インターンとは? 就活への活かし方や種類・目的を徹底解説

この記事のアドバイザー

末吉 涼

大学2年生の時にヒッチハイクで日本一周を達成。何事もチャレンジする姿勢を大切にしています。ポート入社後は新卒1年目で人事に配属され、新卒採用を担当。面接では、自分を出しきれずに不完全燃焼している学生を多く見てきました。自分を出さないまま面接を終えるほど悔しいことはありません。私が自分を120%出せるよう精一杯サポートするので、一緒に頑張っていきましょう!

塩田 健斗

大学卒業後、ポート株式会社に新卒として入社。メディア広告の営業とマーケティングを兼任。2年目からキャリアアドバイザーへジョブチェンジし、異動後1年で就活シェアハウス事業の責任者として事業運営。入社後、ご自身の選択を正解にしたいと思えるようなキャリア選択のサポートをします。

五反田 誉司

大学卒業後、大手アパレル企業にて販売と人材育成を経験。販売では個人成績で全国1位を獲得。また、店長として店舗のマネジメントも行い、赤字店舗を12か月連続予算達成店舗へと改善する。人材育成において、人の人生に関われる喜びを感じ、より多くの人の人生の選択のお手伝いをしたいと思い、人材業界に転身。 人の無限の可能性を信じ、広げるお手伝いをしております。 人と話すのが何よりも好きなのでまずはお気軽に何でもご相談ください。

コラムの目次

  1. インターン経験で就活が有利になる
  2. インターンに参加するメリット
  3. 企業側の目的は?
  4. インターンの種類とそれぞれの特徴
  5. インターンに参加するには
  6. アルバイトとの違いは?
  7. 目的意識を持って参加しよう

インターン経験で就活が有利になる

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。

「インターンに参加すると就活に有利なの?」
「何のためにインターンに参加するの?」

インターンシップに参加するか迷っている学生の中には、このような疑問を持っている人がいるのでは。就活を始める前の大学3年生の夏に「周りが行っているから自分も行く」と何となくインターンに参加している人もいますが、インターンの意味や目的も持たずに参加するだけでは非常にもったいです。

インターンは目的を持って参加することが重要であり、就活でもその経験を活かすことができます。インターンに参加するメリットや企業側の目的を把握し、インターン経験の活かし方を理解しましょう。

インターンに参加するメリット

インターンに参加するメリット

新卒採用をおこなっている企業のうち、インターンを実施している企業の割合は95%にのぼっていることに加え、学生のインターン参加率は60%以上と年々増加しています。

インターン実施/参加状況
参照:リクルート キャリアの就職みらい研究所による就職白書2020

今や採用活動をおこなう企業・就職を志す学生にとっても、インターンは重要なイベントになっています。企業側・学生側、双方にとって重要なインターンですが、実際に学生がインターンに参加するメリットはどこにあるのでしょうか。ここでは、インターンに参加するメリットを具体的に4つ紹介します。

①業界・企業研究ができる

インターンに参加するメリットの1つは、業界・企業研究ができることです。企業ホームページ・会社説明会・合同説明会など、業界・企業にについて知る方法は様々ありますが、ネット上の情報や説明会だけではリアルな情報を得ることは難しいといえます

実際に企業のインターンに参加して就業体験をすることで、仕事内容を理解できます。さらには働く環境や人間関係を知れるため、企業全体の理解を深めることが可能です。自分自身がどういう業界・企業に興味があるのか、あるいは向いているのかを把握できるでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

塩田 健斗

「意思決定の基準が何に置かれているか」で社風を確認しよう

インターン中に会社の雰囲気を確認する場合、重視すべきポイントが2点あります。1点目は「物事の意思決定基準」を知ることです。職場では数多くの意思決定がされます。その大小問わず、その意思決定の基準が何に置かれているかを知ることで、会社が重視しているポイントを知ることができます。

それが「Missionに沿った意思決定」なのか、または「売上最大化のための意思決定」なのかをチェックしましょう。それによって、会社の風土がよりリアルに分かるようになります。2点目は、多くの人とコミュニケーションを取ることです。

