ストレスの少ない仕事15選! ストレス要因から考える仕事の選び方

この記事のアドバイザー

目次

  1. ストレスの少ない仕事とは? 自分のストレス要因を理解することがミスマッチを防ぐ第一歩!
  2. まずはここからチェック! 仕事でストレスが生じやすい原因4選
  3. ①過剰な労働を要求される
  4. ②周囲のサポートがない
  5. ③職場の人間関係
  6. ④自分のストレス耐性に問題がある
  7. 仕事でストレスを感じるとどのような症状がでるのか
  8. 精神的な症状
  9. 肉体的な症状
  10. 行動的な症状
  11. ストレスの少ない仕事の7つの特徴
  12. ①残業が少ない
  13. ②精神的な負荷が高くない
  14. ③待遇が良い
  15. ④やるべき仕事がルーティン化されている
  16. ⑤責任の範囲が明確
  17. ⑥人間関係が良好
  18. ⑦自分のペースで仕事ができる
  19. ストレスの少ない仕事に就職するメリット
  20. 退職する可能性を下げられる
  21. ワークライフバランスがとれる
  22. 身体・精神的に安定する
  23. 一般的にストレスの少ないとされる仕事15選
  24. ①事務職
  25. ②工場作業
  26. ③警備員
  27. ④社内SE
  28. ⑤ドライバー
  29. ⑥ライター
  30. ⑦ルート営業
  31. ⑧農業
  32. ⑨清掃員
  33. ⑩データ入力
  34. ⑪地方公務員
  35. ⑫倉庫作業・ピッキング
  36. ⑬図書館司書
  37. ⑭ビルメンテナンス(ビル管理)
  38. ⑮インストラクター(講師業)
  39. タイプ別に分類! ストレスの少ない仕事の選び方
  40. 精神的な負担をストレスに感じやすい人
  41. 肉体的な負担をストレスに感じやすい人
  42. 仕事よりもプライベートを優先したい人
  43. ストレスの少ない仕事に就く方法
  44. 自己分析を通じて自分のストレス要因を把握する
  45. 業界・企業研究を念入りにする
  46. 口コミをチェックする
  47. 就活エージェントに登録する
  48. ストレスの少ない仕事の特徴を理解して就職を目指そう!

ストレスの少ない仕事とは? 自分のストレス要因を理解することがミスマッチを防ぐ第一歩!

こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。学生からよく、

「ストレスの少ない仕事の特徴を教えてください! 」
「どうすればストレスの少ない仕事に就職できますか? 」

といった質問を受けます。学生から社会人になることに対して、緊張や不安などからなるべくストレスの少ない仕事に就きたいと考えている学生は多くいます。また、何が自分にとってストレスが少ない仕事なのか良く分からないと悩んでいる学生もいるでしょう。

ストレスと感じる要因は人それぞれで、どの仕事にも悩みや不満はあります。そのため、この記事では自分がストレスと感じる要因を理解してもらうことを目的としています。一般的にストレスが少ないとされる職種も併せて紹介しますので、一緒に考えていきましょう。

【完全無料】
大学3年生(26卒)におすすめ!
就活準備で必ず使ってほしい厳選ツール

1位:自己分析ツール
選考で使えるあなただけの強み・弱みを特定します

2位:Chat GPT 自己PR作成ツール
ChatGPTを活用すれば、企業に合わせた自己PRが簡単につくれます

3位:Chat GPT ガクチカ作成ツール
特別なエピソードがなくても、人事に刺さるガクチカを自動作成できます

4位:志望動機作成ツール
ツールを使えば、企業から求められる志望動機が完成します

5位:適職診断
たった30秒であなたが受けない方がいい仕事がわかります

【早期選考を控えている就活生必見!】
ツールを活用して選考通過率を上げよう!

内定者ES100選
大手内定者のESが見放題!100種類の事例から受かるESの作り方がわかります

WEBテスト対策問題集
SPI、玉手箱、TG-Webなどの頻出問題をこれ1つで効率的に対策できます

まずはここからチェック! 仕事でストレスが生じやすい原因4選

仕事でストレスが生じやすい原因

多くの社会人が仕事で感じるストレスは、主に4つが原因で考えられます。まずは、実際に社会に出てから仕事で感じやすいストレスの原因を理解しておき、就職先を決めるときの参考にしていきましょう。

①過剰な労働を要求される

仕事でストレスが生じやすい原因の1つは、過剰な労働を要求されることです。ノルマや自分のキャパシティを超えた業務の遂行をもとめられるとストレスを感じやすくなります

たとえば、毎月契約を決められたノルマを達成するために、深夜残業や会社に寝泊まりしなければならない営業職は、過剰な労働であるといえます。ただ、近年は働き方が見直されており、すべての営業職がノルマに苦しめられるわけではありません。

ほかにも、短い納期にもかかわらず、次から次へと自分ではコントロールできない多くの業務量を遂行しなければならない仕事もストレスが生じやすいといえます。

②周囲のサポートがない

仕事でストレスが生じやすい原因は、周囲のサポートがないことです。周りの人が支えてくれる環境であれば、乗り越えられる問題であっても、誰も助けてくれない環境では、仕事の負荷が分散されずにすべて自分にのしかかってきます。

たとえば、社員の数が少なく1人が担当する業務量が多い環境だと、同僚の仕事に手を差し伸べる余裕がない場合があります。

どんな仕事であっても、困ったときに周りの人が支えてくれれば、ストレスを減らすことができます。しかし、周囲のサポートがないと、仕事の相談ができなかったり、責任が重くなったりするため、ストレスを感じやすくなるでしょう

③職場の人間関係

人間関係は、仕事でストレスが生じやすい原因の1つに挙げられます。仕事をするということは必ず人とかかわるため、少なからず摩擦が生まれます。コミュニケーションが適切に取れない上司、ライバル関係にある同僚などと仕事をする中で、ストレスを強く感じてしまうということです。

また、顧客対応をおこなう仕事も、顧客からの理不尽な要求に応えたり、クレーム対応で暴言を吐かれたりするなど、人間関係のストレスが生じやすいです。職場環境に波風を立てないためにも、どうしても我慢をしなければならず、知らず知らずのうちにストレスが蓄積してしまうケースも多いでしょう

④自分のストレス耐性に問題がある

仕事でストレスが生じやすい原因に、自分のストレス耐性に問題があるケースがあります。人間は個々の性格によって、同じ環境でもストレスの受け方に差があります。つまり、ストレスがかかる状況でも問題ない人もいれば、大きくストレスを感じてしまう人もいるということです

