就活がつらいと感じる理由3つ|やるべきことや乗り越える方法を紹介

この記事のアドバイザー

熊野 公俊

高校卒業後、航空自衛隊に入隊。4年間在籍後、22歳で都内の大学へ入学。大学では心理学・教育学などを学ぶ。卒業後、大手総合人材サービス企業にて人材派遣営業やグローバル人材の採用支援、女性活躍推進事業に従事。NPOでの勤務を経て現職。将来の目標はキャリアコンサルタントとして幅広い人たちの前向きな一歩をサポートすること。皆さんのより良い一歩を応援できるご支援が出来ればと思います。

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

長尾 美慧

大学卒業後、アミューズメント業界において3年間店長として従事。年間売上高2億円を超える店舗を2店舗兼任し、新店舗の立ち上げと新卒教育を担当して参りました。店舗開発の経験から組織の課題を解決するには『人』が一番大事だということに気づき、人を扱うプロになりたいという想いで人材業界へ転身、キャリアアドバイザーとして入社2か月後に新人賞・ベストチーム賞獲得いたしました。就活も仕事も『だるいもの』ではなく『楽しいもの』です。一緒に楽しみながら内定を勝ち取りましょう。

コラムの目次

  1. 精神力と体力が必要な就活はつらいと感じることが多い
  2. 就活がつらいと感じる理由3つ
  3. 就活がつらいと思った時にやるべきこと
  4. つらい就活を乗り越えるには
  5. 就活がつらいときは息抜きをしながら乗り越えよう

精神力と体力が必要な就活はつらいと感じることが多い

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生の中には「就活がつらい」と感じたことのある人が大半だと思います。就活生からも

「何社も落ちると自分を否定されているようでつらい」
「自分がやりたいことかがわからなくなってきた」
「このままどこにも内定をもらえないのでは…」

という声を多く聞きます。

つらいと感じることなくスムーズに就活を終えられる人もいますが、それはごく少数です。多くの就活生は何十社もの選考を受け、苦労してようやく内定を獲得しています。

精神力と体力が必要な就活をつらいと感じるのは自然なこととも言えるため、自分を責め過ぎないようにしましょう。大切なのは就活とどのように向き合い、上手に乗り越えるかです。つらい就活を乗り切るために考えたいこと、やっておきたいことをご紹介していきます。

就活がつらいと感じる理由3つ

「就活がつらい…」と考えているときは、気分が落ち込んで何もやる気になりませんよね。しかし、ネガティブな感情をそのままにしておくのは危険です。前向きに活動するためにも、就活がつらいと感じる理由を把握しましょう。就活がつらいと感じる理由を知ることで、理由に応じた対策を取ることができます。何か行動することで、自信がつくことも多いです。理由を把握後実際に行動して、つらい状況を突破しましょう。

①内定をもらえない

就活がつらいと感じる理由で最も大きいのは、やはり内定がもらえないことでしょう。内定がもらえない限り就活は続くので、終わりが見えないことに焦りを感じます。特に周りの友人達が次々に内定を獲得していくなか内定がもらえないと、自分と他人を比較して落ち込むものです。

また、内定がもらえないと本当に就職できるのか不安になり、社会から必要とされていないのではないかと思ってしまうこともあります。内定をもらえないのには複数の理由がありますが、「自分に合わない企業」を受け続けている人も多いです。就活は縁と言うこともあるように、自分と合う企業と出会うことも大切と言えます。「この業界・企業でなければダメ」と絞らずに、さまざまな業界・企業に目を向けてみましょう。

キャリアアドバイザーコメント

周りにのまれてモチベーションを失わないようにしよう

就活は自身のキャリアについて未来を描く期間として、自分自身と向き合うものです。周りと比較し、焦る気持ちは必然的に起きやすいですよね、分かります。ですが、目指している業界、職種、採用人数により選考のスピードは変わりますし、内定までにかかる期間も変わりますよね。

周りにのまれてご自身のモチベーションが失せることはもったいないです。期間が長く内定が出ないのか、そもそもご自身の方向性が異なっているのかは見誤らないようにしてくださいね!

②面接が苦痛

就活では、面接を突破しないことには内定を獲得できません。人見知りや緊張しやすいタイプの就活生の中には、あの緊張感漂う雰囲気に耐えきれないという人もいるでしょう。それに加えて「失敗してはいけない」という思いがあると、上手く受け答えできなくなってしまいますよね。

しかし、面接は自分を見られるだけでなく、自分も企業を見る場だと言えます。「一緒に働きたいかどうか」を基準に企業は面接をしていますが、同じように就活生側も「入社したいかどうか」を考えていいのです。査定されていると感じると緊張してしまうので、面接官と会話を楽しむ、自分の思いを相手に伝えることを重視しましょう。もちろん、面接の練習を念入りにすることも大切です。質問に対する回答を考えたり、話し方を見直したりと、本番で自信を持てるように磨き上げましょう。

③やりたいことがわからない

自分のやりたいことがわからないというのも、就活がつらいと感じる理由だと思います。自分のやりたいことがわからないと企業選びに苦戦し、「内定がもらえればどこでも…」という考えに陥りがちです。以前から目標にしていた企業に内定をもらった友人と自分を比較して、落ち込むこともあるでしょう。

