学生時代に最も打ち込んだことの伝え方や例文|ない人の対策もご紹介

この記事のアドバイザー

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

村井 俊介

大学時代に社会保障や少子化問題を学んでおり、働き方改革をしたいと考え、人材業界を目指す。大学卒業後、外資系の人材会社でコンサルタントとして、オフィス系からファクトリー系まで幅広い業界のお客様とお取引させえて頂いておりました。そこからポートへ転職をして、キャリアアドバイザーとして、学生さんキャリアの形成のお手伝いをさせていただいおります。一緒に明るい就活にしていきましょう!

コラムの目次

  1. 学生時代に最も打ち込んだことは面接で頻出の質問
  2. 学生時代に最も打ち込んだことが見つからないときの対処法
  3. 面接官が学生時代に最も打ち込んだことを質問する意図
  4. 学生時代に最も打ち込んだことの伝え方
  5. 学生時代に最も打ち込んだことの例文
  6. 学生時代に最も打ち込んだことは題材選びが大切

学生時代に最も打ち込んだことは面接で頻出の質問

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から

「学生時代に打ち込んだことって、どうやって答えればいいんですか?」
「学生時代に最も打ち込んだことが浮かびません…。」

という声を多く聞きます。

学生時代に最も打ち込んだことは面接で質問されることが多く、何をアピールするかきちんと考えておかないと、スムーズに提示できず失敗することも多いです。

また、単に学生時代に最も打ち込んだことを提示するだけで、必ずしも評価されるとは限りません。高評価を獲得するには伝え方も重要です。回答に悩みやすい質問ですが、頻出だからこそ念入りな対策が必要になります。上手にアピールする方法を知り、学生時代に最も打ち込んだことで評価されましょう。

学生時代に最も打ち込んだことが見つからないときの対処法

就活生

学生時代に最も打ち込んだこと…全然ピンときません…

キャリア
アドバイザー

いきなり答えを出そうとしても難しいので、丁寧に過去を振り返ってみるのがおすすめですよ。

学生時代に最も打ち込んだことが見つからない人は多いのではないでしょうか。「学生時代に最も打ち込んだことなんてない」と思う就活生でも、これまでの経験を振り返ってみると意外と見つかるものです。そこでここでは、学生時代に最も打ち込んだことが見つからないときい心がけたいことをご紹介していきます。

充実していた時期を思い返す

学生時代に最も打ち込んだことがないという人は、充実していた時期を思い返してみましょう。短期間だったとしても、充実した時間を過ごせていたことには理由があるはずです。楽しい出来事があった、責任のある役割を任されたなど、充実していた理由は人それぞれ違うでしょう。

充実していたことがないという人は、忙しかった時期だとどうでしょうか。忙しい時期は大変な思いをしてがむしゃらに取り組んでいますが、振り返ってみると「充実していたな」と感じることも多いです。忙しかったとき、自分の力を存分に発揮していたのではないでしょうか。学生時代を振り返り、ヒントとなる出来事をピックアップしていきましょう。

評価を気にせず考えてみる

学生時代に最も打ち込んだことを考える際に、「華やかな実績がなければならない」「特別な経験でなければならない」と考える就活生は多いのではないでしょうか。このような内容でなければ評価されないと思い込んでしまうと、自分では頑張った経験でも物足りなく感じてしまうものです。

学生時代に最も打ち込んだことについて考えるときは、自分の経験がどのように評価されるのかを考え過ぎないようにしましょう。就活で企業から評価される内容であることを一番に考えると、「自分は評価に値するような経験をしていない」というネガティブな感情が生じやすいです。まずは、学生時代頑張ったことのピックアップを優先させましょう。その上で、アピールする内容を絞っていくことが大切です。

幅広い内容でアピールできることを知っておこう

実際に学生時代に最も打ち込んだことでどのような題材を選べるのか、理解しておくことが大切です。アピールできる内容はハードルが高いわけでも、「これしかダメ」というものでもありません。

