わからないだらけの就活を脱却! やるべき対策を時期ごとに解説

サムネイル

この記事のアドバイザー

  • 大月 亮輝

    小学校から大学まで野球に打ち込み、高校では部員100人以上の中からレギュラー、副主将を務め… 続きを読む

  • 北浦 ひより

    大学時代は、サッカー部のマネージャーとして選手のサポートに取り組む。選手に加えて、監督やコ… 続きを読む

  • 乾 花穂子

    大学時代は300人が在籍するESSという英語サークルに所属し、その1部門であるディスカッシ… 続きを読む

コラムの目次

  1. まずは就活全体の進め方を理解しよう
  2. 就活における「わからない」を4つに分類しよう
  3. ①情報収集の方法がわからない
  4. ➁やるべきことがわからない
  5. ③適性がわからない
  6. ④企業選びの軸がわからない
  7. 何からすれば良いかわからない! 就活生が最初にするべき3つのこと
  8. ①就活を始める時期と流れを理解しよう
  9. ②就活サイトに登録してみよう
  10. ③就活に必要な持ち物を揃えておこう
  11. 【大学3年生の6月〜12月】スタートが肝心! 就活準備初期でやるべきこと
  12. ①まずは自分について知ろう
  13. ➁企業について知ろう
  14. 【大学3年生の6月〜12月】初期段階で就活生がやった方が良いこと
  15. 資格を取る
  16. お金を貯めておく
  17. SPIの対策を始める
  18. 【大学3年生の1月〜】就活解禁直前の時期の就活でやるべきこと
  19. プレエントリーをする
  20. ESの作成を始める
  21. 会社説明会に参加する
  22. 基礎的な選考対策をする
  23. 【大学3年生の1月〜】就活解禁直前の時期にやった方が良いこと
  24. 就活ノートを作る
  25. 単位の回収や卒論はできる範囲で手を付けておく
  26. 受ける企業の口コミを見ておく
  27. 【大学3年生の3月〜】就活解禁直後の時期にやるべきこと
  28. スケジュール管理ツールの用意
  29. ESの提出
  30. 本格的な面接の対策
  31. 体調管理の徹底
  32. 【大学3年生の3月〜】就活解禁直後の時期にやった方が良いこと
  33. 身だしなみやマナーの再確認
  34. キャリアアドバイザーと選考の振り返りをする
  35. 企業ごとの特色をしっかりとつかんでおく
  36. 【大学4年生の6月〜】大手の選考もスタート! 就活が本格化する時期にやるべきこと
  37. 選考企業の追加と応募
  38. ESのブラッシュアップ
  39. メンタルのケア
  40. 【大学4年生の6月〜】 就活が本格化する時期にやった方が良いこと
  41. 最新の業界のトレンドを押さえ直す
  42. 社長面接や最終面接を視野に入れた対策をする
  43. 内定が出ない場合には秋採用も検討する
  44. 企業の種類によって就活スケジュールが異なるので注意しよう
  45. 経団連企業
  46. 外資系・経団連非加盟企業
  47. 就活攻略は時期ごとのタスク管理が命!

まずは就活全体の進め方を理解しよう

こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から

「就活って何から手をつければいいかわかりません」
「どうやって企業を選べば良いですか」

という声を聞きます。就活に対して漠然とやることが多いというイメージを持っているものの、実際に何からすればいいのかわからない学生も多いですよね。しかし、就活の「わからない」はひとつずつ対処していくことで必ず解決できます。

ここでは学生が就活に対して感じる「わからない」を分類して、パターンごとにそれぞれの対処法を伝授します。現状何がわからないのかを明確にして、ゴールまでの算段を立てていきましょう。

就活における「わからない」を4つに分類しよう

就活におけるわからないとは

就活における「わからない」は主に4つのパターンに分けられます。まずは自分がどのパターンに当てはまるのかを考えていきましょう。

①情報収集の方法がわからない

1つ目は情報収集の方法がわからないパターンです。「とりあえず会社のホームページを見たけれど、そのほかの情報をどこから仕入れればいいのかわからない」という学生もいるかもしれませんね。

多くの就活生がネットとリアルの世界でそれぞれ情報を集めようとしますが、限られた時間の中での効率的な情報収集に悩むケースも多いです。そのため情報収集の方法も学生が「わからない」と感じる一つの要素です。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

「就活は情報戦」という言葉があるくらい、就活において情報収集は重要な役割を果たしています。情報収集の段階で遅れをとってしまうと、その後の就活に影響が出てしまう場合もあります。

➁やるべきことがわからない

就活で「何から手をつけて良いのかわからないことだらけで気が重い」という学生もいますよね。またやるべきことを明確に理解できていないが故に、今自分が本当にすべきことをきちんとこなせているのか自信を持てないケースもあるかもしれません

やるべきことをやるべき順番でこなすことは、最短で内定をつかむためのコツでもあります。しかし就活を自分で進めていくなかで、やるべきことを把握、整理できずに「わからない」と感じている人も多いでしょう。

③適性がわからない

「自分に向いている職業や適性がわからない」という人もいますよね。たとえば、希望の職種は一応あるけれど自分の性格や潜在的な能力がその仕事にあっているのかは自信がない、というケースです。

就活準備を始めたばかりだと、自分にどんな仕事があっているのかを把握する術をそもそも知らないということもあるでしょう。このように「適性がわからない」というのも就活生によくある悩みのひとつです。

こちらの記事では自分に合った仕事を探すための方法を解説していますよ。

関連記事

自分に合った仕事の見つけ方|5つの方法から適職を探そう

誰でも自分に合った仕事がある こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「自分に合った仕事なんてないのかも」 学生と面談していると、こうした声を聞くことがよくあります。就活がなかなかうまくいかなかったり自己分析が思う […]

記事を読む

自分に合った仕事の見つけ方|5つの方法から適職を探そう

④企業選びの軸がわからない

最後は「企業選びの軸がわからない」です。企業選びの軸とは、「企業を選ぶ自分なりの基準」のことです。この基準が定まっていないと、そもそもどのような企業に応募したら良いのか迷ってしまったり、選考で質問されたときにうまく答えることができないでしょう。

