弱みを面接で答える際の正しい答え方|例文やNG例文も紹介

この記事のアドバイザー

戸田 開

大学卒業後、大手民間教育企業に入社し歴代新卒最速で拠点長に。その後、外資系生命保険会社での営業では単月5000万の売上を出すなど別の土俵でも活躍を見せる。人と向き合う仕事を経験し続けてきた中で、「就職」という人生の一大選択に自身の経験を役立てたいという想いからポート株式会社に入社を決意し今に至る。学生の皆さんに真剣に向き合って、キャリアプランを一緒に考えていきたいと思っています。まずはお気軽にご相談ください!

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

伴 美寿々

大学卒業後、宝飾店にてジュエリーアドバイザーを経験。最年少で副店長になり、店舗のマネジメントと人材育成を経験。業界トップの塾の社長・役員秘書を経てポートへ入社。「わからない」を自分ひとりで抱えこまず、一緒に新しい世界へ飛び込む準備をしていきましょう。

コラムの目次

  1. 就活では弱みを問われることが多い
  2. 面接官が弱みを質問する意図2つ
  3. 弱みを見つけるには自己分析をしよう
  4. 弱みについて答えるポイント2つ
  5. 面接でNGな弱み2つ
  6. 弱みについて答える際のアピール例文
  7. 入社後をイメージできる弱みとの向き合い方を伝えよう

就活では弱みを問われることが多い

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から

「面接で弱みを言ったら評価が落ちそうで怖いです」
「なぜ強みだけではだめなんですか?」

という声を多く聞きます。弱みの質問について、何をどのように伝えるべきか迷ってしまう人は多いです。弱みはそもそもマイナス要素を含んでいるため、注意して伝えるしなければなりません。弱みを聞かれた際に何をどのように伝えればいいのか、弱みの見つけ方とともに把握しておきましょう。

面接官が弱みを質問する意図2つ

就活生

どうして面接では弱みについて聞かれるんですか?何を答えても不利になる気がして…

キャリア
アドバイザー

面接官は弱みの内容だけを評価しているわけではないんですよ。面接官視点を知ることで、弱みを答える際に大切なことがわかります。

弱みについて考える際は「面接官がなぜ質問するのか」という意図から把握しておくのがおすすめです。質問の意図を把握することで、的外れな回答を防ぎつつ面接官が知りたい情報を提示することができます。ここでは、面接官が弱みについて知りたい理由について2つ紹介します。

①入社後の働き方をイメージするため

新卒の就活生には就業経験がないので、強みや弱みを聞くことで入社後の働き方についてイメージします。弱みの内容によっては、「うちには向かないなぁ」と思われる可能性もあるでしょう。しかし、弱みの内容ひとつで合否を決めることは稀で「その弱みをどのように伝えるか」「どのようにカバーするのか」の方が大事だと言えます

働き方をイメージしてもらうためにも、仕事をする上で「自分の持つ弱みが仕事にどのように影響するのか」も考えておくといいですね。働きたい職種や部署などが固まっている場合は、適性があるかどうかを考える材料にしてもいいでしょう。

②弱みを克服しようとする気持ちや改善方法を知るため

面接官は、弱みについて聞くことで、弱みをそのままにせずに克服しようとする気持ちがあるかどうかを見ています。弱みは誰にでもあるものなので、それを冷静に受け入れて向き合っているかどうかが大切になります。弱みを悲観的に捉えたり、落ち込み続けたりするだけでは前進しませんよね。

困難を乗り越えるためには、前進する気持ちや現実的な対策が必要です。入社後、今までは気づかなかった弱みに気づいたり、新たな壁に生じる可能性はとても高いです。そのため、そうなった時にどう対処するのかを面接官はこの質問ではかっているといえます。

弱みを見つけるには自己分析をしよう

弱みについて答えるには、まずは何を提示するか題材を探さなければなりません。弱みを見つけるためには、自己分析をして自身への理解を深めておくことが大切です。自己分析は就活全体を進めるためにも必要ですが、それだけではなくピンポイントでアピール内容を探すのにも有効です。自己分析のやり方は複数あり、人によって適した方法が異なります。自己分析の上手なやり方を知ってスムーズに弱みを見つけましょう。

過去の経験を深掘りする

自己分析の基本は、自身の過去の経験を洗い出すことにあります。学生時代の印象的な出来事をリストアップして、細部まで深堀りしていきましょう。大学時代のことだけで自身の特徴や個性がわかるならそれだけでも問題ありませんが、上手くいかない場合は、高校、中学とさらにさかのぼることが大切です。

