自動車業界を目指す人必見!これだけは知っておきたい重要知識とは

この記事のアドバイザー

  • 大江 マリア 百合

    大学ではフランス語を専攻し、留学や一人旅などを経験。就活時にエージェントを利用したことから… 続きを読む

  • 清水 沙也香

    大学卒業後大手アパレルメーカーに勤務、副店長として店舗マネジメント人材育成をおこなうほか、… 続きを読む

  • 酒井 栞里

    大学ではアメフト部のマネージャーとして、練習やチームの運営をサポート。この経験を通して、自… 続きを読む

コラムの目次

  1. 自動車業界を目指すなら業界研究を念入りに!
  2. まずは自動車業界にある企業の種類を知ろう
  3. 自動車メーカー
  4. 自動車部品・素材メーカー
  5. 自動車販売会社(ディーラー)
  6. 自動車関連サービス会社
  7. 自動車業界にはどんな職種がある?
  8. ①研究開発
  9. ②商品企画・販売促進
  10. ③生産技術
  11. 知っておきたい自動車業界の動向
  12. 自動運転技術が進化
  13. カーシェアリングが普及
  14. 「CASE」という言葉がトレンドに
  15. 「MaaS」の推進が本格化
  16. 環境問題への取り組みを強化
  17. 新型コロナウイルスによる影響
  18. 自動車業界に向いている人は?
  19. 理系職種なら専門知識を持っている人
  20. グローバル志向の人
  21. 長いスパンで仕事をしたい人
  22. チームワークを大切にする人
  23. 自動車業界を目指すにあたって知っておきたいこと
  24. 自動車メーカーの就職難易度は?
  25. 関連会社への出向はあるの?
  26. 自動車業界の志望動機を作る際に盛り込みたい3つの要素
  27. なぜ自動車業界を志望するのか
  28. なぜその企業を選んだのか
  29. 入社したらどのように貢献できるか
  30. 自動車業界の知識を深めて志望企業を決めよう

自動車業界を目指すなら業界研究を念入りに!

こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。就活生から、

「車が好きだから自動車業界に入りたい!」
「規模の大きな仕事をしたいから、自動車業界を目指しています」

という声を聞くことがあります。こうした漠然とした理由で自動車業界を志望している人は案外多いものです。自動車にはさまざまな種類の企業、職種があるため、業界全体を把握するのは少し難しいですよね。

自動車業界に就職するなら、それらの違いを知ったうえで自分にマッチする仕事を選ぶ必要があります。また、社会的背景や進化する技術など、業界の動向を把握することも内定の鍵となります。

ここでは、自動車業界に興味を持っている人に向けて、会社の種類や職種、業界動向などの基本的な知識を紹介します。業界研究がまだ進められていない人や、文系から自動車業界を目指す人もぜひ参考にしてくださいね。

【完全無料】
キャリアパークが独自開発!
志望動機におすすめの就活対策資料ランキング

1位:自己PR作成ツール
簡単な質問に答えるだけ!ネタがなくても強みが伝わり、採用したいと思わせる自己PRが完成します。

2位:志望動機作成ツール
熱意がなくても大丈夫!たった3分で選考突破率がグンと上がる志望動機が作れます。

3位:ES100選
実際に大手企業に受かった内定者ESが、なんと100種類見放題!

4位:ガクチカまとめ
内定者のガクチカ事例が見放題!「学生時代に頑張ったこと」の答え方がわかります。

5位:適職診断
30秒であなたの適性を診断!受けない方がいい業界・職種がわかります。

【大学3年生向け】
おすすめインターン対策資料

業界・企業選びに!:適職診断
たった30秒で、あなたがインターンに参加したほうがいい業界・職種がわかります!

選考対策に!:志望動機作成ツール
インターンの選考突破率をグンと上げる志望動機をたった3分で作れます!

【志望動機対策特化型】
おすすめ就活対策資料

志望動機が書けない方はこちら!:志望動機作成ツール
選考の突破率をグンと上げる志望動機が、たった3分で完成します!