特に就活に対して強いこだわりがない学生ほど、そもそもの企業選びの軸に悩んでしまう傾向があります。

まずは自分の適性を明確に把握しましょう。

あなたは大丈夫?
就活生の6割が苦労した「自己分析」

就活を経験した先輩によると、およそ6割の人が「自己分析は大変だった」と回答しました

自己分析で苦労する就活生が多いからこそ、この記事を見ている人には滞りなく進めてほしいと思っています。

そこでおすすめしたいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。これを使えば、短時間でサクッと自己分析を終えることができますよ

何からすれば良いかわからない! 就活生が最初にするべき3つのこと

アップロードした画像


就活生

就活、やること多くて頭がパンクしそうです。何からすればいいのか……。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

確かに全体を通してみるとあれもこれもとやるべきことは山積みのように思えるかもしれませんが、最初にすべきことはシンプルに3つです。

アップロードした画像


就活生

えっそうなんですか。3つならなんとか始められそう気もしますね。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

それはよかった! ひとつずつ解説しますね。

就活をこれから迎える学生がまず始めるべきことは3つです。これらは本格的な選考対策を始める前の準備ではありますが、スタートダッシュにかかわる非常に重要な部分になりますよ。

①就活を始める時期と流れを理解しよう

詳しい流れは後半で解説しますが、この記事では就活全体を以下の4つに大まかに分類し、流れに沿ってやるべきことを解説していきます。

大まかな就活の流れ
  • 【大学3年生の6月〜12月】就活準備初期
  • 【大学3年生の1月〜】就活準備の本格化
  • 【大学3年生の3月〜】就活解禁と選考開始
  • 【大学4年生の6月〜】 就活選考本格化、大手企業の選考開始

就活全体の流れとしては3年生の6月頃をスタートの目安とし、就活解禁の3月~6月にかけてピークを迎え、内々定が決まり始めるといった順番がスタンダードです。

まずは、就活を始める時期と流れを理解しましょう。就活は時期によってやるべきことが異なります。全体の見取り図がわからないままでは、ゴールを見据えて行動に優先順位をつけることもできませんよね。

②就活サイトに登録してみよう

就活サイトと聞くと、就活求人サイトをイメージする方が多いのではないでしょうか。

しかし就活で役に立つのは求人サイトだけでなく、エントリーシート(ES)の無料閲覧ができるサイトや、企業からの学生に向けて選考のオファーが来るタイプのサイトもあります

就活求人サイト以外にもさまざまな種類の就活サイトがあることを踏まえ、興味のあるものから登録を進めていきましょう。

就活サイトの例
  • 求人型サイト
  • ES無料閲覧サイト
  • 選考対策サイト
  • 口コミサイト

③就活に必要な持ち物を揃えておこう

就活では新しく準備しなければいけないものも多いです。特に服装に関しては、時間に余裕があると思って準備を怠ってしまうと「当日すぐに準備ができない」ケースもあり大変危険です。

提出書類以外にも正式な印鑑が必要な場合もありますし、企業によって多少差はありますが共通して必要になりそうなものは予め揃えておきましょう

就活で揃えておいた方が良い物リスト
  • スーツ
  • 革靴
  • 革鞄(A4クリアファイルが入る物)
  • スケジュール帳
  • 腕時計
  • モバイルバッテリー

就活の持ち物についてはこちらの記事で詳しく解説していますよ。

関連記事

就活で必要なもの32選|準備費用や便利アイテム・アプリまで紹介

必要なものを把握していないと就活失敗につながる こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「就活では何が必要なんだろう」「就活の準備はいつから始めたらいいの?」 と就活を控えた学生からこのような声をよく聞きます。 就 […]

記事を読む

就活で必要なもの32選|準備費用や便利アイテム・アプリまで紹介

キャリアアドバイザーコメント

乾 花穂子プロフィール

「就活で万全なスタートを切りたい!」学生におすすめな2つの行動

①大学の就活サポートを調べておく

大半の大学は就職活動を支援する部署(例:就職支援課、キャリア支援課、キャリアセンター等)があり、自分の大学がどのような支援を行っているのか確認しておくとよいでしょう。セミナーやイベントの開催、個別相談等、幅広く学生のサポートを実施している大学が多くありますので、今のうちから足を運んで接点を持つことをおすすめします。

②先輩(現4年生・院2年生)とつながる

就職試験を経験した、もしくは真っ只中の先輩とつながりを持つこともおすすめです。自分と年齢が近い先輩の就職活動は、リアルで旬な情報がインプットでき就活がイメージしやすくなります。たとえば、インターンシップの様子や面接で何を聞かれたかなど聞いてみるのもよいでしょう。特に夏休みが狙い目で、大学が休みの分、時間も作りやすいはず。ゼミやサークル、アルバイト等、自分の持っているネットワークをフルに活かして積極的にコンタクトを取ってみてはいかがでしょう。

【大学3年生の6月〜12月】スタートが肝心! 就活準備初期でやるべきこと

大学3年生の6月〜12月の時期は就活準備の初期段階です。「就活を意識し始めたものの具体的に何をすれば良いのかわからない」という学生も多いのではないでしょうか。

この時期の就活準備は比較的まだ時間に余裕があるので、じっくりと自己分析に時間をかけたり、企業研究をメインとした行動をおすすめします。

①まずは自分について知ろう

まずはファーストステップとして、自己分析であなた自身への理解を深めましょう。就活ではESや面接であなたの過去を深掘りするような質問を聞かれますが、自分のことを理解していないと答えられませんよね

下記で自己分析を通して自分のどのような側面を明らかにしておく必要があるのかをひとつずつ説明していきます。

また自己分析の方法はいくつかありますが、おすすめは自分史を使った方法です。こちらの記事を参考に試してみてくださいね。

関連記事

簡単3ステップ! 自分史を使った自己分析で説得力をアップしよう

自分史を活用して完璧な自己分析をしよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「自己分析の自分史作りってどうすればいいですか? 」「自己分析を診断ツールだけで済ませるのはダメですかね」 という悩みを就活準備を始め […]

記事を読む

簡単3ステップ! 自分史を使った自己分析で説得力をアップしよう

長所・短所

就活では自社が求める人物像に就活生があてはまるかどうかを確かめるために、「あなたの長所・短所を教えてください」と聞かれることがあります。志望動機の裏付けになることもあるので特に長所は絶対に把握しておきたいポイントです

