履歴書で差をつける志望動機の書き方と例文|新卒の就活生必見!

この記事のアドバイザー

末吉 涼

大学2年生の時にヒッチハイクで日本一周を達成。何事もチャレンジする姿勢を大切にしています。ポート入社後は新卒1年目で人事に配属され、新卒採用を担当。面接では、自分を出しきれずに不完全燃焼している学生を多く見てきました。自分を出さないまま面接を終えるほど悔しいことはありません。私が自分を120%出せるよう精一杯サポートするので、一緒に頑張っていきましょう!

塩田 健斗

大学卒業後、ポート株式会社に新卒として入社。メディア広告の営業とマーケティングを兼任。2年目からキャリアアドバイザーへジョブチェンジし、異動後1年で就活シェアハウス事業の責任者として事業運営。入社後、ご自身の選択を正解にしたいと思えるようなキャリア選択のサポートをします。

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

持田 伊織

大学時代、「目の前のお客様に励ましを送る」ことを指針としていたゴスペル部で日々活動をしていました。卒業後も目の前の人の潜在的な可能性を広げていきたいとの思いからポート株式会社に新卒として入社。就職活動は、ご自身にとって明るい将来を描くための第一歩です!一緒に考えて納得するファーストキャリアを見つけていきましょう!

コラムの目次

  1. 履歴書に書く志望動機に悩む就活生は多い
  2. 志望動機の悩みは説明会前後で異なる
  3. 志望動機の内容を充実させる6つのポイント
  4. 面接官に伝わる志望動機の構成
  5. 志望動機例文
  6. 履歴書の志望動機は自分の言葉で具体的に書こう

履歴書に書く志望動機に悩む就活生は多い

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。

「履歴書の志望動機ってどう書けばいいの」
「履歴書に書く志望動機のポイントを知りたい」

就活生からこのような声を聞くことが多いですが、志望動機は内定に至るまでの選考プロセスで必ず聞かれる項目なので、内定を獲得するためには志望動機のブラッシュアップは必要不可欠といえます。

多くの就活生は自己PRに集中し、志望動機は抽象的に書きがちです。しかし、志望動機欄を具体的に書くだけで評価が上がりやすくなります。企業に使う時間が多いほど内容が濃くなり、それが面接官にも伝わるのです。

そこで、この記事では内定を獲得するために必要な志望動機の書き方のほか、他の就活生と差がつくポイントや例文も交えて解説していきます。

志望動機の悩みは説明会前後で異なる

企業の志望動機を書くタイミングとしては、説明会に行く前と、説明会に行った後の2パターンがあります。説明会に履歴書を持参する場合、志望動機も書く必要がありますが、ここで何を書けばいいのか悩む就活生は多いです。

また、説明会後に履歴書を提出する場合は「説明会でどのような内容を志望動機に取り入れればいいのかわからない」という就活生が多く見られます。そこで、まずは説明会の前と後の2パターンにわけて、志望動機の書き方について解説します。

説明会前:企業研究をして具体的に書く

説明会に履歴書を持参する場合「そんなに企業のことを知らないのに志望動機に何を書けばいいんだろう?」という悩みを抱える就活生は多いですよね。しかし、情報が得られない段階だからこそ、ここでいい志望動機が書けると、面接官から「すごいな」と思われます。

「説明会に行ってから企業研究をすればいいや」ではなく、説明会に行く前に企業研究を始めて、志望動機を具体的に書けるようにしましょう。自己PRと志望動機はどちらも同じくらい大事ですが、自己PRだけに集中して志望動機が薄くなってしまう就活生は多くいます。他の就活生と差をつけるためにも、説明会前の企業研究は重要度が高いです。

説明会後:企業の価値観とマッチすることを書く

説明会に参加し、一次面接に履歴書を持参する場合「説明会のどんな情報を志望動機に落とし込めばいいんだろう?」と悩む就活生は多いです。そんな時は、説明会で企業が話していた内容の中で、自分の価値観と結びつくことを中心に書きましょう