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

たとえば、完璧主義者で責任感が強い人は自分にも他人にも厳しくストレスを感じやすいといえますね。

またせっかちな人の場合は自分と他人とのスピード感の違いに「自分がやった方が早い」とイライラが募ってしましますし、何事も自分が我慢すれば良いと考える自己犠牲タイプのヒトの場合だと他人に何も言えず、同調することでストレスを溜め込んでしまう傾向もありますよ。

ストレス耐性の高い人・低い人の特徴はこちらで解説しています。

関連記事

ストレス耐性を面接で聞かれたら? 企業の質問意図・回答例を解説

面接でストレス耐性を問われることは多い こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「面接でストレス耐性はありますかと聞かれるのはなぜですか?」「何を根拠に、ストレス耐性の高さを答えればいいんでしょうか?」 企業は採用 […]

記事を読む

ストレス耐性を面接で聞かれたら? 企業の質問意図・回答例を解説
長尾 美慧

キャリアアドバイザーコメント長尾 美慧プロフィールをみる

ストレスの感じ方は人それぞれ

どんなことにどの程度のストレスを感じるかは人それぞれなので、本文で紹介した4つ以外にもさまざまのストレス要因がありますよ。

たとえば自分の実力以上の仕事を課せられたり、長時間労働などの過剰な労働を要求され続けることはストレスの要因になりえます。反対に、簡単な仕事ばかりで仕事へのやりがいを感じられないこともストレスとなるでしょう。

また、会社や仕事とのミスマッチも大きなストレス要因になります。騒音やにおいが気になったり、狭い空間で長時間作業することもストレスの要因となりえます。

環境の変化もストレスとなりやすい

近年の新型コロナウイルス感染症の影響で、テレワークやオンライン会議など、働き方も大きく変化しました。今後もAIの活用やICTの推進によって、仕事のやり方や内容が大きく変化していくことでしょう。予想外の社会変化や新しいシステムへの対応にストレスを感じる人もいるでしょう。

このようにストレスの感じ方は人それぞれです。自分がどんなことにストレスを感じるかを過去の経験から思い出してみてくださいね。

まずはあなたが受けない方がいい職業を確認してください

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

仕事でストレスを感じるとどのような症状がでるのか

アップロードした画像


就活生

なぜ就活時に働く際のストレスの危険性を知っておく必要があるのですか?

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

それはストレスが働く際のパフォーマンスや私生活に大きな影響をもたらすからです! では、ストレスを感じるとどのような影響が起きることが予想されるのか、確認していきましょう。

ストレスは目に見えず自分では気が付かないうちに蓄積されてしまいます。そのため、知らないうちに少しずつ溜まったストレスは精神的・肉体的・行動的な症状となって現れる場合が多いです。

仕事のことを考えると不安で眠れなくなったり、ミスが増えたりなど症状によってさまざまです。では、仕事でストレスを感じるとどのような症状がでるのかを3つ解説します。

精神的な症状

自分では「大丈夫」と思っていても、心はとても正直です。辛いことや悲しいことが仕事でありストレスを感じると、精神的な症状として現れる場合があります。

具体的には、やる気の低下・気分の落ち込み・落ち着きがない・落ち込みやすい・思考力の低下・消極的になるなどが一例として挙げられます。

自分をコントロールできずどうしても仕事に取り組めなかったり、今まで自分が担当していた仕事であっても考えがまとまらずにできなくなってしまったりなど、さまざまな形で症状が出ます

精神的な症状は目に見えにくいため、周囲からは「さぼってる」「やる気がない」などと誤解されがちです。頑張りたいと思っているのに頑張れないといったジレンマから、自己否定してしまう人が多いですが、精神的な症状を甘く見てはいけません。絶対に無理は禁物です。

肉体的な症状

仕事でストレスを感じると、肉体的な症状となって現れます。ストレス状態の兆候としては、疲れやすい・肩こり・偏頭痛・めまい・多汗・睡眠障害・動悸・息切れ・食欲不振などが一例として挙げられます。

たとえば、仕事が業務過多やノルマがあったり、人間関係がギスギスしていたりなどが原因で、寝ても疲れが取れない、常に頭が痛い、特定の業務や人とかかわるときに汗が出る、といったトラブルが生じることは多いです。

ストレスを取り除くか減少させない限り、症状はどんどん重たくなっていき悪化してしまいます。放っておくと身体が動かなくなってしまう場合もあります。

行動的な症状

仕事でストレスや不安を感じると、下記のような行動的な症状が現れる場合があります。

  • 仕事のミスが増える
  • 遅刻や早退が増える
  • 笑う頻度が減ってしまう
  • 乱暴な言葉を使う
  • 外出がおっくうに感じる
  • 周囲との接触を避ける
  • 身だしなみがだらしなくなる

たとえば、仕事のミスが増えると上司から怒られたり、同僚から白い目で見られたりします。そのときに、「またやってしまった」と自己嫌悪に陥るか、「次頑張ろう」と思えるかでストレスの感じ方は異なります。

もし、前者であると「次はミスをしないように」と自分を追い込んでしまい、緊張や焦りから、またミスを繰り返す悪循環になってしまい、どんどん症状が重くなるケースがあります

あなたが受けない方がいい職業を診断しよう

適職診断 適職診断

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

ストレスの少ない仕事の7つの特徴

ストレスの少ない仕事の特徴
アップロードした画像


就活生

なるべく仕事でストレスを感じずに、毎日安定して働いていきたいと考えています。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

なるほど。では、なるべくストレスの少ない就職先を探す必要がありますね!

アップロードした画像


就活生

そうなんです。ただ、ストレスの少ない仕事が何か、イメージがつかないので教えていただけますか?

