仕事例25選|体力がない人は4つのポイントが適職選びのカギ!

体力ない 仕事 アイキャッチ

この記事のアドバイザー

  • 上村 京久

    上村 京久

    幼稚園から高校まで野球を打ち込み、所属大学野球大会で優勝。4番ピッチャーとしてMVPを獲得… 続きを読む

  • 加藤 大智

    加藤 大智

    大学時代は、特別支援学校・小学校でイベントの企画・運営をするボランティアに注力。教職課程を… 続きを読む

  • 長尾 美慧

    長尾 美慧

    大学卒業後、アミューズメント業界に就職。年間売上高2億円を超える2店舗兼任し、店舗立ち上げ… 続きを読む

  • 塩田 健斗

    塩田 健斗

    大学卒業後、ポートに新卒入社。メディア広告の営業とマーケティング職としてファーストキャリア… 続きを読む

コラムの目次

  1. 体力がないと感じる人は自分にとって疲れにくい仕事を選ぶことが大切!
  2. 人によって「体力がない」と感じる要素は異なる! 仕事で疲れを感じやすい3パターン
  3. ①肉体的な疲労を感じやすい
  4. ②他者との関係に気疲れする
  5. ③多くの情報処理で神経が疲れる
  6. 疲れを感じるパターン別に解説! 体力がない人の自分に合った仕事の見つけ方
  7. ①肉体的疲労を感じやすい人:肉体労働や残業時間が長い仕事を避ける
  8. ②人間関係に気疲れしやすい人:人と多くかかわる環境を避ける
  9. ③多くの情報で頭が疲れやすい人:同時並行で多くのことを考える仕事を避ける
  10. 仕事の特徴別に紹介! 体力がないと感じる人におすすめな仕事25選
  11. 肉体的な疲労が少ない仕事
  12. 他者とのかかわりが少ない仕事
  13. リモートワークしやすい仕事
  14. 残業時間が少ない仕事
  15. 同時に多くの情報を扱うことが少ない仕事
  16. 長く働ける仕事が最適解! 体力がないと感じる人が仕事を選ぶときの4つの確認ポイント
  17. ①自分が苦手な仕事ではないか
  18. ②残業が多すぎる仕事ではないか
  19. ③働く環境が自分に合っていそうか
  20. ④部署異動や職種選択が可能な職場か
  21. 自分の活かし方を見つけよう! 体力がないと感じる人がキャリアアップする3つのコツ
  22. ①自分が疲れやすい仕事は周囲に協力してもらう
  23. ②得意な仕事を率先してやる
  24. ③得意領域でできることを増やす
  25. 体力がない人の仕事に関してよくある質問に回答!
  26. 体力がない人は長く働ける仕事がベストな選択! 自分を活かせるキャリアを築こう

体力がないと感じる人は自分にとって疲れにくい仕事を選ぶことが大切!

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。学生からよく

「体力がない人にもおすすめの仕事ってあるのでしょうか?」
「体力がない自分に合う仕事を見つけたいのですが、どうしたら良いですか?」

といった質問や相談を受けます。

幼少期や普段の生活での出来事などから自分には体力がないと感じてしまい、これから社会に出て仕事をすることが不安になっている人もいるのではないでしょうか。自分に合う仕事が何なのかわからないという人もいるでしょう。

体力がないと感じている人は長く仕事を続けるためにも、自分が疲れを感じやすいパターンを見極めたうえで自分にとって「疲れにくい仕事」を選ぶことが大切です。この記事では、仕事で疲れを感じやすいパターンを解説したうえで、体力がないと感じている人向けにおすすめの仕事を25選紹介していきます。

体力がないと感じる人が仕事を選ぶときのポイントなども解説するので、今不安を抱えていてなかなか就活に踏み出せていないという人や自分に合う仕事を見つけたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【完全無料】
就活生におすすめ!
自己分析対策におすすめの資料ランキング

1位:自己分析ツール
選考で使えるあなただけの強み・弱みを特定します

2位:適職診断
あなたが受けない方がいい職業を特定します

3位:自己PRジェネレーター
特別なエピソードがなくても強みが伝わり、採用したいと思わせる自己PRが完成します

4位:面接力診断
あなたは何点取れる?あなたの面接偏差値を診断し、弱点とその対策を解説します

5位:性格診断
60秒であなたの長所を特定します

【本選考を控えている大学3年生必見!】
選考通過率を上げたいなら以下のツールを活用しよう!

WEBテスト対策問題集
SPI、玉手箱、TG-Webなどの頻出問題をこれ1つで効率的に対策できます

Chat GPT 自己PR作成ツール
自己PRが思いつかない人は、ChatGPTを活用して自己PRを完成させよう

人によって「体力がない」と感じる要素は異なる! 仕事で疲れを感じやすい3パターン

仕事で疲れを感じやすい3パターン
アップロードした画像


就活生

自分はなぜかすぐに疲れてしまって、体力がないなと感じています。自分にできる仕事はあるのかと不安になり、なかなか就活を始める一歩が踏み出せません。どうしたら良いでしょうか?

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

そうなのですね。体力がないと感じていても自分に合う仕事は見つかるので大丈夫です! 体力がないと感じる要素は人それぞれ異なるので、まずは自分が疲れを感じやすいパターンを特定して自分の状態を把握するところから始めてみましょう。

自分には体力がないと感じてしまうと、仕事ができるのか不安になってしまうこともありますよね。実は、「体力がない」と感じるタイミングや要素は人によって異なります。大きく3つのパターンがあるので、まずは自分がどのようなときに疲れを感じやすいのかを見極めて、避けるべき仕事や自分に合う仕事を考えていきましょう。

①肉体的な疲労を感じやすい

まず1つ目として、力仕事や運動などですぐに疲れるなど肉体的に疲労を感じやすいパターンです。「自分には体力がない」と思ってしまう要因として思いつきやすいのが、このパターンではないでしょうか。

身体を動かすことによって肉体的に疲労を感じると、元気なときよりも動きが鈍くなったりだるくなったりします。動いた量や時間が短くても疲れを感じてしまうことが多いと、体力がないのかもしれないと感じてしまいやすいです

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

今の状態以外にも、幼少期に運動が苦手だった記憶があると、自分には体力がないと感じてしまう場合があります。

②他者との関係に気疲れする

自分以外の人とかかわる中で気疲れしてしまうパターンも考えられますね。「人と会ったり遊んだりした後にどっと疲れが出てしまい、すぐに寝てしまった」などの経験から、「自分には体力がないのかな」と感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

これは、肉体的な疲労というよりも、人とかかわる中で無意識に気を遣ったりしているために、精神的な疲れが身体的な疲れとして出ていると考えられます。また、人間関係のストレスを感じやすい人もこのパターンに入りますね。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

