就活スーツは紺色の時代! 選ばれる理由と注意点を解説

アイキャッチ

この記事のアドバイザー

  • 高橋 宙

    体育関係の大学に在学していた関係からアスリートのセカンドキャリア支援を行うベンチャー企業で… 続きを読む

  • 北浦 ひより

    大学時代は、サッカー部のマネージャーとして選手のサポートに取り組む。選手に加えて、監督やコ… 続きを読む

  • 加藤 大智

    大学時代は、特別支援学校・小学校でイベントの企画・運営をするボランティアに注力。教職課程を… 続きを読む

コラムの目次

  1. スーツの定番色に変化! 就活生へのおすすめは「紺」
  2. どうしてスーツの色は重要なのか?
  3. 相手に与える印象が変わる
  4. 自身の人柄をアピールできる
  5. 社会人として最低限のマナーとなる
  6. 就活で「紺スーツ」が選ばれる3つの理由とは?
  7. ①真面目さ・明るさを表現できる
  8. ②業界を問わず使用できる
  9. ③入社後も使用することができる
  10. 紺色を選ぶ際は明るすぎない濃紺を選ぼう
  11. 紺色以外におすすめしたいスーツの定番色
  12. ダークグレー
  13. スーツは色だけでなく柄・光沢にも注目!
  14. 光沢
  15. 業界別に解説! おすすめスーツ色を紹介
  16. 印象が堅い業界は黒・濃紺
  17. 印象が柔らかい業界は濃紺・グレー
  18. Web面接ではダークカラーがおすすめ!
  19. スーツを購入する際のおすすめブランド
  20. ザ・スーツカンパニー
  21. スーツセレクト
  22. AOKI
  23. 洋服の青山
  24. 就活で印象が悪くなってしまうNGスーツ4つの特徴
  25. ①体のサイズに合っていない
  26. ②しわや汚れが目立つ
  27. ③定番色からかけ離れている
  28. ④柄の主張が強い
  29. 自分に適した紺色スーツを着て好印象を獲得しよう!

スーツの定番色に変化! 就活生へのおすすめは「紺」

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活において必要不可欠になってくるのが、リクルートスーツですよね。そんなリクルートスーツについてよく学生から、

「スーツの色は何色が正解なんですか?」
「就活において紺色のスーツはNGなんでしょうか」

といった相談を受けます。

結論から言うと、就活において紺色のスーツを着ることはまったく問題ありません。それどころか、紺色のスーツを着ることでさまざまなメリットも生じます。こちらの記事では、紺色スーツがおすすめの理由だけでなく、企業へ与える印象、他の色との違いについても詳しく解説しています。

リクルートスーツは決して安くはない買いものです。自分に似合った色を選ぶためにも、ぜひ参考にすると良いでしょう。

【完全無料】
キャリアパークが独自開発!
面接対策におすすめの就活資料

面接力診断
39点以下はアウト!あなたの面接偏差値を診断し、今するべき対策がわかります。

自己PR作成ツール
たった3分で自己PRが完成!面接での受け答えやアピールが簡単になります。

志望動機作成ツール
面接官に響く志望動機が作れる!誰でも入社意欲を伝えることができます。

自己分析診断ツール
あなたの強み・弱みを徹底解剖!自己分析が一瞬で終わります。

適職診断
あなたの適職が最短30秒でわかる!適職がわかれば自信を持って面接に臨めます。

どうしてスーツの色は重要なのか?

アップロードした画像


就活生

そもそもなんでスーツの色って重要なんですか?