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

分かりました。特徴を7つお伝えしましょう。仕事選びの参考にしてくださいね。

何がストレスと感じるかは人それぞれです。ストレスの少ない仕事の特徴を7つ紹介しますので、企業選びのときに参考にしていきましょう。

①残業が少ない

ストレスの少ない仕事の特徴は、残業が少ないことです。長時間勤務や休日出勤がなく、毎日規則正しく時間通りにおこなえる仕事であれば、プライベートを充実させることができます。

仕事のオンオフをしっかりと切り替えられるため、ワークライフバランスを担保しやすくなります。残業続きで休日もほとんどないような環境は、最初のうちは頑張れたとしてもどんどんストレスが蓄積されていき、精神や身体に突然症状として出るケースもあるでしょう。

一方で、残業が少なく自分の時間を確保できるとストレスが溜まりにくいため、仕事のパフォーマンスも向上するという相乗効果が生まれやすくなりますよ

②精神的な負荷が高くない

ストレスの少ない仕事は、精神的な負荷が高くないという特徴があります。精神的な負荷が高くない仕事とは、残業が少ない、待遇が良い、やるべき仕事がルーティン化されているなどが挙げられます。

反対に、厳しいノルマや納期がある、他人と多くかかわる必要がある仕事は精神的負荷が高いといえます。たとえば、毎月厳しいノルマの達成をもとめられると、プレッシャーからストレスを感じやすくなりますし、多くの人と毎日かかわる仕事はコミュニケーション面で意思疎通が図れなかったり、意見が対立したりなどでストレス値は上がりやすいです。

職種や業種によっては、仕事上どうしてもノルマや他人とのかかわりが多くなるため、苦手と感じる学生は避けた方が良いでしょう

③待遇が良い

ストレスの少ない仕事の特徴には、待遇が良いことが挙げられます。労働に見合った対価として適切な収入が得られる仕事は、モチベーションが保てたり、やりがいを感じられたりします。

多少厳しい仕事であっても、給与や福利厚生などの待遇面でしっかりと反映されていれば、ストレスも感じにくくなるということです。反対に、どんなに頑張って働いても給与が上がらない仕事は、モチベーションが維持しにくく、評価されていないことに対してストレスを感じてしまいます。

待遇が良いことで仕事にやる気や情熱を見出せるタイプであれば、自分の頑張りが評価されて給与に反映される仕事を選ぶとストレスを乗り越えていけるでしょう

④やるべき仕事がルーティン化されている

ストレスの少ない仕事の特徴は、やるべき仕事がルーティン化されていることです。毎日対応すべき業務が決まっていると、慣れてしまえば少しずつ楽に進められるようになります。

また、マニュアル化されている仕事を淡々とおこなう仕事であれば、質問せずに業務をおこなえるため、人との接触を最小限に抑えることもできます。仮に毎日やるべき仕事だった場合、1つの業務に慣れたとしてもすぐに違う業務に対応する必要が生まれ、人によってはストレスが溜まりやすくなります。

もし、自分で計画を立てて黙々と仕事をしたい、人に相談や質問する機会を少なくしたいなどであれば、やるべき仕事がルーティン化されている仕事はストレスを感じにくくおすすめです

⑤責任の範囲が明確

ストレスの少ない仕事の特徴は、責任の範囲が明確であることです。各社員の役割分担が具体的であり、決められた仕事の中でのみ責任が発生する仕事であれば、ストレスは少なくなります。

たとえば、責任の所在が曖昧な仕事であると、上司がすべき仕事であるにもかかわらず、なぜかおこなわなければならず、結果として大きな責任を追わなければならない場合があります。誰がどの仕事の責任を負うのか不明確であると、ストレスはどんどん溜まりやすくなるでしょう

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

個人個人の責任の範囲が明確で分かりやすい仕事であれば、ストレスが少なく安心して働くことができるといえますね。

⑥人間関係が良好

ストレスの少ない仕事は、人間関係が良好であるという特徴があります。職場の人間関係の良し悪しはメンタルに大きく影響を及ぼします。

たとえば、ハラスメントが横行している、常に陰で悪口を言い合っている、上司からの適切な指示がないのに失敗すると怒鳴られるなどの職場は、ストレスの温床です。反対に、周囲の人と柔軟なコミュニケーションが取れたり、辛い時にサポートし合えたりする環境であれば、ストレスは少なくてすむでしょう。

人間関係は就職して実際に自分の目で見ないと判断ができない部分ではありますが、企業説明会、インターン、OB・OG訪問などで働いている人の雰囲気を事前に確認すると良いですよ

⑦自分のペースで仕事ができる

ストレスの少ない仕事の特徴は、自分のペースで仕事ができることです。人とのかかわりが多い仕事、ノルマや納期に追われる仕事は、どうしても自分のペースだけで仕事を進めることはできず、プレッシャーや責任が増えストレスを感じる場面も多くなってしまいます。

そのため、マニュアル化された仕事を黙々と1人でこなす業務であれば、精神的な負荷が少なくストレスを軽減させることができます。

自分でスケジュールを立てて、コツコツ仕事をすることで成果を出したい人、周囲の人と最小限のかかわりで業務を遂行したい人は、自分のペースで進められる仕事を選ぶことがおすすめであるといえます

こちらの記事では黙々と仕事ができる職種について詳しく解説しています。メリット・デメリットについても紹介していますのであわせて参考にしてみてくださいね。
黙々とできる仕事20選|求人の探し方から適職を見極めるコツを伝授

あなたが受けない方がいい職業を確認しておこう

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

ストレスの少ない仕事に就職するメリット

ストレスの少ない仕事に就職するメリット

ストレスの少ない仕事に就職するメリットは、主に3つあります。人生において働いている時間は大きな割合を占めるため、なるべく長期的に安定して仕事ができるような環境に身を置くのは重要なことであるといえます。では、メリットを3つ解説していきますので、参考にしてみてください。

退職する可能性を下げられる

ストレスの少ない仕事に就職するメリットは、退職する可能性を下げられる点にあります。退職の理由で良く挙げられるのは、過剰な労働を要求されること、周囲のサポートがない、人間関係のトラブルなどです。

もし、上記のようなストレスが多い仕事に就かなければ、苦しんだり悩んだりする機会が少なくてすむため、長く安定して働き続けられるということです。

週5日朝から晩までストレスフルな状況下に置かれたら、長く就業することは難しいです。ストレスの少ない仕事であれば、毎日会社に行くことに苦痛を伴わないため、退職する可能性を低くすることができますよ

ワークライフバランスがとれる

ストレスの少ない仕事に就職するメリットとして、ワークライフバランスがとれることです。ストレスの多い仕事は、総じて勤務時間が長かったり人間関係がギスギスしている可能性が高く、常にストレスフルです。そのため、不安や焦りからプライベートでも仕事のことを考えてしまいがちです。

一方でストレスが少ない仕事は、仕事のオンオフをしっかり切り替えられるため、プライベートを充実させることが可能です。終業後の時間を余裕を持って過ごせるため、多少のストレスはその日のうちに発散させることができます。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