アピールできる活動
  • 学業・研究
  • 部活動・サークル活動
  • アルバイト
  • ボランティアなどの課外活動
  • 趣味での活動

簡単に挙げただけでもこれらの内容でアピールが可能であり、他にも幅広い内容から選べます。大学時代を通して意欲的に取り組んでいたことを題材にするといいでしょう。それでも題材選びに困るなら、もっとも時間を割いた経験は何か考えましょう。時間を割く=しっかり取り組んでいると言えるため、それを学生時代に最も打ち込んだことの題材にしても違和感なくアピールできるでしょう。

今から打ち込めるものを見つけるのもアリ

学生時代に最も打ち込んだことがないという人は、今から行動して作るというのもひとつの方法です。新たにサークルやアルバイトを始めたり、インターンに参加したりして一生懸命打ち込みましょう。この時気をつけたいのが、1人でできることではなく、チームでできることにするという点です。

仕事は基本的にチームでやるものなので、チームで取り組んだ内容が好ましいです。チームの中に入ることによって、周囲との協力はもちろん、自分の役割を決めて行動するようになります。チームだからこその問題も生じるかもしれませんが、そこを乗り越えるのが醍醐味とも言えるでしょう。目標を自ら設定して困難なことを乗り越えることで、自信を持ってアピールできるようになります。

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

自分なりの取り組んだ視点や学びを大切にしよう

学生時代頑張ったこととして、サークルや部活、アルバイトの規模や実績の大きさは関係ありません。自分なりに頑張って取り組んだ視点や学びを伝えましょう。就活において大切なのは、企業の仕事にマッチした「考え方」や「経験」をもった人です。

つまり、仕事のモチベーションに繋がり、「その仕事をなぜやりたいのか?」が明確な人を企業は望んでいます。他の学生さんと比較しても目立つ存在になるには、ぜひ「どんな体験・考え方から、なぜその仕事を希望しているのか」が一目で分かる印象深いアピールを心がけましょう。

面接官が学生時代に最も打ち込んだことを質問する意図

面接官は、どうして学生時代に最も打ち込んだことを知ろうとするのでしょうか。相手の質問にきちんと答えるためには、なぜ聞かれているのか?を理解しておくことがおすすめです。そうすることで的外れな内容を防ぎ、要点をおさえた回答ができるようになります。

就活生の人柄を知りたい

企業側は採用において、社風にマッチして活躍してくれる人材を欲しがっています。社風にマッチするかどうかを知るためには、学歴や外見だけの情報だけでは不十分です。どのような性格なのかはもちろん、物事への向き合い方なども重要になります。「学生時代に最も打ち込んだこと」の内容や取り組み方は千差万別です。

例えば部活動に打ち込んだという内容でも、キャプテンとしてみんなを引っ張った人、ひたすら結果を求めて練習に励んだ人、縁の下の力持ちとしてサポートに力を入れた人など、色々な取り組み方があります。企業側は内容そのものよりも、取り組み方を通して人柄を知ろうとしているのです。

困難や課題をどう乗り越えるのかを知りたい

何かに打ち込むときは、うまくいくことばかりではないですよね。できないことや苦手なことがあったり、トラブルが起きたりすることもあると思います。このような「困難や課題をどのように乗り越えたのか」を知りたいというのも、学生時代に最も打ち込んだことを質問する理由です。

困難や課題が生じるのは仕事でも同じで、その度に乗り越える必要があります。そのため、面接官は学生時代に最も打ち込んだことを通して仕事での再現性を確かめているのです。困難なことがあったときに途中で投げ出したという内容だった場合「仕事でも同じように途中で放棄するのでは…」と考えるのです。嘘をつく必要はありませんが、きちんと自分の行動を振り返ることが大切です。