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

スーツの色は着る人の印象を良くも悪くも大きく変えてしまいます。そのため、自分や着る場面に適した色を選ぶことが重要となってきます。

就活においてスーツの色は第一印象などを決める重要なポイントです。まずはスーツの色が従克において、なぜ重要なのかについて考えていきましょう。

相手に与える印象が変わる

スーツはビジネスシーンにおいては「円滑なコミュニケーションをおこなうためのツール」ともいわれることもあります。それだけ、スーツの色や柄、形が相手に与える印象は大きくなります。スーツの色は良くも悪くも相手に与えてしまう印象を変えてしまうことがあることを、ぜひ覚えておきましょう。

自身の人柄をアピールできる

スーツの色は着る人の印象を大きく変えます。そのため、適した色を選ぶことで自身の人柄も相手に伝わりやすくなり、面接において有利に働くことがあります

たとえば、明るい色を着ればその人の印象も相手には明るくうつりますし、逆に暗い色を着れば真面目で硬派な印象を与えることができます。相手に自分がどのような人柄であると伝えたいかによって、おのずとスーツの色は変わってくるでしょう。

社会人として最低限のマナーとなる

スーツはさまざまなシーンで用いられるため、場ごとに適した色や柄を選ぶ必要があります。

就活においては、派手すぎる色や柄など就活の場にそぐわない色のスーツを着用してしまった際は「社会人としての最低限のマナーが欠けている」と判断され、印象が悪くなってしまう要因になるでしょう

就活におけるマナーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

「就活マナーくだらない」は危険|状況別の実践方法をすべて解説

就活マナーを身に付けて面接官自身をもって面接に臨もう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「就活マナーって守らないとダメ?」                       「どんな就活マナーがあるのかわからない」 […]

記事を読む

「就活マナーくだらない」は危険|状況別の実践方法をすべて解説

面接の受け答えが不安なら、今すぐ弱点を診断しよう

面接では気をつけるべきポイントが多いです。
本番当日は緊張もあり、事前に対策しておかなければ受け答えで失敗する恐れがあります

そこで活用したいのが「面接力診断」です。
この診断を使えば、簡単な質問に答えていくだけあなたが面接で失敗しがちな受け答えがわかります

たった30秒で終わるので、今すぐ診断して面接対策につなげましょう。

就活で「紺スーツ」が選ばれる3つの理由とは?

就活で「紺スーツ」が選ばれる3つの理由

なぜ就活シーンにおいて紺スーツの人気が高まっているのでしょうか。理由としては大きく3つ存在します。ここでは紺スーツを着ることのメリットについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

①真面目さ・明るさを表現できる

紺色が相手に与える印象として、

  • 真面目さがある
  • 若々しさがある
  • 誠実さがある

などが挙げられます。就活の場において上記のような印象は、企業側も採用したいと考える学生の特徴と一致しているため、紺色は就活に適した色といえるでしょう。

また、紺色のスーツは黒色のスーツなどの暗い色のスーツと比べ、顔周りが明るくなり、表情が映えやすくなります。面接にて企業は学生の表情からも、その人の人柄を判断することがあるため、顔周りが明るくなることは紺色のスーツを選ぶメリットの一つとして挙げられるでしょう

②業界を問わず使用できる

スーツの色によって相手に伝わる印象が変わるため、志望する業界によってもとめる人材が異なるように、適したスーツの色も変わってきます。

しかし、紺色は柔らかい印象でありながら、カジュアルになりすぎないというメリットがあります。そのため、汎用性が高く、比較的どの業界でも好印象を与えることができる色とされています

③入社後も使用することができる

紺色はさまざまなビジネスシーンで使用することができるため、就活時だけでなく、入社後も使用する機会は多いでしょう。紺色は適度にカジュアルな印象を与えるため、ビジネスシーンだけでなく、結婚式やパーティーなど、フォーマルなシーンでも使用することができます

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

スーツは決して安い買いものではありません。そのため、就活のときだけでなく社会人になってもさまざまなシーンで着ることができる、汎用性の高い紺色を選ぶことをおすすめします。

企業によってはスーツ着用の指定はされず、服装は自由とするケースもあります。こちらの記事では、服装自由の際の服装について紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

就活のスーツと私服の使い分け方|服装自由の適切な対処法を解説

スーツと私服を適切に使い分けないとマイナス評価となることも こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「説明会で服装指定のない場合はスーツと私服どちらを着れば良いのでしょうか?」「私服の場合はどのような服装にすれば良 […]

記事を読む

就活のスーツと私服の使い分け方|服装自由の適切な対処法を解説

面接で失敗したくない人は
面接力診断ツールを活用しよう!