休日も仕事の疲れから寝て過ごすのではなく、自分の好きな活動を積極的におこなう余裕を持てるのが、ストレスの少ない仕事の魅力的なポイントといえますね。

身体・精神的に安定する

身体・精神的に安定するという点が、ストレスの少ない仕事に就職する大きなメリットです。毎日の仕事が苦痛を伴わないのであれば、日々ストレスを感じることも少なくすみ、安心感を持って仕事に励むことができます。

一方で、ストレス過多な環境で仕事を続けると、身体も心もボロボロになってしまう可能性が高いです。一度体調を崩すと、元に近い状態まで戻るまでに長い年月が必要になってしまうこともあります。

ストレスの少ない仕事であれば、身体も精神も安定させて働くことが可能であるといえます。人生のどこに価値を置くかは人それぞれですが、もし安定した日々を送りたいと考えているのであれば、ストレスの少ない仕事を選択することはおすすめであるといえますよ

加藤 大智

キャリアアドバイザーコメント加藤 大智プロフィールをみる

多少のストレスは成長するうえで必要

ここまでストレスの少ない仕事について解説してきましたが、実はストレスは悪いことばかりではありません。生理心理学の法則の一つである「ヤーキーズ・ドットソンの法則」とスポーツ心理学における「逆U字仮説」によると、人は多少のストレスや緊張を感じているときはパフォーマンスが高まり、ストレスや緊張の過剰状態や逆に少な過ぎてもパフォーマンスは低下するとされています。持てる力を十分に発揮して成果を上げたり、自己成長やスキルアップをするためには適度なストレスも必要なのです。

しかし、ストレスが過剰であると交感神経の働きが活発になり、心理面、身体面、行動面にさまざまな症状が現れて、ミスも多くなり仕事のパフォーマンスが低下します。ストレス過剰状態が長く続けば、心身の不調がさらに悪化して、慢性疾患につながってしまいかねません。そうならないためにも、また、自分の持てる力をのびのびと発揮するためにも、ストレスを過度に感じる環境に身を置くことは避けたほうがいいでしょう。

一般的にストレスの少ないとされる仕事15選

アップロードした画像


就活生

ストレスの少ない仕事で働くメリットが理解できました。ただ、どんな仕事であれば、ストレスが少ないと感じられるのでしょうか。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

では、比較的ストレスの少ないといわれる代表的な仕事について、お伝えしていきましょう。

アップロードした画像


就活生

ありがとうございます!

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

ただし、「ストレスが少ない仕事=楽な仕事」ではないことを念頭に置いておくことが重要です。それぞれの仕事には必ず何かしらの課題や悩み、苦労があることは理解しておいてくださいね!

ストレスの少ないといわれる仕事は、あくまでも一例であり、企業や環境によって異なる場合が多いです。また、「ストレスが少ない=楽な仕事」では決してありません。

どの仕事でも、大なり小なり大変なことがあり、多少のストレスは生じるということを理解したうえで、ここから解説するストレスの少ない仕事15選を参考にしてください。

①事務職

ストレスの少ない仕事の1つとして、事務職が挙げられます。総務や経理などで書類作成、処理、ファイリング作業、データ入力、来客・電話対応などの業務を担います。一般事務、営業事務、医療事務など幅広く活躍できる仕事です。

基本的にデスクワークでできるため、体力的なストレスが少ないです。また、ルーティンワークがメインであることが多く、急な差し込みの仕事がない限りは定時退社が可能であり、プライベートの時間も充実させやすいです。

営業職や接客業のようにノルマや対人関係のストレスを感じることがなく、やるべきことや手順がある程度決められていることも多く、一度覚えて慣れてしまえば比較的ストレスを感じずに仕事をおこなえる傾向にあります

事務職の仕事内容についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事

事務の仕事内容とは? 選び方や向いている人の特徴を解説

事務職とは誰かの仕事をサポートする仕事 こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「事務の仕事に就きたいです」「事務の仕事って具体的には何をするのでしょうか」 という声を聞くことがあります。事務職は、オフィ […]

記事を読む

事務の仕事内容とは? 選び方や向いている人の特徴を解説

②工場作業

ストレスの少ない仕事は、工場作業です。工場作業の仕事は、メーカーから依頼が来た製品を作成したり、修理をしたりと身体を動かしておこなう仕事です。自動車工場や食品工場など業種は多岐に渡ります。

基本的には、自分の担当として割り当てられた仕事を淡々とおこなうため、対人関係やきついノルマもなく、ストレスにつながる大きな要因がありません。初めのうちは覚えることが多いですが、慣れていけばストレスを感じずに仕事を進めることが可能になります。

作業に集中する必要があるため、集中力や体力がもとめられますが、対人関係が苦手な人やノルマなどのプレッシャーに弱い人に向いているといえます

③警備員

警備員の仕事は、ストレスの少ない仕事の1つとして挙げられます。警備員はビルや建物などのセキュリティを守る仕事です。不審者の侵入を監視、建物の中を巡回しながら異常がないか確認・点検が主な業務内容です。

立ちっぱなしだったり歩き回ったりするため体力が必要であり、監視カメラの監視業務では集中力ももとめられます。緊急事態の場合には、臨機応変な対応が必要不可欠ですが、通常の場合は基本的にはマニュアルに沿ったルーティンワークをこなしていきます。また、基本的には少人数体制での仕事であるため、人とのかかわりが少ない職種であるといえますね

特に夜間は1人での仕事になる場合があり、あまり人とかかわらず自分のペース仕事を進めたい人にとってはストレスを感じにくいといえます。

警備業界についてはこちらで詳しく解説しています。

関連記事

警備業界ってどんな業界? 業界の概要から志望動機の書き方まで解説

警備業界は、業界・企業の理解を深め、自分の強みや入社後の展望をアピールすることがポイントです。 この記事では、警備業界の仕事内容、やりがい、注意点などをキャリアアドバイザーが解説します。 職種別の志望動機の書き方と例文も参考にしてくださいね。

記事を読む

警備業界ってどんな業界? 業界の概要から志望動機の書き方まで解説

④社内SE

社内SEは、自社内のシステム開発や運用をメインでおこなう仕事です。黙々と業務を遂行することが多いため、ストレスが少ない仕事の1つとして挙げられます。専門分野であることから、知識はもちろん技術も必要になります。

社内SEの場合は自社内で完結する仕事であるため、タイトなスケジュールで納期の対応に追われることは少ないです。残業も多くないため、プライベートの時間を充実させたい人に向いています。

また、業務を1人もしくは少人数でおこなうため、対人関係でのストレスもあまりなく、基本的には座って黙々と作業を進めていきます。人とのかかわりが苦手な人にも適した仕事であるといえますね。

社内SEについてはこちらを参考にしてみてください。

関連記事

社内SEの選考は志望動機の作り方で差がつく|例文8選

この記事では社内SEの志望動機の書き方をキャリアアドバイザーが解説します。 社内SEの仕事内容やメリットデメリットなど志望動機作成に役立つポイントを紹介するので、これを読むことで他の学生と差がつく志望動機を作れるようになりますよ!