説明会では企業のホームページだけではわからない社員の雰囲気や、企業のメッセージをダイレクトに知ることができます。自分の価値観と重ね合わせてマッチする部分があれば、企業で働きたいと思った動機になります。自分のどういった価値観がマッチするのか、どういった背景があるのかを伝えられるようにしておきましょう。

いつでもどこでもWEB面談実施中 お時間は学生様に合わせて調整します 積極採用企業をご紹介

志望動機の内容を充実させる6つのポイント

志望動機と言っても、単純にその企業を志望するきっかけを書けばよいわけではありません。それだけだと、説得力の欠けた志望動機となってしまうので注意が必要です。志望動機を書く際は、これから解説する6つのポイントをおさえましょう。

①その業界・職種を志望する理由

志望動機を書く前に、業界や職種を志望する理由を伝えられるようにしておきましょう。業界や職種の正しい知識がある上で志望していることを伝えると、面接官からも印象も良いでしょう。どんなに入社したいと伝えても、業界や職種について知らなければ「なぜうちなんだろう?」「他でいいのでは?」と思われてしまいます

業界や職種に関して正しく理解するためにも、業界団体のホームページ、業界地図、ニュース、書籍、業界研究セミナーなどを活用して情報を収集しましょう。志望動機を書くとなると、どうしても企業の情報収集だけに偏りがちなので、業界や職種についても念入りにチェックしてください。

②その企業でなければダメな理由

その企業でなければダメな理由

志望動機を書く際にまず押さえなければならないのは、その企業でなければダメな理由です。人気企業の元には何千から何万という数の履歴書が届くので、採用担当者の目に留まるためにも「その企業への熱意」と、その熱意をうまく伝えるための「論理的構成」が必要となってきます。論理的構成の考え方はシンプルで、要素と要素の掛け合わせです

例えば人材業界の企業はたくさんありますが「新卒採用」で絞ると一気に減りますよね。このようなイメージで色々な要素を掛け合わせた結果、ひとつの企業にたどり着きます。これは人で掛け合わせることも可能です。

例えば「ベンチャー企業」×「人材領域」×「社会問題に本気で取り組んでいる人がたくさんいるところ」というやり方でも絞れます。この場合、なぜベンチャーなのか? なぜ人材なのか? 社会問題なのか? を語れるようにしておいた方がいいです。

③ビジョンを考える

就活生の多くは志望動機を書く際に「貴社の製品に魅力を感じています」「貴社で働いている人に魅力を感じています」など、魅力に思っていることや惹かれていることについて書きますが、これでは「自分が何をしたいか」というビジョンが伝わりません。

志望動機を書く際は「企業を通じて自分がやりたいこと」を伝えることが大切になります。「企業を通じて自分がやりたいこと」をベースにして志望動機を書き出すようにしましょう。

ビジョンを考える内容(例)
  • やりたい仕事、職種
  • 叶えたい目標、なりたい姿
  • 活かしたい専門性

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

近い志向性を持つ先輩を参考にしてキャリアのイメージを深めよう

社会人として働く5年後や10年後の姿をイメージすることは難しいと思います。キャリア形成についてはなおさらです。面談をした就活生には、本人の志向性に合わせて「近しい志向性を持つ先輩達はこんな風にキャリア(ポジションや仕事内容)を歩んでいるよ」といったアドバイスをしています。

先輩達のキャリア事例と、説明会や選考で知った情報との紐づけをおこない、徐々に明確なイメージにしていくことが大切です。

④過去の経験が志望動機に結びつくか

志望動機を書く際は「その企業を通じてやりたいこと」を伝えることが大切ですが、「やりたい」ことだけを書いても説得力に欠けます。

説得力のある志望動機にするためには理由が必要です。「なぜやりたいのか」という理由を説明する際に、過去の経験から「なぜそれをやりたいのか」を説明することが効果的です

