【自己紹介例文】盛り込む内容や好印象を与えるポイントをご紹介

この記事のアドバイザー

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

村井 俊介

大学時代に社会保障や少子化問題を学んでおり、働き方改革をしたいと考え、人材業界を目指す。大学卒業後、外資系の人材会社でコンサルタントとして、オフィス系からファクトリー系まで幅広い業界のお客様とお取引させえて頂いておりました。そこからポートへ転職をして、キャリアアドバイザーとして、学生さんキャリアの形成のお手伝いをさせていただいおります。一緒に明るい就活にしていきましょう!

伴 美寿々

大学卒業後、宝飾店にてジュエリーアドバイザーを経験。最年少で副店長になり、店舗のマネジメントと人材育成を経験。業界トップの塾の社長・役員秘書を経てポートへ入社。「わからない」を自分ひとりで抱えこまず、一緒に新しい世界へ飛び込む準備をしていきましょう。

コラムの目次

  1. 自己紹介は自分を印象付けるために重要
  2. 自己紹介に盛り込む内容3つ
  3. 自己紹介で好印象を与えるポイント3つ
  4. 自己紹介の例文
  5. 自己紹介は基本的な情報を短く簡潔に伝えよう

自己紹介は自分を印象付けるために重要

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から

「面接で自己紹介をお願いされたらどうすればいいですか?」
「自己紹介は簡単に済ませても問題ないですよね?」

といった声を多く聞きます。面接では、最初に自己紹介を求められることがほとんどです。自己紹介は簡単に済ませればいいと思う人も多いかもしれませんが、きちんと内容を考えておくべきです。

自己紹介は面接に置ける最初のアピールであり、印象付けるという点で重要度は高いと言えます。自己紹介の内容と伝え方のポイントを知って、好印象を与える自己紹介を作成しましょう。

自己紹介に盛り込む内容3つ

自己紹介を考える上で知っておきたいのが、基本事項の3つです。自己紹介は自由に考えて構いませんが、評価されるためには基本的なポイントを押さえておかなければなりません。

面接官が自己紹介をお願いする場合、就活生がどんな人なのか知りたいというのと、コミュニケーションのきっかけ作りをしたいという意図があります。面接官が求めていることを的確に伝えるためにも、これから紹介する内容を自己紹介に盛り込んでいきましょう。

①基本情報

まず、自己紹介をお願いされたら基本情報から伝えましょう。基本的な情報としては以下の内容があげられます。これらが盛り込まれていないと手元の資料と就活生が一致しているかどうかの確認ができないため、漏れがないように気をつけましょう。

基本情報
  • 氏名
  • 大学名・学部名
  • 学科・専攻コース名(任意)

氏名と大学名、学部名は必須です。学科や専攻コース名は、伝えられる場合のみ提示しましょう。

②パーソナルな情報

基本情報の他に、人物像を知ってもらうための情報も盛り込む必要があります。そのため、学校で学んできたことや学業以外での活動など、個人的な内容も踏まえてアピールしましょう。主な例だと以下が挙げられるでしょう。

パーソナルな情報
  • 学業
  • 研究課題
  • 部活動・サークル活動
  • アルバイトやボランティア活動
  • 趣味・特技

「自分を知ってもらえる」「自分を色濃く表す」という点が重要で、自分らしい内容を盛り込むといいでしょう。コミュニケーションのきっかけ作りとして、面接でこれからアピールしたい内容について触れておくのがおすすめです。

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

必要最低限の内容を考えてから肉付けしていこう

面接官の印象に残るような自分なりの自己紹介を考えてみましょう!サクサク考え付く方はそこから情報を削っていき、考え付かない人は簡潔に必要最低限の内容を考えてからそこから肉付けさせていきましょう。

また、自己紹介は伝えなければいけない内容(学校、学部学科、名前など)を除けば「フリー」の内容が多いです。面白い経験や変わったアルバイトをしている人はそういった点をアピールしていくのもいいですね!面接官の印象に残って、そこからお話が広がることもあります。

アイスブレイクのように、自身と面接官の方との間の距離感を縮めることも出来るのでいいかもしれませんね!ただ、もし変わった経験などをお話する際は、深堀される可能性が高いのでしっかりと詳しい内容が話せるように準備しておきましょう。自己紹介で印象付けることが出来ればその後の面接が進めやすくなると思うので、入口からつまずかないようにしっかりと準備をしましょう!