回答の際に短所との矛盾を指摘されることがないように、長所に合わせた短所も一緒に考えておきましょう。

こちらの記事では長所一覧を載せているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

長所になる性格一覧|面接官に評価されやすい長所や自己PR例文

長所がないと感じる就活生は見つけられていないだけ こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「自分の長所がわかりません」 「短所はあるんですけど、長所はないですね……。」 という声を多く聞きます。自分に長所 […]

記事を読む

長所になる性格一覧|面接官に評価されやすい長所や自己PR例文

こちらの記事では短所の例を解説しています。

関連記事

短所のOK・NG例文|面接官が見ているポイントや好印象に変えるコツ

短所は答えない方がいい? こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「短所ってない方がいいですよね?」 「短所があると評価が悪くなりませんか?」 という声を多く聞きます。短所=自分の劣っている部分なので、こ […]

記事を読む

短所のOK・NG例文|面接官が見ているポイントや好印象に変えるコツ

就活の軸

「就活の軸」とは会社を選ぶ際の自分なりの基準を指します。企業は就活の軸を聞くことで企業理念や社風をはじめとする学生が求めているものと、企業が学生に与えられるものがマッチしているかどうかを確認しています

学生の持つ「軸」が会社と合わなかった場合、最悪の場合は入社後の早期退職につながってしまう恐れがあります。企業と学生の相性を判断する役割を担う「就活の軸」も自己分析で明確にしておきたいポイントのひとつです。

就活の軸の例
  • 人が楽しく過ごせる場を提供できる仕事
  • 人の心と世界を動かすコンテンツを提供できる環境
  • 顧客の心を第一に考えるサービスを提供できる環境
  • 成長スピードの速い会社

就活の軸の見つけ方はこちらの記事も参考にしてくださいね。

関連記事

就活の軸の見つけ方11選! 企業選びの基準を作って効率化しよう

就活を始める前に就活の軸を見つけよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「そもそも就活の軸っていったい何だろう?」「就活の軸の見つけ方がわからない」 と学生から質問をもらうことがあります。就活の軸とは簡単に表 […]

記事を読む

就活の軸の見つけ方11選! 企業選びの基準を作って効率化しよう

キャリア形成

自分で設定したキャリアプランに沿って、必要な資格を取得したり、必要な経験を積み上げる過程をキャリア形成と言います。

学生のうちから明確なキャリアプランを描くのは難しいですが、5年後、10年後何をしていたいか、どんなスキルを身に着けたいかは考えておきましょう

特にキャリア形成は将来の目標と合わせて聞かれることが多いので、自己分析をする中でキャリア形成を含めた自分の将来像とも向き合っていきましょう。

キャリア形成についてはこちらの記事で解説をしています。

関連記事

キャリア形成とは|将来を思い描くための考え方と必要な4つの力を解説

なぜ今キャリア形成について考えることが大切なのか こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。今の日本では「キャリア形成」について考えることが大切だと言われています。その背景として、「働き方の多様化」「終身雇用の崩壊」「 […]

記事を読む

キャリア形成とは|将来を思い描くための考え方と必要な4つの力を解説

将来の目標について考えるときにはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

関連記事

将来の目標で面接官をうならせる回答|評価点やESの書き方も解説

「将来の目標」は漠然とした質問だからこそ明確に答えよう こんにちは。キャリアドバイザーの北原です。 「将来の目標なんて聞かれても答えられない……」「将来の目標を聞いて企業はどんなことを期待しているんだろう?」 エントリー […]

記事を読む

将来の目標で面接官をうならせる回答|評価点やESの書き方も解説

➁企業について知ろう

自己分析と並行して、企業についても情報を集めていきましょう。CMや商品を通じて名前を耳にしたことがあるBtoC企業だけではなく、法人を相手にした取引をメインとしているBtoB企業もあります

まずはどんな企業が世の中にはあるのか、少しでも多くの選択肢を得るために企業の視野を広げてみましょう。

こちらの記事ではBtoC企業について説明しています。

関連記事

BtoCって? 就活生なら知っておきたいBtoBとの違いや有名企業

記事を読む

BtoCって? 就活生なら知っておきたいBtoBとの違いや有名企業

また、こちらの記事でBtoB企業との違いも押さえておきましょう。

関連記事

BtoBとBtoCの違いとは|新卒におすすめのBtoB企業10社

記事を読む

BtoBとBtoCの違いとは|新卒におすすめのBtoB企業10社

企業研究をしよう

企業研究とは「業界のビジネスモデルや基本的な働き方を理解したうえで、業界内でのその企業の立ち位置を知ること」です。

業界研究も前提となりますが、その中でも他社との比較を踏まえた特徴や自分がやりたいこととの方向性の確認も含めて、より企業単位での情報収集が必要になる作業です

企業研究で見るべきポイント
  • 企業情報→「企業理念」「設立年度」「資本金」「本社・事業所の所在地」
  • 事業内容→「商品」や「サービス」など、企業が営むビジネスの中身
  • 制度→「人事・教育制度」「休暇・休業制度」「福利厚生」など、従業員の働き方について設けられた制度
  • 採用情報→「採用人数」「初任給(初年度月収例)」など、その企業が現在おこなっている採用についての情報

インターンシップに申し込もう

インターンシップとは、大学生が一定期間企業で働く「職業体験」のことを指します。インターンに参加することで仕事の実態を肌で感じることができたり、就活時のアピールに役立てることもできます。1DAYタイプのものもあるので、この時期にバイトやサークルで忙しい学生も参加可能ですよ

企業によっては採用に直結するチャンスでもあるので、積極的に申し込みをしましょう。

インターンについてはこちらの記事も読んでみてくださいね。

関連記事

インターンとは? 就活への活かし方や種類・目的を徹底解説

インターン経験で就活が有利になる こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「インターンに参加すると就活に有利なの?」 「何のためにインターンに参加するの?」 インターンシップに参加するか迷っている学生の中には、この […]

記事を読む

インターンとは? 就活への活かし方や種類・目的を徹底解説

インターンが採用につながるケースについてはこちらで解説していますよ。

関連記事

インターンから採用ってあるの? 実は知らない業界別の位置づけも解説

業界ごとのインターンの趣旨を理解して就活を有利に進めよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。学生から 「インターンで優秀な成績を残すと内定がもらえるかもしれないって本当ですか」「短期インターンでもインターンから […]