内定者の志望動機を参考にしたい方はこちら!:ES100選
実際に大手企業に受かった内定者ESが、なんと100種類見放題!

まずは自動車業界にある企業の種類を知ろう

自動車業界の仕組み

自動車業界というと、トヨタや日産、ホンダといった有名自動車メーカーをイメージする人が多いでしょう。しかし、自動車業界は会社単体で仕事が完結するものではなく、さまざまな種類の会社がかかわり合って成り立っています。自動車業界を目指すなら、まずはその種類や違いを知っておくべきでしょう。

そうでなければ、面接で「業界研究ができていない」「熱意が足りない」と思われたり入社後にミスマッチを感じたりする可能性があります。

ここでは、自動車業界の仕組みを知るために、自動車にかかわる企業の種類を4つに分けて説明します。

業界研究をおこなう際は併せて業界研究ノートを作ってみてください。

関連記事

周りと差がつく業界研究ノートの作り方|状況別の活用法まで解説

業界研究ノートは就活成功に近づくツール こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「業界研究ノートって作った方がいいんですか?」「業界研究ノートに書くべき内容を教えてほしいです」 業界や企業選びを進める就活生からこの […]

記事を読む

周りと差がつく業界研究ノートの作り方|状況別の活用法まで解説

自動車メーカー

自動車メーカーは、新車の設計・開発、製造をおこなう会社です。皆さんがよく知るトヨタや日産などはこれに該当します。

自動車を作るといっても、そのすべてを自動車メーカーが担うわけではありません。必要なパーツや素材は、部品・素材メーカーに発注し、仕入れたパーツを使って自社で自動車を組み立てます。そして、完成した車を販売会社に卸売りすることで利益を上げます。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

自動車業界は上流から下流までさまざまな種類の会社がありピラミッド型と言われていますが、その中で自動車メーカーは頂点に当たります。テレビCMや雑誌など広告に力を入れているため、知名度が高く就活生からも人気です。

自動車部品・素材メーカー

自動車部品・素材メーカーは、自動車を作るのに必要な部品、素材をメーカーに販売する会社です。自動車メーカーの傘下になっている場合と独立している場合があります。

1台の自動車には、タイヤやエンジン、カーナビ、シートに使う繊維のほか、小さなねじまで含めると約2~3万点以上の部品が使われています。それぞれに専門メーカーがあるため、多くの自動車部品・素材メーカーが存在します。また、直接的に自動車業界に属しなくても、自動車パーツを仲介する総合商社鉄鋼部門や鉄鋼系専門商社も、自動車部品・素材メーカーに関連していると言えます

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

かつて自動車部品・素材メーカーは特定の自動車メーカーに部品を供給することが多かったですが、昨今は複数の自動車メーカーと取引するケースも増えています。また、技術力や品質の高さが世界で評価され、グローバルに展開する企業もあります。

自動車販売会社(ディーラー)

自動車販売会社は、一般消費者に自動車を販売、アフターサービスをする会社で、ディーラーとも呼ばれます。トヨペットやHonda Carsなどがこれに該当し、完成した車を自動車メーカーから仕入れ、それを販売するというビジネスモデルです。多くの場合各社で専用の販売店を持っており、そのメーカーの自動車だけを取り扱いますが、複数メーカーの車を販売する個人ディーラーも存在します。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

自動車販売会社は、仕入れ台数や売り上げ目標が指示されるなど、メーカーの結びつきが強いです。そのため、自動車メーカーに就職した場合、最初の数年間は現場での経験を積むために子会社である自動車販売会社に出向する場合も少なくありません。

販売職に興味のある人はこちらも参考にしてくださいね。

関連記事

販売職の業務ややりがいを完全網羅|自己PR・志望動機の例文付き

販売職の仕事内容や魅力を知って応募を検討しよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「販売職を検討しているけど、知っておくべきことはありますか?」 「販売職を志望していますが、対策を教えてください」 販売職の就 […]