また、最初はやりたいことがあって就活を頑張ってきたけど、選考に落ち続けて自信がなくなった就活生もいると思います。つまり「就活を始めたときからやりたいことがわからない就活生」と「最初はあったけど落ち続けて自信がなくなってきた就活生」の2パターンが考えられます

前者の就活生は、自己分析や就活の軸を明確にすることでやりたいことを導き出しましょう。後者の場合は、自己分析の見直しや、視野を広く持って他の業界・企業も見てみることをおすすめします。

やりたいことがわからない・わからなくなったという就活生は、もう一度念入りに自己分析をしてみましょう。そこでおすすめなのが、こちらの記事です。自分史・モチベーショングラフの作成など、効果的な自己分析のやり方を見本つきで詳しく紹介しています。

関連記事

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

https://careerpark-agent.jp/column/633

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

就活がつらいと思った時にやるべきこと

就活生

就活つらいんですけど、ここで歩みを止めたら内定からさらに遠ざかる気がして…

キャリア
アドバイザー

ここまでよく頑張りましたね。就活がつらいときは、一度立ち止まることも大切ですよ。

就活から離れて気分転換をする

就活がつらいときは無理せず、一度就活から離れることも大切です。就活をつらいと感じるのは、真面目に頑張っている証拠と言えます。真面目だからこそ就活のことばかり考えてしまい、自分を追い詰めてしまっている人も多いでしょう。しかし、無理は禁物です。1日、数時間でもいいので自分の好きなことで気分転換してください

友達と遊びに行く、カラオケに行く、映画を見る、大好物を食べる、とにかく寝る、買い物に行く、飲みに行く、温泉に行く、運動する…など、ストレス発散をかねて思いっきり楽しみましょう。就活は体力的にも精神的にも消耗するため、適度に休息を取ることが大切です。

何が上手くいっていないのかを考える

就活をつらいと感じるということは、何か問題を抱えているということです。問題は何か、なぜ上手くいっていないかを考えましょう。例えば選考が上手くいっていないなら、選考のどの段階でつまづいているかを考えます。書類選考でつまづいているなら、どの部分がダメで、どの部分がいいのかもチェックしましょう。

面接でつまづいている場合も同様で、どこで失敗しているのか、またどの段階の面接で不合格になることが多いかを考えます。面接は一次、二次と続きますが、それぞれ段階別に見られるポイントが異なります。一次は基礎、二次は企業や仕事への相性、最終は入社意欲がアピールできていないと落ちやすいため、これらも参考にしましょう。

キャリアアドバイザーコメント

長尾 美慧

落選するフェーズの基本を見直してみよう

何が上手くいっていないかわからないときは、落ち着いて原因を分析しましょう。いつも落選するのは、ES・GD・一次面接・二次面接・最終手前面接・最終面接の内どのフェーズでしょうか?

①ES
文字数は足りていますか?丁寧さに文字は書けていますか?企業に対する意欲は伝わる文章になってますか?確認して、第三者に添削をお願いしてみましょう。

②GD
とにかく実践を積みましょう。「リーダーシップ力が求められる会社」「協調性が求められる会社」など、企業によって違います。同じチームの人からも「信頼できる」「一緒に働きたい」と思ってもらえるような対応を心がけましょう。基本は笑顔で明るく元気よく快活なコミュニケーションをとること。そして、人の意見を否定せずまずは受け入れ、自分の意見も主張できるようにしましょう。

③一次・二次面接
過去の経験・実績および自己PRがしっかりその会社で活かせるになっているのか確認しましょう。

④最終手前・最終
将来のビジョンが語れること・入社意志が問われる企業が多いです。【なりたい姿・なしとげたいこと】がその企業で叶えられる根拠を述べられるように準備しましょう。

こちらポイントに振り返りしてみてくださいね。ただ、一回一回、落ち込む必要はないので『この企業は運命の企業じゃなかったんだ』と思い、次!次!という切り替えが大事です。頑張りましょう!

就活以外の進路もあると考える

多くの人が就活後就職先を決めて卒業という道を辿るだけに、大学生活の締めくくりは就活をするものとイメージされやすいですが、実はそうではありません。就活以外にも選択肢はいくらでもあり、就活がつらいなら、就活実行以外の道に目を向けるのもひとつの方法です。新卒で就活をする以外の選択肢には、以下のものが挙げられます。

就活以外の進路
  • 大学院に進学
  • 海外留学
  • 留年して再挑戦
  • 資格を取得して専門職に就く

就活がつらいと思うのは、新卒では就活をして就職するという流れが絶対的に思えてしまうからです。一歩引いて考えると選択肢はいくらでもあるため、別のゴールを考えるだけでも、つらい気持ちは緩和できるでしょう

つらい就活を乗り越えるには

自己分析を徹底する

内定がなかなかもらえなくて就活がつらいときは、自己分析を見直してみましょう。自己分析は就活を始める際にやることがほとんどだと思いますが、行き詰ったときこそやるのがおすすめです。これまで就活を進めてきてうまくいっていないということは、自分の魅力を上手く伝えられていない、あるいは目指す方向性が誤っている可能性があります。