記事を読む

インターンから採用ってあるの? 実は知らない業界別の位置づけも解説

OBOG訪問をしよう

「OB・OG訪問」とは、興味のある業界や企業で働いている先輩を訪ね、実際の仕事内容や社内の雰囲気などの情報を教えてもらう機会を指します。OB・OG訪問では、現場で働く社員との生の声を聞くことができますよ

説明会などの企業イベントでは、時間が限られているため自分の知りたいことすべてを教えてもらうのは難しいのが現実です。しかし、OB・OG訪問では、人事には聞きにくい実際の仕事のデメリットや就活の悩みについても質問しやすかったりします。

OB・OG訪問は以下の記事が詳しいので参考にしてくださいね。

関連記事

OB・OG訪問攻略ガイド|企業理解や選考に役立てるコツを解説

OB・OG訪問をして周囲と差をつけよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「OB・OG訪問って必要なんですか?」「OB・OGってどうやって見つければいいんですか?」 就活生から、こんな声を聞くことがあります。 […]

記事を読む

OB・OG訪問攻略ガイド|企業理解や選考に役立てるコツを解説

キャリアアドバイザーコメント

大月 亮輝プロフィール

自己分析と企業研究はバランスを重視しよう

人にはそれぞれ個性があります。体育会系、文化系、グローバル系などさまざまな人が存在していて、その中で自分に合う人、合わない人がいますよね。

人に個性があるように、企業にも個別性や独自性があり、それぞれの特徴・特色があるはずです。たとえば、Aさんは上下関係が明確な企業でバリバリ働いて活躍できるけど、Bさんにとっては、この上下関係が窮屈に感じてしまう。どちらが良いか悪いかではなく、自分に合うか合わないかを見極める力が就活には必要となってきます。

自分らしく働ける企業を探すこと、いわゆる自分と相性の良い企業を見つけるために、就活では「自分について知る」「企業について知る」この2つのことをバランスよくこなす必要があります。どちらか一方に偏るのではなく、就職活動では自分と社会と広く向き合うことで、自分に合った就職先をつかみ取ることができるでしょう。

【大学3年生の6月〜12月】初期段階で就活生がやった方が良いこと

大学3年生の6月〜12月にやった方が良いこと
  • 資格を取る
  • お金を貯めておく
  • SPIの対策を始める

大学3年生の6月〜12月ではまだほとんどの企業がインターンや説明会が中心であり、選考フェーズに進んでいる企業の方が一般的には少ないでしょう。ここでは、就活本格化までまだ時間に余裕のある、大学3年生の6月〜12月に進めておいた方が良い3つの行動について解説します。

資格を取る

やりたいことや興味のあることがすでに固まりつつある学生は特に、先に業界で役立つ資格を取っておくのも良いでしょう。資格は一朝一夕で取得できるものではないので、受検日から逆算した長期的な努力が必要になります

特に業界や企業がまだ絞れていない学生も、TOEICのスコアは保持していて損はないでしょう。英語を直接的に業務で使用しない場合にも、教養や最低限の学力の担保としてTOEICの点数を求められる場合があるからです。

就職に有利な資格についてはこちらの記事でも解説しているので、一度目を通しておきましょう。

関連記事

就職に有利な資格とは|業界別一覧や採用担当者に響くアピール方法

資格そのものより過程や姿勢はアピール材料になる こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。最近、就活生からこんな声をよく聞くようになりました。 「履歴書に書く資格がないので、何か資格を取ろうと思っています」 「資格はな […]

記事を読む

就職に有利な資格とは|業界別一覧や採用担当者に響くアピール方法

TOEICも就活で役に立つので、この記事も参考にしてみて下いね。

関連記事

TOEICで700点以上は就職に有利! 面接でのアピール方法も伝授

TOEICスコアで就活が有利になる可能性が高い こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 就活を控えた学生から、 「就活のためにTOEICを受けておいた方がいいですか?」「TOEICのハイスコアがあれば就活が有利にな […]

記事を読む

TOEICで700点以上は就職に有利! 面接でのアピール方法も伝授

理系の学生はこちらも読んでおきましょう。

関連記事

理系は資格取得で通過率が上がる! 種類別のおすすめや選び方

理系の資格は適切に選んで取得することが重要 こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。 「理系なんですが、就活に向けて資格って取ったほうがいいですか?」「自分が取るべき資格はどのように選んだらいいんでしょう……」 就活 […]

記事を読む

理系は資格取得で通過率が上がる! 種類別のおすすめや選び方

お金を貯めておく

ディスコがおこなったキャリタス就活のアンケート調査によると、2021年卒者の就活にかかった費用の平均は、9万7,535円です。

個人差はありますが、大体10万円ほど費用がかかると想定して就活に臨む必要があります。しかし、いきなりまとまった額のお金を用意するのは学生にとって簡単なことではありませんよね。

交通費や、場合によっては証明写真もスタジオで撮る場合などには費用がかかります。急に新調しないとならないものができたときにも焦らないように、コツコツと就活の費用を貯めておきましょう。

SPIの対策を始める

「SPI」とは就職活動で用いられるwebテスト方式の一つです。言語と非言語にメインの分野が分かれていますが、暗記項目を含め事前の対策なしでの高得点を得ることは難しいような問題も多数出題されます

また、時間配分のコツをつかむ必要もあるので早期から対策をすることをおすすめします。

SPI対策はこちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ読んでみてくださいね。

関連記事

7つの手順で必ず高得点! SPI勉強法を分野別・形式別に徹底解説

SPIは手順を踏んだ練習が高得点のカギ こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。選考では、適性検査としてSPIを受検することもしばしば。そんなときに、 「SPIってどうやって勉強したら良いですか?」「そもそもSPIに […]

記事を読む

7つの手順で必ず高得点! SPI勉強法を分野別・形式別に徹底解説

【大学3年生の1月〜】就活解禁直前の時期の就活でやるべきこと

2018年10月9日、日本経済団体連合から「就活ルール」の廃止が発表されました。それまでは3月1日になると、就職活動ナビサイトを中心に説明会やプレエントリーの受付が開始しており、これがいわゆる「就活解禁日」でした。

