無い内定になったらどうする? 理由やネクストアクションを徹底解説

この記事のアドバイザー

遠藤 美桜

大学時代は中途の人材紹介会社でのキャリアアドバイザーをインターンで経験し「ファーストキャリアを後悔なく学生に歩んでほしい」という想いから、大学卒業後、ポート株式会社に新卒で入社。誰だってこれからのことに悩むと思います。一緒に頑張る方向を模索していきましょう。

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

持田 伊織

大学時代、「目の前のお客様に励ましを送る」ことを指針としていたゴスペル部で日々活動をしていました。卒業後も目の前の人の潜在的な可能性を広げていきたいとの思いからポート株式会社に新卒として入社。就職活動は、ご自身にとって明るい将来を描くための第一歩です!一緒に考えて納得するファーストキャリアを見つけていきましょう!

伴 美寿々

大学卒業後、宝飾店にてジュエリーアドバイザーを経験。最年少で副店長になり、店舗のマネジメントと人材育成を経験。業界トップの塾の社長・役員秘書を経てポートへ入社。「わからない」を自分ひとりで抱えこまず、一緒に新しい世界へ飛び込む準備をしていきましょう。

コラムの目次

  1. 内定がなくても次の行動に移ろう
  2. 7月には無い内定は少数派に
  3. 無い内定になる4つの「ない」
  4. 落ち込まなくてもいい3つの理由
  5. 無い内定の就活生のネクストアクション
  6. 落ち込みすぎずに次の行動を起こそう

内定がなくても次の行動に移ろう

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。

「周囲が次々と内定を獲得しているのに、自分だけ内定がない……」
「無い内定だけど、どうすればいいのか分からない」

という就活生も多いのではないでしょうか。内定がなくても、自分の就活を見直せば逆転のチャンスがありますし、就活以外の選択肢もあります。内定をもらっていないからといって落ち込みすぎずに、新たな行動や考え方を変えることで、新たな道が開けるかもしれません。この記事では、内定がなかなか獲得できない原因や、ネクストアクションを紹介します。内定をもらっていない就活生はぜひ参考にしてください。

7月には無い内定は少数派に

アップロードした画像

港くん

頑張って就活してきたけど、いまだに無い内定です。

アップロードした画像

キャリアアドバイザー

精神的にきついかもしれませんが、落ち込みすぎないように。

アップロードした画像

港くん

でも、どうすればこの状況から脱せられるのかわかりません。

アップロードした画像

キャリアアドバイザー

あきらめずに就活を続けるか、就活以外でも選択肢は多くあります。まずは自分の状況を冷静に見つめることからはじめましょう。

内定をもらっていないといっても、時期によって捉え方やとるべき行動は大きく変わってきます。乗り遅れていると感じていても挽回が可能な時期もありますし、他の選択肢を視野に入れることも必要になってきます。

参考に2020年卒の就職内定率を見てみましょう。リクルートの就職みらい研究所の就職プロセス調査によると、4月1日の就職内定率は21.5%と少数派ですが、5月1日には51.4%と約半数の人が内定を獲得しています。

その後、6月1日には70.3%、7月1日には85.1%、8月1日には91.2%と大半が内定を獲得しています。ぎりぎりで内定をもらえる可能性もゼロではありませんが、6月以降は無い内定の人が少数派になり始めることが分かります。

20卒の就職内定率

2020年の就職内定率

資料:就職みらい研究所の就職プロセス調査    

いつでもどこでもWEB面談実施中 お時間は学生様に合わせて調整します 積極採用企業をご紹介

無い内定になる4つの「ない」

無い内定になる4つの「ない」

内定をもらっていない就活生は、運の要素もありますが、就活がうまくできていないことも理由のひとつになります。就活のそれぞれの段階に分けて就活にありがちな4つの「できていない」を紹介します。

①自己分析ができていない

就活の最初の入口ともいえる自己分析がうまくできなければ、その後の就活に大きく響いてくる可能性があります。自己分析の目的は、自分の価値観や強み・弱みを整理することです。しっかり整理することで、エントリーシート(ES)や面接で自分のことを企業側にうまく伝えることができます。自分でもなんとなくでしか理解していないアピールポイントを、企業にうまく伝えるのは難しいですよね。

また、自分の価値観を認識することで、自分のやりたい仕事や、企業選びの軸も見えてきます。自分のやりたい仕事を把握していないと、モチベーションも上がりませんし、企業に熱意も伝えにくくなります。企業選びの軸が定まっていないと、企業側に「志望した理由がよくわからない」と判断される可能性があります。