疲れが身体に出るからといって肉体的な疲労であるとは限りません。精神の疲れが体力に影響することもあることを認識しておきましょう。

③多くの情報処理で神経が疲れる

頭を使うと疲れてしまう、という人もいるのではないでしょうか。いろいろな情報を頭で処理することで神経が疲れてしまうパターンも考えられます。

現代では毎日多くの情報が飛び交っています。また、同時に処理しなければならないことも多いですよね。そうすると、頭が疲れてしまいすぐに眠くなったり身体に疲れが出ることがあります。

このように、同時に大量の情報を処理するために神経を使いすぎることで、すぐに疲れてしまうのです。長い間作業が続かないことから「体力がない」と感じてしまう可能性があります。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

体を動かさないからといって、疲れないわけではないということですね。

キャリアアドバイザーコメント

上村 京久

上村 京久プロフィール

自分の疲れやすいパターンを把握するには「過去の体験で感じたこと」を思い出そう

自分の疲れやすいパターンを把握するには、アルバイトやサークル、ボランティア活動など、今まで経験してきた活動を振り返ることをおすすめします。経験した業務内容や、どういった人とかかわってきたのか考えてみましょう。

たとえば飲食店でのアルバイトの場合は、基本的に立ち仕事で、肉体的にしんどいと感じる人も多いです。短時間で体力の限界を迎えるのか、適切な休憩時間を取れば多少の疲れはあるものの問題ないのかは人それぞれです。短時間で疲れを感じる場合は、自分は肉体的な疲労を感じやすいのだと推測できます。

一方で、立ち仕事は問題ないけれど疲れが生じている場合は、顧客対応などの人間関係が疲れの原因になっている可能性もあります。仕事内容によって対応する顧客の層は異なり、カフェの場合は若い女性が多く、居酒屋の場合は男女問わず幅広い年齢の顧客に対応します。仕事内容や顧客が原因でない場合は、同僚との人間関係が合わないケースも考えられますね。このように、経験してきたことを振り返る際には、仕事内容やかかわる人など、考えるポイントをいくつかに分けてみると、疲れの原因を見つけやすくなりますよ。

自己分析であなたの強みと弱みを見つけませんか。

就活を成功させるためには自己分析が必須です。しかし、自分自身のことを分析するのは以外と難しいですよね。

そんな時は「自己分析ツール」を活用してください。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みと弱みを簡単に知ることができます。

自己分析ツールで強み・弱みを理解し、就活を楽に進めましょう。

こんな人に「自己分析ツール」はおすすめ!
・自己分析を終わらせたい人
・自分の強みと弱みを知りたい人
・自分に合う職業を知りたい人

疲れを感じるパターン別に解説! 体力がない人の自分に合った仕事の見つけ方

【パターン別】 体力がない人の自分に合った仕事の見つけ方
アップロードした画像


就活生

体力がないと感じる要素は身体的な疲労だけだと思っていましたが、人それぞれ異なるのですね。勘違いしていました。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

そうなんです! 身体的な疲労だけではなく精神や神経の疲れも「体力がない」と感じる要素になります。

アップロードした画像


就活生

自分は人間関係で気疲れしやすいタイプな気がします……。どのような仕事が合うのでしょうか? 自分に合う仕事の見つけ方が知りたいです。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

わかりました! それでは、疲れを感じるパターンごとに合う仕事の見つけ方を解説していきますね。

疲れを感じるパターンは人それぞれであり、自分に合う仕事も変わってきます。特に、体力がない人は「自分が疲れない仕事」を選ぶのがベストです。自分が疲れを感じるパターンがわかったら、疲れないようにどのような特徴の仕事を避けるべきなのか、就くべき仕事の特徴は何なのかを考えてみましょう。

ここでは、疲れを感じるパターン別に合う仕事の特徴を紹介するので、仕事を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

①肉体的疲労を感じやすい人:肉体労働や残業時間が長い仕事を避ける

力仕事や運動などで肉体的に疲労を感じやすい人は、肉体労働が多かったり長時間働くような仕事は避けたほうが無難です。

肉体的疲労を感じやすい人が避けるべき仕事のポイント
  • 肉体労働が多い
  • 夜間勤務がある
  • 残業が多い
  • 休日出勤がある など

たとえば、身体を頻繁に動かす仕事についてしまった場合、すぐにスタミナを消費してしまい仕事の進みが遅くなってしまう可能性があります。そうすると、自分が疲れてしまうだけでなく、成果も出しづらい状況になりかねません。

また、長時間勤務になりやすい仕事も肉体的疲労が溜まりやすく、頻繁に休憩をとる必要が出てくると考えられます。

そのため、できるだけ身体を動かさずに座って作業できる仕事や、身体よりも頭を中心に使う仕事を選ぶのがおすすめです

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

やりたい仕事が長時間働くようなものの場合は、自分のペースで休める仕事を選ぶと良いですね。

②人間関係に気疲れしやすい人:人と多くかかわる環境を避ける

人間関係が原因で気疲れしやすい人は、人とかかわることが多い環境やたくさんの人が周りにいる場面を避けられる仕事が良いかもしれません。

人間関係に気疲れしやすい人が避けるべき仕事のポイント
  • 多くの人と頻繁にやりとりが必要な職場
  • 社外の人と交渉や打ち合わせの多い仕事
  • 満員電車などでの通勤が必要な職場 など

たとえば、社内で多くの人とやり取りする必要のある仕事や社外の人と交渉や打合せが多い仕事などは、いろいろと考慮すべきことがあるため気疲れしやすい可能性があります。

また、直接かかわるような近しい人でなくても、満員電車での通勤や多くの人が行き交う場所での仕事は気にすることが多く疲れてしまいやすいでしょう。そのため、他者とのかかわりが少なく1人でできる仕事や自宅でできる仕事などがおすすめです

③多くの情報で頭が疲れやすい人:同時並行で多くのことを考える仕事を避ける

多くの情報に触れると頭が疲れてしまいやすい人は、さまざまなことを同時並行で考える仕事は避けたほうが良いです。

仕事には、「目の前の1つのことに集中する職種」と「全体を広く見渡して管理・運営する職種」があります。多くの情報処理が苦手な人は、同時並行で仕事をすると考えることが分散してしまい、本領を発揮できません。そのため、できるだけ目の前の仕事だけに頭や身体を使える仕事を選びましょう

一つひとつの仕事がしっかりと時間で区切られている仕事も、その時間は担当の仕事だけに集中できるのでおすすめです。また、職人や専門職なども1つの仕事を極める職業であるため、気が散ることなく取り組みやすいでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

加藤 大智

加藤 大智プロフィール

仕事の選び方の視点を変えることで道が開ける場合もある

疲れやすいパターンを知ることは自分に合う仕事を見つけるために重要なことですが、できるだけ苦手な仕事を避けようと、次第に仕事選びの軸が偏ってしまわないよう注意しましょう。

もちろん苦手なことを避けることは悪いことではありません。ただ、それだけではなく「自分が得意なことややりたいと感じること」に焦点を当てて仕事を選んでみるのも良いのではないでしょうか。社会人になると、ただ与えられた仕事をこなすだけではなく、成果を出すことがもとめられます。そのためには、得意なことややりがいを感じられることを仕事にした方が、力を伸ばしいきいきと仕事ができるでしょう。