学生時代に最も打ち込んだことの伝え方

アピールする題材を選んだなら、今度はそれをどのように伝えるのかを考えなければなりません。題材を決めても、それだけで確実に評価されるとは限りません。ただ経験を述べるだけでは、評価の対象にすらならない可能性もあるため注意が必要です。評価を受けるには、アピールの方法を工夫することが大切です。上手な伝え方のポイントを把握して、学生時代に最も打ち込んだことを魅力的にアピールしましょう。

①結論から伝える

アピールの冒頭では、何を頑張ったのかを提示することが大切です。最初に結論を提示しなければ何を伝えたいのかが分かりづらく、結局最後まで何も伝わらないということも少なくありません。結論ファーストはアピールの基本であり、絶対条件とも言えるため、この前提は覆さないことが大切です。

冒頭で学生時代何に取り組んだのかを伝え、必要なら簡単に補足説明をしましょう。特に取り組みの内容が専門的な分野で一般の人にあまり知られていない場合は、噛み砕いた説明が必要です。取り組み内容を伝えるだけで終わらないよう注意が必要ですが、何をやったかあまりに分からないと評価のしようがないため、概要は簡単に伝えておきましょう。

②取り組みの背景を伝える

学生時代に最も打ち込んだことは、なぜそれに取り組んだのか、背景も伝えることが大切です。同じ取り組みでも、ただやった、何となくやったというのは高評価にはならず、場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。取り組みの背景から企業が見ているのは、物事への取り組みのモチベーションの出どころや、目的意識の有無です。つまり就活生の価値観を見ています。

例えば「アルバイト先の飲食店の売上を前月の20%増加させた」就活生がいたとします。この就活生の取り組んだ理由が、下のどの場合でも全く異なった人物像を思い浮かべますよね。

取り組みの背景
  • 店長に喜んでもらいたいために取り組んだ
  • 周辺地域で売上No.1になりたかったから取り組んだ
  • バイトリーダーになって店長からお願いされたから取り組んだ
  • 経営に興味があって実績が欲しくて取り組んだ

なぜ頑張ったのか、どうしてそれを続けようと思ったのかは明確にしておかなければなりません。納得できる理由を提示できていないと、惰性で続けたと思われます。取り組みの背景、根拠も伝えて、どのような意図を持ってそれに臨んだのか、価値観や人間性の部分までアピールしましょう。

③仕事に活かせることを伝える

どのような経験でも、しっかり取り組んだからには何らかの成長があるはずと企業は考えます。そのため、経験から成長できたことを述べ、かつそれが企業の仕事に活かせると提示することが大切です。経験から成長がなかったり、得たものが仕事に活かせなかったりすると、高評価の獲得が難しくなるため注意しましょう。

学生時代に最も打ち込んだことについて質問するのは、単に就活生の思い出を聞きたいのではありません。そこから価値観や人間性、能力といった仕事に関係するものをチェックし、自社に合う人材かどうかを確認したいと面接官は考えているのです。経験から得た能力、個性は仕事で活かせてこそ評価されるため、得た学びやスキルを企業でどのように活用するのかまで伝えましょう。

学生時代に最も打ち込んだことの例文

学生時代に最も打ち込んだことをアピールするなら、学業、部活動、アルバイト、趣味が題材にしやすいです。それぞれ例文をチェックしておくと、自分の場合は何を題材にするかイメージを膨らませやすいでしょう。例文の内容や構成もチェックして、細部まで理解を深めておくことが大切です。題材ごとのポイントを把握して、アピールの作成に役立てましょう。

例文①学業

例文

学生時代はゼミでの研究に精を出し、集団心理について学びました。個人と集団ではどのような心理の違いが生まれるのかを調べ、主に行動心理やマーケティングに関する研究をしました。
集団心理を調べるにあたり、学生100人を対象に実験を行ったのですが、人集めから実験の説明まで、全て1人で取り仕切るのに苦労しました。確実に人数を集めるために2回生のうちから声をかけ、相手に疑問点が生じたら納得してもらえるまで説明することで無事に研究を終えられました。
研究から何かを成し遂げる時には、事前準備が大切だと学びました。御社でも徹底した準備で仕事を進め、難しいことも確実に達成し、活躍したいと考えています。