③面接への意気込み

自己紹介の最後に面接への意気込みも述べましょう。一言だけでも意気込みがあることで、真剣に面接に臨もうとしていることを伝えられます。意気込みといっても難しく考える必要はなく、どのように取り組みたいか、どのような思いを持っているかを簡潔に伝えるだけで構いません。

自己紹介自体がアイスブレイクの意味合いを持つため、「緊張していますが頑張ります」など素直な気持ちを伝えても問題ありません。また、「本日はそういった部分をお話できればと思います」と、自己紹介の中でも特に話したい経験や性格について触れてもいいですね。意気込みを伝えた後は「本日はよろしくお願いします」で締めましょう。

自己紹介で好印象を与えるポイント3つ

基本的な事項を押さえることで、少なくとも自己紹介と認めてもらえます。この時点でマイナスの印象を与えることはありませんが、さらに好印象を獲得するには詳細なポイントまで意識しなければなりません。細部までこだわることでアピール力が高まり、より魅力的に伝えられるでしょう。好印象を与えるポイントは大きく3つに分けられるため、それぞれ細かい点まで把握しておくことが大切です。

①大きな声で明るく伝える

自己紹介をお願いされたら、「はい」と返事をしてから大きな声で明るく話しましょう。面接では緊張しやすいため、意識していつもより大きな声を出すことが大切です。明るい声を出すなら、少し高めの声を意識するといいでしょう。声のトーンを上げることで響きやすく、ボリュームも大きくなりやすいです。

トーンを下げると響きが暗くなるだけではなく、自然とボリュームも下がりやすいため注意が必要です。第一声の印象は非常に重要であるため、最初の発声は特に意識しましょう。また、表情もにこやかになるように意識するとなおいいです。口角を上げて微笑む程度を意識しましょう。

②キャッチコピーを付けるのがおすすめ

内容を詰め込むと自己紹介はかえって分かりづらくなり、魅力も半減しやすいです。そのため、内容は簡潔にしなければなりませんが、これがなかなか上手くできずに困る人は多いでしょう。アピール内容を短くまとめることができないなら、キャッチコピーを考えてみるのがおすすめです。

キャッチコピーは特徴を一言で言い表したもので、文量を短縮しながら多くの情報を一気に伝えられます。例えば粘り強さや忍耐強さ、我慢強さといったことをアピールしたいなら、「石の上にも3年いられる粘り強さがあります」とアピールできます。キャッチコピーを付けることで他に余計な情報を盛り込まずに済み、かつ強いインパクトを持って伝えられるため、アピール力は高まるでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

キャッチコピーをつけるとキャラクターを印象付けられる

面接は発信型のコミュニケーションです。自分をアピールして覚えてもらう必要があるので「いかに他の学生と差別化をするか」考えることが大切。そういった意味でキャッチコピーなどを付けて印象づけるのは有効だと思います。

アピールの方向性を定めることでキャラクターも伝わりやすくなると思いますので、私自身も就活時はキャラクター設定をして面接に臨んでいました。相手の懐に入るのが大切。ぜひ親しみやすく印象に残るようなアピールを心掛けてください。

③1分程度で簡潔に伝える

企業によって指定は違いますが、基本的に自己紹介は1分程度で伝えましょう。1分以上になると長く、マイナス評価に繋がることも多いです。時間の指定があるならそれに従う必要がありますが、ない場合は1分程度が適当です。

1分程度ならアピール不足といった極端な印象を与えずに済み、短時間で上手くまとめられている点も評価されるでしょう。1分間に話せるのは、大体200〜300文字程度です。自己紹介を考える際は、文字数を意識しながら原稿に書き起こし、その後声に出して練習するのがおすすめです。