もちろん、苦手なことを避けるとストレスが減るため、身体的・精神的に安定して仕事ができます。しかし、それだけだと得意なことを活かしづらいため仕事で成果を出せず、結果的に仕事がつらくなってしまう可能性もあります。そのため、苦手なことは避けつつも、得意なことややりがいなどプラスの面にも目を向けてみましょう。そのためには、自己分析や他己分析、将来目指したいキャリアについて振り返ることが重要です。改めて自分のプラスな面について考えてみると、新たな視点で企業を探せるようになりますよ。

自己分析ツールを試してください。

自己分析ツールはもう試しましたでしょうか。就活では自己分析が重要です。中途半端に自己分析を終わらせてしまうと、入社後のイメージギャップから早期退職につながってしまいます。

そんな時は「自己分析ツール」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

こんな人に「自己分析ツール」はおすすめ!
・自己分析を終わらせたい人
・自分の強みと弱みを知りたい人
・自分に合う職業を知りたい人

仕事の特徴別に紹介! 体力がないと感じる人におすすめな仕事25選

体力がないと感じる人におすすめな仕事の特徴
アップロードした画像


就活生

疲れを感じやすいパターンごとに合う仕事の特徴を知ることができ、以前よりも仕事を選びやすくなった気がします。自分には具体的にどのような仕事がおすすめなのか知りたいです!

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

わかりました! それでは仕事の特徴別に具体的におすすめな仕事を紹介していきますね。

体力がないと感じている人の中には「自分に働ける仕事はないのではないか」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。しかし、そのような心配はしなくて大丈夫です。体力がないと感じている人にもおすすめの仕事が多くあります。

ここでは、体力がないと感じている人に25個のおすすめな仕事を、仕事の特徴別に分けて紹介していくので、仕事選びに悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

仕事の特徴が複数にまたがっている仕事もありますが、今回はその仕事で最も特徴的なもので分類しています。

肉体的な疲労が少ない仕事

肉体的な疲労が少ない仕事
  • マンションの管理人
  • 秘書
  • Webマーケター
  • テスター・デバッガー
  • 経理
  • 人事
  • 事務職

まずは、肉体的な疲労が少ない仕事を紹介していきます。この特徴を持つ仕事はあまり身体を動かす必要がなく、立ち仕事よりも座り仕事が多い傾向にあります。出張や外出など外での移動などは少なく基本的にはデスクワークが多いですね。この点を意識して、これから紹介する具体的な仕事を見てみてくださいね。

①マンションの管理人

マンションの管理人は、マンションの清掃や設備の点検、問題が起こったときの対応など、管理が基本的な業務です。そのため、トラブルが発生しない限りはほとんど座って待機している状態が多いため、肉体的な疲労は少ないといえます。

また、もしトラブルが起こった場合は専門の業者に取り次ぐこともできるため、自分自身が手を動かすことも多くはありません。その分、日頃からマンションに住む人々が快適に暮らせるように、設備の不具合やトラブルが起こらないように配慮しておくことが大切だといえますね。

②秘書

秘書は、社長や役員など企業の経営陣や管理職の側で、その人たちの負担を減らすために総合的なサポートをおこなう仕事です。おもには取引先や顧客からの取り次ぎやスケジュール管理、書類の作成・整理などをはじめとした管理業務が多く、身体よりも頭を使うことが多い職業だといえますね。

ときに、大きな会議のセッティングや来客対応などをおこなうこともあります。その場合は指示者としてほかの従業員に指示を出すことが多く、自ら手を動かすというよりも、周りの人を先導する立場として仕事をするため、肉体的には疲れにくいでしょう。その分、作業効率の良さや管理能力の高さがもとめられる仕事といえます。

秘書に興味がある人は、志望動機の作成のコツをつかんでおくと良いです。こちらの記事では秘書の志望動機を作成する際のポイントなどを解説しているので、あわせて参考にしてみてくださいね。

関連記事

秘書の志望動機作成は準備が大切! 強みをアピールする例文を解説

秘書の志望動機は仕事内容や必要なスキルを深めることで魅力的な内容になりますよ! この記事では秘書の仕事内容、もとめられるスキル、向いている人、志望動機作成のポイントなどをキャリアアドバイザーが解説します。 例文も参考に刺さる内容で選考を突破してくださいね。

記事を読む

秘書の志望動機作成は準備が大切! 強みをアピールする例文を解説

③Webマーケター

Webマーケターは、WebサイトやSNS、ダイレクトメールなどのオンラインの機能を用いて、商品やサービスの効果を高めたり広める仕事です。仕事の幅は広く、市場を考察して戦略を立てたうえで効果検証し、結果を分析してより効果的な施策はないかを探っていきます。これらは、パソコン上で作業をするのがメインになるため、肉体的疲労は少ないです。

ただ、ときにはデータを集めるために自らアンケート調査や市場調査をおこなうこともあります。商品やサービスの効果増大を目指す重要な役割を担う職業です。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

扱うサイトや媒体の形式によって業務内容が異なる部分もあるため、興味を持った人はより深く調べて自分に合う企業を探してみるのが良いですね。

こちらの記事ではマーケティング職の志望動機の作り方などを解説しています。Webマーケターなどのマーケティング職に興味がある人は、選考の際にぜひ参考にしてみてください。

関連記事

例文8選|マーケティング職の志望動機は企業研究がカギを握る!

マーケティング職の志望動機で重要なのは、綿密な企業研究です。今回はマーケティング職の志望動機を作成する際にアピールすべき強みを紹介し、志望動機の構成を解説していきます。キャリアアドバイザー監修のもと、志望動機の例文も紹介していくので、参考にしてみてくださいね!

記事を読む

例文8選|マーケティング職の志望動機は企業研究がカギを握る!

④テスター・デバッガー

テスター・デバッカーは、開発中のゲームを実際にプレイしながら、動作に不具合などがないか確認し、原因などを突き止めることがおもな仕事です。パソコンやゲーム機を操作することがメインになるため、肉体的な疲労は感じにくいといえます。

デバッガーとは
  • デバッガーは「デバッグ」という作業をおこなう人を指す
  • デバッグとは「バグ(不具合)」が発生している原因を突き止め、修正すること

ただ単にゲームをプレイして不具合を発見するだけでなく、元の設計書や仕様書に沿って正常に動作がおこなわれているかを一つひとつ確認していくことになります。細かい作業を地道におこなうことが得意な人は向いていると考えられます。

⑤経理

経理は、企業の経済活動をサポートする仕事です。具体的には、お金と取引の流れを管理するために、関連書類の作成やチェックに加えて経営にかかわる資料の作成などもおこないます。仕事の特性上身体を使う業務はほとんどないため、肉体的な疲労は少ない仕事です。

ただ、企業のお金に関する業務が多いため、ミスや間違いがないように神経を使う場面も少なくありません。慎重に物事を進めることができ、正確な作業ができる人が向いているといえますね。

経理の仕事や新卒で応募する際のポイントなどを知りたい人はこちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事

新卒学生は知っておきたい! 経理の業務と目に留まる志望動機の書き方

新卒で経理職の志望動機を考える際、業務内容をしっかり理解しておくことが重要です。 この記事では経理の業務やおすすめスキル、志望動機の書き方などをキャリアアドバイザーが解説します。 なぜその業界、会社がいいのかを整理し、自分らしい志望動機を作りましょう!