例えば「仕事を通して日本と海外を繋ぐ架け橋になりたい」という目標がある場合、その目標を持った理由を過去の経験に結びつける必要があります。

具体的には「留学に行った際、日本に好意的な人が多い一方で日本文化に触れられる機会が限定的という現状を実感した」という経験を結びつけることで説得力を持たせることができます。

⑤企業と共通する価値観があるか

自己分析をすることで自分自身の「価値観」を明らかにすることができます。そこで、志望動機を書く際は自分と企業で価値観に共通点があるかどうかを把握することが重要です。

自分自身の価値観は自己分析で明確にすることが可能ですが、企業の価値観は企業理念であったり、企業が今後目指すべきところを社員に直接聞くことで確認する必要があります。

自分自身と企業の価値観が合っていれば、その企業を志望する理由がわかりやすく説明しやすくなります。また、企業からも「自社にあった人材」という評価を受けやすくなるのです。

⑥入社後どのように活躍したいか

志望動機を書く際、入社後にその企業でどのように活躍したいかという点を考えておく必要があります。「どのように活躍したいか」という視点は、企業の仕事内容や仕事の特徴を理解しておかなければ、考えることが難しいといえます

「どのように活躍したいか」を考えるには企業研究が必要です。インターンシップや企業説明会を通じて知ったその企業の働き方や仕事内容を踏まえて、自分自身が具体的にどのように働いて活躍したいのかをしっかりと考えておきましょう。

こちらの記事では、営業職を目指す際の志望動機の書き方について解説しています。営業職のアピールに繋がるスキルや例文も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

営業職の志望動機の書き方|適性をアピールできるスキルと例文も紹介

営業職の志望動機で悩む人は多い こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。営業職を志望する就活生から、 「営業の志望動機の書き方がわからない」「営業として採用される志望動機とは?」 という声を多く聞きます。営業職を募集 […]

https://careerpark-agent.jp/column/437

営業職の志望動機の書き方|適性をアピールできるスキルと例文も紹介

面接官に伝わる志望動機の構成

面接官に伝わる志望動機の構成

ここからは志望動機の書き方を見ていきましょう。志望動機を書く際に気をつけなければいけないポイントは4つあります。単純にその企業を志望した“きっかけ”のみが書かれた志望動機の場合、評価はされないということは覚えておきましょう。

①冒頭:言いたいことを端的に伝える

志望動機を書く際に気をつけなければならないのは、伝えたいことを先に一言で述べることです。志望動機の結論を書いて、その結論に至った理由を補足し、最後にまとめるという構成を心掛けましょう。

結論に至った背景や理由から説明する人がいますが、初めに背景や理由から書いてしまうと要点がわからず、伝えたいことがぼやけてしまいます

最初の数行で志望動機の結論が分からない場合は、最後まで読まれない可能性もあります。必ず結論から先に書き、その後に理由、まとめという正しい順序で書くようにしましょう。

②自分の考えや経験を交えた具体事例

志望動機に説得力を持たせるには、主張に対する根拠が必要となります。根拠を示すにあたって重要になってくるのが、自分の考えや経験を交えた具体的な説明です。

企業を志望する理由に自分の考えや過去の経験談を交えていくことで、他者と被ることのないオリジナリティのある志望動機にもなります。企業に入りたい理由だけを述べるのではなく「実際に経験したことをきっかけに入社の意思が高まった」と伝えるだけで説得力は増すでしょう。

③その企業でなければならない理由

主張→具体事例を説明した後で、より志望動機にあつみを持たせるのが、「なぜその企業でなければダメなのか」です。その企業でないとダメな理由が不明確な場合「当社じゃなく競合他者でもいいのでは?」と思われてしまう可能性があります

「特徴や事業について魅力に感じた」とただ記載するのではなく、その企業の特徴や事業を踏まえた上で「将来、活躍するにはこの会社が一番」といった内容を意識的に盛り込むといいでしょう。