過去の経験を深掘りする際には、印象的な出来事の中で、自分が何をしたか、どのような役割を担っていたかを考えましょう。自分ができたこと、できなかったこと、担った役割、その時感じたことなどを詳細に思い出すことで、自身への理解は深められます。印象的な出来事には自分を象徴するヒントが残っていることも多いため、思い出せる限り思い出していきましょう。

自己分析をする際は、自分史やモチベーショングラフを作成するのがおすすめです。自分史とモチベーショングラフの詳しい作成方法は、この記事で確認できます。長所を見つけるために、これまでの出来事を振り返ってみましょう!

関連記事

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

https://careerpark-agent.jp/column/633

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

強みを裏返して考える

自己分析では自身の特徴や能力を見直しますが、その時に強みが先に見つかるということも多いです。強みは見つけたけれど弱みが見つけられない場合は、長所や強みを裏返して考えてみましょう。強みと弱みは表裏一体であり、一方を裏返すことで他方の特徴が見えてきます

例えば好奇心旺盛という強みの人には、飽き性という弱みを持っていることがあり、見方を変えるだけで印象は大きく変わります。裏返しにする方法を知っておくと、一方を知るだけでもう一方も見つけられるため、よりスムーズに自身への理解が深められるでしょう。また、これは反対でも考えられることで、先に弱みが見つかって長所や強みを見つけられないなら、これを裏返して考えてみるのがおすすめです。

強み→弱みの言い換え
  • 行動力がある→落ち着きがない
  • 慎重→心配性
  • 責任感が強い→1人で抱え込む
  • 粘り強い→諦めが悪い
  • 協調性がある→周りに流されやすい
  • 気が利く→世話焼き
  • マイペース→決断力がない
  • 相手の気持ちを尊重できる→気が弱い
  • 几帳面→神経質
  • 好奇心旺盛→飽きっぽい
  • 主体性がある→独断的
  • おおらか→大雑把
  • 積極的→自己主張が強い
  • 論理的→理屈っぽい

弱みについて答えるポイント2つ

弱みを見つけたなら、次はそれを上手にアピールする方法を考えなければなりません。弱みは提示しただけで評価されるわけではなく、いかに上手に伝えられるかが重要です。まったく同じ弱みを提示していても、アピールの方法次第で印象がよくも悪くも変わります。反対に言えば、少し工夫するだけで弱みも魅力的に伝えられるため、細部まで工夫することが大切です。

①なぜ弱みと思っているのか

弱みについて答える際に、企業側がもっとも知りたいのはこの部分だと言えます。弱み自体は多くの就活生と被るかもしれませんが、理由やそれに対する考えには個性が出ます。「弱みを聞かれたから弱みだけ答えればいい」と考えず、「なぜそれが弱みと考えるのか」まで考えておきましょう。これも自己分析のひとつです。

理由を伝える手段として、具体的なエピソードと取り上げるといいでしょう。また、面接では質問に答えた後にも、深掘りして「それはなぜ?」「どうしてそう思うの?」という風に深掘りされることが多いです。事前に自分なりに考えておき、質問された際に答えられるようにしておきましょう。

②改善のために取り組んでいること

弱みについて答える際は、改善を目指している姿勢を示すことが大切です。改善するために、具体的にどのような取り組みをしているかを伝えましょう。弱みを受け止めるのは難しいので、自身を客観視して弱みを見つけられるだけでも評価される場合はあります。

しかし、弱みををそのままにしていると成長意欲がない、怠けていると思われることもあるのです。弱みと向き合って高評価が得られるのは、改善のために努力をしている場合に限られます。弱みといかに向き合っているか、どのように改善を目指しているか、具体的な方法や道筋を示すことが大切です。

キャリアアドバイザーコメント

伴 美寿々

改善した内容を話す際は過去の自分の言動を振り返ることが大切

面談をする中で、直近の体験から改善の話をする学生さんが多い印象を受けますが、一時的な改善であると捉えられてしまう可能性が高いので伝え方が重要になってきます!本気で改善したものなのに、「就活用に作ったもの」と人事の方に捉えられてしまっては悲しいですよね。

しっかりと過去の自分の言動から振り返る必要性があります。振り返ったうえで「なぜその時点では改善ができなかったのか」「その時点で改善しようとしたがなぜ達成できなかったのか」「過去に成し遂げられなかったことがなぜ改善できたのか」この流れで考えていくのがいいかと思います!やはり自己分析は非常に大事なのがわかりますよね!