記事を読む

新卒学生は知っておきたい! 経理の業務と目に留まる志望動機の書き方

⑥人事

人事は、その企業で働く人材を扱う仕事です。具体的には、これから入社する可能性のある人材を見極める採用活動や、社内の人材に対してのサポートをおこないます。これからの人材に関する戦略を練ったり方針を決めることがメインの業務になるため、肉体的な疲労は少ないです。

また、学生にとっては採用活動をおこなっているイメージが強いかもしれませんが、実際には社員に対して評価制度の構築・運用、研修や教育など、幅広い業務を担っています。人事を志望する際は、その企業の社内でどのような業務をおこなっているのかを調べてみるとイメージが湧きやすくなりますよ。

こちらの記事では人事職の志望動機の作り方などを解説しています。人事職に興味がある人や応募しようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

刺さる人事の志望動機の書き方|仕事内容や求められるスキルも解説

人事の志望動機を書く際には、人事の業務内容をしっかりと知っておく必要があります。今回は人事を目指す学生のために、キャリアアドバイザーが人事にもとめられるスキルや適性を解説します。面接官に響くポイントを解説しながら例文も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

記事を読む

刺さる人事の志望動機の書き方|仕事内容や求められるスキルも解説

⑦事務職

事務職は、書類の作成やデータ入力、情報の整理など、企業の事務的な業務を担当します。おもにパソコンを用いて作業するため、肉体的な疲れは感じにくいでしょう。

事務職には、一般事務や営業事務をはじめとして、業界や企業ごとに専門業務を扱う事務職もあります。それぞれ役割が異なる部分があるため、事務職を志望する人は自分が興味ある分野は何なのか、事務職の中でも得意な業務は何なのかを考えて応募するのが良いですね。

事務の仕事内容をより深く知りたい人はこちらの記事で解説しているので、あわせて読んで理解を深めてくださいね。

関連記事

事務の仕事内容とは? 選び方や向いている人の特徴を解説

事務職とは誰かの仕事をサポートする仕事 こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「事務の仕事に就きたいです」「事務の仕事って具体的には何をするのでしょうか」 という声を聞くことがあります。事務職は、オフィ […]

記事を読む

事務の仕事内容とは? 選び方や向いている人の特徴を解説

他者とのかかわりが少ない仕事

他者とのかかわりが少ない仕事
  • 図書館司書
  • 動画編集者
  • 清掃員
  • 工場のライン作業
  • イラストレーター
  • 家事代行

次は、他者とのかかわりが少ない仕事を紹介していきます。この仕事は、人とコミュニケーションをとる必要があまりなく、自分1人で仕事をする時間が多いことが特徴です。特に、人間関係でストレスを感じやすい人や多くの人とかかわると疲れてしまいやすい人にはおすすめの仕事なので、ぜひ仕事を選ぶ際の参考にしてください。

⑧動画編集者

動画編集者は、映像や写真などの素材を組み合わせ、効果音やテキストを入れ込んで適切な動画を作り出すことがおもな仕事です。パソコンでの作業がメインであり、編集作業は基本的に1人でするため、作業に入ったら他者とかかわることはそれほどないといえますね。

企業に属して働く人もいる一方で、フリーランスとして独立しさまざまな企業から仕事を請け負う人もいます。ただ、フリーランスとして仕事をするにはある程度のスキルがないと受注できない可能性もあるため、独立するにしても、まずは企業に所属して基礎的な知識やスキルを身に着けるのがおすすめです。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

企業によっては、出来上がった動画の編集だけでなく、動画の要素となる映像の撮影や動画編集後の進行管理などを担当することもあるので、注意しましょう。

⑨図書館司書

図書館司書は、図書館に勤務して書籍の選定・発注・分類・貸出など、図書館に来る人たちが快適に過ごせる環境づくりやサポートをおこなう仕事です。人よりも書籍と向き合う時間が多いため、他者とかかわることが苦手な人も疲れを感じにくい仕事だといえます。

ただ、書籍がある棚の場所を聞かれたり書籍の説明をする場合もあるため、まったく人とのやりとりが発生しないわけではありません。また、図書館によっては絵本の読み聞かせや選書サービスなどをおこなっているところもあるので、ある程度のコミュニケーションは必要になると認識しておきましょう。

図書館での仕事内容についてはこちらの記事でより深く解説しています。興味のある人はぜひあわせて読んでみてください。

関連記事

図書館の仕事は7つに分けられる! 司書資格の必要性と注意点を解説

図書館の仕事は主に7つに分けられます。図書館で働くためには、仕事内容の理解を深めることは必須です。こちらの記事では仕事内容はもちろん、おすすめの資格についても解説しますので、是非確認してみましょう。

記事を読む

図書館の仕事は7つに分けられる! 司書資格の必要性と注意点を解説

⑩清掃員

清掃員は、オフィスや公共施設、その他建物の清掃をする仕事です。一般的には複数の担当場所を回り仕事をします。1人で作業することがメインで、他者とかかわることはほとんどないため、1人で黙々と作業を進めたい人はストレスを感じることも少なく疲れにくいといえます。

ただ、仕事内容として、頑固な汚れを落としたり重いものを運ぶことも多いため、肉体的には疲れを感じやすいです。そのため、疲れやすいと感じる要素が肉体的な疲労である人は注意したほうが良いかもしれません。

また、こちらでは、清掃業の志望動機作成のコツを解説しています。清掃業に興味がある人はこちらの記事も読んで選考対策をしてみてください。

関連記事

清掃業の志望動機はどう作る? 業界知識や避けるべき表現も徹底解説

清掃業の志望動機を作る時は、清掃業にもとめられる強みや役割を知ることが重要です。今回は清掃業の基礎知識を身に付けるとともに、清掃業の魅力を踏まえた志望動機を作っていきましょう!キャリアアドバイザー監修のもと、清掃業に求められる4つのスキルや専門資格、志望動機作成方法を例文付きで紹介していきます。

記事を読む

清掃業の志望動機はどう作る? 業界知識や避けるべき表現も徹底解説

⑪工場のライン作業

工場のライン作業は、製品を作るために必要な各工程を「流れ作業」でおこなうことを指します。具体的には、ベルトコンベアで流れてくる部品の組み立てや梱包をするのが仕事です。一般的には作業時間や担当場所が明確に分かれており、黙々と1つの作業をおこなうため他者とかかわる頻度は低いといえます。