面接では気をつけるべきポイントが多くあります。対策なしで受けると面接官に見透かされ、不合格になる可能性が高まります。

そんな人は「面接力診断」を試してみてください。これを使えば、面接における自分の弱点を知れるので、面接対策につなげることができます

無料で診断できるので、100点を目指して使ってみてください。

紺色を選ぶ際は明るすぎない濃紺を選ぼう

紺色を選ぶ際は明るすぎない「濃紺」を選ぼう
アップロードした画像


キャリアアドバイザー

紺色スーツを選ぶ際は明るさに注意! 「濃紺」がおすすめです。

紺色のスーツを選ぶ際に注意すべき点が、色の濃さです。紺色と一概に言っても、群青色のような明るい紺色から濃紺色のようなダークカラーまで幅広く存在します。就活シーンにおいては「濃紺色」を選ぶようにしましょう。

群青色のような明るい紺色はオシャレですが、就活においてはカジュアルな印象が強くなってしまいます。明るすぎる紺色を着た場合、紺色の強みである真面目さや誠実さという印象を相手に与えにくくなってしまいます

色味によっては就活に適さず、評価を下げてしまう要因にもなります。企業にマイナスの印象を与えないためにも、スーツを選ぶ際は色味に注意しましょう。

紺色以外におすすめしたいスーツの定番色

紺色以外におすすめしたいスーツの定番色

おすすめは紺色ですが、紺色以外にも就活スーツに適している色があります。紺色以外に適している色の紹介に加え、色が与える印象について詳しく解説していきます。紺色以外についても興味がある学生は、ぜひ参考にしてみてください。

黒色はスーツの定番色として長年、学生から選ばれ続けています。黒色スーツを選ぶメリットとしては、下記の2点が挙げられます。

  • 多くの学生が着用しているため安心感がある
  • 明るさで色味が大きく分かれることがないため選びやすい

学生の多くが黒色のスーツを着用しているため「個性をアピールしにくい」という弱点はあるものの、業界や着用シーンを選ばない定番色としての強みがあるため、一着は持っていてもいいスーツといえるでしょう

印象

黒色スーツが与える印象
  • 真面目
  • 誠実
  • 重厚さ

黒色は着る人の見た目を引き締める効果もあります。しかし一方で、重厚な印象から「相手に威圧感を与えてしまう」可能性もあるため、自身が就活で主張したい印象が「真面目」「硬派」などの学生には適している色となるでしょう。

ダークグレー

グレーの中でも色味が暗いダークグレーも就活時に着ることができる色となります。ダークグレーを選ぶメリットとしては下記の2点が挙げられます。

  • 他の学生と差別化をすることができる
  • ビジネスシーン以外でも着ることができる

グレーは定番カラーの一つですが、黒色のスーツや紺色のスーツと比較すると、グレーのスーツを着用している学生は少ないです。そのため、面接時に他者と差別化をすることができ、面接官の印象に残りやすくなるでしょう

印象

ダークグレースーツが与える印象
  • 明るい
  • 知的
  • 上品な印象

グレーのスーツを選ぶ際は紺色と同じように、明るさに注意が必要です。明るすぎるグレーはカジュアルな印象が強くなってしまうため、石炭色のチャコールグレーなどのダークカラーを選ぶようにしましょう。

スーツは色だけでなく柄・光沢にも注目!

スーツの色によって相手に与える印象が大きく変わってきますが、そのほかにも「柄」や「光沢」にもこだわることで、相手へ与える印象が変わってきます。

スーツを選ぶ際、同じ色でもショップにはさまざまな形や柄のスーツが並んでいるかと思います。数あるスーツの中でどのようなスーツが就活に適しているのかを解説します。

どの色のスーツを買うか決めると次は「どちらの柄にしますか?」と聞かれることもあるでしょう。スーツの柄と一口に言っても、無地・ストライプ・チェックなど数多くあります。