記事を読む

販売職の業務ややりがいを完全網羅|自己PR・志望動機の例文付き

自動車関連サービス会社

自動車業界には、自動車そのものを作ったり売ったりする会社以外にも、関連するサービスを提供する会社があります。これらは、商品販売後に生じる各種サービス事業として、アフターマーケットとも呼ばれます

自動車関連サービスには、自動車修理や中古車販売、カー用品の販売、駐車場サービス、損害保険会社、レンタカーなどがあります。また、カーナビやリクライニング機能といったシステムを提供する会社もあります。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

近年は、自動車維持にかかる費用負担から、カーシェアリングサービスも普及しています。今後は自動運転技術や電気自動車化により、IT技術など新たなサービスも誕生していくでしょう。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

適職診断で強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか知りましょう。

自動車業界にはどんな職種がある?

自動車業界の3つの職種

ひとくちに自動車業界といっても、職種によって役割や仕事内容はさまざまです。職種の違いを知っておかなければ、就職後のビジョンも描けませんよね。そこで次に、自動車業界の主な職種を3つ紹介します。

①研究開発

研究開発職は、主に生産技術や燃費の向上、新商品の設計などをおこなう職種です。電子技術、エンジン、モーター IT技術などざまざまな分野の専門家が集まり研究開発をおこないます。

具体的な業務内容としては以下のようなものがあります。

研究開発の主な業務内容
  • 研究テーマの設定
  • 実験や解析、データ収集
  • 試作や使用試験
  • コスト計算
  • 学会発表

また、会社や部署によっては、電気自動車や自動運転といった次世代自動車、航空機、発電機などの研究に携わることもあります。

研究開発職は専門性が高いため、応募条件を理系学生、理系大学院生としている場合が多いです。また、学校推薦といって大学研究室を通して入社する人もいます。各分野によって求められる知識や技術は異なるため、研究開発職を志望するなら何にかかわりたいのかを具体的に考えておくべきでしょう

研究職を志望する人は、こちらも参考にしてくださいね。

関連記事

研究職に向いている人は? 仕事内容から志望動機の書き方まで網羅

研究職は狭き門!まずは研究職について知ろう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 就活生の中には、「研究職ってどうやったらなれますか」と相談に訪れる人も多くいます。確かに、白衣を身にまとって黙々と研究に勤しむ姿は […]

記事を読む

研究職に向いている人は? 仕事内容から志望動機の書き方まで網羅

②商品企画・販売促進

商品企画・販売促進は、新しい自動車の企画やブランド戦略、販売計画を考える事務系職種です。

具体的な業務内容としては以下のようなものがあります。

商品企画・販売促進の主な業務内容
  • 新商品の企画やコンセプト立案
  • 既存商品の改良
  • 営業企画
  • マーケティングや市場調査
  • 資材の調達や物流
  • 販売促進
  • 海外事業支援

この職種では、消費者が求める商品を把握し、それをもとに新しい自動車のアイディアを考えることが求められます。企業戦略や市場理解、ブランドイメージ構築など物事を多面的に考えられる人に向いているでしょう。また、自動車メーカーは広告活動にも力を入れているため、イベントやキャンペーン、ノベルティ考案などに携わることもあります。

企画職の仕事内容や志望動機についてはこちらも参考にしてください。

関連記事

企画職の仕事は会社成長のために超重要! やりがいや志望動機例も紹介

記事を読む

企画職の仕事は会社成長のために超重要! やりがいや志望動機例も紹介

③生産技術

生産技術とは、自動車や部品を製造する際の効率化やスケジュール管理、品質管理などをおこなう職種です。新しい技術や商品を生み出す研究開発に対し、生産技術は「それをどのように量産するか」を考え実行する役割を担います

具体的な業務内容としては以下のようなものがあります。

生産技術の主な業務内容
  • 新製品の生産ラインの立ち上げ
  • 新規設備の導入
  • 既存設備の改良
  • 稼働テスト

このほか、不具合が生じたときの対応や製品の品質管理、コスト削減などをおこなう部署もあります。さらに、需要に応じて過不足なく材料を手配し、消費者や取引先の納期に間に合うように生産量を調節するのも生産技術の大切な仕事です。