この記事では自己分析の質を上げる方法を解説していますので、自己分析のやり方が正しかったか今一度検証することがおすすめします。

関連記事

自己分析の質を上げる4つの方法|オススメの本・サイトも紹介

https://careerpark-agent.jp/column/633

自己分析の質を上げる4つの方法|オススメの本・サイトも紹介

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

なぜ続けてこれたのか? 頑張れたのか? を振り返ってみよう

自己分析の第一歩は自分の行動、思考に疑問を持つことです。すべての行動や思考には必ず理由が存在します。例えば、あなたが野球を中学生から大学まで約10年間やっていたとします。それはなぜ続けられたのでしょうか? 勝ち負けがはっきりしていることが好きだったから? 厳しい環境で成長できることが好きだったから? 同じ志を持つ仲間と何かを成し遂げるのが好きだったから? 自分が続けてきたことひとつを例に挙げても、自分自身がどんな思いを持って続けていたのかがわかりますよね。このようにバイトやサークル、習い事など様々なことを「なぜ」続けてこれたのか? 頑張れたのか? を振り返ってみましょう! 自己分析はそういった疑問を投げかけ、細かく分析していくことから始まります。

②企業選びができていない

企業研究では、採用サイトに掲載されている情報に加えて、業界内の立ち位置・競合他社との違いなどさまざまな視点から調べることができます。説明会に積極的に参加したり、OB・OG訪問をして情報を獲得している就活生とは差がついてしまいます

また、エントリー数が多すぎる・少なすぎるのも就活がうまくいかなくなる原因になりえます。多すぎると一社ごとの対策ができなかったりスケジュール管理ができないなどのデメリットがありますし、少なすぎると選択肢が狭まってしまうなどのデメリットがあります。

キャリアアドバイザーコメント

伴 美寿々

実際に働く内容まで把握しておこう

企業研究でありがちな失敗は、「サービスの理解しかしていない」ことです。営業としてどういうクライアントにどう提案していく企業なのかや、営業以外にどういう仕事内容があるのか等の「実際に働く内容」を理解していないケースが多々見受けられます。

企業のホームページで読み取れない部分は、説明会の質問時間にしっかりと聞いて具体的な仕事内容を理解する必要があるでしょう。仕事内容を理解したうえで、自己分析と照らし合わせ「自分に合っている職種なのか・企業なのか」を見極めていきましょう。おのずと「肩書だけで選ぶ就活」から卒業できると思います。

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

業界・企業研究をするにはOB訪問がおすすめ

業界・企業の研究は自分だけで考えていても深まらないもの。ぜひOB訪問など社会人の意見を参考にしましょう。信頼できるゼミ・サークル、アルバイトの先輩や、最近ではアプリなどでもOB訪問は可能です。その業界に身をおいて働いている社会人だからこそ、仕事の難しさやビジネスモデル、会社の強みなどに関しても精通しています。

事前に会う際はその業界や会社に関して、基本的な情報は下調べすることも忘れずに。OB訪問時、より具体的な質問が出来ると話しが深まると思います。社会人の立場としても忙しい間をぬって善意で相談にのっているからこそ、OBへの配慮も大切です。

こちらの記事では、就活での平均エントリー数について解説しています。文理別のエントリー数やES通過数に関するデータも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

就活における平均エントリー数は? 文理・業界別ES通過率で解説

エントリー数は就活の方針によって異なる こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「就活エントリーは何社くらいが適切でしょうか」 「何月ごろにエントリーすればいいでしょうか」 といった就活生の声を聞きます。平均のエン […]

https://careerpark-agent.jp/column/3458

就活における平均エントリー数は? 文理・業界別ES通過率で解説

③応募書類がしっかりしていない

エントリーシート(ES)は選考における接点であり、最終選考まで企業に活用される非常に重要なものです。誤字脱字や雑な書き方などの初歩的な部分もそうですが、企業ごとの特性に沿って書類を書かずに、どの企業にも同じ内容を提出していませんか。同じ業界でも業界内の立ち位置、社風によって書く内容が変わってくるのは当然ですよね。

キャリアアドバイザーコメント

持田 伊織

応募書類の見直しを忘れずに

「誤字脱字」や「字が雑」という点は特に見逃してしまいがちです。しかし、もし入社後にお客様にお渡しする大事な書類が雑であれば、企業間の信頼問題に関わってきます。よくあるケースは、ESを書けたことに満足してしまい、見直しを忘れてしまうことです。書けたと思っていても、誤字がある場合も多いので、再度チェックを慎重におこないましょう。

④面接がうまくできていない

企業側が新卒の選考にあたって重視する点は、コミュニケーション能力が16年連続で1位(経団連・2018年度新卒採用に関するアンケート調査)となっています。コミュニケーション能力を測る最大の機会である面接がうまくできなければ、内定は難しいといえます。

