営業職の志望動機の書き方|適性を伝えるスキルや例文をご紹介

この記事のアドバイザー

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

コラムの目次

  1. 営業職の志望動機で悩む人は多い
  2. 志望動機を書く前にやるべきこと
  3. 営業職の志望動機の書き方
  4. 営業職の志望動機例文
  5. 営業職に求められるスキルも知っておこう
  6. 営業職の志望動機は具体性と意欲が重要

営業職の志望動機で悩む人は多い

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。営業職を志望する就活生から、

「営業の志望動機の書き方がわからない」
「営業として採用される志望動機とは?」

という声を多く聞きます。営業職を募集する企業は多いですが、その分志望する就活生も大勢いるため、自分らしさを取り入れつつ志望動機を作成する必要があります。

新卒はポテンシャル採用なので、採用では「営業として活躍できるか」「成長できそうか」が見られます。そのため、志望動機は意欲をアピールすることを大切に作成していきましょう。この記事では、営業職の志望付きの書き方や例文などをご紹介していきます。

志望動機を書く前にやるべきこと

やりたいことの明確化

志望動機を書くためには「自分は何をやりたいのか」を明確にする必要があります。ここが明確になっていないと、企業に入社する動機があやふやになるのです。この記事を見ている皆さんは営業職を志望していると思いますが、営業職として何をやりたいのでしょうか?また、どうしてそれをやろうと思ったのでしょうか?

これらを考えて「〇〇をやりたい」→「なぜなら〇〇だから」→「これができるのは志望企業だけ」という流れを作ることで説得力を持たせることができます。やりたいことを明確にするためにも、自己分析をしましょう。過去の経験や自分の性格を理解することで、やりたいことや理想とする働き方が見えてくるはずです。

下の関連記事では、自分史やモチベーショングラフを使った自己分析の方法を解説しています。自己分析は志望動機だけでなく自己PRの作成にも役立つため、ぜひ参考にして見てください。

関連記事

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

https://careerpark-agent.jp/column/633

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

業界・企業研究

志望する企業のことはもちろん、業界について知っておくことも大切です。営業職はさまざまな業界・企業に属する職種なので「なぜその業界・企業でなければならないのか」を伝えるためにも研究する必要があります。業界や企業のことをよく知らずに、ただ「営業職として働きたい」と言っても、社員として採用される可能性は低いです。

上記の「やりたいことの明確化」ができている人は、志望する業界・企業でそれが実現できるのかを考えましょう。事業内容や仕事内容、強み、特徴を調べて、自分のビジョンに一致するのか確認する必要があります。営業職ひとつとっても、その方法やターゲット、商材には多くの種類があるため、企業HPや書籍などを活用して理解を深めることが大切です。

営業職の志望動機の書き方

①結論から書く

志望動機は「〇〇に魅力を感じているため貴社を志望します」のように結論から書く必要があります。志望動機として最も伝えたい内容を冒頭で書くことで、効果的に採用担当者の印象に残ることができます。採用担当者は多くのESや履歴書を確認するため、内容が整理されていない志望動機にはストレスを感じるのです。

履歴書やESは簡潔さ・わかりやすさが大切ですが、これは面接でも同じです。ただ自分の言いたいことを言うのではなく、相手がわかりやすいように整理して伝えるようにしましょう

②業界・企業でなければならない理由を書く

次に、その業界・企業でなければならない理由を書きましょう。営業職を志望する理由ももちろん大切ですが、それよりも大切なのが「なぜその業界・企業を志望するのか」です。その業界・企業に対して魅力を感じていること、業界・企業でなければできないことを書きます。

先ほどご紹介した「やりたいことの明確化」と「業界・企業研究」がここで活きてきます。ただ企業の情報を書き連ねるのではなく、企業ならではの強みと自身のやりたいことをリンクさせることが大切です。自分の価値観や考え方を提示することによって、企業側も適性を判断できます。

③仕事で貢献する方法を書く

最後に、企業に入社後どのように活躍するのかも書きます。大学時代の経験を元に再現性を意識すると、より説得力を持たせることが可能です。企業はやる気がある人を採用したいと考えますが、それだけではなく自社で活躍し、成長できる人材が欲しいとも考えています。

どれだけやる気があっても活躍や成長の見込みがないと判断されると、採用を見送られる可能性が高いことは理解しておきましょう。「営業職としてどのように働きたいのか」「自分のどういったところを武器に働くのか」などのビジョンを伝えることで、実際に働いている姿を採用担当者にイメージさせましょう。入社後のイメージが鮮明にできるほど、企業に適性のある人物ということになります。