キャリアアドバイザーコメント

酒井 栞里プロフィール

これまで以上に顧客目線が大事。だからこそ必要なスキルを考えよう

3つの職種について伝えましたが、研究開発職や商品企画職は相手目線に立つことが得意な学生に向いています。ニーズの移り変わりが早い昨今では、単にものを作って売るだけではなく常に最新の情報を知り、先取りをする力が必要です。

一昔前であれば「自分の好きな研究を続けていればいつか日の目を見るだろう」という気持ちで研究開発を進められたケースもあったかもしれません。しかし現在では開発段階から「自分のこのおこないはお客様にとってどのようなメリットがあるだろうか」と考える力が求められてきています。

これらの仕事がともすればクリエイティブな力に見える一方、生産技術職は現実的に実現可能かどうか調整をする必要があります。地に足をつけて物事を着実にこなしていくことに楽しみを覚える学生に向いているといえるでしょう。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

適職診断で強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか知りましょう。

知っておきたい自動車業界の動向

自動車業界は、社会背景や時代の変化、技術の進歩に伴い、動向が変化していきます。業界動向を知っておくことで、「今業界では何が課題になっているか」「就職することによるメリット・デメリット」などがわかります。業界理解を深め自分に合った企業を探すため、志望動機を整理するために、自動車業界の動向をチェックしておきましょう。

自動運転技術が進化

  • 自動運転技術:ドライバーがいなくても車を安全に運転してくれる新しい技術

日本では各メーカーが自動運転システムを搭載した自動車の開発を進めており、国も研究開発や実証実験に注力しています。自動運転技術の普及により、交通事故や渋滞の軽減、トラックドライバーの人手不足解消、新たな物流サービスの提供などが期待できるでしょう

自動運転には搭載される技術によりレベルがあり、現在日本では、ハンドル操作サポートや車間距離制御装置、自動ブレーキなどはすでに実用化されています。自動車業界に就職することで、これらの新しい技術にかかわる可能性も高いです。一方で、法律の整備が進んでおらず、完全な自動運転車が実用化され普及するには、倫理的にもまだまだ時間が必要だと考えられています。

カーシェアリングが普及

  • カーシェアリング:自分1人で自動車を所有せずに貸し借りや相乗りなどで自動車を利用すること

昨今では、各種自動車メーカーがシェアリングを始めたり、テクノロジー系企業が自動車ビジネスを始めたりと、新しいビジネスのひとつとして普及しつつあります。

カーシェアリングは、一般的なレンタカーよりも短期間の利用を想定しており、ユーザーはより安く手軽に自動車を利用できます。また、インターネットを介しておこなわれることが多いため、スマートフォンひとつでいつでもどこでもサービスを利用できる、レビュー機能で信頼感を高められるといったメリットもあります。

今のところの世界的な利用率は限定的であるため、自動車業界がすぐに大きなダメージを受ける可能性は低いと考えられています。しかし、長期的には自動車購入率の低下が懸念されるため、新たな販売チャンネルの構築が必要になるでしょう。

「CASE」という言葉がトレンドに

  • CASE:コネクテッド(Connected)、自動運転(Autonomous)、シェアリング(Shared & Services)、電動化(Electric)の頭文字を合わせた、自動車業界の動向を表す造語

2016年のパリモーターショーにて、ダイムラーAG・CEOのディエター・チェッチェ氏が提唱したことで注目が集められました。

コネクテッドとは、通信システムを搭載し常に外部と情報をやり取りできる自動車やサービスのことです。ネットワークを介して、安全性の向上や保険料の軽減などに役立てられると考えられています。自動車業界は、ハード面の物理的変化に加えこれらの技術や価値観の変化にいかに対応していくかが、成長・存続の鍵となるでしょう。