社風というのは社員一人で形成されるものではなく、組織全体で生み出されるものです。一人を深く知るのではなく、複数の社員と関わりを持つことで共通項を探しましょう。

②仕事の実態がわかる

就業体験型のインターンであれば、実際に社会人と同じように働く機会を与えられるため「働くとは何か」を知ることができます。就業体験を通じて企業の一員として働くことで、社会に出てどのように活躍したのか、どのような環境であれば働きやすいのか、などを考えるきっかけになります。

また、就業体験により適性を把握することもできます。就活をスタートさせる頃には自分のやりたい仕事がある程度明確になるでしょう。例えば、インターンを経験する前までは営業職を志望していた学生がインターンでマーケティング職を経験することで、市場や顧客ニーズを分析する仕事にやりがいを感じ、マーケティング職をメインに就活をするという事例も多くあります。

③就活のアピール材料になる

インターン経験が就活のアピール材料になることも、インターンに参加するメリットの1つです。企業側からすると、業界・企業研究を目的としてインターンに参加した学生は、参加していない学生に比べて企業理解度に差があり、「企業のことを理解した上で志望してくれた」と安心感を持てます。

就活を始める前から目的意識を持って意欲的に活動をしていることに、企業が好印象を抱くのは自然なことです。実際の仕事の流れや社会人としてのマナーをインターンを通して経験しておくことは非常に重要で、経験値がある学生とない学生を単純に比較すると前者の方が有利になるでしょう。

キャリアアドバイザーコメント

末吉 涼

仕事に向いていることと、その根拠をアピールしよう

前提として、新卒採用では就業経験のない求職者を採用するため、「入社後に活躍するかどうか?」を見極めるのが困難です。そんな中、企業で就業するインターンは、経験を踏んだ上でのエピソードトークになるため、企業の採用時に入社後のイメージが形成されます。

その上で意識したい点は2点あります。1点目は、その仕事(職種)に向いていることを自信持って伝えること。2点目は「なぜ向いているのか?」を伝えることです。2点目については【実績】や【モチベーション】を意識するといいと思います。

企業は就活生に対して、入社後に「頑張って欲しい! 成果を出して欲しい」と思っているので、これらを意識してアピールしていきましょう!

④採用に直結する場合もある

参照:リクルート キャリアの就職みらい研究所による就職白書2020

企業によっては、インターンの参加を本選考へのエントリー条件にしているところもあります。また、インターンの参加有無自体は本選考を受ける条件にしていないものの、インターンに参加することで採用に繋がる可能性は高いようです。

上記のグラフを見ると、8割近くの企業で内定者に自社のインターンシップの参加者がいることがわかります。企業側が採用目的でインターンを実施していなくても、インターンで好印象を残すことができれば、本選考にもいい影響を与え、結果として採用されるケースもあることがわかります。

企業側の目的は?

アップロードした画像

港くん

企業側がインターンを実施する理由ってなんだろう? 有名な企業ほどインターンをしている気がするけど、何か狙いがあるのかな?

アップロードした画像

キャリアアドバイザー

企業の採用活動において、インターンは大事なイベントのひとつです。目的について詳しくみていきましょう。

一方で、企業側がインターンを実施する目的はどこにあるのでしょうか。リクルートキャリアの就職みらい研究所による就職白書2020によると、「仕事理解の促進」「入社意欲の高い学生を絞る」「採用を意識し学生のスキルを見極める」の3つが上位に入っています。

インターンを通じて自社の採用に繋げることと、仕事理解を深めて入社時のミスマッチを防ぐことを大きな狙いとしていることがわかります。

採用活動を促進するため

日本には約400万社の企業が存在します。このような膨大な企業の中から、自社に興味を持って応募してもらうのはかなりハードルが高いです。一般的に知名度の低い企業は、特に人材を確保するのが大変と言えます。

このような状況の中で、職業体験を提供できるインターンは自社を正しく理解してもらうには打ってつけです。企業は学生に対して、インターンを通して業界や仕事理解を深め、雰囲気や人間関係など細部に至るまでを知ってもらうことで採用活動に繋げていきたいと考えているのです。

入社時のミスマッチを防ぐため

学歴別就職後3年以内の離職率の推移(大卒)
参照:厚生労働省による学歴別就職後3年以内の離職率の推移

人材不足が叫ばれる中、貴重な人材をせっかく確保できたとしても早期に辞められては企業としては困ります。グラフに示した通り、大卒社員の離職率は入社3年目までに約30%と、3人に1人は辞めているのが現実です

