面接に落ちる理由4つと対処法|原因を把握して弱点を克服しよう

この記事のアドバイザー

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

増子 航平

大学時代、北海道にてNPO法人の立ち上げ、子供の貧困問題・格差問題に取り組む。その後、新卒でポート株式会社へ入社しキャリアアドバイザーを務める。1年目は新人賞を獲得し、2年目でチーフに就任。仕事には人生の大半を費やすことになります。だからこそ仕事の楽しさを伝えたいです。どんな人にも活躍出来る場はあると思っています。それを見つけていきましょう!

コラムの目次

  1. 面接で落ちることには原因がある
  2. 面接で落ちる理由4つ
  3. 面接の練習をして内定を目指そう
  4. 面接に落ちる場合にやっておきたいこと
  5. 面接に落ちる理由を見つけて対処しよう

面接で落ちることには原因がある

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から

「また面接に落ちてしまいました」
「あと何回落ちればいいんだ…」

という声を多く聞きます。面接で落ちてばかりなら取り組み方を見直す必要があり、何を改善すべきかを考える必要があります。いかに面接をスムーズに攻略できるかが、就活の成否を分けるカギといっても過言ではありません。面接で落ちる理由から対処法までをおさえ、内定を獲得しましょう。

面接で落ちる理由4つ

面接のスムーズな攻略を目指すには、まずは落ちる理由を知っておくことが大切です。どのような理由があるのかを知っておくと、自分に当てはまることがないかがチェックでき、改善もしやすくなります。また、事前に落ちる理由を把握しておくと、それをいかに避けるかを考えやすくなり、落ちないための予防策にも繋がるでしょう。

①自己分析が不足している

就活の基礎とも言える自己分析は、きちんとできていないと面接で落ちる可能性が高いです。極端な例ですが、面接で「あなたの強みは何ですか?」と質問されて下のように回答する就活生がいた場合、もちろんAくんの方が魅力的に見えますよね。

A「まわりの人を巻き込む求心力です」
B「えーと、わからないです」

面接は、簡単に言えば自分がどのような人間かを知ってもらう場です。履歴書やESにもある程度のことは記載していますが、それだけでは合否を判断することができません。

面接では、書面では伝えきれない人柄や能力を上手にアピールできるかどうかが重要です。自己分析ができていないとアピールする内容に困ってしまい、結果的に上手く伝えられず不合格になることが多いです。

こちらの記事では、効果的に自己分析ができる自分史やモチベーショングラフの作成方法を見本つきで紹介しています。自己分析をやっていない、または軽く終わらせただけという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

https://careerpark-agent.jp/column/633

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

②業界・企業研究が不十分

業界・企業研究も非常に重要で、これができていないと面接において志望度が低いと思われます。就活では複数の企業の選考を受けるのが一般的なので、その中で自社を何番目に志望しているのか気にする企業は多いです。業界・企業研究ができていない=それほど興味を持っていないと判断され、企業に対する優先順位が低いとみなされます

すると、内定を出しても辞退される可能性が高いと捉えられ、不採用になりやすいです。選考が進むほど企業研究が重要になります。企業の公式HPやSNS、最近のトピックスなどの情報を多く集めましょう。面接の中で「先月○○の開発をされていましたが~」などと切り込めば、面接官の印象にも残りやすいです。

③基本的なマナーが守れていない

面接ではマナーも重要視されており、特に基本的なマナーは評価を握る重要なポイントです。面接官に不快感を与えずによい印象を残すためにも、マナーは重要になります。細かいマナーはいくつもありますが、基本としては以下が挙げられるでしょう。

  • 時間を守るあいさつをする
  • 身だしなみを整える
  • 正しい言葉遣いをする

これらはひとつでも守れていないと大幅に印象を悪くしやすく、マイナス評価にも繋がります。面接において遅刻は厳禁ですし、あいさつは社会人としての基本です。身だしなみについては、清潔感を重視する必要があります。

髪や服装、靴まで綺麗に仕上げることで、きちんとした印象になります。言葉遣いについては、無理に難しい言葉を使わないようにしましょう。たまにおかしな敬語を話す就活生がいますが、無理をせず相手に伝わるように話せれば十分です。

面接中のマナーや入退室のやり方に自信がないという人には、こちらの記事がおすすめです。イラストつきでわかりやすく解説しているので、面接前のチェックにも活用してくださいね。

関連記事

一次面接対策|入退室のマナーやよくある質問の例文をご紹介

一次面接を突破するには こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。書類選考に通り、いざ面接に臨んでも 「一次面接で落ちてしまう」 「面接官からいい反応がもらえない」 と困っている就活生が多く見受けられます。一次面接を受 […]

https://careerpark-agent.jp/column/882

一次面接対策|入退室のマナーやよくある質問の例文をご紹介

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

面接では服装や座り方などにも注意しよう

面接では、椅子に座った時に軽く手は握るようにしましょう。だらっと手を開いた状態では少しルーズな印象を与えてしまいます。女性の場合は手を重ねて、膝の上に置くといいです。背中から上に吊られている感じで背筋を伸ばし、背もたれからは少し間を空けるように座りましょう。

