就活やめたい…負のループから抜け出す対処法4つと就活以外の選択肢

この記事のアドバイザー

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

コラムの目次

  1. 就活をやめたいと思った自分を責めるのはNG
  2. 就活をやめたいと思う理由3つ
  3. 就活をやめたい時の対処法4つ
  4. 就活をやめるとどうなる?
  5. 就活をやめたい時は適度に休憩して負のループから抜け出そう

就活をやめたいと思った自分を責めるのはNG

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。これまでに

「就活辛いです。もうやりたくないです」
「就活もうやめたいです。助けてください」

と言って駆け込んできた就活生はたくさんいます。スーツを着たことがなく、ビジネスマナーを知らなくても、就活がスタートすると同時に社会人としての振る舞いを求められます。これまでの生活から就活への急な切り替えについていけなくなる就活生も多いです。「就活が上手くいかなくてやめたいと思う自分はダメだ」などと自分を責めないでください。

就活は自分の理想を実現させるための手段です。入社して働きたい企業に就活という手段を使って入社できたら、理想に一歩近づきます。新卒という一生に一度のカードを有効に使えるのは就活だけとも言えるでしょう。ですので、難しいかもしれませんが、前向きに乗り越えて欲しいです。この記事では、就活をやめたいと思う理由やその対処法について詳しくご紹介していきます。

就活をやめたいと思う理由3つ

就活をやめたいと思う理由3つ

辛い状況に耐えられず、就活をやめたいと思う就活生が多いと思います。辛い状況が続くと気持ちが沈んでしまい全てを投げ出したくなりますが、まずは現状と向き合うことが大切です。

落ち込んでいても前には進めないので、今の自分の状況を冷静に見極めて「なぜやめたいと思っているのか」を明らかにしましょう。そうすることで、自分が今何をするべきかが見えてきます。まずは、なぜ就活をやめたいのか。その理由を整理しましょう。

①面接で落ち続ける

就活では面接を受けなければなりませんが、不合格が続いて就活をやめたいと思う人は多いです。そもそも面接は誰しも落ちる可能性があり、百発百中で受かるものではありません。徹底的な事前準備によって合格率を高められるものの、100%に近づけられるというだけで、運やタイミングの要素もあります。

しかし、不合格になる確率は当然就活生によって違い、10回中1回しか落ちない人や、10回中9回落ちてしまう人もいます。何度も面接に落ちると、社会から必要とされていないように感じる就活生は多いです。しかし、面接で落ちる=自分を否定されたと思うかもしれませんが、企業との相性がよくなかっただけに過ぎません。「自分はダメだ」「何もできない」と思うのはやめましょう。

こちらの記事では、面接に落ちる理由を一次、二次、最終別に解説しています。各選考の対策も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

面接に落ちる理由を一次・二次・最終別に解説!やるべき対策もご紹介

面接に落ちるのには必ず原因がある こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「面接に全然受かりません」 「なんで落ちるのか分かりません…」 という声を多く聞きます。面接に通過するためには、面接に落ちる理由を […]

https://careerpark-agent.jp/column/483

面接に落ちる理由を一次・二次・最終別に解説!やるべき対策もご紹介

②周りでどんどん内定が出る

就活中は大学の友人やゼミの仲間の選考状況を聞いたり、SNSで情報を見たりすることが多いと思います。就活がうまくかない中、周りの友人が次々と内定をもらっている姿を見ると、自分だけ取り残されているように感じる就活生は多いです。焦りや嫉妬を覚えることもあるでしょう。

自分だけ内定が出ていない=周囲の人よりも劣っていると思い、自己嫌悪に陥ることも少なくありません。就活仲間と情報を共有することでプラスになることもありますが、他人と比較してしまうとネガティブな感情を抱えやすくなります。周囲の声や情報に振り回されていると感じたら、少し距離を取ることも大切です。

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

周りにのまれてモチベーションを失わないようにしよう

就活は自身のキャリアについて未来を描く期間として、自分自身と向き合うものです。周りと比較し、焦る気持ちは必然的に起きやすいですよね、分かります。ですが、目指している業界、職種、採用人数により選考のスピードは変わりますし、内定を獲得するまでにかかる期間も変わりますよね。周りにのまれてご自身のモチベーションが失せることはもったいないです。周囲を気にしすぎず、自分の課題と向き合って前向きに就活を進めましょう。

③やることが多すぎて大変

就活はやるべきことが非常に多く、活動自体が大変です。そのため、過密なスケジュールに疲れてしまってやめたいと思う就活生もいます。元々スケジュール管理が得意ではなかったり、無理をしがちな就活生は、慣れないことだらけの活動に疲れてしまうのです。就活はナビサイトのオープン前からやるべきことがあり、選考が始まるとさらに活動がハードになります。基本的な活動だけでも、以下のようなものがあります。