④締め:入社後の活躍の意気込み

志望動機の最後に「入社後どのように活躍したいか」を述べましょう。採用担当者の関心事は「その学生が入社した場合、どのように成長するのか」。そのため、入社後の活躍イメージを伝えることが重要になります。

志望する理由を述べた後に「自分が入社したらこのように活躍したい」と伝えることで、将来も見据えた上で志望していることが伝わるでしょう。ただ単に「活躍したい」と述べるのではなく、活躍できると思っている理由を明確にすることが大切です。

こちらの記事では、志望動機が書けない原因や対処法を解説しています。「志望動機を書こうとしても進まない」という就活生はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

志望動機が書けない時の対処法|上手に書くポイントと例文もご紹介

https://careerpark-agent.jp/column/424

志望動機が書けない時の対処法|上手に書くポイントと例文もご紹介

志望動機例文

アップロードした画像

港くん

何を切り口に考えればいいかわからないな……。

アップロードした画像

キャリアアドバイザー

まずは「企業の魅力的な点」について考えてみてはどうでしょうか。書く前に紙に整理するのがおすすめですよ。

志望動機を書く際は、上記4つの切り口から志望動機を整理するのがおすすめです。それでは、ここまで解説したポイントを押さえた上で、「OK例文」と「NG例文」をみていきましょう。

OK例文①社員に惹かれた

例文

私は、貴社のインターンシップに参加した際に出会った社員の「世の中をよくするために自分たちの仕事がある」という仕事に対する情熱を魅力に感じて貴社を志望しました。

私は「世の中をよくしたい」という思いを持ち、海外ボランティア団体に所属して様々な活動を行っています。学校インフラが整っていない国の学校建設を募金という形で支援することで、その国の教育レベル向上に貢献できました。

この経験から「自分の取り組みが世の中の役に立つ」ことにやりがいを感じました。私がやりがいを持って成長できる環境があるのは、「仕事を通じて世の中をよくしたい」と思っている社員が多く、業界のリーディングカンパニーである貴社だと確信しています。

貴社に入社後は「世の中をよくする」という価値観を持って、世界中に貴社のサービスを展開できる人材に成長して貢献していきたいと思います。

キャリアアドバイザーコメント

持田 伊織

過去の実体験から価値観について触れている点が評価できる

多くの企業がある中で、社員と同じ価値観であることは「この企業で働く理由」になります。企業としても、仕事に対して共通する価値観を持っている人と一緒に働きたいと考えています。また「なぜこの価値観を持っているのか」を過去の実体験から伝えられていることが評価出来ます。企業が知りたいのは、志望した「動機」です。具体的に志望した動機となった経験をお伝えすると、企業にもなぜ入社したいのかが伝わりやすいです。

「どんな強みを活かして貢献していけるか」があると、なおよかったです。同じ価値観を持っているだけでは、企業の成果に繋げることは出来ません。企業が探しているのは「会社の売り上げに貢献する人」です。自分の強みを活かして「どのように会社の売り上げに貢献できるのか」を志望動機の終わりに伝えましょう。

OK例文②事業戦略に惹かれた

例文

私は「広告ではなく、顧客満足度を上げることでブランド価値を向上させる」という事業戦略を取っている貴社に魅力を感じて志望しています。

私は飲食店でのアルバイトの経験から「顧客満足度向上こそが店舗価値を高める方法」と考えて取り組んでいます。アルバイト先の飲食店の業績が悪化し、社員・アルバイト全員で対策について議論した際「広告を出して認知度をあげよう」という意見があった一方で、私は「来店されてお客様がリピーターになるように接客やサービスの質をあげることを優先したい」と周りに働きかけました。

その結果、店舗の業績改善にも繋がったことから、顧客満足度向上こそが重要な戦略であることを学びました。貴社の事業戦略と私のアルバイトで学んだ経験については共通点があり、そのような事業戦略を取られている貴社で働くことが、自分自身のやりがいや成長に繋がると確信しています。