多くの面接の場数をふむだけではなく、想定質問を整理するなど事前対策の余地も多くあります。以下の記事では面接対策を整理していますので、参考にしてください。

関連記事

無い内定になったらどうする? 理由やネクストアクションを徹底解説

内定がなくても次の行動に移ろう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「周囲が次々と内定を獲得しているのに、自分だけ内定がない……」 「無い内定だけど、どうすればいいのか分からない」 という就活生も多いのではない […]

https://careerpark-agent.jp/column/682

無い内定になったらどうする? 理由やネクストアクションを徹底解説

落ち込まなくてもいい3つの理由

無い内定でも落ち込まなくてもいい3つの理由

「周囲が次々と内定を獲得……。内定をもらえないまま卒業を迎えてしまうのではないか」そんなことを心配する就活生もいるかもしれません。まず、「自分の人間性まで否定されている」と思う必要はないと理解してください。就活の対策がうまくできなかったということも多くあります。

内定0の状態から志望企業に内定を得た人もいますし、たとえ卒業してしまっても選択肢はあります。ここでは、内定がないからとって落ち込む必要がない理由をお伝えします。

①卒業後3年以内だと新卒扱いになる

卒業後3年以内でも、新卒扱いで応募を受け付けてくれる企業が多くあります。文部科学省の学校基本調査では、就職浪人などが該当する「就職も進学もしていない者」は7.0%です。

それほど多くはないものの、「どうしても入りたい企業がある」といった人は、就職浪人も選択肢に入れてもいいでしょう。時間をかけて自分の進路を見つめなおしたり、就活の準備をすることもひとつの方法です。

②秋でも挽回は可能

さきほどの調査(就職プロセス調査)では、5月以降、内定をもらっていない就活生はどんどん少数派になると紹介しましたが、諦めずに続ければ可能性はあります。たとえば、7月1日の内定率は85.1%ですが、12月1日には95.4%と10%上昇しています。つまり、7~11月の4カ月間で、内定をもらっている人も含めた就活生10人のうち1人は獲得している計算になります

③転職でもキャリアチェンジできる

内定をもらっていないの就活生の中には、どうしてもやりたい職種があって企業を絞り込んでいる場合もあるのではないでしょうか。就職浪人という選択肢もありますが、ほかの業種に就職したからといってやりたいことの道が閉ざされるわけではありません。

企業によっても異なりますが、一般的に30歳前後まではキャリアチェンジが可能といわれています。たとえ業種が違ってもビジネススキルは共通の部分も多いので、前職の経験やスキルをアピールしつつ、熱意をアピールすれば、キャリアチェンジも十分可能です。

キャリアアドバイザーコメント

遠藤 美桜

将来的な可能性も加味して就活を進めよう

③転職でもキャリアチェンジできるという点はキャリアアドバイザーの私からとしてもお伝えしたい内容になります。やはり新卒から入るのが難しい大手企業でしたり、特殊な職種(マーケティング、企画、人事等)は実は新卒で入るよりも中途で転職を経て入るほうが難易度が低かったりします。

例えば、大手の広告代理店に行きたい! という思いのある学生さんであれば、知名度の低い広告代理店であったり、広告代理店の営業のような「提案営業」ができる仕事(人材業界、コンサルティング業界等)に就いて経験を積むことで、将来的に大手への転職が可能になるケースは実際に多いです。

もちろん、新卒の就職活動は人生で一度きりだと思います。ただ、私達の人生はとても長いですし、一度入った会社からやり直せないことなどはないと考えています。そのため、ぜひご自分のファーストキャリアに関しては将来的な可能性をもって就職活動を行ったほうがいいと思います。

無い内定の就活生のネクストアクション

無い内定の就活生のネクストアクション

内定をもらっていない就活生は、選択肢を知ることで適切なネクストアクションにつなげられるかもしれません。自分の状況や意向を踏まえつつ、一歩踏み出してみましょう。

①就活を見直し継続する

諦めずに就活を続ければ、年内中ならば内定獲得の可能性は低くありません。自己分析や書類選考・面接対策のほか、自分の志望職種やエントリー数なども含めて内定がない原因をしっかり見直し修正することが大切になります

原因がわからないまま闇雲に就活を続けても、内定を獲得することはできません。今までの選考を振り返って、身だしなみは大丈夫だったか、質問に対する回答は準備できていたのか、など小さなところから見直しましょう。

キャリアアドバイザーコメント

遠藤 美桜

課題をコツコツと解消していこう

過度に緊張してしまい、面接がうまくいかないと悩んでいる人がいました。その対策として、まずは知らない人と話すことに慣れることから開始しました。面接と関係のない趣味の話などからはじめ、そこから徐々に面接で聞かれる内容を模擬面接に盛り込んで話をするようにしました。