ただ、長時間立っておこなう作業もあるため、肉体的にきついと感じる人もいるかもしれません。その場合は、座っておこなうことのできる業務はないかを考えて、自分に合った担当箇所をおこなえるか見極めることが大切です。

⑫イラストレーター

イラストレーターは、商品やサービスに使用されるイラストやアイコン、絵などを描く仕事です。イラストを掲載する媒体にもよりますが、おもには顧客の依頼内容に沿って納期までにイラストを描き上げることが仕事であるため、注文を受けた後は1人での作業がメインになります。そのため、1人で作業に集中したい人にはおすすめの職業です。

ただ、一人前のイラストレーターになるためには、制作ツールの知識や使い方、イラストを描くスキルを身に着ける必要があるため、習得までにはある程度の時間が必要になると考えられます。

スキルが十分にある場合は、最初からフリーランスとして企業からの依頼を受注する人もいますが、企業に所属して基礎的な知識を学んでから独立することもおすすめです。自分に合った方法でイラストレーターになれるように、行動に移してみましょう。

⑬家事代行

家事代行は、依頼を受けた人の家で掃除や洗濯、料理などの家事全般を家主の代わりにおこなう仕事です。家主が家に居るときにおこなうこともありますが、一般的には家主が外出中や仕事中に作業することが多いため、1人で作業する時間が多い職業といえます。

たとえかかわるとしても、企業などの職場よりもコミュニケーションをとる人数は限られるため、人間関係の負担は感じにくいでしょう。

ただ、家の中を動き回るため、身体を動かすことが多くなります。肉体的に疲れやすい人は注意してくださいね。

リモートワークしやすい仕事

リモートワークしやすい仕事
  • Webライター
  • Webデザイナー
  • SE(システムエンジニア)

次は、リモートワークしやすい仕事の紹介です。この仕事は、1人の時間が多いことや身体を動かすことが少ないことが特徴です。また、通勤もなくオフィスでの作業もないため、多くの人や情報に触れる場面が少ないことも特徴といえます。肉体的な疲労を感じやすい人や多くの情報に触れると疲れやすい人におすすめです。

⑭Webライター

Webライターは、Webサイトに掲載するコラム記事を執筆・編集する仕事です。おもにパソコンでの執筆になるため、オフィスに出社しなくても仕事に支障が出づらく、リモートワークしやすい職業といえます。

文章を書くのがメインですが、Webサイトに掲載する記事のジャンルによっては、現地での取材やインタビューが必要になる可能性もあります。その場合は、リモートワークだけで完結しないこともあるため注意しておきましょう。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

また、記事の編集業務や外注先との連絡もおこなう企業もあるため、必ずしも執筆だけおこなうのがライターではないということは認識しておくと良いですね。

ライターになるための方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。ライターに興味がある人はこちらの記事も参考にするとより理解が深まりますよ。

関連記事

ライターになるには? 新卒から目指す場合の選択肢や注意点を解説

新卒からライターを目指すことはできます。この記事では新卒からライターになるための選択肢や就職先をキャリアアドバイザーが解説します。ライターになるために今からできる対策についても紹介しているので、ライターを目指したい学生は参考にしてくださいね。

記事を読む

ライターになるには? 新卒から目指す場合の選択肢や注意点を解説

⑮Webデザイナー

Webデザイナーは、顧客の依頼内容に基づいてWebサイトのデザインを制作する仕事です。デザイナーというと、絵を描いたりイラストを作成する人がイメージされやすいですが、Webデザイナーはサイト全体の構成を考え、実際にコーディングをしてサイトを構築するところまでおこなうこともあります。

パソコンでの作業が中心になるため、環境が整っていればリモートワークもしやすいといえます。

コーディング
  • コーディングとは、プログラミング言語を用いてサイトをWeb上で見える形に設計していくこと
  • 使用する言語には、JavaScript(ジャバスクリプト)、HTML(エイチティーエムエル)、CSS(シーエスエス)などがある

ただ、作業に入る前は、顧客の要望やイメージしているサイトのデザインを聞き取るため、ミーティングなども多いです。また、一定のスキルがあればフリーランスとして仕事ができる職業ですが、その場合は営業活動も自らおこなう必要があるため、リモートワークだけで完結できない可能性が高いことも頭に入れておきましょう。

⑯SE(システムエンジニア)

SE(システムエンジニア)は、ソフトウェア開発の上流工程を担う職種であり、顧客の要望を聞き取ったうえでシステム全体の要件定義や設計書の作成をおこないます。

よくプログラマーと混同されやすいですが、プログラマーがプログラミングできるように設計書を作るのがSEの仕事です。作業はおもにパソコンを使うため、リモートワークもしやすい仕事といえますね。

1点注意したいのが、下請け企業でシステムエンジニアになった場合は、納期によって局所的にスケジュールがひっ迫することもあり、残業時間が多くなる傾向があります。働く場所や時間を選ばない職種だからこそ長く働けてしまう特徴もあるので、仕事がきつくならないようにコントロールする必要があるといえますね。

こちらの記事で新卒からSEになる方法や志望動機作成のコツを解説しています。SEに興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

新卒からSE職になるには? 志望動機の作り方も合わせて紹介

新卒未経験のSE職は、仕事内容の理解や熱意、適性をアピールすることが内定獲得のカギとなります。 この記事ではSE職の仕事内容、向いている人、役立つ資格、志望動機のポイントなどをキャリアアドバイザーが解説します。 文理別志望動機例もぜひ参考にしてくださいね。

記事を読む

新卒からSE職になるには? 志望動機の作り方も合わせて紹介

また、こちらの記事では社内で仕事をするSEの志望動機の作り方などを解説しています。SEを目指す人はぜひあわせて読んでみてくださいね。

関連記事

社内SEの選考は志望動機の作り方で差がつく|例文8選

この記事では社内SEの志望動機の書き方をキャリアアドバイザーが解説します。 社内SEの仕事内容やメリットデメリットなど志望動機作成に役立つポイントを紹介するので、これを読むことで他の学生と差がつく志望動機を作れるようになりますよ!

