面接でやりがちな失敗例10個!不採用になる就活生は〇〇をしがち

この記事のアドバイザー

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

伴 美寿々

大学卒業後、宝飾店にてジュエリーアドバイザーを経験。最年少で副店長になり、店舗のマネジメントと人材育成を経験。業界トップの塾の社長・役員秘書を経てポートへ入社。「わからない」を自分ひとりで抱えこまず、一緒に新しい世界へ飛び込む準備をしていきましょう。

コラムの目次

  1. 面接で起きやすい失敗を把握して備えておこう
  2. 面接でよくある失敗10個
  3. 面接で失敗した時には何をすべき?
  4. 面接で失敗しても引きずらず前向きに対応しよう

面接で起きやすい失敗を把握して備えておこう

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から

「面接で失敗しないか不安です」
「面接で失敗すると不合格になりますよね?」

という声を多く聞きます。面接前になると不安が募り「失敗したらどうしよう」と心配になりますよね。実際に、面接での失敗はよくあることです。面接で起きやすい失敗を予測しておくことで、リスクに備える体制を取ることができます。「失敗するのでは」とネガティブになりすぎず、面接対策に振り切りましょう。そこでこの記事では、面接でよくある失敗とあわせて、失敗した際の対応についてもご紹介していきます。

いつでもどこでもWEB面談実施中 お時間は学生様に合わせて調整します 積極採用企業をご紹介

面接でよくある失敗10個

面接の失敗として代表的なものは10個挙げられます。場合によっては無意識のうちにやっていることで失敗している可能性もあるため、注意しなければなりません。面接でよくある失敗を把握して、今のうちから対策しておきましょう。

①遅刻・無断欠席はマイナスの印象を与える

就活において時間厳守は絶対です。遅刻はどのような理由があったとしてもマイナスの印象を与えてしまいます。寝坊や時間を間違えるといった自分に非がある失敗はもちろん、公共交通機関の乱れが原因の場合も遅刻という事実は変わりません。また、遅刻以上に避けたいのが無断欠席です。

これは面接だけに限らず、就活中のイベントすべてに言えることで、無断欠席をすると選考を受けられなくなる可能性が高いです。意図的に無断欠席する場合だけではなく、他の予定と被っていることに気づかず欠席してしまうケースも多いため注意しましょう。就活中はタイトな日程を組むことも多く、スケジュール管理に失敗しやすいことも忘れないでください。

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

あらかじめToDoと締め切りを決めておこう

就活中は会社説明会やES作成、自己分析、面接対策など、やらなければいけないことに追われてスケジュール管理も難しくなりがちです。また、そんな時に限って交通費や外食が増えることにより金欠になりやすく、アルバイトとの両立が難しいです。

スケジュール管理のコツで私が大切だと思うのは、あらかじめ日々のToDoとその締め切りを決めることです。就活中は突発的なスケジュール変更も発生しやすいので、前もってやっておいた方がいいことは計画的に実行できる態勢を作れるといいでしょう。計画通り頑張れた日は自分自身に小さなご褒美を与えるなど、ゲーム感覚でささやかな成功体験を積み重ねることもモチベーションを維持向上させるのに効果的です。

こちらの記事では、面接に到着する時間について解説しています。面接官は、どのくらいの時間に就活生に到着して欲しいと思っているのでしょうか?遅刻する際の対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

面接には何分前に着くべき? 到着時間や受付でのマナーも解説

面接はどのくらいの時間に到着するのが正解? こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「面接時間ギリギリに行ったんですけど、遅刻じゃないからセーフですよね?」 「面接時間ぴったりに着けば問題ないのでは?」 […]

https://careerpark-agent.jp/column/2329

面接には何分前に着くべき? 到着時間や受付でのマナーも解説

②質問に答えられない=準備・意欲不足と思われる

面接は質疑応答の形式で進むのが基本です。面接官の質問に対して就活生が回答をすることで、その内容から人柄や個性を見抜きます。面接官は回答内容を重視するため、質問に答えられないと評価の材料を与えることができず、マイナスの印象を与えてしまいます。また、答えられない=準備不足、アピールする意欲が足りないと判断され、やる気がないと思われる可能性もあるため注意しなければなりません。