面接でNGな弱み2つ

弱みを上手に伝えるには、注意点を知っておくことも大切です。弱みを伝えるだけでも多少なりとも印象を下げるリスクはあるので、答える内容には十分気をつけましょう。

①仕事をする上で致命的

弱みにはマイナスの要素が含まれていますが、題材によって程度が異なります。どのような内容でアピールを進めても問題ありませんが、致命的な弱みを提示してしまうと大幅に評価下げられかねないことは理解しておきましょう。致命的な弱みは企業によって違いますが、社会人全般で言うなら「時間が守れない」「何度も同じミスをする」といったことが挙げられます。

これらに加えて、その企業で仕事をする上で致命的となるものは、題材に選ぶのを避けなければなりません。営業職なら人と接するのが苦手、事務職なら正確な作業ができないというのも、致命的になりえるでしょう。志望先によって何が大幅なマイナス評価になるかは違うため、注意しなければなりません。

致命的な弱み一覧
  • 時間が守れない
  • 何度も同じミスをする
  • 人見知りをする(営業職)
  • 人と接することが苦手(営業職)
  • 正確な作業ができない(事務職)
  • 注意力散漫(事務職)

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

ネガティブや弱みは改善しづらく仕事への不安も煽るためNG

自身の癖や生活の習慣は改善の余地があるので、ポジティブに考えることが出来る弱みだと思います。例えば「不器用」や「計画性がない」などであれば、「不器用」なら「人より長い時間をかけてでも正確な仕事を行う努力をする」。

「計画性がない」なら「細かくルールや目標を決めていつまでに何をするのか意識をして行動する」など改善が出来ますよね。しかし、性格の面で「落ち込みやすい」や「飽きやすい」などのネガティブな弱みは、改善がしづらい上に、仕事に影響してしまうのではないか?という不安が生まれやすいのでNGです。

弱み・短所はそれを認めた上で改善出来ることが大切です。その点をしっかりと考えて弱みの話題を考えましょう。

②弱みがない

そもそも自分には弱みがなく、非の打ち所がないと思う人もいます。しかし、これもNGです。弱みがないと答えると、自身の弱みと向き合うことができていない、事前準備が不足していると思われ印象がよくありません。また、独善的、偉そうといったマイナスのイメージもつきやすいため注意しなければなりません。

面接官が質問したことに対して「ありません」「わかりません」と答えるのは、情報の提供を拒否しているのと同じとも言えます。すぐに思いつかない場合は「少し考えさせてください」などと答えるようにしましょう。

弱みについて答える際のアピール例文

弱みをアピールするポイントを把握したところで、アピールの例文もチェックしておきましょう。ポイントを踏まえて例文を確認することで、さらに細かい点まで理解が深められ、ブラッシュアップがしやすくなります。以下の例文を参考に、それぞれ何がいいのか、悪いのかを考え、自身のアピールの作成に役立てましょう。

例文①慎重過ぎる

例文

私の弱みは慎重過ぎるところです。何事も考え過ぎて動き出すのが遅くなってしまい、チャンスを逃すことがありました。なかなか行動に移せない理由について考えると、自分の中で選択肢が多く、どれを選ぶべきか悩んでいることが分かりました。
そこで、選択スピードを速くするべく、日常の何気ないことでも常に選択することを意識し、行動しました。何を着るか、何を食べるか、どの道から行くかといった些細なことでも「どちらがより良い選択なのか」を意識し続けることで、物事の決定スピードは上がりました。新しいことを始める時も、慎重に考えながらも素早い決断ができるようになり、チャンスも掴めるようになりました。

キャリアアドバイザーコメント

戸田 開

弱みを改善したことで上手くいったエピソードがあると◎

自分の弱みに対して、それを改善するために取った行動を書いている点は良いと思います。これだけでも、自分の弱みに対して真剣に向き合い改善を図ったことは伝わりますが、強いて言うなら改善されたことで上手くいったエピソードがあるといいのではないでしょうか。選択を迫られた場面でスピーディに選択を行い、結果的にチャンスをつかめた経験を挙げることで、相手によりリアルに弱みの克服が伝わるのではないかと思います。