記事を読む

社内SEの選考は志望動機の作り方で差がつく|例文8選

残業時間が少ない仕事

残業時間が少ない仕事
  • カスタマーサポート
  • 検針員
  • ビルメンテナンス

次は、残業時間の少ない仕事を紹介します。残業時間が多くなると肉体的にも精神的にも疲れを感じやすくなり、仕事がスムーズに進まないことや健康に影響が出てしまうこともあります。そのため、体力がないと感じる人は基本的には残業時間の多い職種は避けるのがベターです。

ここでは、特に残業時間が少ない仕事を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

⑰カスタマーサポート

カスタマーサポートは、商品やサービスに対する顧客や消費者からの相談・質問に対して、メールや電話などを用いて受け答えをする仕事です。一般的に対応時間がきっちりと決まっているため、定時で業務が終わることが多い傾向にあります。ワークライフバランスを保てるおすすめの仕事といえますね。

仕事では顧客と直接対話することになるため、コミュニケーション能力や傾聴力が必要です。クレーム対応も少なくないため、特に人の話を聞いて顧客の意図を汲み取り、企業にとっても顧客にとっても良い形で話をまとめる力も重要になるでしょう。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

メールや電話ではありますが、多くの人の対応をすることになるので、人間関係や人と接することで疲れを感じてしまう人は、少しきついと感じてしまうかもしれません。

⑱検針員

検針員は、担当区域の住宅を回り、電気・ガス・水道などの使用量を記録していくことが仕事です。専用の端末で検針し伝票をポストに投函するのが一連の流れであり、1人で黙々と進めることができると考えられます。仕事のペースも自分でコントロールしやすく残業時間も少ない傾向にあります。

仕事自体はシンプルですが、寒さや暑さなどの気温、雨風などの天候によっては肉体的に厳しいこともあるので、外の環境に左右されやすい仕事だということも認識しておくと良いですね。

⑲ビルメンテナンス

ビルメンテナンスは、ビルの清掃や設備の点検、修理など、快適なビル環境を整えることが仕事です。担当場所やおこなう作業が明確なため仕事の進捗を管理しやすく、残業時間は少ない傾向にあります。定時できっちり帰りたいという人にはおすすめです。

一方で、ビルに人が出入りしていない時間帯に作業をおこなうこともあるため、深夜勤務も発生する可能性があります。特に警備などで巡回する際には多くなるでしょう。

同時に多くの情報を扱うことが少ない仕事

同時に多くの情報を扱うことが少ない仕事
  • カウンセラー
  • コールセンター
  • 塾講師
  • タクシードライバー
  • 企業の受付
  • 警備員

最後に、同時に多くの情報を扱うことが少ない仕事を紹介します。この仕事は、同時並行でさまざまな業務を進めるよりも、目の前のことに集中して取り組むことが多いのが大きな特徴です

マルチタスクが苦手な人やいっぺんに多くのことを考えると疲れてしまうという人はマッチする可能性が高いので、ぜひ参考にしてください。

⑳カウンセラー

カウンセラーは、人の悩みや気持ちに寄り添い、抱える問題の解決に向けてサポートする仕事です。カウンセリング中は相談に来た目の前にいる人の悩みの解決に集中する必要があります。もちろん、複数の人を担当するためスケジュール管理などは必要ですが、1つのことに集中する時間のほうが長いです。

カウンセラーには、企業で働く人の相談に乗る産業カウンセラーや学生の悩みを聞くスクールカウンセラーなど、カウンセリングの対象者ごとに専門のカウンセラーがいます。専門によって扱う内容は少し異なりますが、「人の悩みを聞き解決に導く」という根幹の目的は変わりません。人の気持ちや悩みに共感できる人はマッチするでしょう。

㉑コールセンター

コールセンターは、電話を通して消費者からの問い合わせへの受け答えや、商品やサービスの案内をする仕事です。一度に多くの情報を扱うというよりかは、今電話で通じている消費者との対話がメインになるので、1つのことに集中する仕事だといえます。

業務の種類としては、一般的に消費者側から連絡を受ける「インバウンド業務」とコールセンター側から電話で営業をする「アウトバウンド業務」があります。ときにクレーム対応などもおこなう必要があるため、コミュニケーション能力やストレスへの耐性は必要になるでしょう。

コールセンターに興味がある人は、こちらの記事もあわせて読んで、志望動機の作り方についても学んでおくことをおすすめします。

関連記事

コールセンターの志望動機を差別化するには? 評価点や魅力も解説

コールセンターの志望動機は業務内容を理解し、自分の言葉で熱意を伝えるとアピールできますよ。 この記事ではコールセンターの仕事内容、魅力、志望動機の書き方などをキャリアアドバイザーが解説します。 解説動画や志望動機例文も参考に志望動機で差をつけましょう!

記事を読む

コールセンターの志望動機を差別化するには? 評価点や魅力も解説

㉒塾講師

塾講師は、学習塾で学生に向けて特定教科を教えることが仕事です。一般的にはコマ数で仕事が区切られているため、授業中は学生に担当範囲の内容を教えることに集中します。教えることに注力できるため、ほかの業務で気が散ってしまうということは少ないでしょう。

ただ、授業をおこなうためには事前の準備も必要になります。また、出した宿題の丸付けやプリント作成などの業務もあります。授業中は1つの業務に集中できますが、ほかの業務もあることも頭に入れておけると良いですね。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

学習塾の規模によっては担当クラスなどを受け持つこともあるため、授業だけでなく学生の進路相談やケアなども業務の一環となる場合があります。

㉓タクシードライバー

タクシードライバーは、乗車した人の運転を代行し目的地まで安全に届けることが仕事です。運転以外のことを考えると安全性に欠けてしまうため、仕事中は目の前の運転に集中することが最も重要なことになります。

乗車した人との会話も発生しますが、それほど多くはなりません。また、乗車する人がいないときは1人の時間を確保できるため、比較的自分のペースで仕事を進められることも特徴の1つといえます。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

仕事内容としては「運転する」ことですが、運転するのにもいろいろなことに目を配ることは必要になることは認識しておきましょう。もともと運転が好きな人には、苦にならないかもしれませんね。

㉔企業の受付

企業の受付は、来客への応対と案内、社内への取り次ぎがおもな仕事です。基本的には企業のオフィスの入口で来客を待ち、来客があった際に応対する仕事のため、目の前の業務に集中しやすい職業だと考えられます。

また、その企業で1番最初に応対する立場であるため、企業の顔としての役割も担います。良い印象を持ってもらう工夫や来社した人の意図を解釈する力などが必要になるでしょう。

こちらの記事では受付事務の志望動機の作り方やコツを解説しています。企業の受付に興味がある人は選考対策をする際にぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

受付事務の志望動機は業務への理解が不可欠|例文7選付きで解説

受付事務は業務内容を理解した志望動機を作ることが重要 こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。 「受付事務になりたいんですけど、志望動機のコツはありますか?」「受付事務の志望動機のポイントはどこでしょうか。」 このよ […]

記事を読む

受付事務の志望動機は業務への理解が不可欠|例文7選付きで解説

㉕警備員

警備員は、決まった時間施設に常駐し、人の出入りのチェックや問題が起こったときに対処する仕事です。一般的に先のスケジュールを組んだり、いろいろな案件を同時に抱えるということは少なく、目の前の出来事や問題に対応する業務であるといえます。

また、警備員の中でもパトロールなどをおこなう巡回警備員もいます。シフト制で深夜のパトロールもあるため、警備員を志望する際は夜間勤務もあることを認識しておきましょう。

警備員を目指すなら、警備業界についても知っておくと良いです。こちらの記事で詳しく解説しているので、あわせて読んで理解を深めてくださいね。

関連記事

警備業界ってどんな業界? 業界の概要から志望動機の書き方まで解説

警備業界は、業界・企業の理解を深め、自分の強みや入社後の展望をアピールすることがポイントです。 この記事では、警備業界の仕事内容、やりがい、注意点などをキャリアアドバイザーが解説します。 職種別の志望動機の書き方と例文も参考にしてくださいね。

