自己紹介で趣味を話すには|面接官の印象に残るポイントや例文をご紹介

この記事のアドバイザー

吉田 実遊

大学時代での学生団体の経験から、どんな人でもマインドと少しの工夫で必ず活躍の場を見つけ、充実した人生にしていけるということを体感。人生の中で占有率が高い「仕事」という側面から、より多くの人の幸せを追求するサポートをしたいという想いを持ち、新卒でポート株式会社に入社。後に、キャリアアドバイザーとしてのキャリアをスタートさせた。就活も仕事も人生を豊かにする選択です。学生さんのワクワクするような将来を少しでもサポートしていきます!まずはどんなことでもお話しましょう。

持田 伊織

大学時代、「目の前のお客様にに励ましを送る」ことを指針としていたゴスペル部で日々活動をしていました。卒業後も目の前の人の潜在的な可能性を広げていきたいとの思いからポート株式会社に新卒として入社。就職活動は、ご自身にとって明るい将来を描くための第一歩です!一緒に考えて納得するファーストキャリアを見つけていきましょう!

コラムの目次

  1. 自己紹介で話す趣味に悩む就活生は多い
  2. 自己紹介に趣味は必須ではない
  3. 自己紹介で趣味について話すときのポイント3つ
  4. 趣味がないのに質問された場合の対処法
  5. 自己紹介で趣味について話す例文
  6. 自己紹介をする時のポイント3つ
  7. 自己紹介で趣味を話す場合は基本項目に加える程度にしよう

自己紹介で話す趣味に悩む就活生は多い

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。これから面接をする就活生から

「自己紹介で趣味について話した方がいいの?」
「自己紹介で話す趣味はどのようなものがいいの?」

という声をよく聞きます。自己紹介は面接において第一印象を左右する場面と言えます。面接で必ず聞かれる質問とも言えるため、事前に内容を考えておくことが大切です。面接官が趣味について聞く場合はアイスブレイクの意味合いが強いため、そんなに身構える必要はありません。

しかし、自己紹介を考える際に、趣味について話した方がいいのか悩む就活生は多くいると思います。また、趣味の上手な話し方について知りたいという就活生もいるでしょう。そこでこの記事では、自己紹介で話す内容や話し方、趣味を話す場合の例文などをご紹介していきます。

自己紹介に趣味は必須ではない

就活生

自己紹介って面接の最初の方なので緊張します…。

キャリア
アドバイザー

そんな時は、自分が話しやすいことを盛り込むのがおすすめです。趣味など楽しく話せる話題で緊張をほぐしましょう。

面接で自己紹介をする目的は、自分の人となりを伝えて面接官が就活生の人柄を判断することです。また、面接に入る前の雰囲気作りをする役目もあります。緊張しているかもしれませんが、きちんと自己紹介をすることでスムーズに面接に移ることができるでしょう。自己紹介をする際に必ず話したい内容は以下のとおりです。

自己紹介で話す内容
  1. 氏名
  2. 学校名、学部、学科
  3. 学校で学んだこと
  4. 学生時代の活動や経験
  5. あいさつ

このように、趣味について話すことは必須ではありません。趣味について触れる場合は、これらの項目にプラスする程度がおすすめです。趣味や特技は面接の中で質問されることも多いので、長々と話し過ぎないように注意しましょう。

自己紹介で趣味について話すときのポイント3つ

①意外性を出すと印象に残りやすい

自己紹介で趣味について話す場合は、見た目や雰囲気とギャップがあるものがおすすめです。面接官は、就活生が面接室に入ってきた時点で印象を決定付けていることが多いので、それを覆すようなアピールをされると驚きます。意外性を見せることで、他の就活生よりも強く記憶に残ることができるのです。

意外性をアピールすることは印象に残るために効果的ですが、マイナスのギャップにならないように内容選びには注意しましょう。例えば「大人しく見えるがダンスが趣味」「陽気な雰囲気だが書道が得意」など、自分をより魅力的に見せる内容を取り上げることが大切です。

キャリアアドバイザーコメント

持田 伊織

聞き手の先入観を取り除いてプラスの印象を与えよう

最も大切なのは、聞き手の先入観を取り除くことです。初めての人に会うときは、相手がどのような人か判断がつかないため、第一印象で性格や特徴を捉えようとしますよね。例えば、私が担当させていただいた方の中で、すごく物静かそうな印象の学生さんがいらっしゃいました。

