面接に落ちる理由を一次・二次・最終別に紹介|ポイントも必見

この記事のアドバイザー

塩田 健斗

大学卒業後、ポート株式会社に新卒として入社。メディア広告の営業とマーケティングを兼任。2年目からキャリアアドバイザーへジョブチェンジし、異動後1年で就活シェアハウス事業の責任者として事業運営。入社後、ご自身の選択を正解にしたいと思えるようなキャリア選択のサポートをします。

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

コラムの目次

  1. 面接に落ちるのには必ず原因がある
  2. 一次面接で落ちる理由と対策
  3. 二次面接で落ちる理由と対策
  4. 最終面接で落ちる理由と対策
  5. その他どの面接でも必要な対策とは
  6. 面接に落ちる場合は段階に合わせた対策をしよう

面接に落ちるのには必ず原因がある

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から

「面接に全然受かりません」
「なんで落ちるのか分かりません…」

という声を多く聞きます。面接に通過するためには、面接に落ちる理由を把握しなければなりません。理由が分かっているならそれに合わせた対処法が立てられますが、分からないと手探りで進めることになります。

やるべきことをしっかり見極め、必要なことだけに絞って対策を進めることが大切です。また、面接は一次二次などの段階別でも落ちる理由が異なるため、それらの違いも把握しておきましょう。

一次面接で落ちる理由と対策

就活生

1社目の一次面接で落ちてしまって、しょっぱなから自信を無くしてしまいました…

キャリア
アドバイザー

面接は慣れも必要だから、前回の反省も踏まえて対策していけば大丈夫!

理由:マイナスの印象を与えている

一次面接の時点では応募者が多く、この段階では足切りを考えている企業も多いです。書類選考の時点で多くの人が落ちますが、一次面接も同様に不合格になる可能性は高いと考えましょう。多くの人が一次面接で面接官と初めて会うため、第一印象が重要になります。そのため「暗い」「元気がない」「清潔感がない」という就活生は落ちやすいです。

メラビアンの法則では、話し手が聞き手に与える影響について「言語情報」が7%、「聴覚情報」が38%、「視覚情報」が55%であるとしています。この視覚情報には、見た目だけでなく表情や態度、仕草も含まれます。清潔感のある服装や、明るく元気な印象を与える表情作りが重要と言えるでしょう。

対策:振る舞いで好印象を与える

マイナスの印象を与えないためにも、振る舞いには特に気をつけましょう。入室から退室までの流れはもちろん、身だしなみもきちんと整え、言葉遣いに注意することが大切です。面接はノックした瞬間、さらに言えば受付を通る時点から始まっているため、企業に入った時点から一時も油断はできません。「暗い」「元気がない」というマイナスの印象を与えないためにも、ハキハキと話したり笑顔を心がけることが大切です。

また、身だしなみは単にスーツを着ているだけではなく、服装の乱れはないか、汚れやしわがないかも確認しましょう。一次面接は面接官との年齢が近い場合も多く話が盛り上がりやすいですが、敬語は崩さないことが大切です。フランクな雰囲気につられて言葉遣いを乱してしまうと、一気に印象が悪くなるため注意しなければなりません。

こちらの記事では、入退室や面接中のマナーを紹介しています。イラストでわかりやすく解説しているので、面接前の最終チェックにも活用してください。

関連記事

一次面接対策|入退室のマナーやよくある質問の例文をご紹介

一次面接を突破するには こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。書類選考に通り、いざ面接に臨んでも 「一次面接で落ちてしまう」 「面接官からいい反応がもらえない」 と困っている就活生が多く見受けられます。一次面接を受 […]

https://careerpark-agent.jp/column/882

一次面接対策|入退室のマナーやよくある質問の例文をご紹介

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

面接で明るく元気な印象を与えるためには直前の準備が大切

見た目の印象は笑顔や明るさはとても大事です。面接会場に入る前からしっかりとスイッチを入れることが大切です。「失礼します」の声のトーンひとつでも「明るくて元気な人だな」という印象を与えることはできます。

緊張してしまうかとは思いますが、印象でプラスになればその後の面接もスムーズに運ぶと思います。オススメのスイッチの入れ方としては、接客業や塾講師などのアルバイトをしている方はその時の自分になることを意識するといいです。