「MaaS」の推進が本格化

  • MaaS:Mobility as a Serviceの略で、移動すること自体をサービスと捉えるという考え方

公共交通機関やタクシー、カーシェアリングなどあらゆる手段を統合して最適なルートを提案・実現してくれるのが特徴です。一般的に公共交通機関と自動車は別ものと考えられがちですが、「MaaS」はこれらを結び付け自動車の新たな使い方を示すものとして注目されています。

これまでもスマホアプリなどでルート検索をすることは可能でしたが、「MaaS」により予約や運賃支払い、交通渋滞や過疎地の交通課題を考慮した手段を確保など、さらなる利便性の向上が期待されています。「MaaS」を実現するには、自動運転やコネクテッドカーなどを活用することも重要だと考えられているため、各メーカーはますます最新技術の開発に注力していくでしょう。

環境問題への取り組みを強化

自動車の製造や販売、使用、廃棄にはCO2排出による環境負荷が大きいと考えられています。そのため、世界各国でCO2排出削減への取り組みがおこなわれており、日本でも政府が「新車はすべて電動にする」という目標を掲げています

このような環境問題に配慮した自動車産業を実現するには、電気自動車の航続距離や充電スタンドといった課題対策のほか、製造時のCO2排出や燃料電池自動車の開発などが必要です。これまで「大量生産・大量消費」が続いてきた自動車業界ですが、現代は「環境対応型」に転換するべきポイントといえるでしょう。

新型コロナウイルスによる影響

新型コロナウイルスの流行により、自動車業界は世界的に大きな影響を受けました。2021年には回復傾向に転じましたが、半導体や部品供給不足などにより生産台数の減少を発表した 大手自動車メーカーも多いです。

しかし、自動車市場は徐々に回復傾向にあり想定を超えるペースで持ち直しているとの声もあります。自動車業界は国からのサポートも厚いため、業界全体が衰退することはなく、コスト削減やCASEの推進などにより今後復活していくと考えられています

自動車業界に向いている人は?

自動車業界に向いている人

自動車業界に興味を持っても、「自分は自動車業界に就職できるのか?」「どんな人が向いている仕事なの?」と不安を感じる人もいるかもしれません。ここでは、自動車業界に向いている人はどんな人なのかを紹介します。

理系職種なら専門知識を持っている人

自動車メーカーや部品メーカーの新卒採用では、「事務系総合職」「技術系総合職」というように、大まかな職種に分けて採用をおこなうのが一般的です。事務系であれば学部や学科を問われることはありませんが、技術系は理系出身であることを応募条件にしていることが多いです。そのため、研究開発や生産技術といった理系職種に就きたい場合は、工学部や理学部、情報学部など理系学部に所属している必要があります。

さらに、機械や電気、制御、人間工学など特定の研究をおこなっている学生をメインに採用するケースも少なくありません。採用条件は企業や職種によって異なりますが、専門性の高い理系職種の場合はその分野の知識を持っている人が有利になるでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

清水 沙也香プロフィール

組織横断の人脈を作ることで文系でも研究に携われるチャンスはゼロではない!

残念ながら、文系の新卒が研究開発職に配属されるケースは稀だと考えましょう。一方、昨今では、各企業に「イノベーション推進部」や「新規事業立案部」などの部署が立ち上がっています。中には有志として企業内副業のように兼務をする人もいると言われています。イノベーションは異なる知見を持つ人が出会うことで生まれます。

どうしても研究開発に携わりたい場合にはこうした社内コミュニティに属して意見を交換しながら人脈を広げるところから始めてみましょう。その際は、現在はAIなどを活用したシステムが組み込まれている自動車も多く出てきているため、ITの知識も持ち合わせているとなお話が膨らみ良いですね。

研究開発職の人から「この人はおもしろいぞ」と思ってもらうことができれば、文系ならではの視点から何かアイディア貢献ができる機会に恵まれるかもしれません。正攻法での配属や異動は難しいからと諦めるのではなく、積極的に興味がある部門の人たちとの横のつながりと、技術系にかかわる知識を付けていきましょう。