離職理由は様々ですが、一番多く挙げられるのが「入社時のミスマッチ」による離職といえます。企業から内定をもらうのに必死な学生の多くは、仕事内容について十分理解していないことがほとんどです。

企業側としても、人材の確保がすべてになると学生への情報提供が限定的になることがあり、結果としてミスマッチが生じてしまいます。それを回避させるためにも、企業としてはインターンを通してリアルな情報を伝えることで仕事理解を深めていくことに注力していくのです。

いつでもどこでもWEB面談実施中 お時間は学生様に合わせて調整します 積極採用企業をご紹介

インターンの種類とそれぞれの特徴

インターンの種類とそれぞれの特徴

企業が実施しているインターンの種類は大きくわけて3つです。現在は1DAYインターンや短期インターンが主流で、内容としても企業説明会やグループワークなどの手軽のできるものが多くなっています。1DAYインターンや短期インターンは手軽に業界研究を深めたい人や仕事の雰囲気を掴みたい人におすすめです。

一方で、仕事内容を正しく理解してもらうことを目的とした長期インターンを開催している企業もあります。長期インターンは実践的な仕事やビジネスマナーをしっかりと学びたい人におすすめです。

1DAY

2017年に経団連が1DAYのインターン開催を解禁として以来、インターンを実施する企業が増加し、今やインターンの主流は1DAYインターンとなっています。1DAYインターンの実施時期としては、大学3年の夏を皮切りに秋・冬と就活が本番を迎えるまでコンスタントに開催されており、学生にとっては一番参加しやすいインターンといえるでしょう。

1DAYインターンに参加すると、本選考の情報をいち早く手に入れることができます。社員との交流はほとんどなく、インプットする場という位置付けです。実施期間が1日なので手軽に参加できるため、複数企業のインターンに参加しやすくなります。また、1日という時間で企業のことを知ることが出来るため、業界研究におすすめです。

短期

短期インターンは数週間程度の期間で実施されているため、夏休みや春休みなど、大学が休みの期間に「サマーインターン」「ウィンターインターン」として開催されることが一般的です。

企業説明など導入の部分に始まり、業界・企業に関連したケーススタディやプロジェクトなどで仕事内容を体感することができます。適性やビジネスの本質を知りたければ、1DAYではなく2日以上の短期インターンに参加するのがおすすめです

キャリアアドバイザーコメント

五反田 誉司

インターンの内容=新卒入社後の仕事ではない

短期インターンの経験を活かして志望先を決める学生さんは多いです。ただ、その中には間違った選択をしてしまう方も例年多いです。どんな間違いかというと「インターン内容=就職して初めにする仕事内容ではない」ということです。

例えば、メーカーや広告系の企業などの短期インターンで「商品デザインを考える」や「広告企画を考える」などのプログラムがあります。将来的にはその仕事を通じて出来る仕事なので、インターンでの経験は役に立ちます。

しかし、その前に営業活動を通じてクライアントから契約を取るプロセスが抜けてしまっていますよね。そこをやるのもインターンを受けている皆さんのお仕事です。

さらに言えば、新卒1年目に求められるスキルは“営業力”です。つまり、インターンで興味を持つことは素晴らしいですが、インターンの体験がその仕事のすべてではないことを肝に銘じましょう。

インターンをきっかけにその業界や企業に興味を持ったなら、その仕事に就くためにどんなスキルが必要なのか? それは自分に合っている仕事なのか? を研究、分析してみましょう。

長期

長期インターンでは、1ヶ月以上企業で就業体験をします。2、3日の短期インターンに比べて仕事の難しさを感じやすいため、より深く適性を把握できるでしょう。長期インターンに参加して企業の仕事を理解することで、選考の際により現実的な視点で発言できるようになります。また、長期インターンに参加することで、入社前後のギャップが起きにくくなります。これは「入社後の退職リスクが低くなる」という企業側のメリットにも。

長期インターンには海外インターンもあります。グローバル志向の高まりから「海外で仕事をしたい」という学生に向けて、日系企業の海外拠点やローカル企業が実施しています。語学の習得だけでなく、海外における実践的な就業体験ができる貴重なインターンといえます。

インターンに参加するには

インターンに参加するにはどのように探して、いつ申し込めばいいのかと疑問を持つ人も多くいるでしょう。いざ「インターンに参加しよう」と考えても、インターンの見つけ方や申し込み方法がわからなければ参加しようがありません。

ここではインターンの具体的な探し方について、さらにはインターンに参加するための適切な申し込み時期について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

探し方

参照:リクナビ による就活準備ガイド(インターンシップの申し込みはいつから?どうやって申し込むもの?