就活のスーツにおけるおすすめの柄は「無地」「ストライプ柄」の2つです。柄は色と同様、相手に与える印象を大きく変える要素の一つとなるため注意しましょう。

定番は無地

基本的に就活の場においては、無地のスーツが適しているとされています。スーツの柄については企業でも意見の分かれるところであり、スーツの柄に関して「特に気にしない」という意見と「カジュアルすぎる」という意見もあります。

もちろん柄の濃さによってカジュアルすぎない印象を与えることはできますが、否定的な意見もあるため、就活においては無難な無地を選ぶことをおすすめします。

派手すぎないストライプ柄

スーツの柄に対して否定的な意見もあるとお伝えしましたが、カジュアルになりすぎないストライプ柄は就活時のスーツとして着ることができます。

ストライプ柄のスーツを選ぶポイントは次の2点になります。

  • 柄色は薄いものを選ぶ
  • ストライプ幅は細いものを選ぶ

ストライプ柄があることで、学生の個性を引き出し、他者と差別化することができます。加えて、ストライプ柄があることで無地よりもスタイルを綺麗に見せることができ、好印象を与えることもあります。

光沢

次に生地の光沢にもこだわってみましょう。生地によって光沢や質感が変わってくるため、同じ色でも光沢のある紺と光沢のない紺では印象が大きく変わってきます

マットな質感を選ぼう

光沢がある生地は光の加減で色味が明るくうつってしまい、必要以上にカジュアルな印象を抱かれる可能性があります。そのため、就活時のスーツとしては適していないと判断されてしまう要因になります。

光沢の少ない色を選ぶためには、マットな質感の生地を選ぶようにしましょう。マットな質感の生地は艶や光沢が少ないことが特徴に挙げられ、カジュアルな印象を押さえることができます。

生地の選び方としては、材質を確認すると良いでしょう、ウールやポリエステルなどを使用していることが多いため、スーツを選ぶ際に注意して見てみましょう。

キャリアアドバイザーコメント

北浦 ひよりプロフィール

スーツを購入する際は就活用の髪型・メイクも準備することをおすすめ!

既製品のスーツを購入しに行く際は、男性は就活で実際に着用するワイシャツとネクタイ、靴で、女性はブラウスと、靴、さらにメイクなどの準備をおこなうと良いでしょう。就活にふさわしいスーツの色を紹介しましたが、黒と一口に言っても色合いが微妙に異なります。他の色も同様です。実際に試着し、自分の肌の色に合うものを選ぶのも大事です。

また、サイズに関しては直立時だけでなく、着席時のサイズ感も確認すると良いでしょう。とくに上着の袖丈スラックスやスカート丈は着席時に少し短くなりやすいです。試着したら必ず椅子に座って長さを確認しましょう。

サイズの目安としては、スカートは座った際に膝から少し上に裾がくるぐらいにするといいでしょう。スラックスの長さは自分では見えにくいため、店員さんに見てもらいながら、長さ調整をしてもらいましょう。

その他にも、上着のボタンを留めたまま座った際に着用感が窮屈になりすぎていないかなど、胴回りのチェックも忘れないようにしましょう。

業界別に解説! おすすめスーツ色を紹介

志望する企業によってスーツの色を変えるという方法もあります。スーツの色によってそれぞれ印象が変わるため、自身が目指している業界に適した色を選ぶと良いでしょう。

黒やグレーは業界によっては最適ではない場合がありますが、濃紺は黒とグレーどちらの強みを有しているため、業界を選ばず着用することができるでしょう。

印象が堅い業界は黒・濃紺

公務員や金融業界、一般的な企業などにおいては、黒や濃紺などの落ち着いた印象を与えることができる色味が適しているとされています

印象が堅い業界においてはサービス内容や業種の系統より、「真面目」「誠実」などの印象が好まれる傾向にあります。比較的カジュアルで個性的なグレーのスーツなどは控えたほうが良いでしょう。

印象が堅い業界の一つとして、保険業界があります。その中でも生命保険業界に興味のある学生はこちらの記事も併せて確認すると良いでしょう。

関連記事

生命保険業界ってどんな業界? 職種から志望動機の書き方まで網羅

業界を正しく知ることが生命保険業界の内定への近道! こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就職活動を始めたばかりの就活生から 「生命保険業界とは、どういった業界なのでしょうか?」「生命保険業界を志望しているのですが […]