グローバル志向の人

自動車業界は、世界各国に進出するグローバルビジネスです。自動車本体や部品を海外向けに生産することもありますし、海外に生産拠点や販売拠点があることも多いです。そのため、グローバル志向の人は自動車業界に向いているでしょう。

職種によっては語学力が必須といっても過言ではありません。また、出張で海外に行ったり数年間出向になったりする可能性も十分あります。そのため、語学を勉強することや海外に行くことに抵抗のある人は、自動車業界での選択肢は少なくなるでしょう。

語学力の必要性について知りたい人はこちらも参考にしてくださいね。

関連記事

「就活に英語力はいらない」は嘘! 万全の対策をして就活をリードしよう

英語力を重視するかは企業によって分かれる! こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「就活で英語力って評価基準にはいるのでしょうか」「TOEICなどの点数って何点以上から評価されますか」 という質問をされ […]

記事を読む

「就活に英語力はいらない」は嘘! 万全の対策をして就活をリードしよう

長いスパンで仕事をしたい人

自動車業界は、ひとつの案件が完了するまでの期間が長いのが特徴です。たとえば、新車を受注した場合、売り上げになるには2~3年程度かかります。新しい技術の開発や大型プロジェクトをおこなう場合は、5年以上かかることも少なくありません。そのため、ひとつひとつの仕事を長いスパンでおこないたい人に向いています。

逆に、短いスパンで多くのプロジェクトを経験したい人や次々と新しい物を生み出したい人にとっては、もどかしさを感じる可能性があります。ただし、自動車関連サービスやディーラーであればその限りではありません。自動車業界の中で企業を選ぶ際は、自分がどのタイプなのかを考えてみましょう。

チームワークを大切にする人

自動車業界は、自分1人、またはその企業だけで完結する仕事は少なく、さまざまな企業、部署の人とかかわり合いながら仕事に取り組みます。研究開発などの専門職であっても、企画や製造、取引先など社内外の多くの人と連携を取らなければなりません。

周囲の人と良好な人間関係を築くことはもちろん、上司や他部門の人ともしっかり交渉、調節する能力が求められるでしょう。そのため、チームワークを大切にする人は自動車業界に向いていると言えます。

チームワークをアピールしたときはこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

関連記事

自己PRの協調性で絶対に押さえておくべき2つの注意点|例文付き

自己PRで協調性を取り上げても大丈夫? こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活では自己PRをする必要がありますが、協調性を取り上げる人は多くいます。そのため、就活生からも 「自己PRで協調性って評価されますか? […]

記事を読む

自己PRの協調性で絶対に押さえておくべき2つの注意点|例文付き

自動車業界を目指すにあたって知っておきたいこと

上記で説明した内容以外に、自動車業界には業界ならではの事情があります。これを知っておかないと、「こんなはずではなかった!」という事態になりかねません。ここでは、自動車業界を目指すにあたって知っておきたいことを3つ紹介します。

自動車メーカーの就職難易度は?

自動車業界の中でも、自動車本体を作る自動車メーカーは特に人気が高いです。会社の知名度が高く、「安定している」「給料が高い」というイメージが大きいからでしょう。また、規模の大きな会社が多いため「憧れの業界」と思っている人も少なくありません。

採用人数は毎年安定して多い傾向にありますが、高学歴で優秀な学生も多く応募するため、そういった意味で自動車メーカーへの就職は難しいといえるでしょう。特に文系(事務職)は理系(技術職)よりも採用人数自体が少ない傾向があるため、その分難易度は上がります。

希望通りに内定を得られるとは限らないため、そもそも難しいところにチャレンジしているということを理解しておきましょう。

キャリアアドバイザーコメント

大江 マリア 百合プロフィール

学歴に不安がある場合にはその他の要素で継続してきた話を持てるようにしましょう

企業からすると、比較的高い学歴を持っていると学習意欲がありそうなため入社後も吸収が早そうである、というイメージを持ちやすいです。

もし自分の学歴に不安がある、という学生は学歴以外に「物事を意欲を高く続けられる」ことがアピールできる要素を持てるといいですね。旅行でもお絵描きでもスポーツでも何でもいいのですが、一発屋ではなくて何かに打ち込んだエピソードを話せるようにするようにしましょう。たとえば小さい頃から続けている習い事がある場合には、継続する力があることを伝えられます。いずれの場合でも「どのような気持ちで取り組んだのか」という心情を伝えられるとなお良いですね。