この就活解禁日は、21卒から厳密には廃止となってはいるものの、明確に方向が定まるまでは多くの企業がこの体制を引き継いで3月に情報を解禁するケースが多いのが現状です。

プレエントリーをする

リクナビやマイナビなどの就職サイトを通じて、企業に「自分はあなたの企業に興味を持っています」と意思表示することをプレエントリーと呼びます

とくに新型コロナウイルス感染症の影響で説明会などのイベントがが完全予約制になっている企業では、プレエントリーなしに選考を進められない場合もあります。

プレエントリーについてはこちらの記事でも紹介していますよ。

関連記事

プレエントリーとは就活で最高のスタートを切る手段|活用方法を伝授

プレエントリーの有効活用で就活のスタートを切ろう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「学生の平均エントリー数は◯社です」などといった情報に触れ、自分の就活の活動量の目安にする人も多いでしょう。 エントリーには […]

記事を読む

プレエントリーとは就活で最高のスタートを切る手段|活用方法を伝授

ESの作成を始める

この時期にはESのひな形を作成しておきましょう。ESの内容は企業に合わせて都度ブラッシュアップが必要ではありますが、基本の構成は定めておいても良いでしょう

また、証明写真の準備も併せておこないましょう。企業によっては大学指定の履歴書と併せての提出を求められる場合もあるので、履歴書の準備もこの段階で済ませてしまうのが得策です。

エージェントやキャリアセンターで添削をしてもらおう

就活エージェントやキャリアセンターでは、ESのブラッシュアップを手伝ってくれます。そもそもESの書き方がわからないケースや、自分が書いたものに自信がない場合には、一度第三者に添削をしてもらうのをおすすめします

誤字や脱字も含めて、自分では気が付かなかったミスを見つけることもできるかもしれませんよ。

会社説明会に参加する

会社説明会は、初めて実際の企業と接点を持てる機会でもあります。企業の概要から学生の質疑応答までを踏まえて、より企業のことを知ることができますし、ライバルの姿を目にすることでやる気が起きる学生もいるでしょう

現在はオンラインでの会社説明会が主流なので、1日に複数の会社の説明会に参加することもできますよ。

基礎的な選考対策をする

基礎的な選考対策も、この時期にはすでに始めておきたいところです。特に筆記試験や面接は付け焼き刃の知識では対応しきれない部分もあるので、毎日できることからコツコツと対策を進めましょう

筆記試験

筆記試験では、主に字数制限が設けられた作文試験や、企業が指定するテストの受検を求められます。これらのテストは対策本やサイトで各年の傾向や頻出テーマが解説されているので、早めに勉強を始めることが大切です

とくに作文試験で必要になる文章力は、練習を始めてすぐに身につくものでありません。時間をかけて、高得点を狙えるように練習を重ねましょう。

小論文が筆記試験で出題される場合もあるので、こちらの記事も読んでおきましょう。

関連記事

就職活動に役立つ小論文の書き方4ステップ! 例文付きで解説

小論文は書き方を押さえれば簡単に書ける こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。就職活動では、選考の途中で小論文を求められることがあります。学生からは、 「小論文の書き方がわかりません」「どんなテーマが出されるのでし […]

記事を読む

就職活動に役立つ小論文の書き方4ステップ! 例文付きで解説

模擬面接

模擬面接とは、実際の面接状況を再現して、入室から質疑応答、退室までの一連の流れを疑似的に体験することです。 実際に本番同様の身だしなみで模擬面接に臨むのもいいですね

言葉遣いや立ち振る舞いの気になる点を発見できたり、いつもの練習より緊張感を持って当日のシュミレーションをおこなうことができますよ。

面接の練習方法についてはこちらの記事も参考にしてくださいね。

関連記事

面接を成功に導く練習方法を伝授|チェックポイントも紹介

面接の練習は必要なのか? こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「いつも一次面接で落ちてしまう」「面接で緊張して失敗してしまう」 という就活生は多いのではないでしょうか。このような就活生は、面接の経験が少なかった […]

記事を読む

面接を成功に導く練習方法を伝授|チェックポイントも紹介

【大学3年生の1月〜】就活解禁直前の時期にやった方が良いこと

就活解禁直前の時期になると、なんとなく周りの友達も就活を始め、世間全体が就活ムードに包まれていると感じ始める学生もいるでしょう。しかし、焦りは禁物です。

ここでは、就活解禁直前の時期の就活でやっておくべきことを解説します。自分のペースで、できることから着実に進めましょう。

就活ノートを作る

就活ノートとは、説明会やセミナーなどに参加して得られた情報や実際に面接を受けた感想などを記録するノートです。活動の反省材料として、のちに振り返りができるように、記録を残します。

学生によっては企業や業界研究のまとめを就活ノートに綴っている人もいますね。就活ノートは基本1冊に絞り、情報は集約させます。就活が本格化する前に、一度ここまでに集めた情報はきちんと整理しておきましょう。

関連記事

就活ノートの作り方|自己分析と企業研究を言語化しよう

記事を読む

就活ノートの作り方|自己分析と企業研究を言語化しよう

単位の回収や卒論はできる範囲で手を付けておく

学生によってはこの時期から夏、場合によっては秋や冬まで就活が続く可能性も考えられます。就活の選考がおこなわれるのは、基本的に企業が営業している平日の昼間なので、授業に出れず単位の取得が今までよりも困難になるケースもあります

「内定は取れたけれど卒業ができない」ということにならないためにも、単位の回収や卒論の進行は、なるべく早く目処をつけておきましょう。

受ける企業の口コミを見ておく

企業の口コミサイトを見ておくことも大切です。あくまで口コミなので、掲載されている情報を全て鵜呑みにしてしまうのはNGですが、企業の1つの側面としてデメリットや業務の実態を知ることができる場合もあります

過去の選考で出題された質問や、内定通知のタイミング、選考フェーズを知ることもできるので受ける企業だけでも口コミを見ておいて損はないでしょう。

【大学3年生の3月〜】就活解禁直後の時期にやるべきこと

就活解禁直後には、多くの企業から選考の情報が流れ始めたり、実際のエントリー後にはいくつもの企業とのやり取りを並行しておこなわなければなりません。日程を間違えてしまったり、同じ業界の企業の情報をとり間違えないように、スケジュール管理と情報の整理を徹底しましょう。

スケジュール管理ツールの用意

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

スケジュール管理ってどうしてますか?