また、選考前にお手洗いなどの鏡を使ってチェックしましょう。髪型、ネクタイ、シャツ、靴など細部まで気にしましょう。また、笑顔の練習を鏡に向かってするといいです。慣れないかもしれませんが、販売や営業の仕事をしている方もやっていることです。鏡に向かって笑顔を作る練習をして口角が上がるようにしておきましょう。

二次面接で落ちる理由と対策

理由:自己分析や企業研究が不足している

二次面接はもう少し踏み込んだ部分が見られ、志望動機や自己PRを含め、個性や能力に関する質問が多いです。そのため、自己分析や企業研究ができていないと、これらの質問に答えることができずに落ちてしまいます。二次面接以降は人事担当者でも比較的面接に慣れている人や、現場の社員が担当する傾向にあります。

長所や短所、学生時代に頑張ったことなど、自分の性格や能力に関わることが具体的に話せないと、面接官が評価することができません。面接官とは初対面になるわけですから、自分のことを詳しく話すことが大切になってきます。また、企業への理解度も入社意欲をはかる上で重要な指標になります。企業の事業内容などの基本的な内容から魅力まで、自分なりに話せるようにしましょう。

対策:自己分析や企業分析を充実させる

二次面接では個性や能力を見極め本当に活躍できるか、成長できるかが見られています。企業との相性や仕事への適性もチェックされるため、十分に企業について理解しておく必要があるでしょう。企業の事業内容や職種を把握し、自分に何ができるのか、5年後や10年後にどうなっていたいのかを伝えられるようにしておく必要があります。さらに自己分析もして、自分の適性と照らし合わせておくといいですね。

また、新卒はポテンシャル採用の傾向が強いため、入社後に成長しそう、活躍しそうと思ってもらうことも大切です。成長・活躍するためには、行動した後に課題や改善策などを講じる必要があります。このスキルを提示するためには、学生時代に経験したことを話す際にそこから学び得たことや、経験を元に実践していることを話すことが効果的です。

キャリアアドバイザーコメント

話し方や身だしなみに気を配ってコミュニケーションをとろう

基本的には人と関わらない仕事はありません。どの仕事においても、話していて気持ちのいいコミュニケーションをとれる人を採用したいと考えています。明るい声のトーンや笑顔で受け答えすることや、サイズに合ったスーツを着ることなど、細かいですが印象に大きな影響を与えるため、細かいところにも気を配ってコミュニケーションを取るようにしましょう。

最終面接で落ちる理由と対策

理由:入社意欲を示せていない

最終面接で落ちるのは、入社意欲が低いまたは意欲が面接官に伝わらないケースが多いです。最終面接は内定がかかっているため、就活生だけでなく、企業にとっても重要な選考になります。内定を出したからといってその時点で就職が決まるわけではありませんが、就活生が承諾し次第入社の準備に入ります。

2016年卒マイナビ企業新卒内定状況調査によると、1社あたりの採用費総額平均は556万円で、1人あたりの採用費平均は45.9万円となっています。このように採用にかかるコストは非常に膨大で、受け入れの体制を整えることはもちろん、その後の教育コストまで考える必要があります

つまり、すぐに辞められると企業は大損をするため、内定辞退や早期退職を防がなければならないのです。そのため、面接時から入社意欲の低い就活生を見抜き、意欲の高い人のみを厳選していると言えるでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

塩田 健斗

企業側は最終面接で「一緒に働きたいかどうか」を重視している

最終面接は企業とのマッチングを見られます。1次、2次面接はスキルや能力など「利益を生み出せるか」を見ますが、最終面接に近くなるにつれて「一緒に働きたいかどうか」を見るようになります。

上記にも記載している通り「うちの会社に入ることで学生が目指したいことを実現できるか」を確認しながら、モチベーション高く業務に取り組んでくれるかをみていきます。

そのため「将来成し遂げたいこと」や「将来なりたい姿」を明確に伝える必要があります。まずはこの2つを明確にしておくことで評価の土俵に立つことが出来るので、必ず準備をして臨みましょう。