しかし、話していく中で、幼い頃から女子ラグビーを継続しており、常に勝つことにこだわりを持っていることが分かりました。一見静かな印象があっても、実際はとてもたくましく、意思を強く持ち、ストイックに行動出来るという本質は、プラスのギャップにつながりました。こういったギャップは印象に残りやすいです。

②本当の趣味について話す

自分をよく見せようとして嘘の趣味を話すことはNGです。自己紹介をはじめ、面接で話す趣味は本当に好きでやっていること、多くの時間を使ったことにしましょう。嘘の趣味を話しても自分の個性は伝わりません。また、面接の中で趣味について質問された場合に嘘とバレてしまう可能性が高いです。

本当の趣味であれば深掘りした質問にもスラスラ答えられますが、嘘をついている場合は回答に困ってしまいます。このような反応を面接官は見逃しません。「嘘をついているのでは?」と疑問を持たれてしまうと、大幅にマイナスの印象を与えてしまいます。自己紹介では企業へのアピールは意識せず、自分を知ってもらうことを目的に話しましょう。

ゲームやアニメなどは伝え方を工夫する

ゲームやアニメ、マンガなど、面接官によっては好印象を得られないようなインドアな趣味は伝え方を工夫しましょう。例えば「ゲームをするのが好き」「アニメを見るのが好き」のようにそのまま伝えるのではなく「ゲーム(アニメ)のどのような世界観が好きなのか」「考え方や行動に影響された部分はあるのか」などについて考えてみましょう。

例えば「ゲームではRPGが好きです。ストーリー性があり、映画のような感動を覚えることができます。」「スポーツ系のマンガを読むことが趣味です。私は走ることは得意ですが球技が苦手なので、マンガの中で活躍している登場人物に憧れの感情を抱くことが多くあります。」のように、趣味とする物事のどのようなところが好きなのかを具体的に伝えましょう。

キャリアアドバイザーコメント

持田 伊織

「ただ楽しいから」はNG。どこが好きなのかを深く自己分析しよう

ゲームやマンガが趣味の人は、目の前の仕事に没頭出来るという印象を与えられると思います。例えば、ゲームでは「どのようにミッションを攻略出来るのか?どうすれば次のステージに進めるのか?」などを考え、失敗しても何度もトライしますよね。そんな方は、どんな困難があっても成功させるためにロジックを立てて挑戦するというイメージがあります。

このようないい面がありながら、「ただ楽しいからゲームをしている」という話し方をしてしまうと、「好きなこと以外は頑張らないのだろうか?」という印象を与えてしまう可能性があります。ご自身の趣味を伝える時は、どんなところが好きなのかを深く自己分析してみると新たな発見があると思います。

ありきたりな趣味でもOK

映画鑑賞や音楽鑑賞、旅行や読書が趣味という人も多くいるでしょう。自己紹介で趣味を話す場合は、ありきたりでも構いません。ありきたりな趣味の方が面接官と一致する可能性が高く、会話が広がるきっかけにもなるでしょう。ただ、ありきたりな趣味について話す場合は、具体的な内容も加えることが大切です。

例えば映画鑑賞であれば「趣味は映画鑑賞です。海外映画を中心に週に2〜3本は観ています。最近観た映画は『〇〇』です」など、趣味ということが分かる情報を盛り込むようにしましょう。反対に、あまりやっている人がいないマイナーな趣味でも大丈夫です。面接官に興味を持ってもらえれば、面接の後も強く記憶に残ることができるでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

吉田 実遊

定性的・定量的な情報でリアルな内容を伝えよう

趣味について話す場合は、「面接官がどれくらいイメージできるか」が重要です。特に一般的な趣味であればあるほど、趣味にリアルさを持たせることで印象が濃く残りやすいです。ここで言うリアルさとは具体性の部分ですが、”定性的な情報”と”定量的な情報”の双方を盛り込むことが重要になります。

一般的な趣味は印象が薄くなりがちなので、”定性的な情報”と”定量的な情報”を伝えることで共通点を感じさせやすくしましょう。例えば「食べることが好き」と言われても、対象が広すぎてあまり共感度は高くないですが、「辛いものが好きで、週に1回は新しいお店を開拓している」であれば共感できる・興味を持ってくれる人はいそうですよね。面接は面接ですが、あくまでコミュニケーションなので、ぜひ素直に・リアルに伝えてみてください。