例文②楽観的

例文

私の弱みは楽観的なところです。「やればできる」という考えのもと、よく調べもせずに行動してしまうことが多く、失敗した際のリカバリーに時間を要することがあります。弱みを改善するために、今では物事を始める前にきちんとしたプロセスを踏むようにしています。すると以前より効率よく物事が進むようになり、失敗も減るようになってきました。

この例文では、楽観的なところを弱みとして取り上げ、一貫性のある内容に仕上げています。楽観的な弱みのためにどのようなことが起きていたのかが説明されているため、わかりやすいです。改善策とともに実際に効果があることも伝えているので、着実に良い方向に動いていることがアピールできている例文です。

例文③心配性

例文

私の弱みは心配性なところです。通販会社でテレアポのアルバイトをしており、リーダーを任されていました。1週間で100件のノルマがあったのですが、ノルマに関して過度に心配しすぎて、バイト生に「そんなに頼りないですか?」と言われたことがありました。
そのときは根拠もなく心配していたので、数字などで明らかに不安な時だけ心配な旨を伝えるようにしました。その結果、バイト生との信頼関係も深まるようになりました。

この例文では、弱みとして心配性なことを取り上げており、こちらもバイト生から言われた言葉を伝えています。バイトリーダーとしての立場で過度に心配をしてしまい、部下にマイナスな気持ちを抱かせてしまったという、ビジネスの場でもありそうな事案です。社会人に共感されそうな具体例なので、改善策まで打てていることでアピールになる可能性が高いです。

NG例文①同じ失敗をする

NG例文

私の弱みは何度も同じ失敗をしてしまうことです。アルバイト先でもミスが多く、いつも怒らればかリです。ミスをなくそうとメモを取ろうと思うのですが、仕事の忙しさに追われ、メモを取る暇もありません。
また、メモを見ながらだとどうしてもマニュアル通りの対応となってしまい、イレギュラーな事態が起きた時に失敗を繰り返してしまいます。ミスをし、それを挽回しようと思って焦って、またミスを繰り返してしまうことも少なくありません。まずはミスをしても冷静さを保ち、その後何をすべきか考えることが、現状の課題と考えています。

こちらの例文は、題材自体がNGです。仕事をする上で大幅にマイナス印象となってしまうため、題材から変えたほうがいいでしょう。また、どのようにミスをするかを伝えているだけで、改善のための取り組みが示されていません。最後に改善のためにすべきことを提示していますが、結局何も行動には起こされておらず、これもNGポイントでしょう。

NG例文②マイナス思考すぎる

NG例文

私の弱みはマイナス思考すぎるところです。嬉しいことがあっても素直に喜べず、逆にプレッシャーを感じてしまいます。小さなことで落ち込むことも多いので、仕事をする上で周囲に迷惑をかけないように気をつけたいです。

この例文ではマイナス思考すぎるところを弱みとして取り上げていますが、この内容は面接官に不安を抱かせてしまいます。マイナス思考だけでなく、自分に自信がなさすぎる印象です。企業に採用してもらうためには、自分に自信がある姿勢を見せて安心感を持ってもらうことも大切です。

NG例文③野菜が嫌い

NG例文

私の弱みは野菜が嫌いなところです。野菜以外の食べ物は何でも食べれるのですが、幼い頃から野菜が苦手で食べられません。野菜の苦手を克服しようと、野菜ジュースで味に慣れるところから始めています。

この例文では野菜嫌いを弱みとしていますが、仕事に関係のない内容はNGです。野菜嫌いと聞いても、仕事には関係のないことなので評価のしようがありません。むしろマイナスの評価になります。企業の「入社後の働き方をイメージしたい」という意図を組んでいない内容と言えるでしょう。

入社後をイメージできる弱みとの向き合い方を伝えよう

面接で弱みについて答える際は、入社後をイメージできる内容にしましょう。仕事に関係のない弱みは避けた上で、仕事をする上で致命的にならない弱みを選ぶことが大切です。営業職なのに人見知り、人と接することが苦手、事務職なのに正確な仕事ができない、注意力散漫と答えると、そもそも適性がないと判断されるでしょう。

企業は弱みの内容そのものもそうですが、それ以上に向き合い方を重視する傾向にあります。そのため、弱みに対してどう向き合っているのか、改善に向けてどのような取り組みをしているのか、を伝えましょう。この部分がないと、入社後も苦手なことを放置して成長しないと思われてしまう可能性が高いです。

関連コラム