心理学には「メラビアンの法則」という理論があります。これは話し手が聞き手に与える影響は「視覚情報」が55%を占めるというものです。見た目は髪形や服装、身振り、手振りを交えた身だしなみや印象によるところが大きいです。服装がちゃんとしていないといくら前向きで素晴らしい発言があっても人の心は動きません。身だしなみを整え、ハキハキと明るい対応を心掛けましょう。

④志望動機が充実していない

面接で落ちる理由としては、志望動機の「志望する理由の説明」が薄いこともあげられます。「なぜ企業を志望するのか」を具体的にわかりやすく提示することが大切です。これがないと、志望度が低いと思われてしまいます。新卒はポテンシャル採用の傾向にあるため、志望度の高さや仕事へのやる気の高さが特に重要視されています

志望する理由の説明が不十分だと、志望度が低いだけではなく、入社してもそれほど大きな成長は見込めないと判断されるため注意が必要です。面接で伝える志望動機は、事前に提出する履歴書やESの内容をベースとするため、書類の時点から念入りに作成しておかなければなりません。「なぜ入社したいのか」「なにがしたいのか」などを深掘りして考えましょう。

志望動機例文

例文

私は安全な住宅の提供を通じて人々の豊かな暮らしに貢献したいと考え、御社を志望しました。御社ではバリアフリー住宅に強みがあります。人々が一生を共にする住宅において、将来を見据えたバリアフリー構造は必要不可欠と考えております。
私は大学時代に老人ホームでアルバイトをしていた経験があり、同世代だけでなくお年寄りにも寄り添った住環境の提供に力を入れたいと考えております。そのためにもお客様とのコミュニケーションを大切にし、一人でも多くの方に快適な住宅を提供していきたいです。

安全な住宅の提供を通じて、豊かな暮らしに貢献したいという志望動機が語られています。志望動機を最初に結論付けることで、アピール内容を明確にすることができています。バリアフリー住宅という企業独自の強みを取り上げて自分のやりたいこととリンクさせることで、より入社意欲をアピールできています。入社後にやりたいことにも触れられており、好印象を与えられる志望動機と言えるでしょう。

志望動機NG例文

例文

私は幼い頃から団地に住んでおり、一戸建てに憧れがあります。御社に入社して業績を上げることで、自分もいつか一戸建てに住みたいです。まずは自分が住むことで、住宅のよさを多くの人に伝えていきたいと思っております。

この志望動機では「一戸建てに住みたい」ということしか伝わってきません。一戸建てに住みたいのであれば、住宅業界に就職しなくても努力次第で叶えられます。「なぜ一戸建てに憧れるのか」「企業に入社してやりたいことは何か」などを深めることで志望動機を形にしていきましょう。

面接の練習をして内定を目指そう

模擬面接でフィードバックしてもらう

面接の練習をすることで、面接官役の人からフィードバックをもらうことができます。面接中は緊張するため、自分がどのような振る舞いをしているか分からないことも多いです。そのため、終わってみると何が何だか分からず、反省のしようがないということも少なくありません。そこで、模擬面接を利用して回答内容の問題点や気になる癖などを暴いてもらいましょう

模擬面接はキャリアセンターや就活セミナーで実施でき、本番さながらの環境で練習することが可能です。第三者から見て、どのような点がよかったか、悪かったかを知れるため、反省材料を見つけるにはもってこいと言えるでしょう。また、練習を積むことで本番でも緊張しづらくなります。面接で緊張してしまうのは準備不足が理由と言えるため、練習をすることで準備を完ぺきにしておきましょう。

エージェントの利用もおすすめ

模擬面接をしたいなら、エージェントを利用するのもおすすめです。キャリアパーク!就職エージェントなら面接の対策が受けられます。また、面接に限らず、就活全般のサポートも大きな魅力です。自己分析のサポートや履歴書やESの添削なども受けられ、気軽にキャリア相談もできます。「受けたい企業が決まらない」「内定がなかなかもらえない」という就活生に特におすすめです。

キャリアアドバイザーコメント

基本的な身だしなみや面接態度を中心にアドバイスをしていく

面接練習は基本的な身だしなみ、面接態度からアドバイスをしていきます。スーツの着こなし、選考開始の10分前に受付をする(早すぎるのは逆にマナー違反です)、選考会時の傾聴姿勢など、実際に企業が見ているポイントから伝えていきます。