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

「行ったこと」ではなく「頑張ったこと」が伝えられていて◎

非常に分かりやすくまとまっていていいと思います!実際にどんなことをゼミで学んでいたのか?どんなことを具体的に頑張ったのか?が簡潔に書かれていて伝わりやすいです。特に評価する点は「行ったこと」ではなく「頑張ったこと」が伝えられている点です。

学生の中には、ゼミ活動の活動報告になってしまっていたり、アルバイトの業務内容だけになってしまっている方が多いです。しかし、面接官が知りたいのは「頑張ったこと」なので、何をどのように頑張って、その成果として何を得たかの?が非常に大切です。上記の例文はそれらが上手く盛り込まれていて、かつ簡潔にまとまっているのでいいですね。

例文②部活動

例文

大学時代は部活動に打ち込み、サッカー部でサイドバックのポジションを勝ち取りました。入学時点でサイドバック希望者が10人以上いたため、突出した力がないと勝ち抜けないと思いました。私は体力に自信があったため、試合を通して走り続けられるスタミナを付けるべく、毎日練習前後の10kmのランニングを自分に課しました。
この結果誰にも負けない体力を身につけ、レギュラーを勝ち取ることが出来ました。御社でも粘り強く仕事に取り組み、自分には何が出来るか、どの分野なら勝てるかを考えて努力し、活躍出来る人材に成長したいと考えています。

部活動のアピールでは、サッカー部での経験が挙げられています。何を目標に据え、どのように努力したかが明確にアピールできており、好印象でしょう。特に10kmのランニングのように定量的なアピールをすることで、より伝わりやすくなっています。また、仕事でどのように活躍するかも明確に提示できており、経験から身につけたこととリンクして伝えられているのも、評価されるポイントでしょう。

例文③アルバイト

例文

学生時代はアルバイトに精を出しました。大学1回生から始めたカフェでのアルバイトは今でも続けており、長く続けたことドリンクメニューはレシピを見ずとも完璧に作れるようになりました。
アルバイト先では50種類以上のメニューがあり、最初はなかなか覚えられませんでした。少しでも早く覚えようとレシピをメモしておき、さらにオーダーが入った時には積極的に作らせてもらうことで、お客様を長時間待たせることなくドリンクを提供できるようになりました。
御社でも工夫しながら仕事に取り組み、出来ないことにも積極的にチャレンジして体験的に身につけて成長し、活躍したいと思います。

キャリアアドバイザーコメント

村井 俊介

例を取り上げて具体的な提供が難しいことをイメージさせよう

50種類という数字を入れていて、種類の多さから難しさが伝わりますし、それに対して乗り越えようとしているところもアピールできていいですね。最後に経験から志望動機につなげられているのもいいです!

改善点としては、初めの文章が長いので1度切ったほうがいいですね。長いと、面接官が聞いていて、内容が頭に入ってこない恐れがあります。簡潔にしましょう。

わからないことを学ぶ姿勢で早く戦力になるところもいいですが、積極的に作るところの具体性があったほういいですね。例えば商品の一例を取り上げて、具体的な提供が難しいことを面接官にイメージせるのがいいと思いますよ。相手にイメージさせる力があるという印象も与えられます。

例文④趣味

例文

大学時代は、趣味のボルダリングに精を出しました。初めは友人に連れられ興味本位で始めましたが、登り切った時の快感が忘れられず、一人でもやるようになりました。難しいレベルになると、筋力だけではなく技術も必要で、登る前にルートをしっかり考えなければなりません。
ルート決めに時間を取り、登る手順をしっかり考えてからチャレンジすることで、難しいレベルも攻略していきました。御社でも仕事をする前にまず何をすべきか、優先順位をしっかり考えたいと思います。考えながら仕事をすることで、難しいこともひとつひとつクリアして、活躍を目指したいと思います。