③ギャンブルや宗教系の趣味はNG

面接で話す趣味には、NGな内容があります。具体的に以下のような趣味を取り上げるのは避けましょう。

NGな趣味
  • ギャンブル系
  • 思想・政治・宗教系
  • 犯罪をイメージさせるもの
  • 寝ること
  • 合コン

特にギャンブル系や犯罪をイメージさせるものは、採用のリスクが高いと受け取られます。デモなどの政治運動に参加していることなども、面接ではマイナスイメージを与えかねないため避けた方が無難です。寝ることや合コンも無気力や不真面目という印象を与えるため、面接が選考の場であることを考えると適さない話題と言えます。

趣味がないのに質問された場合の対処法

就活生の中には、趣味がないという人も多いのではないでしょうか。趣味がない場合は、休日の過ごし方や時間を忘れて没頭できることを思い出してみましょう。休日にいつも家事をしているという人は、家事の内容からヒントを得られるかもしれません。他にも、家事の合間に息抜きとしてやっていることはないでしょうか。

このように視点を変えて日常を振り返ってみると、自然に好きなことやものに触れ合っているものです。ここまでの流れだけでも「休日はいつも家事をして過ごしています。家事の合間に少しずつ部屋の模様替えをしているのですが、家具の配置や雑貨のディスプレイを考えることが今の楽しみです」と文章が出来上がります。

自己紹介で趣味について話す例文

例文①

例文

〇〇大学経済学部経営学科から参りました〇〇です。ゼミでは地方創生を専攻しており、本を読んだり講義を聞いたりして知見を深めました。学業以外では山岳部に所属しており、先日「日本一高い岸壁に登る」という目標を達成することができました。
「男らしい」と言われることが多い私ですが、趣味はスイーツが美味しいカフェを巡ることです。本日はこのような貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

キャリアアドバイザーコメント

吉田 実遊

伝えたい情報が多いときは印象付けたいことを明確にしよう

意外性のある話をして印象付けるという点では、とても効果的な自己紹介ですね。大学時代の活動が多岐にわたっていたことも伝わる内容です。一方で、幅広く話すことを重視しすぎてしまうと、ひとつひとつの内容を薄く感じる可能性もあります。

どのような想いを持って取り組んだか、それぞれの活動に共通することは何か、そういった観点で話をまとめれば自己紹介がよりクリアに伝わりやすいでしょう。また、情報がたくさんある中で自分の何を印象付けたいのか明確にして、一瞬のインパクトではなく、あとで振り返ったときに思い出してもらえるような自己紹介にすることを目指しましょう。

例文②

例文

〇〇大学文学部英文学科から参りました〇〇です。国際文化を専攻し、異文化コミュニケーションについて学びました。また、3年の春休みにタイでホームステイした経験があります。タイでは英会話教室にも通い、多くの人と交流することができました。
タイで初めて挑戦したスキューバダイビングに夢中になり、帰国後も友人とダイビングを楽しんでいます。本日はこのような貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

キャリアアドバイザーコメント

持田 伊織

経験から学んだことなどの価値観についても触れておこう

タイでのホームステイは誰でも出来る経験ではないので、その経験をお伝えできるのはすごくいいと思います。しかし「ホームステイをし、現地の方と交流し、楽しんだ」で終わってしまうと、楽しい思い出をお話しされただけで、学生が持つ価値観や強みが見えにくくなってしまします。

この例文だと、「ホームステイを通して何が課題として見えたのか?」「どのように解決していこうと思ったのか?」「この経験から学んだことは何だったのか?」などを伝えるとより学生について理解が深まります。自己紹介で話せる範囲で触れてみましょう。企業は学生の思い出を聞いているのではなく、今後一緒に働いていけるパートナーかどうかを見ていることを意識するといいですね。

NG例文①

例文

〇〇大学経済学部経営学科から参りました〇〇です。マーケティングを専攻しており、企業とコラボ商品の開発をしました。趣味と言えるものはないのですが、強いて言えばジョギングです。走るのは得意ではないのですが、毎朝5kmと決めて走っています。御社に入社後も習慣にして続けて行きたいです。