記事を読む

社内SEの選考は志望動機の作り方で差がつく|例文8選

⑤ドライバー

ストレスの少ない仕事の1つとして、ドライバーが挙げられます。タクシー、トラック、配達などドライバーにもさまざまな職種があります。

人や荷物を決められた場所まで送り届けることが業務内容であり、基本的には1人でおこなう仕事です。多くの時間運転しているため、コミュニケーションは取らずに黙々と業務遂行できる点や、自分の好きなタイミングで休憩が取れる点などストレスを感じにくい職場環境であるといえます。

長時間の運転になることも多いため体力が必要不可欠ですが、運転することが苦にならない人にはおすすめの仕事です

⑥ライター

ライターは一人で作業をするため、ストレスの少ない仕事の1つであるといえます。たとえば、Webライターの場合は、パソコンとインターネット環境があれば誰でも始められるという利点があります。

基本的には、マニュアルに沿ってWebサイトに公開する記事を黙々と執筆していく仕事のため、文章を書くことが好きな人や、着実に作業することが得意な人には向いている仕事といえます。

フリーランスとして独立して仕事をすれば、時間や場所も限られず、自分のペースで仕事ができます。人とのコミュニケーションも必要最低限なので、対人関係でのストレスも少ない傾向にあります

ライターのなり方についてはこちらの記事で解説していますので、興味のある学生はぜひ参考にしてくださいね。

関連記事

ライターになるには? 新卒から目指す場合の選択肢や注意点を解説

新卒からライターを目指すことはできます。この記事では新卒からライターになるための選択肢や就職先をキャリアアドバイザーが解説します。ライターになるために今からできる対策についても紹介しているので、ライターを目指したい学生は参考にしてくださいね。

記事を読む

ライターになるには? 新卒から目指す場合の選択肢や注意点を解説

⑦ルート営業

ストレスの少ない仕事の1つは、ルート営業です。ルート営業は、一般営業のような新規開拓や売り込みをおこなうのではなく、すでに取引のある顧客との関係を良好に維持するための営業活動をします。商品の不具合の確認や、新商品の提案をおこなうのが主な仕事です。

コミュニケーションを伴う仕事ではありますが、新規の顧客獲得やテレアポのようなノルマもない点が魅力の1つでしょう。

働き方もさまざまで、直行直帰など自分でスケジュールを決められることもあり、時間のやりくりも自分で調整することができるので、残業などのストレスも比較的少ない職種であるといえます

⑧農業

対人関係のストレスなく働くことができる仕事として農業が挙げられます。農業は種まきから手入れ、収穫まで1年中あらゆる作業をおこないます。基本的には少人数で黙々と作業に没頭する必要にあるため、業務内における対人関係のストレスは比較的少ないでしょう。

また、企業に勤めているわけではないため、定時など時間の縛りもなく、自分のスケジュールで仕事ができる点もストレスが少ないポイントの1つです

機械の導入はありますが体力勝負の仕事であるため、体調管理が必要不可欠です。オフィスワークや室内でじっとしていることが苦手な人、自然や植物が好きな人にはおすすめです。

⑨清掃員

ストレスの少ない仕事の1つに、清掃員があります。清掃員はビルや建物、商業施設、交通機関などの清掃をおこなう仕事です。清掃員の仕事も1人でおこなうことが多いため、対人コミュニケーションが苦手な人にはおすすめです。また、適度に身体を動かす仕事であるため、オフィスワークやじっとしていることが苦手な人に向いているといえます。

決まった場所を掃除していくルーティンワークで残業がないため、同じ作業をすることや1人での作業が苦にならない人であれば、ストレスを感じることなくできる仕事です。また、特別な資格が不要であり、年齢制限も設けられていないことが多いため、始めるハードルが低い職種であるといえます。

⑩データ入力

ストレスの少ない仕事として、データ入力が挙げられます。データ入力は依頼されたデータをパソコンやシステムに入力することが主な業務内容です。基本的なパソコンスキルがあれば誰でも作業ができます。

データ入力は、やり方を覚え、期限を守れれば自分のペースで進めることができます。作業は一人でおこなうため、コミュニケーションは必要最低限ですみます。1つのことを黙々とおこなうため、マルチタスクが苦手な人におすすめです。

こちらの記事ではキーパンチャーについて詳しく解説しています。あわせて参考にしてみてくださいね。

関連記事

タイピングのプロ「キーパンチャー」とは? 業務内容や適性を解説

キーパンチャーとは、コンピューターに文章やデータを正確に入力する仕事です。この記事ではキャリアアドバイザーがキーパンチャーのなり方から特徴までを解説していきます。キーパンチャーに求められていることから適性まで知ってから、志望するか考えていきましょう。

記事を読む

タイピングのプロ「キーパンチャー」とは? 業務内容や適性を解説

対人関係でのストレスや肉体を酷使するようなこともないため、精神的にも肉体的にもストレスがかかりにくい仕事です。コツコツ作業が好きな人、集中力がある人に向いているといえます。

⑪地方公務員

地方公務員は、地方の自治体において地域に根ざした行政サービスをおこないます。仕事内容は所属する場所によってさまざまですが、雇用の安定という面で精神的ストレスが少ない仕事です。

基本的には解雇されることがなく給料も安定しており、将来の仕事の心配が少ないといった面でストレスを感じにくくなるといえます

また、部署にもよりますが、施設でのルーティンワークが仕事である場合は、デスクワークが中心で残業もあまりないため、プライベートの時間も充実させることが可能です。3年ごとにある異動では、新しい仕事ができるためいろいろなことにチャレンジしたい人におすすめな仕事です。