面接では緊張して頭が真っ白になってしまうことありますよね。そんな時、押し黙ってしまうのはよくありません。黙り込んでしまうと、危機的状況に対応できない、考える力がないという評価をされる可能性が高いです。すらすらと上手に話せなくても、アピールしたいことをきちんと伝えられているなら評価されます。ゆっくりでいいので、自分の言葉で面接官に話すことが大切です。

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

すぐに質問に答えられない時は焦らず少し時間を空けよう

即座に質問に答えられない時は少し時間を空けましょう。頭を整理する意味で少し間をおくのも問題ありません。「すぐに答えないといけない」と焦ると思いますが、面接の場で大切なのは「質問を受けたことに適切に答える」ことです。早くスムーズに答えることはもちろん最良ではありますが、それを意識するあまり、話したいことや話すべきことを話せない人も多いです。そういったケースでは少し間をおいて頭を整理してから話し始めましょう。

こちらの記事では、面接でよく聞かれる質問を紹介しています。答え方のコツや例文も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

面接を成功に導く質問対策|よくある13個の質問の答え方と例文を解説

面接の質問に対する回答内容を事前に考えておこう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「面接でどんな質問がされるかわからない」 「ぶっつけ本番で質問に答えるとヤバいですか?」 といった声を多く聞きます。 […]

https://careerpark-agent.jp/column/535

面接を成功に導く質問対策|よくある13個の質問の答え方と例文を解説

③面接官はマナー面も細かくチェックしている

マナー違反の失敗例

面接官は基本的に、質問に対する回答内容で評価を決めますが、その他の部分も細かくチェックしています。マナー面で失敗する就活生は多いです。就活が始まると、これまでの学生生活とは一気に雰囲気が変わり、学生としてではなく社会人としての振る舞いが求められます。

慣れないビジネスマナーに苦労する就活生は多く、面接だけではなく入社後に失敗するケースも多いため注意しましょう。これらは一朝一夕で簡単に身につくものではないので、早めに対策を始め、少しずつ習慣として積み重ねておかなければなりません。学生目線ではOKでも、企業目線ではNGということも多いため、社会人としての自覚を持つことが大切です。

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

面接では服装や座り方などにも注意しよう

面接では、椅子に座った時に軽く手は握るようにしましょう。だらっと手を開いた状態では少しルーズな印象を与えてしまいます。女性の場合は手を重ねて、膝の上に置くといいです。背中から上に吊られている感じで背筋を伸ばし、背もたれからは少し間を空けるように座りましょう。心理学には「メラビアンの法則」という理論があります。

これは話し手が聞き手に与える影響は「視覚情報」が55%を占めるというものです。見た目は髪形や服装、身振り、手振りを交えた身だしなみや印象によるところが大きいです。服装がちゃんとしていないといくら前向きで素晴らしい発言があっても人の心は動きません。身だしなみを整え、ハキハキと明るい対応を心掛けましょう。

こちらの記事では、面接の入退室のマナーについて詳しく解説しています。正しい身だしなみについても再確認しておきましょう。

関連記事

面接対策|就活の基本マナーやよくある質問5つの回答例文

面接は対策の有無で明暗が分かれる こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「面接ってどんなことをするんですか?」 「面接前にしておくべきことってありますか? という声を多く聞きます。面接前には対策が必須で […]

https://careerpark-agent.jp/column/668

面接対策|就活の基本マナーやよくある質問5つの回答例文

④企業批判はもちろん他社批判も避けよう

面接では自分が思ったこと、感じたことを素直に伝える必要がありますが、伝え方によっては企業批判のような内容になってしまうこともあります。「〇〇なところがよくない」「企業としてどうなのか」といった内容を話すと、ただの「感じ悪い就活生」で終わってしまう可能性が高いです。

的を得た発言なら面接官も納得して好印象を持つかもしれませんが、明確な根拠もなく見下したような発言をするのはNGです。これは志望する企業に対する批判だけでなく、他社に対する批判も該当します。悪口などのネガティブな発言を好む面接官は基本いないと思うので、悪口を言いそうになったら面接の場であることを思い出して冷静になりましょう。

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

一貫した「就活の軸」が大切

他社との違いを聞かれた際には、正直に答えることがすごく大切ですね。他社をけなしたり、批判すればOKかと言われるとそんなことはないです。ここで大切になってくるのは「就活の軸」だと思います。例えばA社を志望している理由が自身の軸である「人の役に立つ仕事ができる」ことだとします。