アップロードした画像


就活生

正直、いちいち書いたりするのが面倒で適当になっちゃってます。明日の予定がわかればいいかなって。

アップロードした画像


キャリアアドバイザー

それはまずいですね。今はいろんなタイプのスケジュール管理ツールがあるので、自分に合ったものを探してみましょう。

この時期になると、選考対策を中心に取り組むべきことが増え、本格的に就活に追われ始める学生も増えます。そんな中で用意しておきたいのは、スケジュール管理ツールです。

あらかじめ登録をしておけばto doリストのリマインドをしてくれるタイプのスケジュール管理アプリやバーチカルタイプのスケジュール帳もおすすめですよ。

ESの提出

雛形をもとに作ったESを各企業に提出します。提出期限を1分でも遅れてしまうと基本的には受け取ってもらえないので、締切の日程は必ず事前に確認が必要です

また提出前には誤字脱字の確認や、証明写真の貼り忘れにも注意しましょう。多くのESを同時に取り扱うのもこの期間なので、誤って違う会社のものと混同しないように、最終確認をしてから提出しましょう。

ESの提出前には誤字や脱字にも注意しましょう。

関連記事

履歴書の誤字・脱字はその後の対策が最重要|予防策も紹介

履歴書の誤字・脱字によって選考が不利になる場合もある こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。履歴書を書き終えたあとに誤字を見つけてしまったとき、   「一文字のためにすべて書き直したくない」「送付した後に気づいたけ […]

記事を読む

履歴書の誤字・脱字はその後の対策が最重要|予防策も紹介

本格的な面接の対策

実際の面接が始まるのもこの時期です。本番の回数を重ねながら、答えに詰まってしまった質問やイレギュラーな質問などは積極的にピックアップをして、次回の面接のための対策に活かしましょう

特に同じ業界同士で似たような質問を聞かれるケースは多いです。就活解禁に合わせて本格的に業界や企業に的を絞った面接の対策を始めましょう。

こちらの記事では面接で高評価を得るための受け答えについて解説していますよ。

関連記事

面接の受け答えが苦手…評価を上げるコツ6つと注意点をご紹介

面接では受け答えも評価されている こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「面接って学歴やこれまでの経験で評価が決まるんじゃないですか?」 「面接でうまく受け答えできません」 という声をよく聞きます。特に […]

記事を読む

面接の受け答えが苦手…評価を上げるコツ6つと注意点をご紹介

体調管理の徹底

連日の説明会や選考が重なると、無意識のうちにストレスが溜まり、体調を崩してしまう学生もいます。せっかく対策を頑張っても、当日体調不良で本来の力を発揮できなかったらもったいないですよね

睡眠をしっかりととり、体調管理の徹底も欠かさずおこないましょう。

【大学3年生の3月〜】就活解禁直後の時期にやった方が良いこと

【大学3年生の3月〜】やった方が良いこと
  • 身だしなみやマナーの再確認
  • キャリアアドバイザーと選考の振り返りをする
  • 企業ごとの特色をしっかりとつかんでおく

就活解禁直後の時期には、第三者の視線も交えながら一度自分の就活スタイルを振り返りましょう。思わぬところに落とし穴がある場合もあるので、複数の会社の本番の迎える前に早めの軌道修正が大切です。

身だしなみやマナーの再確認

コミュニケーションの際に、聞き手に与える影響の55%は視覚情報によるものです。これを心理学では「メラビアンの法則」と呼びます。第一印象を左右する身だしなみがだらしないと、せっかく素晴らしい発言をしても面接官の心に響かないかもしれません

また言葉遣いをはじめとする最低限のマナーができているかも重要です。「自分ではできているつもりが実はできていない」ケースもあるので、選考が直前~本番のこの時期にもう一度再確認をしておきましょう。

髪型のポイント
  • 黒か地毛に限りなく近い茶色が基本
  • 清潔感を意識した髪型に整える
服装のポイント
  • スーツは黒または濃紺のダークカラー/女子のスカートは膝にかかる長さ
  • シャツは白無地で、ボタンはすべて留める
  • 男子のネクタイは派手な色や柄は避ける
靴のポイント
  • 足元は男子は革靴
  • 女子は3~5センチのヒールのパンプス

こちらの記事でも身だしなみについて解説していますよ。

関連記事

就活の身だしなみは超重要!好印象の与え方を男女別に解説

就活の身だしなみは超重要! こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活をするうえで身だしなみは大切だとよく耳にすると思います。ですが「なぜ身だしなみが大切なのか?」「具体的には何に気を付ければ良いのか?」など多くの […]

記事を読む

就活の身だしなみは超重要!好印象の与え方を男女別に解説

就活の時の髪型はこちらの記事を参考にしましょう。

関連記事

就活のヘアスタイルは合否に関わるかも! 注意点を男女別に解説

ヘアスタイルで就活生の印象は大きく変わる こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「就活ではどのようなヘアスタイルがおすすめですか?」「髪に関して気をつけなければならない点は?」 就活を控えた学生からこのような相談 […]

記事を読む

就活のヘアスタイルは合否に関わるかも!  注意点を男女別に解説

キャリアアドバイザーと選考の振り返りをする

この時期には、各企業の選考を進めながら同時に振り返りもおこないましょう。面接を受けてそのままにするのではなく「答えにくかった回答」や「うまく答えることができた回答」、「面接全体の流れの中で疑問に思ったこと」などは積極的にキャッチアップしましょう

系列の企業や同じ業界同士で似たような質問を聞かれる場合もあるので、しっかりと次につながる振り返りをしましょう。

振り返りのポイント
  • 応募先企業のことを聞かれて答えられたか
  • 実際の企業や担当者の印象
  • どんな質問をされたのか

企業ごとの特色をしっかりとつかんでおく

ESや面接の受け答えの内容は、企業の特色に合わせた内容に都度ブラッシュアップする必要があります。実際に選考を進める中でのエピソードや企業との接点から感じたことを盛り込むのも良いですね。