記事を読む

生命保険業界ってどんな業界? 職種から志望動機の書き方まで網羅

金融業界に興味のある学生はこちらの記事を参考にすると良いでしょう。

関連記事

業種別例文11選! 受かる金融業界の志望動機の秘訣5つを徹底解説

倍率の高い金融業界は志望動機で印象に残ることが大切! こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「金融業界の志望動機はなにをアピールすればいいのでしょうか」「金融業界の志望動機を作るときにやってはいけないことはありま […]

記事を読む

業種別例文11選! 受かる金融業界の志望動機の秘訣5つを徹底解説

印象が柔らかい業界は濃紺・グレー

広告業界やテレビ業界、アパレル業界などのクリエイティブな業種やカジュアルなサービスが提供される業界では、明るい印象を与えるグレーや濃紺といった色が好まれるでしょう

印象が柔らかい業界では「明るさ」「親しみやすさ」「誠実さ」などの印象が好まれる傾向にあります。そのため、自分の個性を最大限に主張することができるような、表情が明るくうつる色を選ぶと良いでしょう。

業界ごとの特徴について知りたい学生は、こちらの記事を参考にすると良いでしょう。

関連記事

就職活動で失敗しない業界選び|8業界の特徴や適性を完全網羅

就職活動は業界研究を怠ると痛い目に合う こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。 「自分の適性に合った業界がわかりません」「就職する業界はどのように選ぶと良いのでしょうか?」 就活の本格化を前に、このような質問をされ […]

記事を読む

就職活動で失敗しない業界選び|8業界の特徴や適性を完全網羅

マスコミ業界を志望している学生は、ぜひこちらの記事も併せて確認してみましょう。

関連記事

マスコミ業界で働きたい学生必見! ライバルと差がつく業界知識を伝授

情報を届けるマスコミ業界は多くの職種がある こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「マスコミ業界に興味がありますが業界の特徴や就職するためのポイントを知りたいです」「マスコミ業界ならではの選考対策があれば知りたい […]

記事を読む

マスコミ業界で働きたい学生必見!  ライバルと差がつく業界知識を伝授

広告業界を志望している学生は、こちらの記事も併せて確認してみましょう。

関連記事

例文6選|広告業界の志望動機に欠かせない3つのポイントと書き方

広告業界は志望動機を明確化することが大切 こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活中の学生から、 「広告業界に興味があるけど難しそう」「志望動機の書き方がわからない」 と相談を受けることがあります。「華やか」「か […]

記事を読む

例文6選|広告業界の志望動機に欠かせない3つのポイントと書き方

アパレル業界を志望している学生は、こちらの記事も確認してみましょう。

関連記事

アパレル業界に就職したい学生必見! 最新動向や選考のコツを解説

アパレル業界を目指すなら最新の業界研究が欠かせない こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「アパレル業界を志望していますが、知っておくべきことはありますか?」「アパレル業界に就職するための対策を教えてください」 […]

記事を読む

アパレル業界に就職したい学生必見!  最新動向や選考のコツを解説

どの業界を目指すか絞りきれていない学生は、こちらの記事を参考にすると良いでしょう。

関連記事

就活が一気にはかどる業界を絞る方法|絞り方・注意点・時期まで解説

就活で業界を絞るのは注意が必要 こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活の準備をする時期になると、 「業界を絞って就活をした方がいいのでしょうか?」「いつから、どの程度業界を絞ればいいのでしょうか?」 というよう […]

記事を読む

就活が一気にはかどる業界を絞る方法|絞り方・注意点・時期まで解説

Web面接ではダークカラーがおすすめ!