対策:入社意欲をアピールする

最終面接では「就職したい」「内定が出たなら絶対に就職する」という意思を見せなければなりません。最終面接でそれほど入社意欲が高くないと思われると、内定を出しても辞退される可能性が高いと判断され、内定を見送られることもあります。上述のように企業は多くのコストや労力をかけて採用活動をおこなうため、辞退者が出るのをなるべく避けたいと考えています。

最終面接では就職後に関する質問や、他社の選考状況について聞かれることも多いです。就職後に何をしたいのか、どのようになりたいのかを明確にアピールできるよう、キャリアプランを念入りに組み立てておきましょう。また、他社の選考状況は正直に答えても構いませんが、「第一志望は?」と問われた場合は面接を受けている企業と答えましょう。

その他どの面接でも必要な対策とは

段階別に落ちる理由の詳細部分は違いますが、落ちないための基本的な対策は共通しています。そのため、まずは基礎からしっかり練り上げることが大切であり、これができていないとどの段階でも通用しないことは理解しておきましょう。

自己分析を念入りにおこなう

就活の基本は自己分析であり、これを怠ると面接に落ちるだけではなく、就活そのものが上手く進められなくなります。自己分析では過去を洗い出し、自身の特徴や個性、能力、さらには仕事への価値観といった部分まで深堀りします。いわば就活を進めるための土台作りであり、就活の軸を定めて、適性の高い業界や企業を絞るためにも必要です

面接はさまざまな質問を元に進められるため、自己分析をして自分のことを理解しておくことは重要です。自分のことがわからないと、質問をされてもしどろもどろになってしまいます。過去の経験についてはもちろん、どんな働き方をしたいのか、5年後10年後どうなっていたいのかなど将来のビジョンについても考えておきましょう。

こちらの記事では、自分史やモチベーショングラフを使った自己分析の方法を詳しく紹介しています。具体的な見本つきなので、自分史やモチベーショングラフを作ったことがないという人も試しやすいです。パソコンまたは紙とペンがあればすぐに始められるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

https://careerpark-agent.jp/column/633

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

業界・企業研究も徹底しよう

業界・企業研究は面接対策として必須です。理解度の高さはそのまま志望度と判断されるため、業界・企業研究を徹底するほど、本当に就職したい気持ちが強いということをアピールしやすくなるでしょう。志望先への理解を示すだけなら企業研究だけでもいいように思えるでしょうが、実際は業界に関する知識も必要です。

業界の知識や理解はベースの部分で、企業に関する知識や理解はその上に乗るものと考えましょう。業界の中で志望する企業がどの位置にいるのか、競合他社との違いは何なのかなど、業界全体から見た企業についても調べておきましょう。研究を進めるには、ネットで情報収集するのはもちろん、説明会にも積極的に参加して生の情報を手に入れることが大切です。

慣れてきた頃こそ基本マナーを見直す

面接ではマナーができているかどうかも評価の対象です。特に基本的なことが重要視されます。基本的なマナーをしっかり押さえるためにも、就活に慣れてきた頃にもう一度見直して再確認しておきましょう。最初のうちは不慣れなことも多いため、面接ごとにマナーを見直して慎重に取り組む人が多いです。

何度も面接を受けているうちに慣れていき、見直しをしなくても大丈夫と思ってしまいます。基本的なマナーが正しく身についているならいいですが、全員がそうとは限らず、間違った理解のまま面接に取り組んでいることもあります。慣れてくると適当になりやすいため、上手くいかないと感じたなら基本部分から見直すことを心がけましょう

面接に落ちる場合は段階に合わせた対策をしよう

面接に落ちる理由は複数あり、基本的な対策ができていないのはもちろん、面接の段階に合わせた対策ができていないことが原因の場合もあります。スムーズな攻略を目指すには、段階に合わせた対策も必要です。

同じ企業でも、一次、二次、最終ではチェックされるポイントが違い、何を意識すべきかも異なります。意識すべき点が正しく把握できていないと、自分の魅力をアピールしきれず、合格できるだけのポテンシャルがあっても、落ちる場合すらあります。面接は事前対策を念入りにおこなうことはもちろん、適切な方法で努力しなければなりません。効率的な対策をして、一次、二次、最終と段階ごとの面接を通過しましょう。

関連コラム