それすらも思い浮かばない、という学生は今からでも何か始めてみるのも1つの手です。今は結果が出ていなくても意欲を持って挑戦する姿勢を見せることは決してマイナスに働くことはありません。大人気の業界において少しでも内定に近づけたいのであれば自分なりに差別化を図れる取り組みを考える努力は必要だと肝に銘じておきましょう。

関連会社への出向はあるの?

アップロードした画像


就活生

関連会社への出向があるのか気になります。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

自動車業界に就職すると、関連会社に出向になるケースも珍しくありませんよ。

前述したように、自動車業界は会社単体で完結することは少なく、さまざまな会社がかかわり合って成り立っています。また、自動車メーカーを中心に子会社を展開している場合も多いです。

特に入社して間もないうちは、研修の一環として数年間ディーラーに出向することも多いでしょう。グローバル展開している会社も多いため、海外子会社に出向になる可能性もあります。

つまり、志望していた会社・職種に就職できても、ずっとその仕事に従事できるとは限らないということです。入社後にギャップを感じてしまわないよう、出向の可能性があることを事前に理解しておきましょう。

自動車業界の志望動機を作る際に盛り込みたい3つの要素

志望動機に盛り込みたい3要素

志望動機は内定を左右する大切なものですが、業界研究をするだけでは魅力的な志望動機は作れません。限られた文字数で熱意や意欲を伝えるには、書き方を工夫する必要があります。では、自動車業界の志望動機には、どんなことを盛り込めばいいのでしょうか?

メーカー就職の選考対策について詳しく知りたい人はこちらも参考にしてください。

関連記事

メーカー就職へ今やるべき5つの選考対策|志望動機や質問対策も解説

メーカーの就職は正しい理解からはじめよう! こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。 「文系でも、メーカーへ就職できるのでしょうか?」「メーカーに就職したら、どんな仕事をするんだろう」 業界研究を進める就活生から、こ […]

記事を読む

メーカー就職へ今やるべき5つの選考対策|志望動機や質問対策も解説

なぜ自動車業界を志望するのか

まずは、数ある仕事の中からなぜ自動車業界を志望するのかを明記しましょう。自動車業界は、知名度が高くブランドもあることから、毎年多くの就活生が志望します。「自動車が好きだから」「人の役に立ちたい」といったありきたりな内容では、他の就活生に埋もれてしまうでしょう。

自動車業界への志望動機を書くときは、業界の特徴や動向を踏まえてまとめることが大切です。たとえば、「環境に配慮した自動車の開発をしたい」「交通事故のない安全な社会を実現したい」「新しい自動車ビジネスをやりたい」などが挙げられます。仕事内容につながる経験や動向を踏まえ、自分に何ができるかを考えてみましょう

業界選びについて詳しく知りたい人はこちらもご覧ください。

関連記事

就職活動で失敗しない業界選び|8業界の特徴や適性を完全網羅

就職活動は業界研究を怠ると痛い目に合う こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。 「自分の適性に合った業界がわかりません」「就職する業界はどのように選ぶと良いのでしょうか?」 就活の本格化を前に、このような質問をされ […]

記事を読む

就職活動で失敗しない業界選び|8業界の特徴や適性を完全網羅

なぜその企業を選んだのか

次に、自動車業界の中でもなぜその企業を選んだのかを明らかにしましょう。ここがはっきりしていないと、企業側は「ただの憧れ?」「どの企業でもいいのではないか?」と捉えてしまう可能性があります。自動車業界で複数応募している場合でも、その企業ならではの特色や強みを調べてアピールすることが大切です