就活でやること
  • インターンシップへの参加
  • 自己分析
  • 業界・企業研究
  • ナビサイトへの登録
  • 説明会への参加
  • OB訪問
  • 適性検査の対策
  • 応募書類の作成
  • 面接の対策
  • 実際に面接を受ける

就活はまさに※マルチタスクなので、苦手な就活生も多いです。

※複数の作業を短期間に並行して切り替えながら実行すること

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

あらかじめToDoと締め切りを決めておこう

就活中は会社説明会やES作成、自己分析、面接対策など、やらなければいけないことに追われてスケジュール管理も難しくなりがちです。また、そんな時に限って交通費や外食が増えることにより金欠になりやすく、アルバイトとの両立が難しいです。スケジュール管理のコツで私が大切だと思うのは、あらかじめ日々のToDoとその締め切りを決めることです。

就活中は突発的なスケジュール変更も発生しやすいので、前もってやっておいた方がいいことは計画的に実行できる態勢を作れるといいでしょう。計画通り頑張れた日は自分自身に小さなご褒美を与えるなど、ゲーム感覚でささやかな成功体験を積み重ねることもモチベーションを維持向上させるのに効果的です。

就活のスケジュール管理が大変な人には、就活ノートの作成がおすすめです。就活関係の情報を1箇所にまとめて、効率よく就活を進めましょう。

関連記事

就活ノートの作り方|就活を効率的に進める活用術を伝授!

https://careerpark-agent.jp/column/338

就活ノートの作り方|就活を効率的に進める活用術を伝授!

就活をやめたい時の対処法4つ

就活をやめたい時の対処法4つ

就活をやめたいと思っても、簡単にはやめられないですよね。私としても、なんとか皆さんに乗り越えて欲しいと思っています。就活をやめたいと思っている時は心身ともに疲れていると言えるので、頑張ることをいったん休憩してみることがおすすめです。

①好きなことだけをする時間を作る

就活をやめたいくらい辛い状況が続いたら、就活のことを考えない日を作ってリフレッシュするのがおすすめです。1日はさすがに難しいという場合は、数時間でもいいので就活のことを忘れて没頭しましょう。就活の情報が目に入る可能性があるので、スマホのチェックも控えるのがおすすめです。

無理をし過ぎると疲れがでてきて、面接で生き生きとした姿を見せられなくなります。内定がない焦りから予定を詰め込みたくなるかもしれませんが、適度に休憩を入れることがパフォーマンス向上に繋がるのです。自分の体と心の声を無視せず、疲れたら休憩するサイクルを上手に回しましょう。

おすすめの息抜き
  • 映画を観る
  • 読書をする
  • 買い物に行く
  • 散歩をする
  • 美味しいものを食べる、飲みに行く
  • ストレッチや筋トレをする
  • カラオケに行く

②エージェントを利用する

就活をやめたい時は、ぜひエージェントを頼ってください。キャリアパーク!就職エージェントでは、企業の紹介から面接対策までを二人三脚でサポートします。なかなか内定をもらえない、どの企業を受ければいいか分からない、スケジュール管理が面倒…という悩みもエージェントが解決します。

面談で就活生の希望や適性を見極め、最適な企業をご紹介。エントリーや面接の日程調整もエージェントが担当するので心配いりません。サービスはすべて無料なので、ぜひ気軽に問い合わせてみてくださいね。

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

自己分析不足や自信がないだけで必ず何か意思や適性を持っている

エージェントは就活生に合う企業を紹介していきますが、その際にどのような軸で就活をしているか?その軸に決めたのはなぜか?など色んな質問をしていきます。その中で、学生さん自身も気づかなかった自分の求めているものや、本当に自分に合っている仕事を見つけるように心がけています。

もちろん中には「軸がないんですよね…」「やりたいことがわからなくて…」という学生さんもいます。しかし、本当に何もない学生さんは一人もいません。自己分析が足りていなかったり、自信がないだけで、本当は皆さん何か意思を持っていて適性を持っています。

自分が当たり前に続けていたアルバイトや習い事、普通だと思っていた長所など、隠れた特徴や強みを持っている人は多いです。それらを見つけること、そして、長所や適性だと理解することで自分の進むべき道をみつけられるようにお手伝いをしています。

③就職後の明るい未来をイメージする

就活に対するモチベーションが持続しないのは、目の前の活動に疑問を抱いてしまうからです。就活が成功した先に何があるのか明確にイメージできていないと、続ける意味が分からず虚しくなってしまいます。モチベーションを取り戻すには、就職後の未来をできるだけ具体的にイメージし、自分が理想とする将来像を作っておくことが大切です