メモを取るか、表情、質問をしてくれる積極性はあるかなどが一般的ですね!企業への逆質問は必ず3つは用意していきましょう。条件面などは企業から好まれない質問であり、HPでも確認できるので避けましょう。実際にどんな方が活躍しているか、働く人の特徴などの質問は、入社後のイメージギャップを軽減するためにもおすすめです。
面接内容については業界によっても異なりますが、一般的に面接で聞かれやすい質問は以下の3つです。
①志望動機→なぜ受けに来てくれたのか、動機形成を見ていきます。
②頑張ったこと→目的設定から行動実績、結果を聞きます。この内容で思考できる人なのか否かを見ていきます。
③キャリアビジョン→入社後のイメージがない学生なのか、成し遂げたいことがあるのか、それを叶えてあげることが会社としてできるのか、などのマッチ度の確認です。

面接に落ちる場合にやっておきたいこと

面接に落ちる場合は、これからご紹介する内容をぜひ試してみてください。これまでと違うやり方を試したり、やっていなかったことをやることで、これまでとは違う手ごたえを感じるかもしれません。

企業が求める人物像を知る

企業によって事業の内容や仕事の特徴、風土が違うように、求める人物像も異なります。これは同じ業界の同職種でも違っていることが多いため、企業が求める人物像は必ず把握しておかなければなりません。企業が求める人物像とは、簡単に言えば企業がどのような人を採用するのかを示した指標です

つまり、この人物像への一致率が高いほど企業は採用したいと考え、面接の合格率も高まります。もちろん、必ずしもすべて一致するとは限りませんし、一致させるために嘘のアピールをするのもよくありません。大切なのは企業が求める人物像を知り、そこからかけ離れないアピールを心がけることです。例えば「自ら目標を設定して達成する力」がアピールポイントであれば、伝え方を企業によって少し変えてみましょう。

チームプレイが主な営業の会社
→周りを巻き込みながら目標を達成する

個人プレーが多い外資系の営業の会社
→自ら課題を発見して、改善しながら目標達成する

一部でも共通する部分があるなら、十分評価の対象にはなるため、完全に違った人物像をアピールしないためには事前調査が必須でしょう。

就職後のキャリアにも目を向ける

就活は内定を獲得して終わりではありません。企業は入社後を見越して採用するかどうかを決めるため、これに合わせて就職後のキャリアを考えることが大切です。就職後のキャリアがある=就職してからのことも考えており、内定をもらうことだけで満足しないという印象が与えられます。

将来設計がきちんとできていると、向上心が高いと判断してもらえるため、高評価にもなりやすいでしょう。あくまで志望先の企業で実現できるものでなければならないため、志望先ごとにキャリア設計は変化させることが大切です。企業の職種、事業内容、今後の計画などを調べた上で作成しましょう。

キャリアアドバイザーコメント

増子 航平

近い志向性を持つ先輩を参考にしてキャリアのイメージを深めよう

社会人として働く5年後や10年後の姿をイメージすることは難しいと思います。キャリア形成については尚更です。就活生へのアドバイスとしては、本人の志向性に合わせて「近しい志向性を持つ先輩達はこんな風にキャリア(ポジションや仕事内容)を歩んでいるよ」といった伝え方をしているケースが多いですね。先輩達のキャリア事例と、説明会や選考で知った情報との紐づけをおこない徐々に明確なイメージにしていくことが大切です。

他の企業ではダメな理由を明確にする

面接では志望度の高さが重要視されており、これが示せていないとそれだけで不合格になるケースも少なくありません。志望度の高さをアピールするためにも、志望先の企業だからこそ就職したいと思った理由や、他の企業ではダメな理由を用意しておきましょう。

他の企業でもできることや、他の企業でもいいと少しでも思われると、志望度が低いとみなされるため注意しなければなりません。他の企業を志望する理由と差別化するには、その企業にしかない強み、特徴を例に挙げるといいでしょう。他の企業にはないこと、実現できないことを絡めてアピールすると、他の企業を志望する理由との差別化がしやすいです。

面接に落ちる理由を見つけて対処しよう

面接は、何度も落ちてようやく合格できるという難しいものです。そのため、ある程度は落ちることも前提に考えなければなりませんが、ただ数をこなしているだけではなかなか前に進めません。面接に落ちるのには必ず理由があり、それを改善できないといつまで経っても上手くいかないため注意が必要です。

面接を終えた後はしっかり反省し、どこがよかったか、悪かったかを考え、悪かった点は改善していくことが大切です。少しずつ場数を踏んで改善を繰り返すことで、合格率は次第に上がってきます。まずは落ちる理由を見つけ、それに合った対処法を考えることが大切です。面接に落ちたなら、改善を目指すチャンスとも言えるため、前向きな気持ちで結果に向き合い、スムーズな攻略を目指しましょう。

関連コラム