営業職の志望動機例文

例文①

私は住宅の販売を通じて、多くの人の根本的な幸せづくりに貢献したいと考え、貴社を志望しました。私は父母と祖父母3世代で住んでおり、大学になって一人暮らしを始め、家族と一緒に暮らす素晴らしさと幸せに気づきました。
貴社では多世代向けの住宅販売が強く、業界でもトップシェアを誇っているため、私も営業の一員として働き、多くの人、世代が一緒に住める家を提案したいと考えています。大学時代は居酒屋でアルバイトをしていました。そこで培ったコミュニケーション能力を活かし、お客様一人一人に合った住宅を提案し活躍したいです。

例文①では、住宅販売の営業職の志望動機が提示されています。最初に業界を志望する理由、次に企業を志望する理由と続けられており、より具体的に動機が説明できているでしょう。また、実体験に基づく感想を入れることで、志望動機の根拠づけがさらに納得できるものになり、真実味のあるアピールになっています。締めではアルバイトの経験からコミュニケーション能力を提示し、どのように活躍するのかも述べられていて好印象です。

例文②

スポーツ用品の提供を通じ、もっと多くの人にスポーツの楽しさを知ってもらいたいと考え、貴社を志望しました。貴社は他のメーカーにはないマイナースポーツの用品も数多く製造しており、国内唯一の商品も多数あります。メジャーなものからマイナーなものまで幅広く流通させるお手伝いをすることで、多くの人にスポーツの喜びを伝えていきたいと考えています。
大学時代はフィットネスジムでアルバイトをし、コミュニケーション能力を身につけました。貴社では営業職として、クライアントに合った営業プランを考え、相手に合わせた提案をすることで、ひとつでも多くの商品を流通させたいと考えています。

キャリアアドバイザーコメント

仕事の内容だけでなく自身のキャリアプランも伝えよう

なぜスポーツ用品に関心を持っているのでしょうか?その背景は知りたいですね。アルバイトで得たコミュニケーション力は一言で表すとどんな力ですか?抽象度が高いワードなので、具体的にキーワードで示して頂いた方が伝わりやすいです。

「クライアントに合った営業プランを考え、相手に合わせた提案をすること」職種内容の理解をしてくれているのは分かりますが、内容を記載しているのみなので、ビジョンについては読み取りにくいですね。どのようなキャリアを歩みたいのかを最後にまとめるといいですよ。

例文③

私は珍しい調味料の流通を通じて、食卓をさらに豊かにするお手伝いがしたいと思い、貴社を志望しました。私は昔からスパイスが好きで、大学時代は本場インドでスパイス巡りの旅をしたこともあります。帰国後に〇〇を使ったスパイスを日本で探したところ、販売がほとんどなく、唯一取り扱っているのが貴社であり、現地のもの以上の品質のよさに感動しました。
入社後は、スパイスのよさを徹底的に理解したいと考えています。その上で魅力的に伝える営業プランを考え、商品の素晴らしさや独自性の高さをアピールすることで多くの商品を販売したいと考えています。

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

スパイスに対する自分なりのこだわりを伝えるとさらにアピールできる

強いて言えば「スパイスのどのような点が優れているか」を語るとなおいいと思います。スパイスが好きでインドに行ったという情熱は、とてもお仕事に興味を持ってくれている印象は持てます。自分なりにどんなスパイスが好きで素晴らしいと考えているかが分かると、さらにアピールに繋がると思います。

行動レベルで商材に並々ならぬ情熱を感じているのは伝わりますので、その魅力を冷静に自分なりの言葉で伝える工夫をしてください。「プロの方を前にして大変恐縮ですが」「おこがましいかもしれませんけど」など、前置きをした上で話し始めると面接官もスムーズに聞く姿勢に入れると思います。

商品のファンで終わらないよう注意

就活生

〇〇会社のコーヒーがとても好きなので、いつも飲んでいることを志望動機でアピールしようと思います!

キャリア
アドバイザー

企業は、就活生が入社後「活躍できるかどうか」を重点的にみているので、それだと「ただのファン」で終わってしまう可能性が高いです。

営業職の志望動機で多いのは、昔から商品やサービスを利用していた、愛着があるといった理由です。志望先の商品やサービスを利用した経験があるのは重要で、営業としても愛着を持つのは大切です。しかし、単にファンの目線だけで終わってしまうと、高評価には繋がらず、反対にビジネスを理解できていないとして、マイナス評価にもなりかねません。

愛着をアピールしたいなら、商品やサービスの素晴らしさを伝え、それを提供する側として、どのように関わりたいのか伝えることが大切です。消費者目線でのアピールは就活で評価されづらいため、愛着を示すなら必ずビジネス的な企業側の目線を取り入れたアピールを意識しましょう。