この例文では、アルバイトでの実体験と企業の事業戦略がリンクしていることを志望した理由として取り上げています。実際に自分が考えて行動したことと、企業の価値観がマッチしているとわかる志望動機です。

OK例文③ビジョンに惹かれた

例文

私は「広告ではなく、顧客満足度を上げることでブランド価値を向上させる」という事業戦略を取っている貴社に魅力を感じて志望しています。

私は飲食店でのアルバイトの経験から「顧客満足度向上こそが店舗価値を高める方法」と考えて取り組んでいます。アルバイト先の飲食店の業績が悪化し、社員・アルバイト全員で対策について議論した際「広告を出して認知度をあげよう」という意見があった一方で、私は「来店されてお客様がリピーターになるように接客やサービスの質をあげることを優先したい」と周りに働きかけました。

その結果、店舗の業績改善にも繋がったことから、顧客満足度向上こそが重要な戦略であることを学びました。貴社の事業戦略と私のアルバイトで学んだ経験については共通点があり、そのような事業戦略を取られている貴社で働くことが、自分自身のやりがいや成長に繋がると確信しています。

キャリアアドバイザーコメント

末吉 涼

志望動機が過去の経験に基づいて言語化されている

全体的に簡潔にまとまっていて、読み手としてもスッと理解しやすい内容となっています。自分の過去の経験に基づいて具体的に言語化できているので、この志望動機を読んだだけで「コミュニケーションストレスが少なそうな学生」という印象を受けました。

また、ネガティブワードなどのマイナスに捉えられるような濁った言葉が一切なく、向上心を感じました。より面接官の興味をそそる文章にするならば、入社した後の活躍について最後に付け加えるといいかと思います。

OK例文④仕事内容に惹かれた

例文

私は「法人営業として顧客ニーズを把握するためにマーケティング手法を駆使し、顧客のためになる提案を実施する」という仕事内容に魅力を感じ、貴社を志望しています。

貴社の社員にOB訪問をした際に、営業担当者として顧客のニーズを正しく分析し、把握することが結果的に顧客の喜ぶ提案に繋ったときのやりがいを伺い、ぜひ貴社で働きたいと思いました。

私は大学のゼミで様々なマーケティング手法や回帰分析などのデータ分析手法を学びました。ゼミの研究では企業の財務諸表などのデータから、その企業の課題や潜在的なニーズを導き出し、今後の事業戦略の提案を行った経験があります。

大学時代に身につけたデータ分析を駆使した課題解決のための提案力は、貴社での顧客ニーズを把握した上で提案を行う営業の仕事にも活かせると考えております。入社後も、勉強を重ねて常に最善の提案をできるよう成長していくことで、貴社の発展に寄与できるように貢献していきたいと思います。

この例文では「法人営業として顧客ニーズを把握するためにマーケティング手法を駆使し、顧客のためになる提案を実施する」と、仕事内容について明確に言語化しています。

「何のために」「どのように」が理解していないと書けない内容なので、事前に企業研究をしっかりしたことが伝わります。OB訪問の経験や強みの活かし方まで網羅している例文といえるでしょう。

OK例文⑤商品・サービスに惹かれた

例文

私は貴社の環境に配慮した商品を生み出していることに魅力を感じ、貴社を志望しています。昨今、地球全体で問題視されている温暖化現象を始めとした様々な環境問題に配慮しながら、革新的な生活用品を提供している貴社に魅力を感じ、ぜひ貴社で働きたいと思いました。

私は、持続可能な社会を実現していくためには個人に留まらず、企業も積極的に環境問題に取り組むべきと考えています。私は大学2年生の時に学生団体を立ち上げて海岸清掃を毎月行うなど、環境問題に積極的に取り組んできました。