公務員試験を突破するための自己PRの方法はこちらを参考にしてみてください。

関連記事

例文8選! 公務員試験の自己PRは合否判定の大きなウエイトを占める

公務員試験の自己PRは自治体や配属先の省庁に合わせて作成するのがおすすめです。 この記事では、公務員試験で自己PRを真剣に作成すべき理由や公務員試験で種類や職種を問わず評価されやすい強みを紹介しています。 また、キャリアアドバイザーが自己PRを伝える際の手順を例文を交えて解説します。 公務員試験を控えている学生は自己PRを作成する際に参考にしてください。

記事を読む

例文8選! 公務員試験の自己PRは合否判定の大きなウエイトを占める

⑫倉庫作業・ピッキング

倉庫作業・ピッキングの仕事は、ストレスの少ない仕事であるといえます。倉庫内作業の代表的なものにピッキングや組み立てなどがあり、未経験でも覚えれば1人で仕事ができ、人との接点が少ないため、対人関係でのストレスがあまりありません。

コミュニケーションが必要になる場合でも、指示を受けたり、報告をしたりするくらいの必要最低限のものが多いです。適度に身体を動かす仕事であるため、デスクワークが苦手な人におすすめです。

一日分の仕事量が決まっていることが多いため、残業の発生も比較的少なく、自分の時間を多く使えることもストレスを感じにくい理由の1つであるといえます

⑬図書館司書

ストレスの少ない仕事には、図書館司書が挙げられます。図書館司書は、図書館において本の貸し出しや返却、資料の選択や分類、読書案内などの業務全般をおこなう仕事です。図書館司書になるためには、司書の国家資格を取得する必要があります。

静かな場所で仕事ができるという面で、ストレスが少ない仕事として人気があります。図書館の規模によっては、本や資料の数が多かったり利用者とのコミュニケーションが多く発生したりしますが、基本的には静かな環境でノルマなどもなく残業もあまりない職場のため、肉体的・精神的ストレスは少ない仕事であるといえます

⑭ビルメンテナンス(ビル管理)

ビルメンテナンスの仕事は、ストレスの少ない仕事の1つです。ビルメンテナンスは、建物に異常がないか点検や保守をおこなう仕事で、建物内を巡回して防犯対策などもおこないます。

1人または少人数で業務をおこなう場合が多く、人とかかわることがほとんどないため、対人関係のストレスが少ない傾向にあります。また、残業やノルマもないため、自分のペースで仕事をすすめられるという利点もあります。

ビルメンテナンスの仕事には必須資格はありませんが、下記のような資格を持っていると仕事に活かすことができますよ。

  • 危険物取扱者乙種第4類
  • 二級ボイラー技士
  • 第二種電気工事士
  • 第三種冷凍機械責任者

⑮インストラクター(講師業)

インストラクターもストレスの少ないとされる仕事の1つです。さまざまな分野がありますが、自分の知識や技術を教える仕事であり、自分の得意分野・好きなことを仕事にできるという点でストレスの少ない仕事に挙げられます

インストラクターは、ヨガ、英会話、パソコン、プログラミングなど幅広い分野で活躍することができます。たとえば、スポーツインストラクターは、利用者に合わせたトレーニングメニューの考案、指導をおこないます。どの分野でも、相手に合わせた指導が必要ではありますが、自分の好きなことであるがゆえにストレスをあまり感じることなく仕事をおこなうことができます。

レッスンの時間も決まっているため、スケジュール通りに働くことができ、自分の時間もしっかり確保することが可能です。

こちらの記事では自分の好きなことを仕事にする方法について詳しく解説しています。あわせて参考にしてみてくださいね。

関連記事

好きなことを仕事にする方法4選|「好き」の具体化が適職発見の近道

好きなことを仕事にすることは可能です。ただ、そのことのメリット・デメリット両面の理解が大切です。この記事ではキャリアアドバイザーが好きなことを仕事にするための方法から、その注意点までを解説します。理想をかなえる就活の役に立つ情報が満載なので、ぜひ参考にしてくださいね。

記事を読む

好きなことを仕事にする方法4選|「好き」の具体化が適職発見の近道

タイプ別に分類! ストレスの少ない仕事の選び方

アップロードした画像


就活生

ストレスの少ない仕事を知れて良かったです。就職活動に役立てていきたいと思います。

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

ストレスの少ない仕事であっても、決して楽ということはありません。多少のストレスはなんの仕事をしても感じるということは覚えておきましょうね!

アップロードした画像


就活生

分かりました! 私は、体力に不安があって、なるべく負担がない仕事を探したいのですが、何か方法はありますか?

アップロードした画像


キャリア
アドバイザー

なるほど! では、ストレスの少ない仕事の選び方をタイプ別で解説していきましょう。

ストレスの少ない仕事を選ぶ際には、まず、自分が何に対してストレスを感じるのかを把握することが重要です。精神的な負担か肉体的な負担か、また、仕事に重きを置かないのかによって選ぶ仕事も異なってくるからです。

では、ストレスの少ない仕事の選び方をタイプ別に解説します。

精神的な負担をストレスに感じやすい人

精神的な負担をストレスに感じやすい人は、下記の3つを参考にしてください。

  • 接客がない仕事を選ぶ
  • ノルマがない仕事を選ぶ
  • 人間関係が良好な職場を選ぶ

自分の意見をあまり言えない人、大人しく人から指図や命令を受けやすい人、言葉の裏側を読み取って傷ついてしまう人など精神的な負担を感じやすい人は、人とのかかわりやノルマなどのプレッシャーがストレスになる場合が多いです。

ストレスが少なくメンタルが安定していると、長く働き続けることが可能であるため、ここから解説する仕事や職場を参考にし、仕事を選ぶことがおすすめであるといえます

接客がない仕事を選ぶ

精神的な負担がストレスになる人は、接客がない仕事を選ぶようにしましょう。接客業のような不特定多数の人とかかわる仕事は、不本意なコミュニケーションを取らなければならない場面が多いからです。

たとえば、クレーム対応は、他者からのネガティブな感情をすべて受け止めて、非がなくても謝罪をしなければならず、メンタルに大きなダメージがあります。

良い顧客との対応であれば、ストレスを感じることは少ないでしょう。ただ、悪いことは総じて心に残りやすく、良いことよりも蓄積されやすいです。

接客の仕事は必ず第三者とかかわる必要があるため、人と接することでストレスを感じやすい人は避けるべきであるといえます

ノルマがない仕事を選ぶ

精神的な負担がストレスになる人は、ノルマがない仕事を選んでください。ノルマがある仕事は、成果が出ていて好調なときは良いですが、悪いときは強いプレッシャーでストレスを感じてしまうからです