記事を読む

警備業界ってどんな業界? 業界の概要から志望動機の書き方まで解説

キャリアアドバイザーコメント

長尾 美慧

長尾 美慧プロフィール

体力がないと感じる人は「向いていない仕事」も知って避けるようにしよう

体力がないと感じている人に向いていない仕事は何でしょうか。まず、肉体的な労働がストレスの場合は、立ちっぱなしの仕事はあまりおすすめしません。たとえば、接客業は休憩以外の時間はずっと立って仕事をします。ほかにも、立ちっぱなしとまではいきませんが、土木作業員、引越し作業員、工場作業員といった仕事も、力作業が多いためおすすめしません。

また、他者とのかかわりを避けたい人には、営業職や接客業は向かない人も多いと考えられます。顧客との対話があったうえで仕事が成り立つため、コミュニケーションが苦痛だとかなりストレスを感じてしまうでしょう。特に新規顧客を開拓するような仕事内容の場合は、毎日不特定多数の人と話さなければならないためきついと感じるかもしれません。

同時並行で仕事をするのが苦手な場合は、営業職や人事職、管理職といった仕事はきついと感じる可能性が高いです。さまざまな種類の業務を同時にこなすことはもちろんですが、顧客や社内の状況に合わせて仕事が進むため、途中で追加される業務が多かったり、柔軟に対応することがもとめられます。ルーティンワークが少ない仕事は、疲れやすいと感じるかもしれません。

長く働ける仕事が最適解! 体力がないと感じる人が仕事を選ぶときの4つの確認ポイント

体力がないと感じる人が仕事を選ぶときの確認ポイント
アップロードした画像


就活生

仕事を特徴別に見れたことで、それぞれの仕事の内容が頭に入りやすかったです! ちなみに、自分のように体力がないと感じている人が仕事を選ぶときに、確認すべきポイントなどはありますか?

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

はい、4つのポイントがあります! 仕事を選ぶときはこの4つを自分に問いかけて、自分が長く続けられる仕事を見つけてくださいね。

自分の疲れを感じやすいパターンがわかり、おすすめの仕事が把握できたとしても、いざ自分で仕事を選ぶとなると、どのように選ぶべきかわからないという人もいるのではないでしょうか。

体力がないと感じる人が仕事を選ぶ際の基本的な判断基準は、長く働けるかどうかです。ぜひ、これから紹介する4つの確認ポイントを意識して自分に合う仕事を選んでくださいね。

①自分が苦手な仕事ではないか

まずは、大前提として自分が苦手だとわかっている仕事を選ぶのは避けましょう。たとえ給料や待遇が良かったとしても、実際に業務をおこなう仕事が苦手なものだとつらくなってしまう可能性があります。

苦手な仕事は取り掛かるにも気持ち的に抵抗感が生まれやすく、仕事自体も捗りづらいです。また、得意なことに比べて頑張ってもそれに見合う評価が得られない場合も多く、モチベーションも下がってしまうかもしれません

上記のことから、苦手意識のある仕事は仕事を長く続けることが難しいと考えられるため、できるだけ避けたほうが無難といえます。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

自分の苦手なことがよくわからない人もいますよね。そんな時は、取り掛かるのが苦痛なことや努力してもなかなかうまくいかなかったことなどを思い出すと見つけやすいです。日頃うまく進まないなと感じたことを都度メモしておくのもおすすめですよ。

②残業が多すぎる仕事ではないか

体力がないと感じている人は長い時間働く環境であると疲れてしまいやすいです。そのため、残業時間が多い傾向にある仕事は避けたほうが良いです。

長時間働くことは、肉体的にも精神的にも、さらには神経的にも悪い影響が出ます。身体は疲れますし、集中力がなくなり仕事の進みも遅くなってしまう可能性があります。

たとえ自分に合う仕事ややりたい仕事だとしても、身体や頭のエネルギーには限界があります。しっかり休んで体力を回復する時間を確保するためにも、長時間労働になる可能性のある仕事は避けることをおすすめします。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

残業時間が多いかどうかは、業界の動向や仕事の特徴などをネットや書籍で調べたり、四季報などで企業の実態を見ると判断しやすいですよ。

③働く環境が自分に合っていそうか

体力がないと感じる人は仕事自体だけでなく、職場やオフィス、通勤などを含めた働く環境が自分に合っているかどうかも確認しましょう。

働く環境にかかわるものの例
  • 職場の雰囲気や人間関係
  • オフィスの設備環境
  • 通勤時間や通勤環境
  • 勤務形態(リモートワークか出社か、出張の頻度など)

働く環境は仕事のパフォーマンスに大きく影響します。たとえば仕事内容が自分に合っていたとしても、劣悪な環境下や人間関係や社風が合わない企業であると、本来の力を発揮し切れません

企業を選ぶ際には、そこで自分が仕事をしている姿を思い浮かべてみて、マッチするかどうかを確かめてから判断することをおすすめします。

④部署異動や職種選択が可能な職場か

体力がないと感じる人が長く仕事を続けるためには、自分にはきついと感じたときに、企業に所属したままでも「逃げられる場所」のある職場がおすすめです。具体的には、部署異動や職種変更が可能であるかを確かめておくと良いですね。

「体力的にきついけれど、ずっとこの仕事を続けなければ……」と自分を追い込んでしまうと、身体的にも精神的にも長く仕事を続けていくことが難しくなります。そのようなときに、同じ企業内で別の選択肢があると気持ち的にも余裕が生まれやすいです

その企業をすぐに「辞める」という選択をしないためにも、企業の中で環境を変えられる選択肢があると良いですね。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

もちろん、企業自体が合わなかったり体調が悪くなった場合は、一度休職や別の企業に転職するなどの選択を取ってくださいね。

キャリアアドバイザーコメント

塩田 健斗

塩田 健斗プロフィール

「企業形態」も長く働けるかを判断する確認ポイントの1つ

自分が長く働ける仕事かどうかを判断する際には「企業形態」も確認すべきポイントの1つです。大企業や中小企業、ベンチャー企業などの企業形態の違いによっても、働く環境や働き方は大きく変わってきます。

大企業は従業員数が多く分業体制のため、専門性の高いキャリアを築くことができます。その分幅広く業務を経験したい人には物足りないかもしれません。働き方の面では、勤怠制度がしっかりしており、法外な残業を強いられることはありません。また、年功序列を導入している企業が多く、下積み期間が長くなる傾向にあるため、マネジメントする立場に就くには時間がかかることも認識しておきましょう。このような特徴のある大企業に対して、中小企業の場合は社員数が少ない分幅広い業務を経験できます。また、経営陣との距離が近く、経営的な観点で仕事ができるチャンスもあるでしょう。しかし、大企業に比べて労働時間が長かったり、教育制度が整っていない企業も見られます。

また、ベンチャー企業の場合は、社員個人の裁量権が大きいため、手を挙げればさまざまな業務を経験しやすいです。年功序列ではなく成果主義の傾向が強いため、成果を出せば年次関係なく責任のあるポジションに就くこともできます。一方で、業務の幅が広く1人あたりの責任が大きいため、労働時間が長くなることもあります。社員数も少ないため、人間関係の良し悪しが居心地の良さに直結する一面もありますね。このように、企業形態によって働く環境が異なるため、企業選びの1つの軸として持っておくと良いでしょう。

自分の活かし方を見つけよう! 体力がないと感じる人がキャリアアップする3つのコツ

 体力がないと感じる人がキャリアアップするコツ
アップロードした画像


就活生

確認ポイントが知れたことで、自分が長く働ける仕事を見つけられそうです! ちなみに、自分のように体力がないと感じる人でもキャリアアップすることは可能ですか?