積極的に環境問題と向き合ってきた私にとって、環境に配慮した商品を世の中に提供している貴社であれば、同じ価値観のもとさらに成長していけると確信しました。入社後は、ビジネスと環境を融合させられる提案をできるように成長していくことで、貴社の発展に貢献するだけでなく、持続可能な社会の実現を目指したいと思います。

キャリアアドバイザーコメント

塩田 健斗

原体験を伝えることで企業に納得感を与えられる

この志望動機の良い点は、原体験に基づいて、魅力に感じているポイントを伝えられている点です。企業は「なぜうちの会社に来たいのか」を求めています。つまり「他の会社にないポイント」に魅力を感じていることを自分自身の経験から伝えられれば、企業としては納得感が高いのです。

改善点としては「自分自身がこの企業で活かせる強み」を伝えていくとより良いです。人事は「採用=一緒に働きたい×利益を生み出せる人材」で学生を評価しています。前者は伝えられているので、強みの活かし方をアピールすることで、より高評価につながリます!

NG例文①事業の説明しかしていない

NG例文

私は貴社が業界No.1の規模を誇っているリーディングカンパニーであることに魅力を感じ、貴社を志望しています。さらに、昨年には創立100周年を迎えるなど、とても歴史のある会社であるのと同時に、世界シェアNo.1の製品を複数持っているなど、技術力が高いことも魅力的です。

このように規模・歴史・技術力、どれをとっても素晴らしい貴社に入社できれば、やりがいを持って働くことができると確信しています。

私のモットーである「何事もトップを目指す」という姿勢を継続して、業界No.1である貴社のさらなる発展に貢献していきたいと考えています。

上記のように、企業研究をすれば誰でもわかるような事業や企業の特徴を並べただけの志望動機はNGです。

NG例文②学びたいという受け身な姿勢

NG例文

私は貴社がIT技術を駆使して革新的な技術を生み出し続けている企業であることに魅力を感じて、貴社を志望しています。次々と革新的な技術を生み出している貴社であれば、最先端のIT技術やプログラミング技術といった、これからの時代に必要不可欠なスキルを学べると考えております。

私自身はIT技術やプログラミング技術といったスキルを身につけていませんが、しっかりと学ぶことで自分のものにしていきたいです。

学ぶ意欲をアピールしていますが、企業側は受け身な姿勢と捉えます。学ぶことも重要ですが、受け身に捉えられる志望動機はNGです。

NG例文③ただ商品やサービスが好き

履歴書の志望動機は自分の言葉で具体的に書こう

NG例文

貴社のビールを世の中に広めたいと思い志望しています。私は数あるビールの中で貴社のビールが大好きで、このような素晴らしい商品を世界中の人々にもっと広めたいと思っています。

多くのビールを飲んでみて、飲んだ瞬間の味わいや喉越しは貴社のビールが圧倒的に美味しく、飲んだ人を幸せにするビールです。このように愛着のある商品を世界中の人に売ることができれば、やりがいを持って仕事をすることが可能です。

大好きな貴社のビールを世界中に広めていくことで、貴社のさらなる発展に貢献したいと考えております。

商品に愛着があることは大切ですが、志望動機に書くべき内容ではありません。大事なのは商品が好きということよりも「自分は何ができるのか」をアピールすることです。

履歴書の志望動機は他の就活生と差をつけることで選考結果に大きく左右する重要な部分です。この記事で解説した「志望動機を書く前に押さえておくべき5つのポイント」と「書き方」を実践することで、採用担当者の印象に残る志望動機となることでしょう。

また、様々な志望動機の例文を紹介しましたが、志望動機を書く際に最も重要となることは
自分の言葉で具体的に書くということです。企業に最も求められているのは「オリジナリティのある志望動機を書くこと」と心掛けておきましょう。

記事の監修責任者

北原 瑞起 (きたはら みずき)

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。詳細

キャリアパーク就職エージェントはES・自己分析・面接対策などエージェントがあなたの就活を完全サポート。WEB面談も受付中!いつでもどこからでも相談できます。

積極採用企業をご紹介

関連コラム