自己分析をすることで、自分の長所や短所だけでなく、活躍できる環境についても考えることが可能です。具体的には、自分史やモチベーショングラフの作成がおすすめです。自分史を作成して過去を振り返ることで、成長した経験、やりがいを感じた出来事などを把握し、自己PRに反映させることができます。

また、モチベーショングラフは、力を発揮できる環境、反対にやる気をなくしてしまう環境を把握するのに役立ちます。結果を踏まえて業界・企業研究をすれば、適性の高い企業へ入社できる可能性が高まるでしょう。

この記事では、自分史やモチベーショングラフの作成方法を見本つきで詳しく紹介しています。自己分析に自信がないという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

https://careerpark-agent.jp/column/633

自己分析の質を上げる方法4つ|オススメの本・サイトもご紹介

キャリアアドバイザーコメント

熊野 公俊

自己分析には「Will」「Can」「Must」を使った考え方がおすすめ

自己分析をする際におすすめの方法は「Will=やりたいこと」「Can=出来ること」「Must=やらなければならないこと」の3つの軸で自己分析すること。自らの考え方や経験を3つに分類することで、会社の志望理由や長所・短所、将来的にどうなりたいか、などを整理することができます。例えば「明るい性格の人」は、人と話すことに積極的(Can)で対人のお仕事が好き(Will)となります。

自分なりの仕事の価値観を見つけよう

自己分析では自分の特徴を知るだけではなく、自分なりの仕事の価値観を見つけることも大切です。自分にとって仕事とは何か、理想とする仕事とはどのようなものかを考えることで就活の軸を決められます。ここで大切なのは、あくまで「自分なりの」という点です。世間で言われる仕事の価値観はひとまず置いておき、自分が仕事に何を求めたいか考えましょう

例えば仕事にやりがいを求める人もいますし、やりがいよりもお金を重視する人もいます。また、仕事をしながらもプライベートの充実を優先したいと考える人もいるでしょう。自分だけの価値観を見つけ、仕事とは、働くとは何かを定義することが大切です。

就活ノートを作成する

就活ノートを作っていないという人は、ぜひ作成をおすすめします。就活ノートで企業の情報や面接の内容を管理することで、内容を忘れないことはもちろん、ノートを見たときに「これだけ頑張ってきたんだ」という自信を持つことができます。「これだけ頑張ったけどダメだった」ではなく「これだけ頑張っているんだから、次はいける!」という風に前向きに考えることも大切です。

面接の内容を記録したノートを見返して原因を分析→改善というサイクルを繰り返すことで、必ず過去の面接よりも成長した自分で臨むことができます。また、ノートにつらいこと、不安に思っていることを書くのもおすすめです。頭だけで考えるとどんどん悲観的になっていくので、ノートに自分の考えを書いて整理することで、心を落ち着かせましょう。

就活エージェントに相談する

就活がつらいのに、1人で悩みを抱え込んでしまっていませんか?「友人に相談したいけど内定をもらっていないのが自分だけで相談しにくい」「親からは期待されていて弱気なところを見せられない」などの理由で身近な人に相談できない就活生も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、キャリアパーク!就職エージェントです。エージェントにはアドバイザーが在籍しており、親身になって相談に乗ります。特に「なかなか内定がもらえない」「やりたいことがわからない」などの悩みがある就活生におすすめです。就職エージェントでは企業の紹介から内定までを無料でサポートします。ぜひ利用してみてくださいね。

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

自己分析不足や自信がないだけで必ず何か意思や適性を持っている

エージェントは就活生に合う企業を紹介していきますが、その際にどのような軸で就活をしているか?その軸に決めたのはなぜか?など色んな質問をしていきます。その中で、学生さん自身も気づかなかった自分の求めているものや、本当に自分に合っている仕事を見つけるように心がけています。もちろん中には「軸がないんですよね…」「やりたいことがわからなくて…」という学生さんもいます。

しかし、本当に何もない学生さんは一人もいません。自己分析が足りていなかったり、自信がないだけで、本当は皆さん何か意思を持っていて適性を持っています。自分が当たり前に続けていたアルバイトや習い事、普通だと思っていた長所など、隠れた特徴や強みを持っている人は多いです。それらを見つけること、そして、長所や適性だと理解することで自分の進むべき道をみつけられるようにお手伝いをしています。

就活がつらいときは息抜きをしながら乗り越えよう

就活は活動自体が大変であり、上手くいかない場合も多いことから、つらいと思う人は多いです。卒業後の進路がかかっているためプレッシャーもきつくのしかかり、つらいと感じてしまうのは仕方ありません。頑張りすぎている人ほどつらく感じやすいので、自分を追い詰めすぎないでください

また、就活がつらいと思ったときは、無理に同じやり方で続けず、別の方法を試してみることも大切です。自己分析を見直す、就活ノートを作成してみる、エージェントに相談するなど、つらい状況を突破するために今までとは違うことをしてみましょう。気持ちが落ち込むときは無理に就活を続けず、いったん就活から離れることも大切ですよ。

関連コラム