企業を選んだ理由を書くときは、企業独自の事業や強み、経営方針などを参考にしてまとめましょう。その企業でなければならない理由をしっかり伝えられれば、「企業研究をしっかりおこなっている」「主体的に働いてくれそうだ」と良い印象を与えられます。

企業選びについてはこちらも併せて読んでみてください。

関連記事

「企業選びの軸」回答例40選! 適切な答え方で説得力を持たせよう

就活を始める前に企業選びの軸を決めよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活を始めたばかりの学生から、 「就活を始めたいけど、何から手をつけていいのかわからない」「数が多すぎて自分に合う企業が見つけられない」 […]

記事を読む

「企業選びの軸」回答例40選! 適切な答え方で説得力を持たせよう

入社したらどのように貢献できるか

志望動機には、入社したらどのように貢献できるかも明記しましょう。なぜなら、企業側は自社にとってメリットのある優秀な人材を求めているからです。熱意だけで仕事は進められないので、自分が入社したら何ができるのかを伝えましょう。

たとえば、「大学の研究を活かして自動車領域の〇〇の専門性を高めたい」「語学力を活かして自動車に関する海外事業に携わりたい」などが挙げられます。自動車業界で活かせる特別なスキルがない場合は、コミュニケーション能力や協調性、忍耐力などをアピールするのもおすすめです。ただし、あまりに現実離れしたことを書くと「企業研究をしていない」と捉えられる場合があるため注意しましょう。

将来の目標の答え方についてはこちらも参考にしてくださいね。

関連記事

将来の目標で面接官をうならせる回答|評価点やESの書き方も解説

「将来の目標」は漠然とした質問だからこそ明確に答えよう こんにちは。キャリアドバイザーの北原です。 「将来の目標なんて聞かれても答えられない……」「将来の目標を聞いて企業はどんなことを期待しているんだろう?」 エントリー […]

記事を読む

将来の目標で面接官をうならせる回答|評価点やESの書き方も解説

キャリアアドバイザーコメント

大江 マリア 百合プロフィール

自動車業界は経済に大きな影響を与えるという自負を持とう

学生であっても、トヨタの経営方針や人事戦略に変化があるとトップニュースに掲載される、という情報を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。それによって日経平均株価に変動が起きるケースもゼロではありません。このように大手の自動車メーカーは自分たちが経済の動きを作っている、という自負を持っています。

そのため、志望動機にはそのような立ち位置への理解と自分自身もその一員になるのだ、という責任感の強さをアピールできるといいでしょう。

部品メーカーなどその他の企業を志望する際にもそれは同様です。グローバルな視点で見ても、「自動車」には様々な企業や人が関与しており、経済に大きな影響を与えている業界です。そのうちの1社を志望しているということを理解し、貢献をしていきたいという強い意思表示を、根拠とともに述べられるように心がけてください。

自動車業界の知識を深めて志望企業を決めよう

自動車業界には、誰もが知る自動車メーカーだけでなく、部品・素材メーカーや関連サービス会社などさまざまな種類の企業があります。企業や職種によって仕事内容は大きく異なるため、選考に臨む前に業界の全体像を理解しておくことが大切です。

また、自動車業界は時代の変化とともに新しい技術やサービス、価値観が生まれる業界でもあります。志望動機を作るときは、業界動向やトレンドも頭に入れておきましょう。

自動車業界に興味を持った人は、ここで紹介した業界知識や動向、志望動機のポイントを参考に、就活準備を進めましょう。

ネタがなくても3分あれば受かる自己PRを作れます

自己PR作成ツール シートを埋めるだけで落ちない自己PRが完成 今すぐ作成する 自己PR作成ツール シートを埋めるだけで落ちない自己PRが完成 今すぐ作成する

自己PRのネタがないと悩む学生は多くいます。しかし、特別なネタがなくても受かる自己PRを作ることは可能です。

無料の「自己PR作成ツール」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、ネタがなくてもあなたの強みをアピールできる自己PRが完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

記事の編集責任者

北原 瑞起きたはら みずき

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。プロフィール詳細

記事についてのお問い合わせはこちら

就活で悩んでいるあなたに

関連コラム