その時にもう一社受けていて志望度が同じくらい高い企業のB社を選んでいる理由が「働いている人が素敵」だとします。こうなってくると、客観的に見てこの学生さんが何を大切にしているのか?自分の就活において重要なものは何なのか?分からなくなってきますよね。

そうすると採用する側からしても「本当に頑張れるのかな?」とか「他の企業の方が合いそうだな」と思われてしまってお見送りになってしまうかもしれません。他企業を受けていること自体は伝えていいと思いますが、受けている理由は統一感がある方がいいです。自分が企業を選んでいる理由をしっかりと話せるようにしましょう。

⑤わかったふりをして質問に答えても意味がない

志望動機や自己PR、学生時代に頑張ったことなど、面接でよくある質問は比較的答えやすいです。しかし、実際の面接では予想もしていなかったような難しい質問をされることも多く、そもそも質問の意味がわからないということもあります。質問の意味がわからないまま適当に答えてしまい、全く的外れの回答をして失敗してしまう就活生は多いです。

わかったふりをして事実と異なること、面接官が求めるものと大幅にずれたことを答えてしまうと、面接官に信用できないと思われるため注意しなければなりません。面接官は質問の意味、意図を理解した上で回答してほしいと考えているため、わからないことは聞いても問題ありません。意味を理解せずに闇雲に答えると失敗しやすいので、まずは質問の意味を明らかにすることが大切です。

キャリアアドバイザーコメント

伴 美寿々

面接中に質問内容がわからなくなった時は状況に合わせて対応しよう

緊張して話の途中からどんな質問されていたのかわからなくなってしまうことってきっとありますよね!特に面接に慣れていなかったり、慣れてはいても最終面接はいつも以上に緊張すると思います。そのような状況になったときは、わからないまま話を続けないようにしましょう。枕詞を付けたうえで、再度話をさせてもらうのがいいですね!

例:
「緊張してしまったので、もう一度最初から話を整理させていただいてもよろしいでしょうか」
「申し訳ございません、もう一度質問内容を教えていただいてもよろしいでしょうか」

素直に非を認められるということは、社会人になるにあたりとても大切な要素です。また、自身で間違いに気づけているという点も大事だと思いますので、遠慮せずしっかりとその場の状況に合わせた対応を心がけましょう。【伴】

⑥話している内容に一貫性がないと面接官に不信感を抱かれる

話す内容に一貫性がないのも面接の失敗と言えます。例えば「リーダーシップが強み」とアピールしているのに、人と関わることが苦手と話している就活生がいたら矛盾を感じてしまいますよね。これを聞いた面接官は「どれが本当なんだ?」「嘘をついているのかな」と不信感を抱いてしまいます

面接官は色々な質問を投げかけ、就活生の人間性や価値観を把握しようとするので、自分をよく見せようと嘘をついても暴かれてしまう可能性が高いです。面接で一貫性のある回答をするためにも、念入りに自己分析をして自分の考えを整理しておきましょう。

⑦企業の基本的な情報を知っておくのは当たり前

面接官は「事前に企業の情報収集をすることは基本中の基本」と考えています。ですから、創業者の名前や事業内容など基本的なことを知らないと、大きく評価を落とされてしまうのです。また、間違えてしまうのも失敗と言えます。簡単な言い間違い程度なら見逃されるかもしれませんが、事業内容の中身などを間違えるのは大きな痛手です。

「〇〇業界の中でもなぜ弊社を選んだのだろう」と気になっている面接官が志望理由を尋ねた際に、他の企業の事業内容やほとんどの企業に当てはまる内容を答えると、「どこでもいいんだな」と思われてしまいます。企業の基本的な情報をおさえることはもちろん、企業ならではの情報も集めておくことが大切です

⑧否定系の言葉や言い訳は避けよう

面接で失敗につながる話し方もあります。それは、否定系の言葉を多く使うことです。例えば「できません」「知りません」「わかりません」などがあげられます。何か質問された際にこのように答えてしまうと、面接官に「前向きではない」「やる気がない」と思われてしまうのです。