そうやって段階を踏んでいくことで、本番でも緊張することが少なくなり、最終的には志望する企業から内定を獲得することができました。もちろん、自分自身どうなりたいのか、なにがやりたいのかなどを考えることもとても大事なことだとは思いますが、最後にその学生さんが内定を掴んだ理由は「絶対にこの会社に入りたい!」と強く決意し、努力をしたことだと思います。

受験勉強とは違い、こうすれば受かるという正解がないのが就活ですが、やはり一番大事なのは「自分がこの会社で頑張りたい」という熱意を企業にうまくアピールするために努力することだと思います。まずは目の前のことからコツコツ頑張りましょう。

②落ちた企業に再チャレンジ

就活を見直して継続するという選択肢のひとつになりますが、10月以降の秋採用などの機会で一度落ちた企業に再チェレンジすることも可能です。落ちた原因を自分なりに分析して、修正したうえで受けなおしましょう。

ただし、最終選考で落ちた場合は、面接をした役員が「フィーリングが合わない」などと判断した可能性もあり、その場合は書類選考で落ちてしまうということもあるようです。

以下の記事では一次・二次・最終選考別に不合格だった理由を解説しています。

関連記事

面接に落ちる理由を一次・二次・最終別に解説!やるべき対策もご紹介

面接に落ちるのには必ず原因がある こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「面接に全然受かりません」 「なんで落ちるのか分かりません…」 という声を多く聞きます。面接に通過するためには、面接に落ちる理由を […]

https://careerpark-agent.jp/column/483

面接に落ちる理由を一次・二次・最終別に解説!やるべき対策もご紹介

③就職エージェントに相談

就活を続けて就職エージェントを頼ることは非常に有効な手段です。内定が0の原因をプロの目で客観的に分析してくれ、適切な対処法を教えてくれます。キャリアパーク!就職エージェントでは、就活対策に加えて、自分にあった優良企業を紹介します。

④就職浪人や留年する

就職浪人や留年も選択肢となります。就職浪人は3年以内ならば新卒扱いになる場合が多いので、「どうしても入りたい企業、やりたい職業がある」という人にとって有効な手段といえます。一度就活から離れて自分の就活を振り返ったり、ゆっくり休憩することもできるので、有利に進めることもできます。

⑤大学院に進学

就活から離れて、大学院に進むことも選択肢のひとつになるでしょう。専門的な知識を深めることができますし、仮に就活を再開するとなっても、高い専門性が認められれば選択肢も広がります。研究領域によりますが、特に理系は企業で専門性の高い職種において評価されやすいといえます。大学の教員に進むことも選択肢になりえます。

⑥留学・ワーキングホリデーに行く

留学・ワーキングホリデーで海外経験を積みながら語学力を身につけるのも、企業にとって評価ポイントになりえます。ただし、海外に行った経験だけでは差別ポイントになりません。「培った語学力をどのように活かしたいのか」「海外経験で何を考え得たのか」といった踏み込んだPRが必要になってくるでしょう。

⑦フリーランス

それほど多くはありませんが、フリーランスになるという選択肢もあります。写真撮影、ライター、デザイナー、プログラマーなどの仕事ごとに契約するというものです。昨今、インターネット環境の向上やクラウドサービスの浸透により裾野が広がっています。ただし、スキルだけでなく、営業活動やマネジメント、発注企業との交渉などをおこなう必要もあり、ハードな側面があるのも事実です。

キャリアアドバイザーコメント

持田 伊織

各企業が求める能力を把握しよう

お祈りメールばかりが届くと、全てを否定されたように感じて落ち込むこともあるかもしれません。しかし、企業は学生さんの人間性を否定しているのではなくあくまでも価値観や考え方、持っている強みを見ています。そのため、面接に来てくれた学生さんが、他社ではもっと幸せになれると判断した場合はあえて不合格にすることも多くあります。再度企業研究をして、自分の強みはどんな場所で求められているのかを考えてみましょう。

実際に入社できる会社は1社のみです。早く就活を終えたとしても、入社のスタートはみんな同じ。本当に自分に合う企業からの内定を目指し、納得した就活をしましょう!

落ち込みすぎずに次の行動を起こそう

内定をもらっていないことで落ち込んでいる就活生もいるかもしれませんが、内定をもらった人よりも能力や人間性が劣っているわけではないことを理解してください。いま置かれている状況を分析し、さまざまな選択肢の中から適切なものを選び、行動に移しましょう。

記事の監修責任者

北原 瑞起 (きたはら みずき)

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。詳細

キャリアパーク就職エージェントはES・自己分析・面接対策などエージェントがあなたの就活を完全サポート。WEB面談も受付中!いつでもどこからでも相談できます。

積極採用企業をご紹介

関連コラム