近年は面接をオンラインにておこなうWeb面接が増えています。Web面接では画面を通じて面接官とコミュニケーションを取るため、スーツの色も画面映りが良いものを選ぶ必要があります。

Web面接では暗めの色合いが画面映りが良いとされています。そのため、スーツにはダークカラーの濃紺やチャコールグレーなどの、ダークカラーがおすすめとなります。

アップロードした画像



キャリアアドバイザー

Web面接では上半身のみが映るため、胸もとにも注意が必要です。男性の場合はネクタイの色にもこだわってみるのも良いでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

高橋 宙プロフィール

Web面接でも上下スーツを着よう!

最近はコロナ感染の影響でWeb面接が主流になってきました。Web上では胸から上しか映らないため、中にはスーツは上着だけを着用し、下半身はパジャマという学生もいるようです。しかし、画面上で見えないからといっても油断は禁物です。Web面接には対面と同様、きちんとした身だしなみと服装で臨みましょう。

面接時に何かの事情でうっかり立ち上がってしまい、面接官にパジャマ姿を見られてしまう可能性もあるかもしれません。仮に見られてしまった場合は、就活に対する真剣さと意欲が欠けていると疑われてしまう要因にもなるでしょう。

企業によっては、内定直前には対面で面接を実施する場合もあります。その時のための練習にもなりますので、Web上でも服装だけでなく、座った時の姿勢や手を置く位置も対面面接と同様に気を配るようにしましょう。

Web面接の対策をおこないたい学生は、こちらの記事を参考にすると良いでしょう。

関連記事

web面接準備マニュアル|14のチェックリストとNGを一挙紹介

Web面接のコツを知っておこう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。最近、Web面接の需要が高まっています。そんな中、就活生から 「Web面接をするのが初めてで何をすればいいかわかりません」 「Web面接って対面 […]

記事を読む

web面接準備マニュアル|14のチェックリストとNGを一挙紹介

スーツを購入する際のおすすめブランド

スーツは決して安い買いものではないため、失敗のないように何度も試着をして選ぶことをお勧めします。ここではおすすめのスーツブランドを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ザ・スーツカンパニー

特徴
  • 高品質でありながら低価格な商品の提供

ザ・スーツカンパニーの大きな特徴の一つとして、高品質の生地を大量に仕入れているため、高品質でありながら低価格で提供することができるという点があります。若者のトレンドにも敏感で、押さえた本格的なスーツを購入することができます。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

学生向けのレンタルサービスも提供しています。「就活のためだけにスーツを買いたくない」と考えている学生には、ぴったりのサービスですね。

スーツセレクト

特徴
  • オーダーメイドでのスーツの注文が可能

最大の特徴は低価格でオーダーメイドスーツを作ることができる点にあります。自分の体のサイズに合ったスーツを選ぶことも、適したスーツの色を選ぶのと同様に重要なポイントになります

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

スーツセレクトは日本全国に店舗を構えていますが、オンライン上でもオーダーメイドスーツを注文することもできます。オーダーメイドと聞くと敷居が高いように感じるかもしれませんが、就職後も長く使い続けられるスーツが欲しい学生にはオーダーメイドスーツはおすすめです。

AOKI

特徴
  • 価格の安さと就活生のニーズを汲んだ機能性の高い製品

AOKIのスーツは「価格の安さ」「機能性」を特徴としています。加えて、さまざまなキャンペーンもおこなっているため、さらにお得に購入することができるのも強みの一つです。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

AOKIは学生のリアルな声を反映させた就活に特化したスーツを提供しています。洗えるスーツやしわになりにくい生地など、学生のお財布にも優しいスーツを買うことができます。

洋服の青山

特徴
  • 歴史あるブランド力と品ぞろえの豊富さ

「紳士服・スーツ販売数世界No.1」を掲げている有名ブランドです。老舗企業でありながら、低価格帯のスーツの品ぞろえも豊富です

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

低価格でスーツを購入できるだけでなく、シャツや革靴、ハンカチ、リクルートバックなどをセットで購入することができます。一からスーツをそろえる手間を省くことができるでしょう。

就活で印象が悪くなってしまうNGスーツ4つの特徴

就活で印象が悪くなってしまうNGスーツ4つの特徴

最後に就活においてスーツが影響で、印象が悪くなってしまう人の特徴について紹介します。今まで着る機会が少なかったスーツだからこそ、自分ではなかなか気づかない点もあるかと思います。ぜひ参考にしてみてください。