社風や企業の将来像によっても、理想とする学生の人物像が異なるので、企業ごとの特色はしっかりとつかんでおきましょう

【大学4年生の6月〜】大手の選考もスタート! 就活が本格化する時期にやるべきこと

大学4年生の6月〜は大手企業や学生からの知名度が高い人気企業の選考も始まります。

このような倍率の高い選考が始まるこの時期だからこそ、本命の企業だけに固執せず、なるべく広い視野を持って就活を進めるようにしましょう。

選考企業の追加と応募

企業の選考状況によっては、当初の予定よりも候補の持ち駒が減ってしまった、という学生もいるかもしれませんね。志望企業の追加と業界研究は、選考を進めながら並行しておこないましょう

ベンチャー企業も視野に入れよう

6月からは大手人気企業の選考も始まります。しかし、大手企業や知名度の高い企業の募集には学生が集まりやすく、倍率も高いのが難点です。

企業を絞って選考を進めすぎると、「すべての企業の選考に落ちてしまった」という事態になりかねません。もちろん下調べは必要になりますが、比較的新しくできたばかりのベンチャー企業や中小企業も視野に入れながら就活を進めていきましょう。

ベンチャー企業についてもっと知りたい学生はこちらの記事も読んでみましょう。

関連記事

ベンチャー企業で働くメリットとデメリット|向いている人の特徴

ベンチャー企業を正しく理解し視野に入れよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「ベンチャー企業は忙しいんですよね」「がつがつした人が多くいそうです」 就活の中には、そんな心配をしてベンチャー企業を就活の選択肢 […]

記事を読む

ベンチャー企業で働くメリットとデメリット|向いている人の特徴

大手企業にこだわりすぎてしまうリスクについてはこちらの記事で解説しています。

関連記事

就活の大手病は内定ゼロの危険! 脱却につながる3ステップを解説

自分軸で企業を選ぶことが大手病脱却の糸口 こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。学生と面談をしていると、 「どうしても大手に就職したいんです」「大手ばかり受けることって良くないんですか?」 と、大手病に陥っている学 […]

記事を読む

就活の大手病は内定ゼロの危険! 脱却につながる3ステップを解説

業界の幅も広げよう

志望業界の選考に落ちてほかの業界を見始めたころには、行きたいと思える業界の選考がおおよそ締め切られていた、というパターンもあります。業界によって選考スタートの時期が異なる場合もあるので、6月段階で希望の企業から内定が取れていない場合には、業界選びも再度見直してみましょう

業界を絞ること自体は悪いことではありません。しかし、「志望先の業界だけを深く調べてそこしか選考を受けない」というスタイルで就活を進めていると最悪の場合、全落ちにつながってしまいます。特にこの時期からは業界の幅も広げていきましょう。

こちらの記事では各業界の特色を解説しています。

関連記事

就職活動で失敗しない業界選び|8業界の特徴や適性を完全網羅

就職活動は業界研究を怠ると痛い目に合う こんにちは、キャリアアドバイザーの北原です。 「自分の適性に合った業界がわかりません」「就職する業界はどのように選ぶと良いのでしょうか?」 就活の本格化を前に、このような質問をされ […]

記事を読む

就職活動で失敗しない業界選び|8業界の特徴や適性を完全網羅

キャリアアドバイザーコメント

大月 亮輝プロフィール

就活は人生の視野を広げるチャンス

特定の業界や職種に固執し、他の業界や職種を一切見ないという学生もいますが、それは非常にもったいないことです。就活ではさまざまな業界人の話を聞くことで、自分の視野や価値観が広がります。またそれぞれの業界や仕事は何らかの関連性を持っていることも多く、企業選びの軸の定め方にも活かすことができます。

たとえば航空業界を目指す学生がいたとして、関連性のある旅行業界やホテル業界、ブライダル業界などを受けることで、業界同士の関連性や全体の構図が見えるケースもありますよね。また今の時代、企業は視野を広く持てる学生を好む傾向もあることから、自分の可能性を狭めることなく、幅広く業界や職種に目を向けて活動してみてはいかがでしょうか。

ESのブラッシュアップ

特に6月から始まる大手の選考には、全国から何百回もの応募者が集まります。ESでの書類選考は大手の場合だと足切りとして機能するケースが多いでしょう。

ESの内容に問題がある場合には、そもそも面接すら受けられません。ESのブラッシュアップはこの時期だからこそ、意欲的におこないましょう

メンタルのケア

なかなか選考が進まなかったり、希望の企業から内定が出ずに気分が落ち込んでしまっている学生もいるかもしれませんね。

就活のピークを迎え、連日選考や結果発表が続くと無意識にストレスを抱え込んでしまう学生もいます。適度な休息を取ったり、気分転換をおこなうなどメンタルのケアも意図的におこないましょう。

ストレスが溜まっている学生はこちらも参考にしてくださいね。

関連記事

就活のストレスは原因分析で解消できる! 状況別の解決策27選

ストレスの原因を分析して就活を乗り切ろう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「就活のストレスが溜まってつらいです」「就活中でもできるストレス解消法って何ですか?」 就活が進むにつれて、このような声を聞くことが […]

記事を読む

就活のストレスは原因分析で解消できる! 状況別の解決策27選

就活がうまくいかず、精神的につらいときにはこの記事も読んでみてください。

関連記事

「就活したくない」は甘えじゃない! 前向きに取り組む方法を解説

「就活したくない」は誰もが抱える感情 こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。 「選考に落ち続けていて、もう就活したくないです…」「そもそもみんなそろって就活する空気に苦手意識があります」 という相談を受けることがあ […]

記事を読む

「就活したくない」は甘えじゃない! 前向きに取り組む方法を解説

【大学4年生の6月〜】 就活が本格化する時期にやった方が良いこと

【大学4年生の6月〜】 やった方が良いこと
  • 最新の業界のトレンドを押さえ直す
  • 社長面接や最終面接を視野に入れた対策をする
  • 内定が出ない場合には秋採用も検討する

就活が本格化する時期この時期には、今までの選考対策の微調整も積極的におこなってていきましょう。特に選考フェーズが上にあがるにつれて、面接官の評価ポイントも変わっていくので、対策もより力を入れる必要があります。