自己紹介の例文

ポイントを押さえて自己紹介を考えてみましょう。上手く思い浮かばない場合は、全体のイメージができていない可能性が高いです。例文を参考にしながら、どのような内容、構成で伝えるのか、より詳細なイメージを持っておくことが大切です。また、NG例文も参考にしながら、どのような点がマイナス評価になるのか、失敗しやすいのかもチェックしておきましょう。

例文①

例文

○○大学経済学部から参りました、○○と申します。大学時代は野球部に所属しており、ポジションはセンターでした。外野の一番遠いところからでも声が聞こえるということで、「人間メガホン」の異名を頂いたこともあります。元気の良さはもちろん、常に前向きな姿勢を持ち、何事も楽しみながら取り組めるのが私の持ち味を感じています。面接では元気の良さを感じてもらえるように、誰よりも大きな声で臨みたいと思います。本日はよろしくお願いします。

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

元気さをアピールするなら面接中も明るく対応することが大切

非常にキャッチーで分かりやすい自己紹介で、人事の方にも印象に残りやすいのではないかと思います。また、人間メガホンという部分から連想される「声の大きさ」だけではなく「元気の良さ」や「前向きな姿勢」という点をアピールできていていいと思います。

改善するといい点があるとすれば、人間メガホンという異名をもらって活躍した部分や評価をされた点も少し触れるといいかと思います。また、元気さをアピールするのであれば、多少答えにくい質問が飛んできても、明るさや元気の良さを失わないようにすることが大切ですね。

例文②

例文

○○大学文学部英米文学科から参りました、○○と申します。大学では文学を学んでいることもあり趣味は読書で、年間300冊は読んでいます。お気に入りの一冊は「十五少年漂流記」という冒険譚で、文字の世界で繰り広げられる冒険に何度読んでも心が踊らされます。
面接では読書で身につけた知識や想像力を発揮して、私という人間を知ってもらいたいと思っております。本日は何卒よろしくお願い致します。

趣味が読書とパーソナルな情報が開示されており、かつ年間の読書量を数字で示せているのがポイントです。定量的なアピールになり、印象的に伝わりやすいでしょう。また、お気に入りの一冊の感想を述べることで、読書好きであることを明確にできており、さらに面接への意気込みに繋げられているのも好印象です。

例文③

例文

○○大学商学部から参りました、○○ ○○と申します。大学時代は剣道部に所属し、4年間ひたすら打ち込み続けました。剣道は心技体の全てを磨く修行であり、厳しい修行に耐え抜くことで、忍耐力や精神力を鍛えられました。本日の面接も最初から最後まで気を抜くことなく真剣に打ち込み、これまでの成果をしっかり発揮していきたいと思いますので、何卒よろしくお願い致します。

キャリアアドバイザーコメント

村井 俊介

ポジティブな表現で一緒に働きたくなる印象を与えよう

良い点としては、剣道で修行というキャッチフレーズは面白くていいと思います。そして培ってきた経験のアピールが盛り込まれている点もいいですね。改善点としては、厳しい修行に耐えたという部分があげられます。「耐えた」というのはネガティブな表現なので、「乗り越えた」などのポジティブな表現に変えたほうがいいですね。

面接官も今後この人と一緒に働いていくことを考えています。自身に置き換えてもらえばわかると思いますが、ネガティブな人よりポジティブな考えをしている人と一緒に働きたいと思います。ポジティブに就活を楽しんでいきましょう!

例文④

例文

○○大学文学部教育学科から参りました、○○ ○○と申します。私は小さい頃からアメリカ文化に関心を持ち、古い時代の小説や映画作品を鑑賞し、大学時代には3ヶ月間の短期留学もおこないました。
留学先では研究を進めたのはもちろん、多くの人達と触れ合うことで、言葉の壁を超えたコミュニケーションが可能であることを学びました。面接官の皆様とも距離を縮められるよう精一杯頑張りますので、何卒よろしくお願い致します。