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

もちろんです! 体力がないと感じる人ならではのキャリアアップのコツがあるので紹介していきますね。

体力がないと感じていると「自分は苦手な仕事を避けることはできたとしても、キャリアアップは望めないんじゃないか」と考えてしまう人もいるかもしれません。しかし、そんなことはないので安心してください。

体力がないと感じていても、考え方や行動を工夫することでキャリアアップしやすくなります。ここではコツを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

①自分が疲れやすい仕事は周囲に協力してもらう

体力がないと感じる人が自分がきついと感じる仕事まで全部1人でやろうとすると、よりいっそう疲れてしまいます。そのため、自分が疲れると感じる仕事は周囲の人にも協力してもらいながら進められると良いですよ。

周囲に頼ることは迷惑なのではないかと考えてしまうこともあるかもしれませんが、むしろ頼った方がチームや会社としてはありがたいと思われることもあります。企業は皆で力を合わせることで成果や利益を出す組織です。そのため、仕事を分散することは業務を円滑に進めるうえでも大切なことだといえます

周囲の人や会社のためでもあると考えたうえで、自分の苦手分野については周りを頼り、その分自分の得意分野で本領を発揮できるように仕事をすると自分自身の評価も上がり、キャリアアップにもつながりやすいですよ。

②得意な仕事を率先してやる

体力がないと感じる人は自分自身が疲れる業務は必要最低限にし、その分得意な仕事は自ら引き受けて積極的におこなうようにしましょう。自分の強みをアピールすることができれば、キャリアアップも目指しやすいです。

得意なことであると仕事が捗り成果も出しやすいため、評価もされやすくなります。そうすると仕事へのモチベーションが上がり、さらに仕事で成果が出るため良い循環が生まれる可能性が高いのです。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

ただ、仕事をする中で好きなことや楽しいことだけをおこなうのは難しいことは認識しておきましょう。また、苦手だと思っていても実際にやってみたら案外スムーズにできる業務もあるので、1度は取り組んでみてから判断すると良いですね。

③得意領域でできることを増やす

自分の得意領域がある人は、その中でできることの範囲を広げられるように力を注ぐと、キャリアアップを目指せます。

苦手なことを克服することももちろん重要ですが、視点を変えて得意領域をとことん伸ばして、自分だけの価値を上げていくことも大切です

得意なことを極めて「〇〇についてはこの人に頼むのが1番!」というように一目置かれるような人材になれば、自分が得意なこと仕事を担当する割合も多くなります。そして、貢献できる仕事の幅も広がり、より仕事が進めやすくなるため、結果も出しやすくなるでしょう。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

得意な領域の幅を広げるには、資格の勉強をしたり社会人スクールに通うと、仕事だけでは得られない知識や知見を習得できるのでおすすめですよ。

体力がない人の仕事に関してよくある質問に回答!

体力がない人の仕事について調べる中で、疑問に思うことや不安に感じることもありますよね。ここでは、キャリアドバイザーが学生からよくある質問に回答していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 体力がない人が仕事を選ぶ際に意識すべきことはありますか?

    体力がないと感じる人が仕事を選ぶ際に意識すべきことは、その仕事が「長く働ける仕事かどうか」です。長く働ける仕事かどうかの判断基準は人それぞれになるので、見極め方をマスターして自分に合う仕事を見つけることが大事だといえます。
    具体的には、「自分が苦手な仕事ではないか」や「働く環境が自分に合っているかどうか」を意識してみましょう。実際に仕事を始めてからの充実度が大きく変わってきます。また、「残業が多すぎる環境ではないか」や「異動や職種変更可能かどうか」も選ぶ際に重要な要素です。

    上記を意識して、自分に最適な仕事選びをしましょう。

  • 体力がない人におすすめの仕事を教えてください。

    体力がないと感じる人におすすめの仕事は、疲れを感じるパターンごとに変わってきます。たとえば、肉体的に疲労を感じやすい人はWebマーケターや経理、人事や総務など比較的力仕事の少ない仕事がおすすめです。また、人間関係に気疲れしやすい人は、動画編集者やイラストレーターなどあまり人とかかわる必要がなく、1人でもできる仕事が向いています。

    そして、多くの情報に触れると疲れてしまいやすい人はカウンセラーやタクシードライバーなど目の前のことに集中できる仕事で成果を出しやすいでしょう。自分が疲れを感じやすい状況を把握したうえで各仕事の特徴をつかみ、自分が疲れにくい仕事を選んでくださいね。

体力がない人は長く働ける仕事がベストな選択! 自分を活かせるキャリアを築こう

体力がないと感じる人は、それぞれ仕事で疲れるパターンが異なります。まずは、自分が疲れるタイミングや環境は何なのかを把握し、そのうえで自分が疲れにくく長く働ける仕事を選択しましょう。

誤って苦手な仕事や自分がきついと感じる環境で働くことを選んでしまうと、「体力がない自分はだめかもしれない……」と悩んでしまいやすいです。できるだけ自分と仕事の特徴を正確にとらえて、自分に合う仕事を見つけることが大切になります。

また、自分が苦手なことを避けるだけでなく、自分の得意なことは何なのかも考えて前向きに仕事に取り組めるように視点を変えてみるのもおすすめです。自分の強みを見つけ仕事でその幅を広げながら、自分なりの最適なキャリアを築いていってくださいね。

あなたが受けないほうがいい業界をチェックしよう

36の質問であなたを徹底解剖 12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を特定 適職を診断する(無料) 36の質問であなたを徹底解剖 12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を特定 適職を診断する(無料)

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「My Analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My Analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか知りましょう。

記事の編集責任者

北原 瑞起きたはら みずき

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。プロフィール詳細

全国民営職業紹介事業協会 職業紹介責任者(001-190515132-01458)

記事についてのお問い合わせはこちら

キャリアパーク就職エージェント 就活対策から内定まで徹底サポート!

  • キャリア面談は
    完全オンライン
  • 選考対策では模擬
    面接までできて完璧!
  • 安心して入社できるまで
    内定後もサポート
まずは就活の悩みを相談してみる

既卒・第二新卒の人はこちら

関連コラム