この例文では学校で学んだことの次に趣味の話題を出していますが、サークルやアルバイトなどについても話した方がいいです。また、「趣味と言えるものはないですが」とネガティブな入り方をしているのも気になりますね。聞き手からすると「趣味について聞いてないけど…」と思ってしまいます。次の「走るのは得意はないのですが」も不要です。自分からマイナスなことを言う必要はないので、自信を持って話すことが大切です。

NG例文②

例文

〇〇大学情報学部情報学科から参りました〇〇です。Webコンテンツの企画運用について学び、大学のホームページ設計の一端も担いました。学業以外では、コンビニエンスストアでアルバイトをしていました。
趣味はゲームです。寝食を忘れてゲームに没頭してしまう日もあります。スマートフォンにも多くのゲームアプリが入っています。本日はよろしくお願いいたします。

この例文では、基本的な情報を話すことができています。その上で趣味について触れているので流れは悪くありません。しかし、「寝食を忘れてゲームに没頭している」という内容は不健康な生活を想像させるため、面接官に不安を抱かせる可能性が高いです。

社会人になってもこの習慣を続けた場合、寝坊やドタキャンなどのリスクもあります。また、スマートフォンにも多くのゲームアプリが入っていることで、依存性の高さも想像させるでしょう。生活に影響のない範囲で楽しんでいることを伝えられるといいですね。

自己紹介をする時のポイント3つ

①自己PRと混同しないようにする

自己紹介をする際は、自己PRと混同しないように注意しましょう。自己PRは自分の魅力をアピールして企業に売り込むものであり、自己紹介とは大きく異なります。自己紹介を求められているのに自己PRをしてしまうと、質問の意図を理解していないと思われてしまうのです。

自己PRをする時間は別に設けられているため、自己紹介では基本的な情報を話すことが正しい対応です。自己紹介では、企業への貢献の仕方などについて詳しく話す必要はありません。まずは初対面である面接官に向けて、自分の情報を知ってもらいましょう。

②1分程度で簡潔に話す

自己紹介は1分程度で話し終えるようにしましょう。1分で話すには、文字数にして250文字から300文字程度が目安になります。ただし、文章を暗記してしまうと緊張で忘れた際に何も出てこなくなるので、箇条書きにして話す内容をまとめておくのがおすすめです。

また、面接によっては「大学名とお名前をお願いします」と言われることがあります。このような場合は、聞かれている内容のみを答えましょう。大学名と名前だけを聞いているにも関わらず趣味などを話してしまうと、「話を聞いていない」「自己中心的」などのマイナスの印象を与えるため注意が必要です。

③好印象を与える振る舞いをする

初対面の相手に対して「なんだか元気がない人だなぁ」と思った場合、その後の会話で明るく話していても「元気がない人」というイメージが強く残りませんか?自己紹介は第一印象に大きな影響を与えるため、マイナスのイメージを与えないような振る舞いが大切です。自己紹介では、就活生らしいフレッシュさを出していきましょう。具体的には、以下のことに気をつけてください。

好印象を与えるポイント
  • 背筋を伸ばす
  • ハキハキと聞き取りやすい声で話す
  • 面接官の目を見て話す
  • 暗記した内容をそのまま話さない

自己紹介では、話し方や態度に気を配って話すことが大切です。面接全体で言えることですが、話す内容がすべてではありません。面接官と円滑なコミュニケーションを取ることが大切なので、自分が言いたいことを言うだけにならないように注意しましょう。

自己紹介で趣味を話す場合は基本項目に加える程度にしよう

自己紹介は自分を知ってもらうことが目的なので、氏名や学校名をはじめとした基本的な内容を話すことが最優先です。その上で学業や学業以外の活動(部活動やアルバイトなど)を話す流れになるため、趣味の優先度は低くなります。自己紹介で自分から趣味について話す場合は、基本の項目にプラスする程度にしましょう。

自己紹介で趣味について話す場合は、意外性を意識すると印象に残りやすいです。面接官の先入観をいい意味で裏切ることができれば、選考後も記憶に残りやすくなります。また、自己紹介では本当に趣味と言えるものだけを話しましょう。

「好印象を持たれやすいから」 「企業の社風に合っているから」という理由で嘘の趣味を話しても、面接の中で見抜かれる可能性が高いです。面接官に人間性を知ってもらうひとつのツールとして趣味について話せるといいですね。

関連コラム