①体のサイズに合っていない

体に対して大きすぎるスーツは着るとブカブカになってしまい、だらしない印象を相手に与えてしまいます。逆に小さすぎるスーツは、頭が大きく見えてしまったり、必要以上に体のラインが強調されてしまうため、これも控えたほうが良いでしょう。

スーツは必ずショップの店員に聞くか、何回も試着をして購入することをおすすめします

②しわや汚れが目立つ

連日の説明会や面接で、スーツにしわや汚れがついてしまうことがあります。その状態で面接に臨むと、清潔感のない印象を与えてしまいます。

ダークカラーのスーツはとくにしわや汚れが目立つため、常にスーツの状態を確認するように心掛けましょう。スーツによってはしわの付きにくい素材や丸洗いできるものもあるので、気になる学生はチェックしてみましょう。

③定番色からかけ離れている

濃紺・黒・グレーなどの定番色からかけ離れている色のスーツを着ることも控えるようにしましょう。

就活において他者と差別化をして、個性を主張することはとても重要です。しかし、場に適していない逸脱したスーツの色は、逆に評価を下げてしまう要因になるため、注意が必要です

④柄の主張が強い

就活においてスーツに柄があることは決してNGというわけではありません。しかし、主張の強すぎる柄はカジュアルな印象を与えすぎてしまい、色と同様に評価を下げてしまう要因になります

柄のあるスーツを着たい場合は、柄の色味や線の主張が強すぎない「ストライプ柄」を選ぶと良いでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

加藤 大智プロフィール

連日スーツを着る人は2着以上準備しておくことがおすすめ!

就活期間は半年から1年余までに及びますので、スーツを毎日着用する場合もあることでしょう。1日着用をしたら、翌日は別のスーツを着るという流れが理想的といえるでしょう。

しかし、Web面談が増えている影響でコロナ以前のように終日スーツを着たまま歩き回ることが少なくなったため、2〜3日同じスーツを続けて着ても大丈夫かもしれません。ただし、着用後はしわや汚れはすぐに取り除き、風通しの良い場所にハンガーにかけておきましょう。

スーツは汚れにくくオールシーズン着用できるものがおすすめ

就活用スーツをシーズンごとに揃えるのは金銭的負担も大きいため、オールシーズン対応のスーツが2着あればいいでしょう。2着買うと割引になる店舗もありますし、最近はしわになりにくく、自宅で洗えたり、抗菌加工されたものやストレッチ機能があるスーツもあります。

また、ほこり、花粉、PM2.5の付着を防ぐ衣類の静電気防止スプレーや、防水スプレー、アイロンなしでシワ取り&消臭・静電気防止効果も備えたスプレーなどを活用するのもおすすめです。ほこり取り用のグッズも様々出回っていますが、携帯用には折りたたみ式エチケットブラシがあると便利ですよ。

自分に適した紺色スーツを着て好印象を獲得しよう!

スーツは就活における武器の一つです。紺色のスーツは着た人の表情を明るく見せ、面接官に好印象を与えやすい色と言われています。スーツの着こなしを含めた身だしなみは、就活のマナーの一つでもあります。適切な色、柄、サイズを選び、ライバルに差をつけましょう。

面接の受け答えが不安なら、今すぐ弱点を診断しよう

今すぐ診断する(無料)今すぐ診断する(無料)

面接では気をつけるべきポイントが多いです。
本番当日は緊張もあり、事前に対策しておかなければ受け答えで失敗する恐れがあります

そこで活用したいのが「面接力診断」です。
この診断を使えば、簡単な質問に答えていくだけあなたが面接で失敗しがちな受け答えがわかります

たった30秒で終わるので、今すぐ診断して面接対策につなげましょう。

記事の編集責任者

北原 瑞起きたはら みずき

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。プロフィール詳細

記事についてのお問い合わせはこちら

就活で悩んでいるあなたに

関連コラム