インターンの一般的な申し込み方法としては「インターン情報サイト」「学校のキャリアセンター」「学校の先生からの紹介」「企業のホームページ」「インターン斡旋会社」などがあります。

上記のグラフから、インターンを探す方法で一番多いのはリクナビマイナビなどの情報サイトの利用というのがわかります。インターン情報サイトであれば幅広い企業のインターン情報が網羅されているので、選択肢が広がります

募集時期

参照:リクナビ 就活準備ガイド(インターンシップの申し込みはいつから?どうやって申し込むの?

インターンの申し込み時期として多いのは6月・7月・1月ということがグラフからわかります。インターンの開催時期として多いのは夏休みと春休み期間の8月と2月となっていることから、前の月が申し込みのピークになるのです。

このようにインターンに申し込むタイミングを理解しておくことで、それまでにやっておくべき自己分析や企業研究、SPI対策の時期を逆算することが可能です。余裕を持って準備をすることで、希望企業のインターンに参加できるチャンスが広がるでしょう。

アルバイトとの違いは?

アルバイトとの違いは?

インターンの中には給与が発生するものもあることから「アルバイトなのでは?」と感じてしまう方もいるのではないでしょうか。確かにその企業で働いた対価として給与をもらうという側面だけみれば、アルバイトもインターンも共通しています。

一方で、企業側からしてみるとアルバイトで雇用する形態とインターンで雇用する形態とでは、その目的や給与面で違いがあるのも事実です。それでは、具体的にインターンとアルバイトの違いを見ていきましょう。

目的

アルバイトを雇用する企業の最大の目的は「労働力の確保」に尽きます。そのため、シフトに多く入れて条件に合う人であれば、学生でもパートでも誰でも大歓迎で大学生にこだわりはありません。

一方で、インターンの最大の目的は「優秀な学生を確保」するためです。自社での就業体験を通して、仕事および企業の理解を深めてもらおうとしています。だからこそ、インターンのターゲットは大学生や大学院生に限定しており、その中でも自社の採用に繋がる人を積極的に参加させようとします。

このように、インターンとアルバイトでは仕事をしてお金をもらうことが同じでも、雇われている目的が大きく異なります。

給与

給与面についても、インターンとアルバイトでは若干の違いがあります。給与の支給形態は「時給」「日給」「月給」などインターンとアルバイトで共通していおり、時給換算の平均でも大きな差はないのが現実です。

しかし、インターンの場合は仕事の成果によるインセンティブ報酬が発生する企業もあり、自分の成果がダイレクトに給与に反映されることもあります。インセンティブ報酬があるインターンでは、アルバイトと違って、モチベーション高く仕事に取り組めることから自身の成長にも繋がっていくことでしょう。

このように、インターンとアルバイトでは基本的な給与待遇は同じであっても仕事の成果に対しての報酬の有無が大きな違いとなっています。

目的意識を持って参加しよう

インターンに参加するメリットや企業側の目的、インターンの種類に至るまで紹介してきました。インターンに参加することは非常にいい経験に繋がりますが、「周りが参加しているから」「何となく」というように何の目的もなく参加するのはおすすめできません。

目的意識を持ってインターンに臨むことで有意義な時間を過ごすことができます。また、インターン経験が就活に活きるので、インターンには目的意識を持って参加しましょう。

記事の監修責任者

北原 瑞起 (きたはら みずき)

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。詳細

キャリアパーク就職エージェントはES・自己分析・面接対策などエージェントがあなたの就活を完全サポート。WEB面談も受付中!いつでもどこからでも相談できます。

積極採用企業をご紹介

関連コラム