最新の業界のトレンドを押さえ直す

業界のトレンドが就活スタート時から変化しているケースもありますよ。業界トレンドは最新のものを常に見直しましょう。

また業界全体のトレンドのみならず、企業の最新のプロジェクトや話題の新商品などがないかも選考直前まで抜かりなく確認が必要です

社長面接や最終面接を視野に入れた対策をする

6月になると、選考が進み、社長面接や最終面接を迎える学生もいるかも知れませんね。

社長面接や最終面接では、将来のビジョンを持っているかを見られていることが多いです。就職後についての明確な目標やキャリアプランを持てていないと、マイナス評価にもなりやすいです

社長面接や最終面接にも対応できるように短期的、長期的両方の側面から答えられるように目標を設計しておいたり、自分の将来性をアピールできるような逆質問を用意しておくなどの対策をしましょう。

社長面接でよく聞かれる質問の対策はこちらで解説をしています。

関連記事

社長面接で絶対聞かれる4つの頻出質問|例文と攻略ステップも解説

社長面接は新卒の就活最後の関門 こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「社長の面接ってどんなことが見られるんですか?」 「一次や二次とは違うんですか?」 という質問を多く受けます。最終面接は社長が面接官 […]

記事を読む

社長面接で絶対聞かれる4つの頻出質問|例文と攻略ステップも解説

最終面接の前にやっておくべき対策はこちらの記事を参考にしてくださいね。

関連記事

最終面接前の就活生必見|面接官のチェックポイントとやるべきこと

最後の関門を乗り越えよう こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。面接はどの段階でも緊張しますが、特に緊張度が高いのが最終面接でしょう。最終面接は就活の最後の関門とも言えますし、せっかくここまできたのに落ちてしまうの […]

記事を読む

最終面接前の就活生必見|面接官のチェックポイントとやるべきこと

内定が出ない場合には秋採用も検討する

企業が当初予定していた採用予定人数に達していない場合、秋採用をおこなう企業も多いです。

内定を出せるレベルの就活生が少なく、結果的に予定人数に到達しなかったケースや、そもそも応募者が集まらず、合否を出す以前に採用活動そのものが順調に進まなかったなど、さまざまなケースがありますが、学生にとっては秋採用も絶好の就活のチャンスです

秋採用について知りたい学生はこちらの記事も参考にしてくださいね。

関連記事

秋採用とは?実施している企業の特徴や内定獲得のポイントをご紹介

10月以降も採用を続ける企業は43.3% こんにちは。キャリアアドバイザーの北原です。就活生から 「10月になっても内定をもらえなくて焦っています」 「内定式の時期を過ぎても採用している企業はありますか?」 という声を毎 […]

記事を読む

秋採用とは?実施している企業の特徴や内定獲得のポイントをご紹介

企業の種類によって就活スケジュールが異なるので注意しよう

経団連は「日本経済団体連合会」を略した名前で、日本の大きな企業や団体が集まってつくった連合組合です。有名企業や人気の大手企業が多く加入しているので「名前を聞いたことがある」という方も多いでしょう。この経団連は外資系・経団連非加盟企業と就活スケジュールが異なる場合があります。

経団連企業

文部科学省は2021年春入社の学生を対象に就活の新ルールを定め、採用直結型インターンの禁止を経団連企業に対し要請しました。それに伴って学生から人気の高い大手経団連企業では、選考とインターンは原則別物となっています

そのため、インターンを選考のスタートとして位置づける場合のある外資系・経団連非加盟企業とは就活のスケジュールが変わる場合があることを覚えておきましょう。

外資系・経団連非加盟企業

外資系やベンチャー企業だと実際のところインターンで優秀な成績を残した学生を自社に取り込むためのフローとして活用している企業も多いのが現状です。

極端な企業だとインターンを学生の「試用期間」として捉えている場合もあります。そのため、インターンの期間を逃してしまうとそのまま選考につながるレールから外れてしまったりスタートが遅れてしまう可能性も考えられます。

サマーインターンの比重が大きい

特に外資系・経団連非加盟企業ではサマーインターンの比重が大きい傾向にあります。夏休みの時期を活用した長期のサマーインターンの成果が選考に響く場合もあります。

企業によってインターンの期間は異なりますが、長期の場合は選考へのつながりも意識してインターンで活躍できるように努力しましょう

キャリアアドバイザーコメント

北浦 ひよりプロフィール

インターンから採用のパターンもある

日本経団連は「採用とインターンシップは関係ない」と公表していますが、経団連以外の企業の中にはインターンシップと採用が直結もしくは影響している場合もあります。これまでに実情がわからずインターンシップに参加して、参加後に企業から「是非うちの会社へ」と連絡があり、「とても驚いた」と言う学生もいました。

今の世の中は、社会や経済の変化、グローバル化に伴って企業もどんどん変化や進化をしています。採用方法もその1つで、独自の採用方法を実施している企業が多くあります。事前に、自分の志望する企業がどのような採用方法を実施しているのかを知っておくと心積もりができるので、調べておくと良いでしょう。またインターンシップ参加の際は、受け身の姿勢ではなく、前向きで主体的な発言や行動を心掛け、企業へアピールする気持ちで挑みましょう。

就活攻略は時期ごとのタスク管理が命!

就活を制するためにはスケジュール管理の徹底と、自分が目指すゴールにたどり着くまでの明確な目標設定が大切です。就活はやるべきことが多くつらいイメージが先行しがちですが、自分が今すべきことは何なのか、優先順位をつけて取り組めば必ず結果は付いてきます。

時期ごとのタスク管理を徹底して、内定獲得までの道のりを着実に進みましょう。

36の質問に答えるだけで、自己分析しよう

36の質問であなたを徹底解剖 12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を特定 自己分析する(無料) 36の質問であなたを徹底解剖 12タイプ性格診断からあなたの強み・適職を特定 自己分析する(無料)

内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができず、自己理解の甘さを人事に見透かされます。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My anaytics」です。36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み、それに基づく適職が診断できます。

ぜひ活用して自己分析をサクッと終わらせ、就活で内定を勝ち取りましょう。

記事の監修責任者

北原 瑞起きたはら みずき

新卒でポート株式会社へ入社。入社2年目に年間1億2千万円の売上を記録し、全社の年間MVPを獲得。現在は、リクルーティングアドバイザーグループの責任者として、年間300社の採用支援及び、年間2,000人の学生の就活相談に乗り、企業と学生の最良なマッチング機会の創出をおこなっている。プロフィール詳細

記事についてのお問い合わせはこちら

就活で悩んでいるあなたに

関連コラム