新卒採用はポテンシャル採用と言われ、入社後の成長が期待できる就活生が採用される傾向にあります。そのため、前述のように答える就活生はいい評価を得られにくいです。また、「でも」「だって」などの言い訳も好まれません。直接このような言葉遣いをするわけではなくても、不満そうな態度や表情は面接官に伝わります。わからない時は「少し考える時間をいただいてもよろしいでしょうか?」、できない時は「努力します」など、伝え方を工夫しましょう。

⑨マニュアル通りの回答は自分らしさが出ない

実は、マニュアル通りの回答は面接の失敗に繋がる可能性が高いです。良かれと思ってマニュアル通りの回答で固める就活生もいますが、多くの面接官はよく思っていません。面接官は就活生自身の人間性や価値観を知りたいと思っているので、マニュアル通りの回答は質問に反していることになるのです

マニュアル通りの回答とは何かと言うと、どの企業にも通じるということです。例えば、就活本や就活サイトにある志望動機の例文は、誰でも活用できるように作成されています。そのため、例文をそのまま使っても自分らしさのない抽象的な内容になってしまうのです。自分の経験や価値観を上手に交えながら構成を手本にするのが、例文の正しい活用方法になります。

⑩印象のよくない逆質問をすると意欲が伝わらない

印象のよくない逆質問一覧

面接の最後に「何か質問はありませんか」と聞かれることがありますが、この際に的外れな質問をして失敗する就活生は多いです。逆質問は、面接官からすると入社意欲をはかる質問なので、アピールに役立てましょう。逆質問で失敗してしまい、最後の最後でマイナスの印象を与えてしまう就活生は多いので注意してください。

面接で失敗した時には何をすべき?

失敗がすべて不合格に直結するわけではなく、その後挽回できたら合格することもあります。しかし、挽回するといっても、具体的に何をすべきか、どのように振る舞うべきかわからないという就活生も多いですよね。失敗したときにすべきことは大きく2つで、これらを意識することで、その後の評価も変えられます。失敗しただけで終わらず、何とか挽回をはかるためにも、ポイントを押さえて諦めずに面接に取り組みましょう。

非を認めて謝罪する

面接で失敗したときは、まずは非を認めてきちんと謝ることが大切です。大げさに謝らなくても、「間違えました」「勉強不足でした」と伝えるだけでも、与える印象は大きく違ってきます。この時さらに好印象の獲得を目指すなら、次に繋げる一手を打つことが大切です。例えばアピールで間違えたなら、「申し訳ございません。緊張していて間違えました。もう一度最初からやり直してもよろしいでしょうか?」と尋ねるといいでしょう。

これにより「間違いを自覚している」「アピールする意欲がある」「相手の都合を尋ねて自分本位に進めようとしていない」という3点が評価されます。単に非を認めるだけではなく、そこから一歩進んだリカバリーをすることで、マイナスを大きくプラスに変えられる場合もあるのです。

失敗しても引きずらないようにしよう

誰にでも失敗はつきものなので、どれだけ念入りな事前準備をしても、ミスをしてしまうことはあります。失敗したら評価が下がるのではないか、不合格になるのではないかという不安も抱えるでしょうが、失敗ばかりに目を向けるのはよくありません。むしろ、失敗したときこそ前向きになって挽回する方法を考えましょう

失敗を引きずって自分をアピールできないでいると、さらに評価を下げられて不合格になることも少なくありません。消極的な気持ちになると挽回できないため、失敗しても必要以上に落ち込まず、気持ちを切り替えて挽回を目指しましょう。

面接で失敗しても引きずらず前向きに対応しよう

面接で失敗してしまうと気持ちが沈んでしまいますが、まだ不合格と決まったわけではありません。よほど大きな失敗をしていない限り、ひとつの失敗だけで即不合格ということはありません。つまり、一度失敗しても合否はまだ決まっておらず、その後の対応も含めて評価されます。

失敗しても最後まで諦めずに取り組みましょう。「失敗したからもうだめだ」と諦めてしまうと、挽回のしようがありません。失敗したとしても、素直に認めたり謝罪したりしてフォローしましょう。

記事の監修責任者

北原 瑞起 (きたはら みずき)

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。詳細

キャリアパーク就職エージェントはES・自己分析・面接対策などエージェントがあなたの就活を完全サポート。WEB面談も受付中!いつでもどこからでも相談できます。

積極採用企業をご紹介

関連コラム