趣味のアピールでは、ボルダリングを題材にしています。趣味の活動ですが、どのように取り組み問題を乗り越えたかが提示できており、好印象が与えられているでしょう。また、趣味から身につけた能力を、いかに仕事で活かすかにも明確に言及できています。仕事での再現性、働き方への活かし方まで具体的に述べられている点が、評価されるポイントでしょう。

NG例文①

NG例文

私が学生時代に最も打ち込んだことはアルバイトです。居酒屋でのアルバイトを必死に頑張りました。必死に頑張った結果後輩からも慕われ、充実したアルバイト生活を送ることができました。

この例文ではアルバイトを題材にしていますが「どのように、何を必死に頑張ったのか」が抜けているため、表面的なことしかわかりません。中身がなさすぎる内容だと「そもそも志望意欲が低いのでは」と思われるため注意しましょう。

NG例文②

NG例文

私が学生時代に最も打ち込んだことはゲームです。とても熱中していたため、時間を忘れて徹夜することもありました。テレビゲームが中心ですが、スマホゲームなどもやります。次々に新しいゲームが開発されるので、今後も楽しみです。

この例文ではゲームを取り上げています。ゲームがNGとは言い切れず、ゲーム業界はもちろんIT業界などでも好意的に受け取られることもあります。ただし、気をつけたいのが「時間を忘れて徹夜していた」という内容です。不健康な印象を与えるだけでなく「遅刻や欠勤の理由にもなりかねない」と懸念されてしまう可能性が高いでしょう。

NG例文③

NG例文

私が学生時代に最も打ち込んだことは、読書です。毎月1冊は読むようにしていました。ジャンルは小説、ビジネス書など多岐に渡ります。読書によって、さまざまな知識を得ることができました。社会人になっても継続しようと思います。

この例文では毎月1冊読書したことを取り上げていますが、「最も打ち込んだこと」にしては内容が薄いです。また、もしも面接官の中に普段から読書をする人がいた場合「毎月1冊は少ないのでは」と思われてしまう可能性があります。読書をするようになったきっかけや、自分自身の変化、実生活へのアウトプットなど、人柄がわかるような内容を盛り込むことがおすすめです。

NG例文④

NG例文

私が学生時代に最も打ち込んだことは、スイーツの食べ放題です。無類の甘い物好きで、いくらでも食べられます。毎週食べ放題の店に通い、店員と仲良くなるほどになりました。社会人になったら海外へスイーツ旅に行くのが夢なので、仕事を一生懸命頑張りたいと思います。

この例文は、スイーツの食べ放題に打ち込んだという内容です。スイーツの食べ放題は娯楽的な要素が強いので、努力のアピールは当然できません。学生時代に最も打ち込んだことは、仕事をしている姿を面接官にイメージさせることが大切と言えるため、努力したことや自分が成長したと思える経験を取り上げるのがおすすめです。

学生時代に最も打ち込んだことは題材選びが大切

学生時代に最も打ち込んだことは就活において頻出の質問で、業界や企業に関係なく問われます。何を提示するかは非常に重要で、自分を最も印象的に打ち出せる題材を選ばなければなりません。アピールでは何をし、そこから何を得たか、それが仕事にどのように繋がるかを提示します。

つまり、題材選びの時点で間違えてしまうと、そもそも仕事での再現性に繋がらない可能性もあるため注意が必要です。アピールできることがないと悩む人も多いでしょうが、題材選びのハードルはそれほど高くありません。幅広い内容でアピールができ、些細なことでも評価はされます。題材選びは入念におこない、それをいかに魅力的に伝えるか考え、学生時代に最も打ち込んだことを上手にアピールしましょう。

関連コラム