ノルマを達成をもとめられる環境は、常に上司からの見えない圧力に苦しめられます。また、社員は常にノルマの達成のことを考えて仕事をしなければならず、職場の雰囲気もギスギスし、張りつめた空気の中で働く必要があり、ストレスが蓄積されやすい環境であるといえます。

もし、プレッシャーを感じやすいのであれば、ノルマのある仕事は選択しない方が無難であるといえます。

人間関係が良好な職場を選ぶ

精神的な負担でストレスを感じやすい人は、人間関係が良好な職場を選ぶと良いでしょう。仕事をする職場環境はメンタルへの安定に大きく影響を及ぼします。

上司や同僚が困ったときに相談に乗ってくれたり、手伝ってくれたりする環境であれば、少しくらい大変な仕事でも頑張ることができます。

しかし、ハラスメントが日常化している職場や同僚同士が仲が悪い環境などでは、落ち着いて仕事をすることが難しいです。いつ何を言われるか怯えながら業務を進めなければならない環境は、精神衛生上良くないです。精神的な負担を軽くするためにも、人間関係に問題がない職場を選ぶことが重要なポイントであるといえますね

肉体的な負担をストレスに感じやすい人

肉体的な負担をストレスに感じやすい人は、以下の2つのポイントを重視して仕事を選ぶようにしていきましょう。

  • デスクワーク中心の仕事を選ぶ
  • 人手不足に陥っていない職場を選ぶ

体力に自信がないにもかかわらず、1日中立ちっぱなしや歩き回る必要がある仕事など身体を酷使する仕事を選ぶと、長続きしません。また、人手が足りない職場も、1人1人が担当する業務量が多く、残業しなければならない可能性があります。

事務職、社内SE、ライター、データ入力などの仕事であれば肉体的な負担も少なくいため、大きなストレスを感じることなく毎日を過ごすことができるでしょう

では、もう少し詳しくそれぞれについて解説していきます。

デスクワーク中心の仕事を選ぶ

肉体的な負担をストレスに感じやすい人は、デスクワーク中心の仕事を選ぶようにしましょう。毎日外回りが必要な営業職や一日中立ちっぱなしで接客をおこなう販売職などは体力に自信のない人には向いていないといえます。

日々の疲労が回復されないままでいると、ストレス値はどんどん高まってしまいます。そのため、ほとんどの作業を座っておこなえるパソコンメインの仕事がおすすめです。

パソコンの基本的な操作ができれば、入社後にマニュアルや先輩社員からの指導のもと仕事を問題なく進めていけるでしょう。また、専門的な技術を持ち合わせているのであれば、Webデザイナーやシステムエンジニアなどの職種で活躍することもできます。

人手不足に陥っていない職場を選ぶ

肉体的な負担をストレスに感じやすい人は人手不足に陥っていない職場を選ぶことも重要なポイントの1つです。

明らかに1人でおこなえる業務量が範囲を超えていても、人手が足りなければ担当せざるを得ません。毎日夜遅くまで残業して終わらせる必要があるため、ストレスもどんどん溜まっていくでしょう。

たとえ難しくない仕事であっても、大量にあればもちろん時間がかかります。1人当たりの負担が重すぎる職場に就職してしまうと、長時間労働が日常茶飯事になってしまう可能性があります

体力に自信がない人は、少ない人数でギリギリ回している企業は、避けた方が無難であるといえますよ。

体力に自信がない人はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。疲れを感じるパターン別に自分に合った仕事の見つけ方について詳しく紹介しています。

関連記事

仕事例25選|体力がない人は4つのポイントが適職選びのカギ!

体力がない人は自分が疲れにくく長く働ける仕事を選ぶことが重要です。この記事ではキャリアアドバイザーが、体力がない人におすすめの仕事25選や仕事選びの4つのポイントなどを解説します。キャリアアップのコツも紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

記事を読む

仕事例25選|体力がない人は4つのポイントが適職選びのカギ!

仕事よりもプライベートを優先したい人

仕事よりもプライベートを優先したい人は、下記の2つの基準で仕事を選ぶと良いでしょう。

  • 完全週休二日制の仕事を選ぶ
  • 残業がほとんどない仕事を選ぶ

近年はワークライフバランスが重要視されており、仕事とプライベートを両立させたい人や、そもそもキャリアやスキルアップよりも、生活に必要な分だけ稼げれば十分という人が増えています。

休日出勤や残業がない仕事であれば、休日に趣味に没頭したり、終業後に買い物や習い事をしたり、自分の好きなことに時間を使うことができます。そのため、プライベートを充実させたい人は、ノルマが厳しい仕事や仕事量が多く残業が当たり前の職場は、選ばないようにしてください

では、それぞれを詳しく解説していきます。

完全週休二日制の仕事を選ぶ

仕事よりもプライベートを優先したい人は、完全週休二日制の仕事を選ぶことがおすすめです。土日祝日が完全に休みの企業であれば、年間120間くらいは休日になります。また、企業で独自の休日を設けている場合は、さらに多くなります。

募集要項に休日について記載があるはずなので、しっかりと目を通しておきましょう。もし、気になる点があれば説明会や選考中のどこかで、採用担当者に質問をしてください。ただし、あまりに休日について聞きすぎると、仕事へのやる気が低い人物であると判断されてしまう可能性があります。

そのため、「仕事に力を入れて成果を出すために、メリハリのある日々を送りたいと考えています。そのため御社の休日について教えていただけますか」などクッションを入れて自然に質問をするように心がけてください

残業がほとんどない仕事を選ぶ

仕事よりもプライベートを優先したい人は、残業がほとんどない仕事を選ぶようにしてください。定時で上がれる仕事であれば、終業後に友人と食事に行ったり、習い事をしたりなど、仕事をしていても比較的余裕を持って日々を過ごすことができます。

もし、慢性的な残業がある環境はオンオフの切り替えが難しく、仕事をするだけの生活になってしまい精神的・肉体的なストレスを感じやすくなります。

そのため、プライベートを充実させたいのであれば、入社前に「最短で成果を出すために、残業時間を含めた1週間の流れをお伺いできますでしょうか」と、熱意+知りたいことをセットにして残業時間の確認をするようにしてくださいね