キャリアアドバイザーコメント

伴 美寿々

相手が理解できない言葉を並べないように気をつけよう

前半は、ご自身の趣味や経験してきたことが簡潔に伝えられていて、どういう方なのかがわかりやすくていいですね!探求心と行動力があることが伝わってきました。欲を言えば、アメリカ文化のどんなところに魅力を感じているのかがわかると、よりよくなる気がします。

改善が必要な点としては、「多くの人達と触れ合うことで、言葉の壁を超えたコミュニケーションが可能」があげられます。どのように工夫して言葉の壁を乗り越えたのかが伝えられたほうがいいですね。また、後半に出てくる企業に対しての「壁を乗り越えたコミュニケーション」について説明が不足している印象を受けます。抽象的で相手に理解できない言葉を並べないようにしましょう!

NG例文①

NG例文

大学時代は剣道部に所属し、主将を務めました。剣道は心技体といい、これら3つが揃ってこそ本物と認められます。個人の練習では技と体を、チーム全体を見る時は心を意識して取り組み、日々鍛錬に励みました。
鍛錬の結果、最後の大会では地区大会で優勝を勝ち取り、努力は裏切らないということを改めて実感しました。剣道で鍛えた心技体を活かし、社会に出ても活躍したいと考えています。お忙しいところお時間を割いて頂き、ありがとうございます。本日は、何卒よろしくお願い申し上げます。

自己紹介の大前提である、基本情報が明かされていないのが最大のNGポイントです。また、選考での意気込みが述べられていないのも、NGポイントでしょう。社会に出るに向けての意気込みは述べられていますが、志望先に限定されたものになっていないため、アピール力が下がっています。

NG例文②

NG例文

○○大学経済学部から参りました。○○ ○○と申します。私は○○という関東で知らない学生はいない有名なサークルに所属していました。サークルでは周囲を盛り上げるムードメーカーとして活躍していました。本日は、面接官の皆さんを楽しませるような面接にしていきたいです。

この自己紹介では「有名なサークルに所属していた」と自慢げに話しています。根拠がなく面接官も半信半疑になるので、あいまいな表現は避けた方がいいです。また、サークルの具体的な活動内容など、就活生の背景を知る情報がないのもマイナスと言えます。

NG例文③

NG例文

○○大学商学部から参りました。○○ ○○と申します。本日は貴重な機会をいただきありがとうございます。部活動は野球部のマネージャーをしており、休日はほとんどなく選手の試合に同行しています。料理が得意で、なるべく自炊するように心がけています。居酒屋でのアルバイトを2年間続けています。本日はよろしくお願いいたします。

この自己紹介はまとまりがなく、頭に浮かんだことをそのまま話している印象です。ただただ長いだけで、肝心の性格や何に最も力をいれたのかがわかりません。事前に話す内容を整理して、簡潔にまとめることが大切です。

NG例文④

NG例文

○○大学の○○と申します。私の強みはコミュニケーション力です。接客のアルバイト経験があり、そこで人と触れ合うことの楽しさを学びました。このコミュニケーション力を活かして御社の営業部門で活躍したいと考えております。本日はよろしくお願いいたします。

この例文は、自己紹介ではなく自己PRをしてしまっています。学部や学科が抜けていて説明不足な印象があります。強みのアピールをしたい場合は、あくまでも付け足し程度にしておく方がいいです。自己紹介では、学生時代にアルバイトに力を入れていたことと、何のアルバイトをどのくらい続けたのか程度の基本情報にとどめておきましょう。

自己紹介は基本的な情報を短く簡潔に伝えよう

自己紹介は基本的な事項をしっかり押さえることが大切です。ポイントは複数ありますが、大切なのは簡潔に伝えることです。自己紹介はあくまでその後の面接でのアピールの布石を打つものであり、ここですべてを伝える必要はありません。

提示する情報量が多くなりすぎるとかえって伝わりづらく、印象も悪くなりやすいため注意が必要です。簡潔にまとめて伝えることで、インパクトがあり、よい意味で気になる自己紹介になります。後で深堀りしてもらえる余地を残すためにも、短くまとめた自己紹介で簡潔なアピールを心がけましょう。

関連コラム