社会人になってどのような仕事がしたいのかはもちろん、プライベートではどのような生活を送りたいかを考えてもいいでしょう。明確な目標を立てずに努力し続けるのは難しいので、なりたい自分像をつくっておくのがおすすめです。そうすることで、就活をやめずに続ける理由ができ、モチベーションが復活するでしょう。

④内定後のご褒美を考える

就活は大変だからこそ、内定が決まって就活が終了したら自分にご褒美をあげるのがおすすめです。ご褒美はいわば目標であり、明確な目標を作っておくと内定の獲得というゴールに向かって突き進みやすいでしょう。ご褒美は自分が頑張れるものなら何でもよく、ものでも体験でも構いません。

高くて買えなかったものがあるなら、それをご褒美にしてもいいでしょうし、就活が終わったら心ゆくまで遊ぶことをご褒美にしてもいいでしょう。苦労を乗り越えようとする前向きな気持ちを持てた方が、精神的にも安定します。辛いときはネガティブな気持ちが連鎖が止まらなくなるので、少しでも前向きになれる工夫をすることが大切です

就活をやめるとどうなる?

就活生

目標とか何もないし就活やめたい…

キャリア
アドバイザー

辛い期間が続くとやめたくなってしまうのも無理ないです。でも、何の見通しもなく突然やめてしまうと悩みが断ち切れず、負の連鎖から抜け出せなくなるかもしれません。

就活をやめたいと思う人は多く、ほとんどの就活生が一度はやめたいと思ったことがあるでしょう。しかし、実際にやめてしまうとどうなるのか、イメージできている人はあまり多くなりません。就活をやめる=失敗と思う人も多いでしょうが、実はそうとも限らないことは知っておきましょう。就活をやめても、道は他にもあります。

就活の他にも色々な選択肢がある

大前提として知っておきたいのが、就活をやめたからといって人生に失敗するというような大事にはならないということです。文部科学省の平成30年度学校基本調査には、大学卒業後の進路についてのデータがあります。正規の職員以外の進路には、次のようなものがあげられます。(一部抜粋)

正規の職員等以外の進路
  • 正規の職員ではない者
  • 一時的な仕事に就いた者
  • 進学も就職もしていない者
正規の職員等ではない者
  • フルタイムの契約社員
  • フルタイムの派遣社員 など
一時的な仕事に就いた者
  • パート
  • アルバイト など
進学も就職もしていない者
  • 進学準備中(国内、海外の大学院等への進学準備者など)
  • 就職準備中(資格取得を目指す者、教員採用を目指す者など)
  • 家事手伝い
  • 青年海外協力隊(ボランティア) など

大切なのは、就活が人生のすべてと思い込まないことです。就活しか道がないと思ってしまうと、辛くなって負担も大きくなるでしょう。就活以外の道を選ぶかどうかに関係なく、視野を広げて余裕を持つだけでも気持ちが軽くなります。

ノープランでやめるのは危険

就活以外にも選択肢は数多くあるため、就活が人生のすべてと思い過ぎないようにしましょう。しかし、ノープランで就活をやめるのは危険です。就活をやめるなら、しっかり別の進路を見定めておきましょう。就活以外の道があるのは確かですが、何も考えずにやめてもどの道を選ぶべきか分からず、また別の悩みが生まれます

明確なビジョンもなく就職を先延ばしにすると、目標もないままずるずると時間だけが経ち、就活を再開しようと思った時に不利になることも少なくありません。就活をやめるにしても続けるにしても、そこに自分の考えがあるかどうかが重要です。後悔のない判断をするためにも、無計画な行動は避けましょう。

就活をやめたい時は適度に休憩して負のループから抜け出そう

就活が上手くいかずにやめたいと思ってしまう就活生は多いです。行きたい企業の内定がストレートでもらえればいいですが、そうも行きませんよね。何度も書類選考や面接に落ちて自信を失った就活生もいるでしょう。何度面接を受けても落ちてしまうというときは、負のループにはまっている可能性が高いです。

無理をし過ぎて、就活の予定を詰め込み過ぎていませんか?無理をすると疲れが溜まり、表情も暗くなってきます。結果的に面接官から「暗い」「元気がない」というイメージを持たれて、不合格になる可能性が高くなるでしょう。たまには就活を忘れて趣味を楽しむ時間を作って息抜きをしてください。そして就活を再開するとなったら、上手くいかない原因について考えて改善していきましょう。

この記事の監修者

北原 瑞起 (きたはら みずき)

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。詳細

関連コラム