石川 愛

キャリアアドバイザーコメント石川 愛プロフィールをみる

自分に合った環境を探すことが重要

ストレスを感じる内容については人それぞれです。たとえば1人で仕事を進めるのが好きな人は、煩わしい人間関係がなく、一人で黙々と仕事に専念できる環境はストレスが少ないといえます。一方で、人と積極的にコミュニケーションを図りたい人にとっては、各自が黙々と自分の仕事に専念し会話の少ない環境にはストレスを感じることでしょう。ノルマや締め切りに追われない仕事はプレッシャーが感じられずにすみますが、もの足りなさを感じることでストレスになる人もいることでしょう。このように同じ環境でも、それがストレスになるか、ならないかは個人差があります。

また、どんな企業に入社しても少なからずストレスを感じることはあるでしょう。さらに、入社後何年か経過すると、社員の顔ぶれが変わったり、同じ職種でもやり方がガラリと変わる可能性もあります。そういったことも念頭に置きつつ、自分がストレスを感じやすいことに優先順位をつけて、自分に合った仕事や企業を探すことが重要ですよ。

ストレスの少ない仕事に就く方法

ストレスの少ない仕事に就く方法

ストレスの少ない仕事に就くためには、第一に自分が何に対してストレスを感じるのかを知る必要があります。自分のストレス要因を洗い出したうえで、業界や企業の研究をおこない、自分に向いている仕事を見つけ出し、気になる企業のクチコミをチェックして内情を確認すると良いです。

ここからは、ストレスの少ない仕事に就く方法を4つ解説していきます。就活に役立ててくださいね。

自己分析を通じて自分のストレス要因を把握する

ストレスの少ない仕事に就く方法で、まずは、自己分析を通じて自分のストレス要因を把握することが大切です。自分がどんなことにストレスを感じるのかが明確でなければ、向いている仕事や職場を選択することが難しいからです。

そのため、過去の出来事から、何に対してストレスを感じてきたのかを洗い出してください。人間関係に悩まされてきたのか、第三者からのプレッシャーに弱いのかなど傾向が分かれば、自分が仕事をするうえで大切にすべき価値観を明確にできます。

ストレスの要因が多数ある場合は、「これはまだ妥協できる範囲」「これは絶対に我慢ができない」などと優先順位をつけて、仕事選びに活用するようにしてください

業界・企業研究を念入りにする

ストレスの少ない仕事に就くために、業界・企業研究を念入りにおこないましょう。自己分析で明確にしたストレス要因が少ない業界や企業を探すことで、長く働き続けることが可能になります。

業界・企業研究を怠たり入社してしまうと、あとから「イメージと違う」ということになり兼ねません。結果として、ストレスを感じることが多く、早期退職につながってしまう可能性もあります。

そのために、気になる企業があったら、会社説明会やインターンに参加したり、OB・OG訪問をしたりして、社風や理念、将来性、仕事内容、社員や社内の雰囲気、価値観や考え方などを具体的に把握することが大切です

口コミをチェックする

ストレスの少ない仕事に就く方法として、口コミをチェックするのもおすすめです。企業の口コミサイトや各種SNSなどで、実際にその企業で働いたことのある社員の生の声を収集すると参考になります。

会社説明会やホームページには、基本的に良いことしか書いていないため、口コミで情報収集をしておくと、入社後ギャップを感じる場面も少なくなります。

職場環境に問題がある場合は口コミサイトに書かれている場合があるため、エントリー前に確認をおこなうことで、ストレスの多い職場を避けることが可能になりますよ

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

ただし、匿名で口コミや評判が書かれているサイトは信憑性が低いため、100%鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考程度として考えてくださいね。

就活エージェントに登録する

ストレスの少ない仕事に就くために、就活エージェントに登録する方法があります。就活エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが就活のサポートをしてくれるサービスです。

就活エージェントは、「職場の雰囲気」「人間関係」「社員や社内の雰囲気」などを求職者が知ることができない情報を持っています

ストレスの少ない仕事を探していることを伝えれば、実際の仕事内容や社内の様子を事前に教えてくれるため、自分に向いている環境を見つけることが可能になります。就活エージェントは複数あるため、いくつか登録してみて自分と相性の良いアドバイザーと一緒に就活を進めることがおすすめです。

吉川 智也

キャリアアドバイザーコメント吉川 智也プロフィールをみる

募集要項やIR情報の確認もしよう

自分にとってストレスが少ない仕事かどうかを判断するには募集要項やIR情報の確認も効果的です。募集要項や求人票には、就業場所、職種、仕事内容、給与、昇給、賞与、就業時間、休日数、福利厚生などが記載されているので、入社後の待遇をイメージしやすいでしょう。

たとえば「本社で働けると思っていたら、支店での配属で地方に行くことになった」というケースもあり得ます。そのためわかったつもりではなく、入社後にその企業で働くつもりになって募集要項を確認することで、入社後のミスマッチを防ぎ、ストレスを減らすことができるでしょう。

IR情報や決算説明会資料の確認もストレスが少ない仕事に就きたいなら確認しておきましょう。経営状況や業績の動向、経営計画、今後の事業展開などを知ることができるので、企業の現状や今後についてイメージすることができますよ。たとえば、経営状況があまり良くない場合、事業を立て直すために残業時間が多くなる、なんてこともあるかもしれません。企業研究をしっかりして、自分に合う企業を見つけましょう。

ストレスの少ない仕事の特徴を理解して就職を目指そう!

仕事をするうえで、絶対にストレスを感じずに働くことは難しいといえます。しかし、自分のストレスに感じる要因を理解すれば、自分に合った就職先を見つけることができます。

この記事で紹介したストレスが少ない職種はあくまで一例にはなりますので、自分にとって何がストレスと感じるのかをしっかり理解したうえで、適切な企業選びや職種選びを心がけてくださいね。

あなたが受けないほうがいい業界をチェックしよう

36の質問であなたを徹底解剖 12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を特定 適職を診断する(無料) 36の質問であなたを徹底解剖 12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を特定 適職を診断する(無料)

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「My Analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My Analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか知りましょう。

記事についてのお問い合わせはこちら

キャリアパーク就職エージェント 就活対策から内定まで徹底サポート!

  • キャリア面談は
    完全オンライン
  • 選考対策では模擬
    面接までできて完璧!
  • 安心して入社できるまで
    内定後もサポート
まずは就活の悩みを相談してみる

既卒・第二新卒の人はこちら

関連コラム