NG例文

例文

私は、貴社の主力商品である〇〇を小学生の頃から毎朝飲んでいます。〇〇は健康にとてもよく、冬に半袖で過ごしていても風邪をひきません。私はそんな〇〇をこれからも普及させるために、営業職として貴社で活躍したいと思っております。

「小学生の頃から」と書くことで企業の製品を長い間飲んでいることがわかりますが、「健康にいい」ということしか情報がありません。最後の「普及させるために営業職として〜」に関しても、どのように普及させるのかが書いていないため、具体的なビジョンが伝わらないですよね。やりたいことの明確化と業界・企業研究をして、内容を充実させる必要があります。

営業職に求められるスキルも知っておこう

営業職の志望動機を書く場合、「自分は営業に向いている」という適性のアピールもしておくと意欲が伝えられます。そこで、営業職に求められるスキルも知っておきましょう。

コミュニケーション能力

営業職は人と関わり続ける仕事であるため、コミュニケーション能力が欠かせません。営業職のコミュニケーション能力=プレゼン能力とイメージされやすいですが、実際にはこれだけではないため注意が必要です。確かに商品やサービスを売るには、上手にプレゼンをし、相手を魅了しなければなりませんが、売り込み方はそれだけではありません。

積極的に売り込まず聞き役に回り、相手が何を望んでいるのかを引き出していくことも大切です。聞き上手も重要なスキルのひとつで、両方含めてコミュニケーション能力であることは理解しておきましょう。

論理的思考力

商品やサービスを売り込むには、なぜそれが必要か、購入、契約しなければならないかを、相手に納得してもらう必要があります。押し売りではなく、合意の上で契約を勝ち取ることが大切であるため、必要性を明確に提示できる力が求められます。また、論理的思考力は単に営業をかける時だけ発揮されるわけではなく、その他の仕事を進めるためにも必要です。

売り込みをかける商品の選定や販路の決定、新規開拓をするならターゲットの絞り込みと、あらゆるところで論理的思考力が求められます。営業職の仕事は論理的に考え、筋道を立てて順序よく進めなければならないことは理解しておきましょう。

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

論理的思考力を鍛えるには日頃から「なぜ」を大事にしよう

論理的思考能力を身につけるには、常日頃から「なぜ?」の考えをもって生活するといいかと思います。論理的思考は一朝一夕に身につくものではありませんが、習慣化することで身につけることが出来ます。そういった意味では技術のようなものでもあるので、常日頃から意識して取り組むことで養いましょう。

もし、頭の整理が苦手な場合は一度紙に書いてみるのもおすすめです。紙に書くことでそのことがなぜ発生するのか、どんな影響があるのか、またそれに付随して考えられるものなど、頭を整理することが出来ます。少しずつ筋道立てて考えましょう。

スケジュール管理能力

営業は、1日に複数件の案件を同時に進めることもあります。そのため、スケジュール管理能力は必須であり、ダブルブッキングしたり、約束の時間に遅刻したりしないよう注意が必要です。約束を破ることは、社会人にとってはあってはならないことで、一度の失敗で大幅に信用を失ってしまう危険性もあります。

信用をなくすと商品が売れなくなり、販路が縮小して利益が下がることにも繋がるのです。大げさにも聞こえるでしょうが、実際にこの可能性は0ではなく、企業の利益を握っている営業職は、それだけ重要な仕事であるという理解が必要です。スケジュール管理は基本ですが、営業職だと難しくもあるからこそ、きちんとできる人は重宝されます。

キャリアアドバイザーコメント

就活でもスケジュール帳やスマホを活用しよう

自発的にスケジュール帳に書き込む癖がついている学生さん、メモを取ることが習慣になっている姿を見るとスケジュール管理能力があるなと感じます。手帳でも携帯カレンダーでも問わないですが、就活用専用で手帳を持参している学生さんは、こちらが見てもきれいにスケジュールの管理が出来ています。

学校のスケジュールや、バイトなど、1日に何件もスケジュールが詰まってしまう日もあると思います。選考を「忘れていた」で逃してしまうほどもったいないことはないので、手帳を用意するのがおすすめです!

営業職の志望動機は具体性と意欲が重要

志望動機の作成は、ポイントを押さえているならそれほど難しくはありません。上手にアピールするには、「具体性」と「意欲」の2点を意識することが大切であり、書き方を工夫する必要があります。全く同じ内容だとしても、書き方や文章構成を少し変えるだけで、全体の印象はがらりと変わり、評価のされ方が違ってくることも少なくありません。

少しの工夫でアピールはよくも悪くも変わるため、細かい点までいかに意識して作成できるかが、確実に高評価を得るポイントといえます。募集が多い営業職だからこそ、志望企業に特化したその企業にだけ使える志望動機を作成し、念入りなアピールで高評価の獲得を目指しましょう。

関連コラム