアは450点と低い点数になってしまいました。

自分がとても恥ずかしくなり、絶対に次は良い点数を取ることを心に決めました。その日から毎日1日4時間英語学習をする時間を取るために、計画を立て、コツコツと地道に勉強を始めました。習慣になるまで大変でしたが、いつの間にか毎日4時間勉強することが当たり前の状態になりました。

結果として、近々のTOIECでは990点の満点を取得するまでに英語力を伸ばすことができました。御社でも、地道にコツコツ頑張り、誰からも信頼される人材になっていきたいと思っています。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

悔しさをバネに目標を立てて、コツコツ頑張る姿勢はどの仕事でも絶対に役に立ちます。とても魅力的に努力を惜しまないことアピールできている自己PRになっています。

努力を惜しまないことを就活で最大限アピールしよう!

努力の種類、努力を惜しまない人の特徴、努力を惜しまない人に向いている職種例、努力を惜しまないことが自己PRになる理由と注意点、最大限アピールできる自己PR例などを詳しく解説してきました。

努力を惜しまないことは、どのような仕事でも役に立つスキルであり、魅力的な強みであるといえます。採用担当者に具体的に分かりやすく伝えるために、しっかり準備することが大切です。

この記事を参考に、努力を惜しまないことを就活で最大限アピールし内定を勝ち取っていきましょう!

記事についてのお問い合わせはこちら

キャリアパーク就職エージェント 就活対策から内定まで徹底サポート!

  • キャリア面談は
    完全オンライン
  • 選考対策では模擬
    面接までできて完璧!
  • 安心して入社できるまで
    内定後もサポート
まずは就活の悩みを相談してみる

既卒・第二新卒の人はこちら

関連コラム